タグ:野鳥 ( 374 ) タグの人気記事

漁港にいたユリカモメ

f0372177_21250378.jpg
今日の車中泊では、外気が零度近くまで下がっていますから、車内を温める意味もあってコンビニで鍋焼きうどんやチャンポンなどを買って、カセットコンロで熱々に調理して、冷えたビールを飲みながら美味しくいただいています。単に暖をとるだけであれば、車載の1,500ワットの電源を利用して、セラミックファンヒーターを使うのが一番簡単ですが、車内で食材を温めながらお酒を飲むのが楽しみです。でも、車内でカセットコンロを使うと、二酸化炭素中毒の恐れもあります。事故にならないように、二酸化炭素の警報機も車載しています。今も、コンビニで調達したアルミ箔鍋のチャンポンをカセットコンロで温めながら、この書き込みしています。美味しい匂いとともに車内に暖房が行き渡り、酔いも手伝って幸せなひと時を過ごしています。
f0372177_21250869.jpg
今夜は、道の駅どうしで車中泊をしていますが、明日は山中湖周辺で冬の小鳥を探そうと思います。どんな結果になるかは、またこのブログで紹介しますから、乞うご期待です^_^。
f0372177_21251391.jpg
さて、今回紹介しているのは、茨城県の波崎新港の港内で撮影したユリカモメの小群です。よく晴れてくれたお天気の中で、風もほとんどない滑らかな水面に、気持ち良さそうに浮かんでいました。
f0372177_21251986.jpg
時折、群れの中の個体が飛び立ちます。また、他の個体がこの小群に加わるなどの動きがありましたが、周囲には他の野鳥がいなかったので、港内ではよく目立っていました。
f0372177_21252173.jpg
この2羽のユリカモメは、銚子漁港の堰堤で撮影したものです。たまたま隣り合っていた左側の個体は嘴と脚が赤色ですから成鳥であることが分かります。右側の個体はオレンジ色ですから、まだ若い個体であることが頷けます。
f0372177_21252463.jpg
波崎新港の港内に浮かんでいたユリカモメの群れは、全部で20数羽ほどでした。穏やかな水面上で、少しづつ移動しながら、しばしの休息を楽しんでいるように見えました。
[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-12-16 06:00 | 自然 | Comments(0)

電線にはハヤブサも

f0372177_23004672.jpg
自宅に帰ると宅配便でお歳暮が届いていました。珍しいなと思いながら箱を開けてみたところ、中に入っていたのはオールドパー12年でした。私がウィスキー好きなのを知っていて、わざわざ贈ってくれたようです。有難いものです。これはすぐにも御礼を申し上げなければなりません。でも、電話では失礼だと思い、直接お会いして丁寧にご挨拶させていただきました。もちろん、またよろしくお願いします...との気持ちも忘れずにしっかり伝えてきました。σ(^_^;)
f0372177_23005242.jpg
さて、今回紹介しているのは、小見川の田園地帯で撮影したハヤブサの写真です。銚子漁港へ向かうため、利根川沿いの道を走っていた時、途中でタゲリの群れを見つけ、その写真を撮っていたら、電線に止まっていたのがこのハヤブサでした。
f0372177_23005905.jpg
この日は、広大な田園地帯にタゲリの群れが降り立っていましたから、1時間ほど道草を食ってその写真を撮っていたわけですが、その間にこのハヤブサのほかに、ノスリとチョウゲンボウが次々に飛来してくれて、何を撮ろうかと目移りするような状況となりました。
f0372177_23010397.jpg
このハヤブサが止まっていた所は、農道から離れていて車でギリギリまで接近しても、かなりの距離がありました。歩いて近付けば飛ばれてしまいますから、車内から撮影するしか仕方ありません。
f0372177_23010654.jpg
撮影に使用した機材は、オリンパス E-M1mkII + 300mmF4 + MC-14(換算840mm相当)です。手持ちで撮影しましたが、手ぶれ補正が良く効いてくれて、解像度の高い写真を撮ることが出来ました。
[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-12-15 06:00 | 自然 | Comments(0)

電柱にはノスリも

f0372177_22072106.jpg
年末恒例の忘年会に参加してきました。仕事関係の忘年会は今週はこれ1回だけですから、連日のように宴会が続いていた先週のことを考えると、体が楽だし気も楽です。でも、参加すれば色々な話が聞けて面白いし、飲むことが嫌いな方ではありませんから、こちらから断ることはありません。昨夜も、アフリカのケニアに3年間海外赴任をしていた人から、現地で経験した面白い話を色々と紹介してもらいましたが、その当時と比べて最近は治安情勢が悪くなり、行くのも躊躇われるような状況になってしまっているそうです。でも、ゾウやキリンやサイなどの野生動物と直に接することができる話や、湖いっぱいにフラミンゴの大群が見られた話、キリマンジャロの景色など、聞いていると一度は行ってみたくなりました。....無理でしょうけれど。
f0372177_22072512.jpg
私はといえば、東京近郊で野鳥観察をするのが精々ですが、それでも出掛ければ何らかの収穫がありますから、週末のアウトドアライフは止められません。休日は、何もなければ愛車を運転して、各地の探鳥地を渡り歩いています。
f0372177_22073974.jpg
この日は、初冬の銚子漁港でカモメ観察をしようと出掛けてきましたが、利根川沿いの道を走ると色々な野生生物に出会えますから、途中でそれらを観察するのがまた楽しみです。
f0372177_22074213.jpg
小見川の田園地帯を走っていたら、田んぼの中にタゲリの大群を見つけました。これはもう格好の撮影対象です。すぐに車を回して撮影を始めましたが、気がつけば近くの電柱の上にノスリの姿がありました。
f0372177_22074443.jpg
広い田園地帯は、タゲリの群れが越冬するのに都合良い環境であるようですが、タカ類にも良い餌場を提供しているようで、このノスリの他に前回紹介したチョウゲンボウハヤブサも観察できました。
[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-12-14 06:00 | 自然 | Comments(0)

電柱の上のチョウゲンボウ

f0372177_19481508.jpg
昨日、仕事から帰ろうと外へ出たら、路面が濡れていました。天気予報通り雨が降り始めていたわけですが、夜から降り始めるということだったので、少し早まったように思います。その分、今朝までには上がってくれるだろうと仄かな期待を持っていましたが、何のことはありません。今朝家を出るときには、まだ雨が残っていました。昨日の朝ほどではありませんが、今朝の気温も5度以下となっていて、冷たい雨降りになりました。それでも今日の雨は朝のうち迄で、夜まてには天気が回復して晴れてくれる予報です。大きな傘を持っていくと、帰りに邪魔になりますから、今朝は折り畳みの傘を差して出掛けることにしました。
f0372177_19481864.jpg
昨日の朝は1度台まで気温が下がっていましたから、山用のダウンのインナーを着て出掛けました。今朝も冷え込んでいましたから、これは暖かくて助かります。ウィンドブレーカーのズボンも着用してきましたが、雨模様だからこれも大正解でした。
f0372177_19482264.jpg
さて、今回紹介しているのは、利根川流域の小見川に広がる田園地帯で撮影した、電柱の上に止まるチョウゲンボウ♀の写真です。前回紹介したタゲリの群れを撮影しているときに、飛来してくれました。
f0372177_19482452.jpg
この写真を撮影したのは12月1日(土)のことでしたが、この日は銚子漁港でカモメ観察をしようと、利根川沿いの道を利用していました。その途中で、色々な野鳥を発見できますから、時間はかかりますが楽しい行程です。
[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-12-13 06:00 | 自然 | Comments(0)

冬枯れ田んぼにタゲリの群れが

f0372177_19144962.jpg
今朝の都内は、最低気温が1度台まで下がる寒い朝となりました。我が家では、朝からエアコンのお世話になっていますが、今日からトイレにもセラミックヒーターを入れて、暖をとっています。この冷え込みで、外に出たら震え上がりそうですから、出勤時には寒さ対策として、上下とも1枚多く着込んで出掛けることにしました。手袋はもちろんですが、マフラーも今年初めて使うようになりました。そして、頭も寒いですから帽子も被りました。テレビの気象情報によると、今夜から雨が降り出す予報です。明日の出勤時に、冷たい雨が降っていなければ良いのですが,...
f0372177_19150688.jpg
ガッチリ着込んで出勤していますから、そんなに寒さは感じないのですが、足元から寒さが忍び寄ってきます。これからは、足元の防寒対策も考えなくてはなりません。雪が降っても大丈夫なように、防寒靴でも買いましょうか....。
f0372177_19151115.jpg
さて、今回紹介しているのは、冬枯れた広大な田んぼで撮影してきたタゲリの写真です。撮影したのは12月1日(土)のことでした。この週末は、日曜日に愛犬チョコちゃんの予防接種の予約を入れていたため、楽しみにしていた1泊2日の遠出が出来ません。
f0372177_19151399.jpg
日帰りで楽しんでこられる所として、選んだのは銚子漁港のカモメ観察でした。冬の間は必ず訪問する探鳥地です。既に、前回紹介した脚の黄色いセグロカモメや、前々回紹介したシロカモメなどを撮影してくることが出来ました。
f0372177_19151842.jpg
我が家から銚子漁港へ行くには、利根川沿いの道を走るのが面白いです。途中で色々な野鳥が見られますから、高速で行ったら勿体ない話です。今回は、小見川の広大な田園地帯で、タゲリの大群を見つけることが出来ましたから、ここでちょっと寄り道して撮影してきました。
f0372177_19152165.jpg
田んぼの中にいるタゲリを撮影していたら、この個体が羽繕いを始めてくれました。尾羽を上げてくれたところで、下尾筒のオレンジ色部分がよく見える写真を撮影することが出来ました。
f0372177_19152429.jpg
こちらはタゲリの♀の個体になります。顔面に褐色味が強く出ているところと、この写真ではよく分かりませんが、胸の部分が♂では黒色になりますが、この個体は暗褐色であるところが識別ポイントです。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-12-12 06:00 | 自然 | Comments(0)

脚の黄色いセグロカモメ

f0372177_19171028.jpg
今日(12月10日)は、職場の年次休暇を取りました。愛犬チョコちゃんのトリミングの予約と、愛車のタイヤ交換の予約がこの日となっていましたから、必要な休みです。午前中にチョコちゃんをトリミングに送り届けて来ましたが、仕上がりまで3時間ほどかかりますから、その間にカミさんと娘と孫娘を連れて近所のファミレスで昼食を食べてきました。週末は野鳥写真を撮りに出掛けてばかりですから、家族で外食の機会があまりありません。ちょうど良い時間がとれました。トリミングが終わったチョコちゃんを引き取ってから、タイヤ交換に行ってきましたが、この土曜日から日曜日にかけて日本海側では雪が降っていて、遠出の予定を変更しました。都内もとても冷え込んでいて、いよいよ冬将軍が到来していますから、タイヤ交換が少し遅れてしまった感も否めません。でも、これで安心して各地のフィールドへ出掛けることが出来ます。冬になったらいきたい探鳥地が色々ありますから、楽しみがまた広がります。
f0372177_19171823.jpg
さて、今回紹介しているのは12月1日(土)に訪問した、千葉県の銚子漁港で撮影した脚の黄色いセグロカモメの写真です。毎年冬のシーズンは、カモメ観察のために必ず訪れる探鳥地ですが、昔に比べたらカモメの数がずいぶん減ってしまったように思います。
f0372177_19173752.jpg
銚子漁港の堰堤の上に降り立っていた、たくさんのカモメを観察していたら、脚の黄色いセグロカモメが多く目に付きました。ちょっと興味を惹かれ、そんな個体だけを狙って撮影してきました。
f0372177_19174203.jpg
セグロカモメについては、繁殖地の地理的な違いによって、少しづつ特徴の違う個体群に分かれているようです。みなセグロカモメとして分類されていますが、それぞれ亜種として細分化されています。
f0372177_16385510.jpg
ここで撮影に使用した機材は、オリンパスE-M1 + 300mmF2.8 + EC-20(換算1,200mm相当)です。普段は300mmF4を手持ちで撮影していますが、ここでは久し振りにサンニッパを三脚に据えて撮影しました。
f0372177_19180125.jpg
ここに並んだ2羽のセグロカモメは、右の個体は足がピンク色ですが、左の個体は黄色い色をしていることが分かります。これはホイグリンカモメと呼ばれる、セグロカモメの亜種になると思いますが、背面の色合いも左側の方がより濃いところが特徴です。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-12-11 06:00 | 自然 | Comments(0)

銚子漁港のシロカモメ2態

f0372177_21164759.jpg
週末は、どこかの探鳥地へ出かけて野鳥写真を撮るのが、今の私の楽しみになっています。毎週、その季節ごとに探鳥地を探すのが楽しみではありますが、それがまた大変な仕事になっているのも確かです。この週末も、当初は長野県の山に出かけて野鳥写真を撮る予定でいましたが、冬将軍の到来で日本海側では雪が降って、交通機関などに支障が出ているようです。急遽の予定変更で、日曜日は渡良瀬遊水地へ出かけて来ましたが、お昼のお弁当を何にしようかいつも悩むところです。寒くなって来た最近はカップラーメンとおにぎりなどを食べることが多かったのですが、今日はコンビニで幕の内弁当と野菜サラダとヨーグルトを購入して来ました。午前中に谷中湖を回って来てから、駐車場の車内でお弁当を食べる予定です。
f0372177_21165141.jpg
私の愛車(ステップワゴン・ハイブリッド)には1,500ワットの電源が搭載されていますから、車中泊用に電子レンジを搭載しています。お陰でお弁当を温めて、熱い味噌汁と一緒に、車内でホカホカの昼食タイムを迎えることが出来ます。
f0372177_21165454.jpg
さて、今回紹介しているのは、銚子漁港で撮影したシロカモメの写真ですが、ここまでの3枚はシロカモメの成鳥です。背面はとても淡い青灰色で、初列風切の先端はセグロカモメのように黒くありません。とてもスッキリした羽衣をしています。
f0372177_21170574.jpg
この写真を撮影したのは、銚子漁港でのことになります。ここからの3枚の写真はシロカモメの若鳥になりますが、車に1,500Wの電源が搭載されているお陰で、フィールドへ出ても車内で自宅にいるような環境が確保できるようになりました。車中泊が苦でなくなり、出かけるのが楽しみになりましたが、余裕がなければ撮影に集中できません。
f0372177_21170882.jpg
こちらの写真は、シロカモメの若鳥が羽を広げているところが写っています。セグロカモメの若鳥と違って、褐色の羽がほとんど見られないところが特徴です。
f0372177_21171194.jpg
シロカモメの若鳥の特徴は、羽衣が全体的に白っぽいところも特徴ですが、くちばしに注目すると、全体がピンク色ですが、先端だけが黒いところです。オオセグロカモメの若鳥も同じような色合いですが、このくちばしの違いで識別することが出来ます。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-12-10 06:00 | 自然 | Comments(0)

餌取りに飛来したアトリ

f0372177_22175386.jpg
この週末は冬将軍が到来し、日本列島に強い寒気が流れ込んで、北日本には雪が降り続いています。車中泊で1泊2日の予定で、長野県の山の中へ野鳥観察に出掛けることにしていましたが、雪に覆われてしまう恐れがありました。私の愛車(ステップワゴンハイブリッド)の、スタッドレスタイヤへの交換の予約はこの週明けとなっていましたから、雪に降られたら大変です。仕方ありませんから、遠出の予定を中止して近郊の公園などで野鳥観察をすることにしました。とても残念ですが、事故などを起こしたら野鳥観察どころではありません。大変なことになってしまいますから、自重するに越したことはありません。
f0372177_22180186.jpg
そんな訳で今日は、我が家からはとても近郊となる千葉県は松戸市にある、21世紀の森と広場に行ってきました。その結果については、また後日このブログで紹介することにします。
f0372177_22181219.jpg
さて、今回紹介しているのは、奥日光の戦場ヶ原で観察したアトリの写真です。戦場ヶ原を流れ下る湯川沿いの木道を歩いていたら、カラマツやズミの木に餌を獲りに来た沢山の個体を観察することが出来ました。
f0372177_22181720.jpg
この個体は、頭部が褐色です。♂の個体であれば黒褐色の色合いをしていますから、♀の個体であると思われます。ズミの木で餌取りをしていました。
f0372177_22182782.jpg
ズミの木に餌取りのために飛来したこのアトリは、頭部に黒褐色味がありますから♂の個体であることが分かります。湯川沿いの木道から、直ぐ上で撮影することが出来ました。
f0372177_22183392.jpg
この写真を撮影する時に使用した機材は、オリンパス E-M1mkII + 300mmF4 + MC-14(換算840mm相当)でした。6.5段階分の手ぶれ補正が効きますから、手持ちで撮影することが出来ます。歩き回って撮影するスタイルの私には、とても有難い機材です。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-12-09 06:00 | 自然 | Comments(0)

ツグミが飛び交う戦場ヶ原

f0372177_22243218.jpg
私が毎日通勤に使用しているのは、東武スカイツリーラインの竹の塚駅ですが、数年前に駅直近の踏切で人身事故が発生したことを受け、高架化の工事が進められています。これまでに下りの快速線が高架化され、今は上りの快速線の高架化工事が進められています。これに伴い、各駅停車用のホームが仮設されていますが、以前より狭くなってしまいましたから、朝は人で一杯になっています。そんなホームで始発電車を待ちながら、毎朝工事の進捗状況を見ています。以前利用していたホームが壊されてだんだん姿が見えなくなり、それに連れて上りの快速線の橋脚が設置され、順調に工事は進んでいるものと思います。工事が始まったのは、まだ私が現役で通勤していた頃でした。定年退職して第二の職場に移っても変わらずに利用してきましたが、ここも来春で定年になります。高架化が完成しても通勤に利用することは無いのかなと思っていましたが、第三の職場で仕事をさせてもらうようになりました。新しい駅が完成するまで、次の職場では頑張って働いていこうと目標が見えてきました。
f0372177_22243985.jpg
来春からは、年金を受給するようになると思いますが、まだまだ仕事が出来る健康な体が維持できていますから、仕事はもちろん、野鳥観察にも精力的に取り組んでいきたいと思います。
f0372177_22244864.jpg
さて、今回は奥日光の戦場ヶ原で撮影してきたツグミの写真を紹介します。カラマツの木やズミの木に飛来して採餌するツグミが、あちらこちらを飛び交っていました。
f0372177_22245228.jpg
今回、戦場ヶ原へ足を運んできたのは、11月23日(金)の勤労感謝の日から24日(土)にかけてのことでした。渡ってきたばかりの冬鳥を観察しようと、いつものように車中泊をしながら、予定を立ててみました。
f0372177_22260385.jpg
取らぬ狸の皮算用ではありませんが、アオサギやオオモズなどを観察できれば嬉しいと目論んでいましたが、それらは悉く打ち下されてしまいました。でも、今回紹介しているツグミを始め、多くの冬鳥を観察することが出来て、私的には満足できる結果となりました。
f0372177_22263387.jpg
ここで使用した撮影機材は、オリンパス E-M1mkII + 300mmF4 + MC-14(換算840mm相当)でした。カメラの5軸手ぶれ補正とレンズの補正の相乗効果で6.5段分の補正が効きます。三脚を使わずに手持ち撮影が可能になりますから、私にとってはこれ以上の撮影機材はないと思っています。
[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-12-08 06:00 | 自然 | Comments(0)

向こう岸にシメがいた

f0372177_17221625.jpg
都内では12月として過去最高の気温を記録する、暖かい日が続いていましたが、今朝(12月6日)は一転して冷たい雨が降っています。全国的に雨模様ということですが、北日本では雪になっているようです。今日は一日、気温が上がらないということで、このところ寒暖差が大きくなっていて、いよいよ冬のシーズンに突入してきたなと感じらます。暖冬傾向にあるというこの冬のシーズンですが、これからどのように推移していくか、とても気になるところです。特にこの週末は、野鳥観察のために長野県の山へ行こうと思いますが、雪の心配があります。スタッドレスタイヤへの交換は週明けなので、行き先を変更しようかと、ちょっと躊躇っているところです。
f0372177_17222568.jpg
いずれにしても、週末は何処かへ出掛けて野鳥写真を撮りたいと思っていますから、これからの天気予報からは目が離せません。雨や雪さえ降らなければ、冬鳥達との出会いを楽しんで来られるはずです。
f0372177_17223562.jpg
さて、今回紹介しているのは11月23日(金)から24日(土)にかけて足を運んだ奥日光の戦場ヶ原で撮影したシメの写真です。赤沼駐車場から湯川沿いの木道を遡りながら撮影してきました。
f0372177_17223811.jpg
湯川沿いの木道の途中に、何ヶ所かのウッドテラスがありますが、その一つで野鳥写真を撮っていた時、湯川の向こう岸の藪の中にうごめく野鳥を見つけました。それが今回紹介しているシメであった訳です。
f0372177_17224197.jpg
シメを撮影するのは、いつも立木の天辺に止まっていることが多いのですが、ここでは藪の中にその姿を見つけました。少し距離がありましたが、何とか紹介できるような写真を撮ってくることが出来ました。
[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-12-07 06:00 | 自然 | Comments(0)