タグ:ホオジロ科 ( 51 ) タグの人気記事

草むらのアオジが近い

f0372177_11080731.jpg
パソコンの動作が遅くなって、写真の整理どころか、インターネットの閲覧までもどかしさを覚えるようになりました。もう何年も使っているので、パソコンが草臥れてしまったのだろうと思っていたのですが、子供に聞いてみるとハードディスクに余裕がないから、不要なファイルを削除した方が良いとのことでした。本体のハードディスクには、撮影した野鳥写真を2年分ほど記録していましたから、プロパティで確認すると殆ど空きスペースが無い状況です。外付けのハードディスクに全部移動させることにしましたが、結構な時間が掛かってしまいました。1日掛りで移動を終えて、さてパソコンの動きはというと、以前のようにサクサクと、快調に動いてくれるようになりました。こんなことなら初めから、外付けのハードディスクに保存しておけば良かったと悔やまれるほどです。でも、これでパソコンが蘇ってくれましたから、喜んでいるところですが、外付けのハードディスクも間もなく一杯です。そうしたら、またハードディスクを買い増さなければなりませんから、頭の痛い話であることに変わりはありません。
f0372177_11081258.jpg
野鳥写真の整理については、オリンパス viewer 3 という画像管理ソフトを利用しています。カメラを繋いで画像を取り込むと、自動的に日付ごとのフォルダを作ってくれる、管理しやすい便利なソフトです。
f0372177_11082024.jpg
私は、日付ごとのフォルダの中で、更に野鳥の種類ごとにフォルダ分けをしています。これがちょっと手間がかかる作業ですが、後から写真を選び出すのが楽で、ブログで紹介する写真を整理する時には、とても便利なものになります。
f0372177_11082446.jpg
このソフトは、野鳥の種類ごとのフォルダの中から、紹介する写真選び出す時、赤、黄色、青のフラグを付けて、写真を絞り込めるので、作業効率が上がります。後は明暗やコントラストなどを補正すれば、そのままアップできる写真データになります。
f0372177_11082849.jpg
さて、今回紹介しているのは、1月19日(土)に訪問した、北本自然観察公園で撮影したアオジの写真です。間近に出てくれましたが、日当たりと日陰の明暗差が大きかったので、明るい部分が飛ばないようにアンダー気味に撮影しましたが、後から補正しても追いつきません。ちょっと失敗しました。
f0372177_11085454.jpg
使用した撮影機材は、オリンパス E-M1mkII + 300mmF4 + MC-14(換算840mm相当)です。5軸手振れ補正が優秀で、小型軽量ですから手持ち撮影でも、全くブレなく撮影できます。
by coffeeto-p2 | 2019-02-18 06:00 | 自然 | Comments(0)

北本自然観察公園にいたカシラダカ

f0372177_20595365.jpg
オリンパスから、ミラーレス一眼のフラッグシップ機となる、E-M1X が来週発売となります。昨年末から発売情報が流れていましたから、私も興味を持って注目してきました。プロ用機種ということで、性能はかなり上がるようですが、値段もそれなりに高くなっています。特に注目しているのは、画像処理エンジンを2基搭載されて、処理速度が速くなっているところです。AFなどは、体感で E-M1mkII の倍くらい速くなっているようですし、スリープ状態からの立ち上がりも早いということです。これは野鳥写真を撮影する時には、大きなアドバンテージとなります。これまでも、野鳥を見つけてもスリープ状態からの立ち上がりや、合焦するまで待たされる時間が長くて、ずいぶん焦らされてきました。その間に飛ばれてしまったことも何度か有ります。気持ち的には、購入する方向に向かっていますが、縦型グリップ付きで、大型化していますから、小型軽量をうたうマイクロフォーサースのコンセプトには反します。でも、望遠レンズを装着した時、バランスが良くて取り回しが楽になるということですが、果たして実際はどうでしょうか? 販売店で実機を手に取ってみたり、使用レポートを参考にしながら、最終的に購入を決めたいと思っています。
f0372177_21000026.jpg
特に期待しているのは、AFで捉えた被写体を追尾する機能です。モータースポーツや飛行機の撮影には、連写時に動く被写体を自動的に追尾して合焦し、威力を発揮してくれるようですが、野鳥のように小さい被写体でも、上手く追尾してくれるのでしょうか?
f0372177_21000487.jpg
AF固定で最速秒間60コマ、AF追従でも秒間18コマの撮影ができるということです。これは、現行の E-M1mkII と同じですが、その精度が更に高まっているようです。これだけの機能が揃っていて、魅力的ですが、果たして私の撮影スタイルに合致するものなのか、実機で確認してみたいところです。
f0372177_20594649.jpg
さて、今回紹介するのは1月19日(土)に足を運んだ、埼玉県の北本自然観察公園で撮影したカシラダカの写真です。この日はお弁当を持って、1日掛けて園内を散策してきました。葦原の周辺では、群れで降りて餌取りをしているところが観察できました。
f0372177_21000974.jpg
撮影に使用した機材は、オリンパス E-M1mkII + 300mmF4 + MC-14(換算840mm相当)です。手持ち撮影で自由に振り回せましたから、葦原を動き回るカシラダカを追い掛けるのも楽でした。

by coffeeto-p2 | 2019-02-16 06:00 | 自然 | Comments(0)

アオジも間近に出てくれました

f0372177_18270663.jpg
サッカーのアジアカップの決勝リーグに進出していた日本チームは、昨夜の準決勝で強豪イランに3対0で快勝し、2月1日(土)の決勝戦に臨むことになりました。ここまでの日本チームは、全試合を1点差の僅差で勝ち上がってきましたが、対戦相手のイランは今大会12得点を上げている上に、失点はゼロという好調の波に乗っています。油断のできない相手ですが、ここを勝ち抜かないことには、アジアカップの優勝はないわけですから、応援にも力が入ろうというものです。キックオフが午後11時ということですから、全部見ていたら翌日の仕事に差し支えるだろうと思います。でも、応援したいという気持ちが優って、ベッドに横になったままで布団をかぶって最後まで観戦してしまいました。
f0372177_18271121.jpg
前半は0対0のままハーフタイムに入りました。思うように攻撃できずにフラストレーションも溜まりましたが、後半はリズムに乗ったいい流れとなり、終わってみれば3対0と快勝することができました。
f0372177_18271932.jpg
これで2月1日(金)の決勝戦が俄然楽しみになりました。今度は翌日が休みですから、心置きなく応援に専念できそうです。頑張れニッポン‼︎
f0372177_18272436.jpg
さて、今回紹介しているのは1月6日(日)に訪問した、群馬県藤岡市にある庚申山総合公園で撮影したアオジの写真です。散策路を歩いていると、アオジの個体数が多く被写体選びに迷うほどでした。
f0372177_18272894.jpg
だるま池の周辺でアオジを撮影していたら、たまたまクロジも見つけることができました。既に紹介しているのでそちらも参照していただきたいのですが、これも大きな収穫でした。
f0372177_18273540.jpg
今年初めての野鳥観察として、1泊2日の日程で安中市の小根山森林公園と抱き合わせで回ってきましたが、どちらの探鳥地でもそこそこの成果を上げることが出来て、幸先の良い年明けとなりました。
f0372177_18273794.jpg
撮影に使用した機材は、主力機種のオリンパス E-M1mkII + 300mmF4 + MC-14(換算840mm相当)でした。公園内の散策路を歩き回って撮影するには、小型軽量でとても扱い易いシステムです。

by coffeeto-p2 | 2019-01-30 06:00 | 自然 | Comments(0)

カシラダカがいっぱい庚申山公園

f0372177_16274197.jpg
女子テニスの全豪オープンで大坂なおみ選手が優勝、お目出度うございました。私自身はテニスにそんなに興味があったわけではありませんが、全豪オープンでは男子の錦織圭選手と、女子の大坂なおみ選手の活躍が報道されるたびに、興味を惹かれてテレビ中継を観戦するようになりました。錦織選手は試合途中で棄権して残念でしたが、大阪選手は強敵を逆転して決勝戦まで駒を進めました。準決勝戦は、手に汗握りながらテレビ観戦していましたが、最後のビデオ判定で決まった時には、私も大阪選手と一緒に喜んでいました。そして最後の決勝では、第3ゲームまでもつれる熱戦を制してくれて、なんとも言えない感動を与えてくれました。
f0372177_16274353.jpg
全豪オープンで優勝したことにより、大阪なおみ選手は世界ランキングでも第1位ということになりました。これまで日本の選手の誰も成し遂げられなかった、素晴らしい快挙に感激しています。
f0372177_16272867.jpg
さて、テニスの話はさておいて、今回紹介しているのは、今年初めての撮影旅行に出かけた、1月6日(日)に群馬県藤岡市の庚申山総合公園で撮影した、カシラダカの写真です。
f0372177_16273729.jpg
庚申山総合公園では、だるま池の周辺でカシラダカの群れを観察しました。アトリやアオジのほか、クロジもその群れの中に混じっていましたが、数では圧倒的にカシラダカが優っていました。
f0372177_16273384.jpg
カシラダカの枝止まりも撮影しました。この日使用した機材は、オリンパス の E-M1mkII + 300mmF4 +MC-14(換算840mm相当)でした。手持ち撮影でもブレない画像が撮れますから、今では私のメイン機材になっています。
by coffeeto-p2 | 2019-01-27 06:00 | 自然 | Comments(0)

クロジが出てくれました

f0372177_20533767.jpg
風邪をひいてしまったようです。数日前から喉がイガイガすると思っていましたが、咳が出るようになってしまいました。熱はありませんからマスクをして出勤したところ、職場の皆さんが心配して、帰って休むように勧めてくれました。風邪をうつしては申し訳ないので、そのまま仕事はせずに帰宅することにしました。念のために近所の掛かりつけの医院へ行ってきましたが、インフルエンザは陰性で、喉に炎症があるため咳が出ているということでした。薬を処方してもらって、早く治るように、暖かくして1日ベットで寝ていることにしました。しかし、近所の医院は小さい所ですが、高齢の人が10名くらい順番待ちをしていました。私もそんな人達の、仲間入りをするような年齢に近づいたんだと、実感させられました。気持ちはずっと若いつもりでいますが、体はいつまでも若いままではいられません。バードウォッチングを長く楽しむためにも、これからは仕事では無理をしないで、健康第一の生活を心掛けていきたいと思います。
f0372177_20534118.jpg
1月5日(土)から6日(日)にかけて、今年初めての野鳥観察として、1泊2日の遠出をしてきましたが、今回はそこで撮影したクロジの写真を紹介します。
f0372177_20535041.jpg
今回も車中泊をして時間とお金の節約に努めてきましたが、1日目は安中市の小根山森林公園でたくさんの野鳥写真を撮影してきました。上信越道の甘楽パーキングエリアで車中泊をして、2日目のこの日は藤岡市の庚申山総合公園がフィールドとなりました。
f0372177_20535441.jpg
10年ほど前に訪問した時は、ここでミヤマホオジロの群れと遭遇出来ました。写真も撮れましたから、今回もまたそれを狙ったのですが、思いがけずに出て来てくれたのは、このクロジでした。
f0372177_20540019.jpg
この日撮影に使用したカメラは、オリンパス E-M1mkII + 300mmF4 + MC-14(換算840mm相当)です。カメラとレンズのシンクロ手振れ補正がよく効いてくれますから、歩き回って野鳥写真を撮ってくるには、小型軽量で扱い易い機材です。
f0372177_20540342.jpg
庚申山総合公園のだるま池の周辺で、アオジやカシラダカの群れを観察していたら、その中にいたのがこのクロジでした。茂みの中に見つけた時は、アオジかと思いましたが、クロジと分かりとても嬉しい発見になりました。
by coffeeto-p2 | 2019-01-26 06:00 | 自然 | Comments(0)

ミヤマホオジロが来てくれた

f0372177_13481487.jpg
成人の日に続く三連休を利用して、新潟県下へ野鳥観察の遠征に出掛けています。今は、新潟市内の道の駅豊栄(とよさか)で車中泊をしながらこの書き込みをしています。昨日は上越市の道の駅よしかわ杜氏の郷で車中泊をして、朝日池で野鳥観察をし、午後からこちらへ移動してきました。今回の遠征で一番心配であったのは、雪が積もっていて野鳥観察が出来ないのではないというところでした。都内から関越自動車道で新潟県入りしましたが、上越トンネルを越えるとすっかり雪景色でした。湯沢インターで平場に下りて、朝日池を目指しましたがその辺りは1メートル以上の積雪がありました。しかし、朝日池周辺まで来ると日陰に少し残っているくらいで、田んぼには全く雪がありません。お陰で支障なく野鳥観察ができましたが、そこから福島潟を目指して移動してくる途中も、長岡周辺で少し積雪がありましたが、新潟市周辺には全く雪がありません。拍子抜けでしたが、私としては大変ありがたいことです。
f0372177_13481940.jpg
今日は、福島潟に到着したころから雨が降ってしまい、思うように観察できませんでした。明日は、福島潟でガン・カモ・ハクチョウを観察して帰京する予定ですが、結果はまたこのブログで紹介する予定です。
f0372177_13482760.jpg
さて、今回紹介するのは、今年最初のバードウォッチングとして、1月5日(土)に訪問した、群馬県安中市の小根山森林公園で撮影したミヤマホオジロの写真です。
f0372177_13491696.jpg
小根山森林公園には、昨年1月8日(月)の成人の日にも訪問してきましたが、予想以上に野鳥写真を撮ることが出来て、成果が上がりましたから、とても印象の良い場所です。
f0372177_13492433.jpg
そんな訳で、今年もまた訪問してきた訳ですが、その時の記録は“間近に観察したミヤマホオジロ”として紹介していますので参照してください。今年もまたこのミヤマホオジロを撮影することが出来ました。
f0372177_13492639.jpg
小根山森林公園には、昨年は軽井沢からの帰り道に、上信越道の横川SAから直接歩いて行ってきましたが、今年は管理事務所の前にある駐車場へ直接乗り付けてきました。ここには水場と餌台が設置されていますから、広い園内を歩き回らなくても、手軽に写真撮影ができます。
f0372177_13493189.jpg
駐車場から直ぐの所で撮影できますから、この日は久し振りに オリンパス E-M1 + 300mmF2.8 + EC-20(換算1,200mm相当)を三脚に載せて構えました。丸一日ここで撮影していましたから、モンベルの MBチェアワンで、座り心地の良さを満喫させてもらいました。

by coffeeto-p2 | 2019-01-14 06:00 | 自然 | Comments(0)

梅林にいたカシラダカ

f0372177_11533543.jpg
松が開けて、お正月気分も薄れてきましたが、今度は仕事関係の新年会が続くようになりました。声を掛けてくれるのは嬉しいのですが、週に2回、3回と続くと流石に閉口してしまいます。お酒を飲むのは嫌いではありませんが、程々にしてもらいたいところです。特に遠いところで開催される新年会には困りものです。先日は、職場から会場まで1時間半近く掛かりましたから、お開きになってから自宅に帰るのがずいぶん遅くなってしまいました。忘年会でも新年会でもそうですが、何かと口実を設けて飲むのが好きな我が業界ですから、おいそれとは解消されないことでしょう。この職場も3月一杯で卒業となり、4月からは新しい職場で働くようになりますが、次の職場は週末に安心して、鳥見が出来るところであれば嬉しいのですが....。
f0372177_11534004.jpg
これまで第二の職場として5年間お世話になってきましたから、感謝することが多い職場です。去りゆくのは寂しい思いですが、新しい仕事に向けて、前を向いて取り組んでいきたいと思います。
f0372177_11534438.jpg
さて、今回紹介しているのは、公園の中の梅林で撮影したカシラダカです。昨年末の12月30日(日)に、年末最後の野鳥観察をしようと武蔵丘陵森林公園へ行ってきました。
f0372177_11534771.jpg
事前に探鳥地ガイドブックを見て、何ヶ所か野鳥観察できそうなポイントをピックアップして、重点的に回ってみたのですが、予想外に野鳥の姿が少なく、拍子抜けの状況でした。
f0372177_11535217.jpg
それでも、ガイドブックで紹介されていたように、カシラダカとともに梅林にはジョウビタキもよく姿を見せてくれました。他の野鳥はほとんど撮影できなかったですが、この2種だけはたくさん撮影してくることが出来ました、
f0372177_11535543.jpg
この日も愛用のオリンパス E-M1mkII + 300mmF4 + MC-14(換算840mm相当)を担いで歩きまわってきましたが、アイフォンの歩数計を見たら20,000歩を超えていました。よく歩いたものです。
by coffeeto-p2 | 2019-01-12 06:00 | 自然 | Comments(0)

枯れ木に留まったアオジです

f0372177_18194721.jpg
NHKの大河ドラマ「せごどん」の放送が終了しました。今年1月の放送開始からずっと楽しみに見させてもらいましたが、毎週の放送が待ち遠しいドラマでした。激動の明治維新の時代の流れが理解できて、ためになる内容であったのですが、私が一番感服しているのは、主演であった西郷隆盛役の鈴木亮平さんが、役になりきって演じていた姿です。薩摩言葉などの演技ぶりもそうですが、青年時代のまだ細い体型から、壮年時代の恰幅の良い体型まで、年齢に応じた体を再現して演じきった役作りに、感心させられました。一年を通じての大型ドラマですから、リアリティを演出するために、そのくらいの役作りが求められるものなのかも知れませんが、最後は見ていても、本物の西郷さんと違和感なく受け入れることが出来たように思います。
f0372177_18195327.jpg
NHKの大河ドラマでは、「真田丸」の時ものめり込んで見ていましたが、「せごどん」もそれに劣らぬ素晴らしい内容であったと思います。また、次回作に期待したいと思います。
f0372177_18200097.jpg
さて、今回紹介しているのは12月9日の日曜日に、渡良瀬遊水地へ野鳥観察に行った時、谷中池の周りで撮影したアオジの写真です。
f0372177_18201434.jpg
この日は、日帰りの予定で出掛けてきましたが、北エントランスから入って旧谷中村役場跡地の駐車場に止めようと思ったら、ゲートの開場時間が9時半でした。仕方ないので、鷹見台で1時間ほど時間調整しました。
f0372177_18201856.jpg
渡良瀬遊水地には、1ヶ月前の11月4日(日)にも行ってきましたが、その時はアトリやシメ、ジョウビタキなどの冬鳥がたくさん観察できました。それに比べると、今回は鳥影が薄かったように思います。
f0372177_18202362.jpg
タカ類の姿も殆ど見られませんでした。それでも、谷中村役場跡地から調節池を回り、中之島を経由して戻ってくるまでの間に、このアオジとジョウビタキ♀の写真を撮影することが出来たのが収穫でした。
by coffeeto-p2 | 2018-12-18 06:00 | 自然 | Comments(0)

葦原のカシラダカ

f0372177_11031266.jpg
職場で仕事関係の委員会がありました。会議終了後の宴会に参加してきましたが、この委員会は年内は最後の会議になりますから、忘年会として開催しますとのこと。まだ11月ですから忘年会というのは早いんじゃないかと思いまが、仕事の話ばかりではなく、温泉の話、ゴルフの話、健康維持の話、山登りの話など会話が弾み、楽しい時間を過ごしてくることが出来ました。顔なじみのメンバーと気兼ねなくお酒を飲んで、交流を深めてくるのはなかなか楽しいものです。あっという間に2時間ほどの宴会が、御開きとなってしまいました。
f0372177_11032168.jpg
11月4日(日)に、栃木県の渡良瀬遊水地へ行ってきました。今回紹介しているのは、そこで撮影したカシラダカの写真です。葦原に止まった背面からのショットですが、腰の部分のウロコ模様がよくわかる写真が撮れました。
f0372177_11032799.jpg
この日は、チュウヒなど冬になると渡って来る、タカの仲間を撮影することが一番の目的でした。だから葦原の中を精力的に歩き回ってきましたが、タカ類の撮影は思うような成果を上げることが出来ず、目論見は外れてしまいました。
f0372177_11033402.jpg
それでも、葦原の中はこのカシラダカやカワラヒワなどがたくさんいて、足を進めるにつれて足元から舞い上がります。なかなか賑やかな様相で、何度も撮影チャンスに恵まれました。
f0372177_11033793.jpg
斜めになった葦の茎に止まったカシラダカは、背景が抜けてくれて、ちょうど良いシチュエーションになりました。暫くジッとしてくれましたから、ここで何枚か撮影することが出来ました。
f0372177_11035731.jpg
葦原の中から、チッ、チッと鳴くか細い声が聞こえてきます。カシラダカが入り込んでいるようですが、なかなか思うようには、撮影できるポイントに出てきてくれません。
by coffeeto-p2 | 2018-11-21 06:00 | 自然 | Comments(0)

茂みのカシラダカ

f0372177_21471609.jpg
車の燃費の話ですが、今乗っているホンダ・ステップワゴン・ハイブリッドの公称燃費は、25km/ℓ とされています。これまで一年弱ほど乗ってきましたが、今の平均燃費は 17.3km/ℓ と表示されています。仕事で相模湖の近くにある研修センターまで行ってきましたが、自宅から約 160km 走ってきた往復の燃費が、何と 20.8km/ℓ にもなりました。とても良い数字が出て驚きましたが、早めに自宅を出発したので、研修センターに到着するのに時間的に余裕があり、時間調整の意味もあって、全車速対応のオートクルーズで前を行くトラックに追従して時速 70km/h 前後で走行してきました。登りばかりの道でしたから、到着したら平均燃費が 19.3km/ℓ と表示されていました。これは凄いと思い、下りの帰りも同じようにゆっくり走行をして来たところ、自宅に到着したら平均燃費が 20.8km/ℓ と表示されていたというわけです。高速道路を走るときは、スピードを上げすぎ、ゆっくり走った方が燃費が良いことが分かりました。
f0372177_21472654.jpg
これまでの経験で、高速道路を走るより一般道路を走った方が燃費が良いと思っていましたが、スピードを上げずにゆっくり走行することに、低燃費の秘訣があったようです。
f0372177_21473387.jpg
探鳥地へ遠出するときは、カミさんの要望もあって出来るだけ平場を走ろうと思っていましたが、ゆっくり走行がこんなに好燃費になるのなら、高速道路を使って時間を節約するのも、まんざら悪くないと考えるようになりました。
f0372177_21473863.jpg
さて、今回紹介するのは、長野県の戸隠森林植物園で撮影したカシラダカの写真です。10月25日〜26日にかけて行ってきましたが、このカシラダカを始めアトリなどの冬鳥が早くも渡来していました。
f0372177_21474257.jpg
朝一番でカメラを担いでみどりが池から中央園地へ続く木道を歩くと、茂みの中からたくさんのカシラダカが舞い立ちました。茂みから飛び上がって、木の枝に止まったところが撮影チャンスになりました。
f0372177_21474508.jpg
冬の間は、こんなにいるのかと思うほど見かけることが多いカシラダカですが、今シーズンの初認となると出会いは嬉しいものです。昨シーズン以来、久し振りに撮影することが出来ました。

by coffeeto-p2 | 2018-11-04 06:00 | 自然 | Comments(0)