タグ:ホオジロ科 ( 30 ) タグの人気記事

恋瀬川のホオジロ

f0372177_21363590.jpg
通勤電車が荒川鉄橋を渡ると、広い川面に今日もユリカモメの群れが浮かんでいました。カモの群れはほとんど見られなくなって来ましたが、あのユリカモメ達はいつまで残っているのでしょうか?もう4月も半ばとなりましたから、渡去して行くのは時間の問題だと思います。これまで川面を賑わしてくれた野鳥達の姿が見られなくなるのは、ちょっと寂しい感じがしますが、半年後にはまたたくさんの群れでやって来て、川面に羽を休めてくれることでしょう。
鉄橋を渡るわずかな時間の間の楽しみですが、野鳥達の姿に季節の移り変わりを実感しています。
f0372177_21362999.jpg
先日、葛西臨海公園へ行ってみましたが、鳥類園の下の池でアオアシシギ4羽とコチドリを観察することが出来ました。シギチ達の渡りはこれから続々と続くことでしょう。また、繁殖のために渡ってくる小鳥達の到着も楽しみです。
f0372177_21361162.jpg
さて、今回紹介しているのは、茨城県の石岡市を流れる恋瀬川沿いで撮影したホオジロの写真です。この日は、シギチ類の中でも渡りが早いツルシギを観察しようと出掛けてきましたが、見つけることが出来ません。残念でしたが、ホオジロはしっかり撮影して来ました。
f0372177_21361790.jpg
足を運んで来たのは3月24日(土)のことです。直前の春分の日の祝日は雨に祟られて何処へも出掛けられず、25日(日)は、家族サービスで宇都宮のロマンチック村へ行くことになっていましたから、野鳥観察はこの日しかありませんでした。
f0372177_21362228.jpg
幸いお天気には恵まれて、恋瀬川沿いを気持ち良く散策しながら探鳥してくることが出来ました。ウグイスの囀りが聞こえる環境の中で、ホオジロのペアが茂みから出て撮影対象になってくれました。
f0372177_21363999.jpg
今回、恋瀬川の河口周辺を散策して来ましたが、取り立てて珍しい野鳥が観察できた訳ではなく、普通種ばかりが目立つ状況でしたが、ノンビリと歩き回るにはとても良い環境でした。






[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-04-13 06:00 | 自然 | Comments(0)

水溜りにいたホオアカ

f0372177_20403859.jpg
地元足立区で自然観察が好きな人たちをお誘いして、栃木県下へ山野草観察に行ってきました。那珂川町のカタクリ山公園でカタクリ、ミズバショウ、ショウジョウバカマなどを観察して近くの富山のイワウチワ群落を見てきました。計画したのはひと月ほども前のことですが、昨年はこのタイミングがドンピシャであったのに、今年はサクラの開花が例年より10日ほども早まったように、山野草も花を咲かせる時期が早まっていたようです。結果は既に最盛期を終えて、カタクリなどは実ができているような状況で、花はほとんど残っていませんでした。
f0372177_20404377.jpg
心配していた天気ですが、午前中は陽が射す状況もありましたが、昼過ぎからかなり激しい雨に見舞われてしまいました。心配していた雨に降られてしまいましたが、それでも当初に予定していた山野草は全て観察してくることが出来ました。来年は、是非満開のタイミングで観察できるようにリベンジしたいという声が強く出されました。うむむ、これはまた来年も計画しなければならないか。
f0372177_20404717.jpg
さて、今回紹介しているのはホオアカの写真ですが、3月17日(土)にシギチ観察に出掛けた茨城県稲敷市の郊外にあった、水たまりで撮影することが出来ました。
f0372177_20405023.jpg
高原で繁殖期を迎える野鳥ですが、冬の間は里に下って越冬する漂鳥です。毎年、秋から春先のシーズンに利根川周辺の田園地帯へシギチ観察に出掛けると、ホオアカを観察することがありますから、この辺が越冬地となっているようです。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-04-08 06:00 | 自然 | Comments(0)

筑波山のミヤマホオジロ

f0372177_23144917.jpg
この冬のシーズンが真っ盛りとなった2月中旬を迎えて、まだ見ていない野鳥は何かと考えてみました。昨年、筑波山で観察したハギマシコがまだ見られていないと気が付きました。昨年は正月早々ロープウェイで筑波山に登って、カタクリの里でハギマシコとミヤマホオジロが観察出来ました。ところが今シーズンは先般、長野県へ足を伸ばした時も、雪に祟られて成果を上げらませんでした。ボヤボヤしていたら、春になって見損なってしまうかもしれないと焦りの気持ちもあって、2月18日(日)に様子を見に行ってきました。一昨年は歩いて登りましたが、昨年はロープウェイだったので、今年はケーブルカーで登ってみることにしました。
f0372177_23150280.jpg
ケーブルカーの始発は午前9時で、それから20分おきに出ますが、始発に乗り遅れ、9時20分に乗車しました。この日はとても冷え込んで、山頂付近の気温は零度以下になっていました。
f0372177_23145326.jpg
すぐにカタクリの里へ向かい、先着していたカメラマンに聞いたところ、今年はハギマシコが入っていないとのこと、残念でした。でも、しばらく待っていたらこのミヤマホオジロが出てくれました。
f0372177_23151176.jpg
この日はオリンパス EM-1 + 300mm F2.8 + EC-20 の組み合わせ(換算1,200mm)を三脚に乗せて担いで行きました。重い機材ですが、カタクリの里はケーブルカーで登るとすぐですから、たまには使ってあげないとイジケてしまいます。
f0372177_23151804.jpg
ミヤマホオジロは全部で10羽ほどの群れで出てくれました。カタクリの里周辺の草地で餌を取っていましたが、そこからどんどんケーブルカーの山頂駅方向へ移動して行きます。
f0372177_23160506.jpg
三脚を担いで狭い登山道を歩くのは骨が折れます。坂道ですから上手く設置するのも大変でした。黄色い眉斑の綺麗な♂の個体ばかり狙っていましたが、♀もたくさんいましたから少しは撮っておかないと嫌われてしまいます(^^)。
[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-03-11 06:00 | 自然 | Comments(0)

ミヤマホオジロが沢山いました

f0372177_21330511.jpg
職場の上司とよく昼飯を食べに出かけますが、ラーメン好きな人なので職場の入っているビルの隣にある、サッポロラーメンのお店に行くことがよくあります。雨模様の日は特に濡れないで行かれますから、この店以外の選択肢は無くなってしまいます。この店は、昼飯時にラーメンにを頼むと半ライスが無料でついてきますから、ちょっと得した気になります。まだ私が大学生であった頃によく見かけた、あのサッポロラーメンのお店がそのまま残っている感じです。店内で流れるBGMは、当時の懐かしいアイドルなどのヒット曲ばかりですから、聴いているだけでも当時の懐かしさに触れ合うことが出来るお店です。今日も味噌ラーメンと半ライスを食べてきましたが、コーンとバターの懐かしい味が残っている味噌ラーメンは、何回食べても飽きないメニューです。
f0372177_21340572.jpg
さて、今回紹介するのは2月の三連休を利用して遠出して撮影してきた野鳥写真の最後です。ミヤマホオジロになりますが、前に一度紹介したものと同じ場所で撮ったものです。とてもたくさん撮影できましたから、残りの写真の中からもう一度拾い出してみることにしました。
f0372177_21344386.jpg
撮影したのは2月12日(月)のことです。三連休を利用して長野県へ出掛けましたが、雪に降られたので予定を変更し、山梨県から大菩薩ラインを抜けて奥多摩をドライブしてきましたが、最後の目的地としたのは多摩森林科学園でした。
f0372177_21344759.jpg
この公園では、何年か前にヤマドリが出て間近に撮影できました。川沿いでミヤマホオジロが撮影できると聞いていましたから、一度はその様子を確認してみたいと思い、立ち寄ってみることにしました。
f0372177_21345350.jpg
広い公園ですから、まず一周ぐるっと回って様子を把握し、それからゆっくり野鳥を撮影することにしましたが、全体的に野鳥の数が少ないという印象でした。
f0372177_21351175.jpg
野鳥が出るところには、大概カメラマンが張り付いていますから、情報を聞きながら撮影するチャンスを狙うのに好都合です。ここでは10名程がカメラを構えて待ち構えていました。
f0372177_21351428.jpg
私もカメラの砲列に加わって撮影させてもらいましたが、すぐにカードのメモリーが一杯になってしまいました。電池の予備は持ってきたのに、カードの予備がありませんから仕方なく車に戻ることにしました。この公園には駐車場がないので往復するのも大変です。
f0372177_21351723.jpg
この公園は入園料300円を支払わなければいけませんが、半券を見せれば再入場が可能でした。近くのコインパーキングまで往復でずいぶん歩きましたが、その分戻ってきて撮影の方には気合が入りました。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-03-07 06:00 | 自然 | Comments(0)

多摩で出会ったミヤマホオジロ

f0372177_18442412.jpg
桃の節句のこの週末は、とても良いお天気に恵まれました。昨日は、飲み会に参加してきたため帰宅が遅くなり、就寝したのは午前0時を回ってしまいました。目覚ましを掛けずにゆっくり寝ていましたが、午前8時過ぎにカミさんが起こしに来ました。いつもは早く起床するのに、起きてこないので心配したのでしょう。遅い朝食を食べてから、愛犬チョコちゃんのお散歩に出掛けてきました。気温が上がってとても暖かくなりましたから、もうダウンなんか着ていく必要もありません。フリースの上着だけで気持ち良く歩いてくることが出来ました。もちろん手袋も必要ありません。近所のお宅の庭先に、オオイヌノフグリがたくさん咲いていました。ホトケノザもピンク色の可愛い花を咲かせています。ロウバイの花は、既に花期も終わろうとしていました。気が付けば春真っ盛りの状況です。チョコちゃんのお散歩も、いつになく長い距離を歩いてきましたが、春の暖かさにつられてのことだったようです。
f0372177_18444809.jpg
そうだ、山へ行けばもうセツブンソウが咲いているはずです。明日の日曜日は天気も良いですから、セツブンソウの観察をメインに山野草を観察しに行ってきましょう。野鳥写真の撮影は、そのついでにやることにします。
f0372177_18450304.jpg
さて、今回紹介しているのは、二月の三連休を利用して遠出して来た際に撮影してきたミヤマホオジロの写真です。遠出したと言っても、実際は都内で撮影してきたものになります。
f0372177_18450921.jpg
この三連休は、既にこのブログで紹介しているように、オオマシコの写真を撮ろうと長野県へ出掛けてきましたが、雪に降られて目的が果たせず、雪のない場所へ目的地を変更していろいろ走り回ってきました。
f0372177_18451389.jpg
三連休の最終日に足を運んできたのは、多摩森林科学園でした。以前からミヤマホオジロが出ているという話を聞いていましたから、お目当てを切り替えて立ち寄ってみたところ、たくさんの群れを観察することが出来ました。
f0372177_18452727.jpg
雪に降られた長野県から撤退して、最初に足を運んだのは奥多摩と山梨県を結ぶ柳沢峠でした。オオマシコ狙いだったのですが、そこも雪が積もっていて空振りに終わってしまいました。仕方なく最終日に足を運んだのがこの多摩森林科学園だったわけです。
f0372177_18460143.jpg
園内の沢沿いでミヤマホオジロが観察できるという話を以前から聞いていましたから、狙いを切り替えて立ち寄ってみたところ、たくさんの群れと遭遇して撮影してくることが出来ました。
f0372177_18455775.jpg
多摩森林科学園は、開園が午前9時30分からで入園料300円が必要です。入口前の門の所でずいぶん待たされてしまいました。お弁当を持って、1日掛かりで歩き回ってきましたが、このミヤマホオジロは群れで良く出てくれましたから、1,000枚以上の写真を撮影してくることが出来ました。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-03-04 06:00 | 自然 | Comments(0)

雪晴れの中のホオジロ

f0372177_22534826.jpg
カレンダーは早くも3月のページを開いています。季節は確実に春へと向かっています。ウメの花が咲き、モクレンの蕾がずいぶん大きくなりました。そろそろセツブンソウも咲き始める季節です。春が始まったのは良いのですが、昨日の朝は強い雨が降って、風も強く吹きました。おまけに雷まで鳴っていました。職場で講習事業があったので、いつもより早く家を出たのですが、土砂降りとなり通勤経路の道路は水溜りどころか、川のようになっていました。防水仕様の革靴を履いていましたのに、靴下が濡れてしまうほどでした。春一番はもうとっくに来ていますから、これは春の嵐と言った方が良い状況でした。ところが酷い雨は1時間ほどでピタリと上がって、嘘のような天気になりました。でも前線を伴った低気圧が通過していった影響で、関東地方には南風が吹き込み、昼間の気温はぐんぐん上昇して20度を超えていたようです。4月下旬から5月上旬頃の陽気になったということですから、コートなんか着ていたら汗をかいてしまうほどです。一足飛びに初夏のような陽気になりました。
f0372177_22535679.jpg
一気に季節が進んだような昨日の気温の上昇でしたが、本格的な春の到来まではまだ寒い日があることでしょう。初夏のような陽気は一時的ですから、着るものを選ぶのも悩ましいような状況です。
f0372177_22540072.jpg
気候は急速に先へと進みましたが、今回紹介しているホオジロの写真は、雪に覆われた山の中で撮影したものです。お天気は良かったのですが、まだ寒さが厳しく、冬真っ只中といった状況でした。
f0372177_22540520.jpg
山肌はすっかり雪に覆われていました。こんな所で野鳥達は餌が拾えるのかと、心配されるような環境になっていましたが、よく晴れた山肌の梢でこのホオジロは元気なさえずりの声を聞かせてくれました。
f0372177_22540969.jpg
空気が澄んでいて、朝日が当たっていましたから、撮影するには良い環境となりました。少し距離はありましたが、オリンパス E-M1mKⅡ + M.300mmF4 + MC-14 を使って、手持ちで撮影しても綺麗に撮れました。
f0372177_22542151.jpg
天気は晴れましたが、前夜に降った雪の影響で歩くのもままなりません。これでは野鳥達も餌が取れませんから大変です。姿を見せてくれたのは、前回紹介したエナガとこのホオジロくらいでした。仕方がないので、このあと別の場所へ移動することにしました。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-03-02 06:00 | 自然 | Comments(0)

草むらのアオジ

f0372177_20270279.jpg
孫娘のちぃちゃんを連れて、娘夫婦と一緒に市川市動植物園へ遊びに行ってきました。と言っても、動植物園で遊んできたのは娘夫婦とちぃちゃんだけで、私は隣接する大町公園でバードウォッチングをして1日楽しんで来ました。(^^;;  カミさんと愛犬チョコちゃんはお留守番です。この2月で2歳になるちぃちゃんは、少しづつ言葉が喋れるようになり、色々なものに興味を示すようになりました。園内では直接動物を触ったり、ミニ汽車に何度も乗ったりということで、ご満悦の様子だったようです。少し寒かったですが、大雪が降る前の週末でしたから、娘夫婦も楽しんで来られたようです。後から娘に聞いたところ、園内のレストランは一品一品の量が少ないので、婿さんは2人前を食べたとのこと、身長180cmを超える大きな体ですからやむを得ないところでしょう。西郷どんみたいに頼もしい婿さんです。
往復の車内では乗車時間が長くなるから、ちぃちゃんは飽きてぐずってしまうだろうと、先日購入したNHKの “みいつけた! うたってフィーバー ” というDVDを流してやりました。そうしたらとても喜んでくれて、もう一回のリクエストも貰いました。これには運転のジイジイとしても目尻が下がります。
f0372177_20270880.jpg
ちぃちゃん達が動物園で遊んでいる間、私はカメラを担いで大町公園をくまなく散策してきました。この公園は最近あまり来ていませんが、以前来た時にはルリビタキやジョウビタキ、シロハラなどが撮影できた思い出があります。
f0372177_20271402.jpg
その大町公園に隣接して動植物園がありましたから、子供連れで遊びにくるには良い場所だと思っていました。孫が2歳になり、どこかへ遊びに連れて行こうと考えていた時に思い出しましたから、丁度良いチャンスに恵まれたことになります。
f0372177_20272092.jpg
大町公園は周辺を梨畑に囲まれて自然林が残り、綺麗な湧水に恵まれている静かな環境です。そんなに広い公園ではありませんが、お弁当を持って写真を撮りながらゆっくり回れば、1日たっぷり楽しめる場所であると思います。
f0372177_20272849.jpg
久し振りに訪れましたから、野鳥の出具合が気になりましたが、どんな場所でもじっくり探せば何かしらの収穫に恵まれるものです。今回もこのアオジの他に、カワセミ、シロハラ、モズ、ルリビタキなど紹介できそうな写真を撮影してくることが出来ました。
f0372177_20272445.jpg
大町公園は、広大な梨畑に降った雨が湧水となって湧き出し、その流れに沿って南北に長く広がる公園ですが、両端の散策路に挟まれた湿地状の草地の中に、たくさんのアオジが舞い降りて餌拾いをしていました。
f0372177_20273261.jpg
歩きやすい散策路を行きつ戻りつしながら、草むらに群れるアオジを撮影して来ましたが、夏は高原で爽やかな囀りを聞かせ、冬の時期は里の公園の常連として撮影対象になってくれます。漂鳥ですが、一年を通して楽しませてくれる野鳥です。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-01-29 06:00 | 自然 | Comments(0)

間近に観察したミヤマホオジロ

f0372177_19093121.jpg
今年の成人の日は、晴れ着が届かず成人式にも参加できない人もいたようで、大きな混乱が発生していましたが、本当にお気の毒と言うほかない状況でした。その成人の日は1月8日(月)ということで1月6日(土)から三連休となりましたから、冬鳥達の姿を求めて野鳥観察で遠征するのによい機会となりました。探鳥地ガイドブックを見ながら候補地を絞り込んでみましたが、北陸地方は雪の影響もありましたからそちら方面は避けて、まだ雪の影響のない所へ行くことにしました。候補地周辺の積雪情報をリアルタイムで確認をするには、各地に設置されているライブカメラで様子を見ると便利です。調べて見たところ、軽井沢の野鳥の森と小瀬林道が第一候補として上がりました。オオマシコなどのアトリの仲間が期待できそうです。また、小根山森林公園も近くにあって、ここも冬鳥観察には成果が期待できそうです。横川サービスエリアから歩いて行かれるルートもあるようですから、三連休の帰りがけに立ち寄ってくるのによい場所であると思いました。
探鳥地の選定が終われば、あとは実行あるのみです。年末からの風邪が完治していなかったので体調万全とは言えませんが、思い切って出かけて来ました。
f0372177_19093870.jpg
軽井沢の野鳥の森と小瀬林道での収穫は、全くの空振りというわけではありませんが、当初の予想よりも少ない状況でした。こればかりは致し方ありません。また足を運んでくれば、きっと良い時もあるでしょう。
f0372177_19094363.jpg
軽井沢ではソコソコの収穫でしたが、最後の目的地である小根山森林公園での成果を期待して、2日目の車中泊ポイントである横川サービスエリアに到着しました。まだ暗くなるまで少し時間がありましたから、翌日登る予定のルート入口を確認して、早めに就寝体制をとることにしました。
f0372177_19101076.jpg
サービスエリアから小根山森林公園までは、20分くらいの道のりとされていましたが、歩いてみると階段道が長く続き、山登りをしているような感じです。見晴台の東屋に着く頃には汗を掻いてしまい、そこで暫く休憩を取るような状況でした。そこから管理事務所のところまでまだ少し登らなければなりませんから、結局小一時間ほども掛かってしまったことになります。
f0372177_19100798.jpg
駐車場にある管理事務所に到着すると、朝早かったですが管理人さんが中に招き入れてくれました。野鳥の情報などを聞きましたが、事務所前の餌台には色々な野鳥が集まってくれるようです。
f0372177_19100367.jpg
見ている間にも、このミヤマホオジロをはじめ、アトリやルリビタ、コガラやヒガラなどがひっきりなしに姿を見せてくれました。窓際の餌台にはヤマガラが飛んで来て、ヒマワリの種を一つづつ咥えていきます。
f0372177_19100079.jpg
事務所の中には1時間ほど滞在させてもらいましたが、ここだけで十分満足できる写真を撮ることができました。そのまま帰っても良かったのですが、せっかく来た探鳥地ですから公園内の山道を歩いてみたところ、谷筋などでミヤマホオジロやアトリの写真も撮れて、大変成果を上げてくることが出来ました。
[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-01-18 06:00 | 自然 | Comments(0)

ひっそり出てきたアオジ

f0372177_17510113.jpg
成人の日につながる1月の三連休が終わって、名実ともにお正月気分が抜けました。心身ともにくつろいで、リフレッシュするのに良いチャンスでしたが、これから仕事も実戦モードに戻りますから、気持ちを切り替えていかなければなりません。慌ただしい毎日が戻って来ますが、出来るだけゆとりを持って行きたいと思います。そのためには、週末のアウトドアライフを堪能できるよう、スケジュールを調整したり、体調管理に気をつけていきたいと思います。
1月9日の都内は南風が吹いて気温が16度まで上がり、4月上旬の陽気で早くも春の訪れかと喜ぶのもつかの間、これからまた寒波が押し寄せて来そうです。本格的な寒さはこれからとなりますから、寒さ対策を万全にするなど、アウトドアライフも気が抜けません。
f0372177_17515157.jpg
昨年末はお休みに入ると、すぐに自宅の大掃除に取り掛かりました。近年になく気合を入れて、汗を掻きながら家中の拭き掃除や整理整頓をしたところ、ほぼ1日で済ませることができました。2日がかりでやる予定でしたから、1日時間が空きました。お陰で年末最後のバードウォッチングを楽しんでくる余裕が生まれました。
f0372177_17511649.jpg
年末で高速道路は大渋滞が始まっていましたから、あまり遠出はできません。それで、自宅からそんなに遠くない手賀の丘公園へ行って来ましたが、野鳥達も年末で忙しかったのか、あまり姿を見せてくれませんでした。
f0372177_17512241.jpg
せっかく足を運んで来たわけですから、なんとか成果を残さなければと頑張って探いて来ましたが、このブログで紹介できる写真が撮れたのは、前回紹介した “間近に観察したシロハラ” とこのアオジくらいでした。
f0372177_17510526.jpg
全くの空振りは免れることができましたから、アオジに感謝しながら何枚も撮影させてもらいました。....本当は、ルリビタキやマヒワなどが撮影できれば嬉しかったのですが....
f0372177_17520887.jpg
薄暗い林床内での撮影でしたが、オリンパス E-M1mk2 + M.300mmF4 + MC-14 (換算840mm相当)の組み合わせは手ぶれ補正がとても良く効いてくれますから、手持ち撮影でもブレのない写真を撮ってくることが出来ました。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-01-11 06:00 | 自然 | Comments(0)

蕪栗沼にいたホオジロ

f0372177_22324369.jpg
このお正月は1月4日が仕事始めで、年末年始のお休みがアッという間に終わってしまったような気がします。元日に初詣でに出掛けたほかは、ほとんどの時間をテレビで駅伝とサッカーを観戦することで終わってしまいました。年末からの風邪が長引いて、せきが止まらない状況が続いていたので、鳥見に出掛けるのは控えていたこともあり、今年は仕方ない結果であったと思います。新年早々出足をそがれてしまったようにも思いますが、焦ることなく今年も各地の探鳥地を巡って、色々な野鳥達との出会いを楽しみたいと思います。
f0372177_22330042.jpg
フィールドへ出たら野鳥観察ばかりでなく、山歩きをしながら高山植物をはじめとした山野草を観察したり、チョウや昆虫など自然の生き物たちとの出会いも楽しんできたいと思います。
f0372177_22325629.jpg
仕事をしながら週末だけの楽しみで、あまり時間的な余裕もありませんから、上手く計画を立てないと満足できる結果を残せそうもありません。いつどこへ出掛けるかいろいろ思いを巡らせる、そんな意味でも楽しみな一年になりそうな気がしているのですが....
f0372177_22330347.jpg
一年を通してアウトドアライフを楽しむためには、まず健康であることが必要です。それでなくてもこの頃血圧が高くなっていますから、普段からウォーキングやストレッチ運動など、出来るだけ体を動かすようにして、健康第一で取り組みたいと思います。
f0372177_22324798.jpg
さて、今回紹介しているのはホオジロの写真ですが、撮影したのは宮城県の蕪栗沼です。ガンの仲間の写真が撮りたくて、昨年12月16日(土)から18日(月)にかけて出かけて来ました。
f0372177_22325131.jpg
昨年に比べると、観察できた野鳥の種類数が少なかったと思います。マガンやオオヒシクイ、シジュウカラガンはたくさんいましたが、昨年は撮影できたハクガンが見られず、今年来ているというオジロワシやヘラサギも確認できませんでした。その代わりではありませんが、このホオジロの写真はたくさん撮影できました。
[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-01-05 06:00 | 自然 | Comments(0)