タグ:ヒタキ科 ( 106 ) タグの人気記事

ノビタキが近い霧ケ峰

f0372177_19122479.jpg
この週末、関東地方は大雨による被害が出ないで済みましたが、西日本各地には大変な被害が発生してしまいました。この週末は遠出を避けていましたが、テレビのニュースを見るたびに被害が広がり、人ごとではない思いでした。被災地の皆さんは、これから復興するまで大変なことでしょう。頑張っていただきたいと思います。
次の週末は海の日に続く三連休ですから、遠出するには良いチャンスです。どこへ出掛けようか、天気予報とにらめっこですが、どこへ行くにしても車中泊になります。高原へ行っても車内の熱を逃がすために、扇風機は必需品となります。先週、乙女高原へ出掛けた時、車内の扇風機が動かなくなってしまいました。仕方ありませんからAmazonで購入しましたが、壊れたものと同じ23cmの物です。今回は、ダイヤルタイマーも一緒に購入しましたから、寝るときに扇風機をつけて、タイマーで切ることができるようにしました。これで爽やかな睡眠に入ることが出来るでしょう。また、出掛ける楽しみが1つ増えました。
f0372177_19123209.jpg
さて、今回紹介しているのは、長野県の霧ヶ峰高原で撮影したノビタキの写真です。♂と♀のペアが間近に撮影できましたから、一緒に紹介することが出来ます。
f0372177_19124447.jpg
今回は、6月14日(木)から16日(土)まで2泊3日の予定で出掛けてきました。しかし、2日目の金曜日の午後から雨になり、翌日も回復しそうにありませんでしたから、諦めて撤退してきました、
f0372177_19124703.jpg
こちらのノビタキ♀の写真は、霧の駅で車中泊をした2日目の朝、第一園地から第四園地までの散策路を歩いているときに、撮影したものです。
f0372177_19125024.jpg
前日は、八島湿原から蝶々深山を回るコースを歩いてきましたが、ノビタキの写真はたくさん撮れたのに、♀の姿を確認するのは殆どありませんでした。この朝は、間近に♀の姿を撮影することができました。
f0372177_19130423.jpg
同じ場所で、♂も一緒に動き回っていました。上の♀と番いとなっている個体だと思います。こちらの個体も、近い位置から撮影することが出来ました。
f0372177_19131136.jpg
2日目の朝方は、気温がかなり下がり寒いくらいでした。朝露に濡れた散策路を歩いてきたら、カッパがわりのウィンドブレーカーを着ていたのでズボンが濡れることなくなかったのですが、靴がびっしょり濡れてしまいました。
f0372177_19131569.jpg
季節はちょうどレンゲツツジが咲く時で、背景にそのオレンジ色が入ってくれました。お陰で、初夏の高原の雰囲気が伺えるしゃしんとなりめした。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-07-09 06:00 | 自然 | Comments(0)

霧ケ峰高原のノビタキ

f0372177_23533734.jpg
サッカーのW杯ロシア大会の決勝リーグに進出した日本チームは、FIFAランキング3位の強豪ベルギーと対戦しました。試合開始時間が7月3日の午前3時ということでしたから、翌日の仕事のことを考えると、テレビ観戦することは叶いませんでした。朝起きてテレビのニュースを見たら、2対3の僅差で敗れていましたが、後半に2点を先取しながら逆転されるという、とても惜しい敗戦でした。ベスト8まであと一歩というところまで来ていながら本当に残念な結果で、ベルギーチームが赤い悪魔と呼ばれているのも頷ける試合内容となりました。 W杯はこれから優勝を巡って熾烈な戦いが繰り広げられることでしょう。日本チームはいませんが、W杯の行方はしっかりと見守っていきたいと思います。そして、次のステップへ進めるよう、また応援したいと思っています。
f0372177_23534247.jpg
さて、今回紹介するのは長野県の霧ヶ峰高原で撮影したノビタキの写真です。6月17日(日)に仕事が入りましたが残っていた代休を取って6月14日(木)〜16日(土)が三連休となりましたから、2泊3日の予定で出掛けてきました。
f0372177_23535821.jpg
ところが金曜日の午後から雨に降られ、途中で撤退してきましたが、初日はとても良いお天気で、八島湿原から物見石〜蝶々深山〜車山湿原〜八島湿原のコースを歩いてきました。野鳥ばかりではなく、山野草やチョウの仲間もたくさん観察できました。
f0372177_23540944.jpg
この写真はノビタキの♀です。物見石に登るあたりか蝶々深山へ行く途中で撮影したと思います。♂の個体はたくさん撮影できましたが、♀の個体はあまり見かけることがありませんでした。
f0372177_23541502.jpg
行ってきた当日はレンゲツツジが咲いていて、一番上の写真がそうですが、ノビタキはよくその花の近くに止まってくれました。この写真もレンゲツツジの前に止まったところを撮影することが出来ました。
f0372177_23543527.jpg
今回歩いたコースの中では、車山湿原の周辺で特にたくさんのノビタキを撮影できたと思います。丈の低い樹木ばかりの草原で、その天辺に止まって囀っていましたから、撮影するのも楽でした。ノビタキやホオアカなど草原の野鳥写真を撮りたい人には、お勧めのポイントです。
f0372177_23544066.jpg
霧の駅で車中泊をしていましたが、明け方の気温は10度くらいまで下がりました。ダウンを着用している人がいたくらいです。でも、最近の都内は連日30度以上の猛暑日が続いていますから、それから比べると、全くの別世界であっように思います。
[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-07-04 06:00 | 自然 | Comments(0)

戦場ヶ原でキビタキと接近遭遇

f0372177_21541476.jpg
沖縄地方では、6月23日に梅雨明け宣言が出されたということです。昨年より1日遅い梅雨明けということですが、平年並みの梅雨明けであったそうです。沖縄では台風6号の影響で大雨が降りましたが、梅雨期間の降水量は例年の半分程度ということですから、雨の少ない梅雨であったことになります。今年は関東地方の梅雨明けが、早まりそうであるとの予報です。平年の梅雨明けは7月21日ですが、昨年は7月6日でした。さて、今年の梅雨明けはいつ頃宣言されるのでしょうか、大変気になるところです。
梅雨が明けた沖縄地方が羨ましいですが、関東地方でも7月上旬に梅雨明けしてくれれば、自然観察の機会が増えて大変嬉しいところです。個人的には、1日も早く明けてくれることを願っています。
f0372177_21541246.jpg
さて、今回紹介するのは、奥日光の戦場ヶ原で撮影したキビタキの写真です。5月26日(土)から27日(日)にかけて遠征してきましたが、この写真は27日(日)に戦場ヶ原で撮影したものです。
f0372177_21541862.jpg
今回の奥日光遠征は、野鳥写真の撮影を目的にしていました。期待通りたくさんの野鳥写真が撮れましたが、キビタキは小田代ヶ原でも戦場ヶ原でも、間近に撮影して来ることが出来ました。
f0372177_21535809.jpg
5月第4週に訪問した、今回の奥日光遠征の成果については、“カッコウの声が響いた奥日光” から続けて紹介してきましたが、今回がその最後になります。
f0372177_21540363.jpg
野鳥写真が撮りやすい環境であるうえ、色々な野鳥が生息していますから、まさに野鳥の宝庫と言えます。それだけでなく、地元あしだちのメンバーとも偶然にお会いして、これも嬉しい出会いとなりました。
f0372177_21540641.jpg
キビタキは特にたくさん撮影できましたから、“小田代ヶ原でキビタキと接近遭遇” で紹介しましたが、戦場ヶ原でも接近遭遇できました。今回は、重ねての紹介ということになります。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-06-25 06:00 | 自然 | Comments(0)

奥日光にはこんな野鳥もいました

f0372177_14025064.jpg
ゴミの収集日の朝は、カミさんが家中のゴミを集めて、出勤する私がそれを近くのゴミ集積所まで運んでいます。カラス対策のため、道路脇の集積所に設置された青色のネットの下にゴミを置いておくのですが、今朝はたくさんのハシブトガラスが集まって、ネットの下からゴミ袋を引っ張り出して、辺り一面にゴミが散乱していました。ゴミ袋の中に何か餌となるものが入っていると分かるのでしょうか? ゴミをあさるスカベンジャーとしての特殊能力には感心しますが、道路にゴミを撒き散らす行為は困ったものです。私がゴミを置きに行くと、カラス達は一斉に逃げるのですが、駅方向に足を進めると、また戻ってきてゴミ漁りを始めていました。ゴミ収集車が来るまでは、人とカラスのイタチごっこが続くと思われます。
f0372177_14032087.jpg
カラスのゴミ漁りの話から始まってしまいましたが、今回紹介するのはカラスではなく、奥日光へ遠征した時に撮影した野鳥写真の中から、まだ紹介しきれていなかったものを集めてみました。まず最初はアカハラの写真です。冬の間は里で越冬しますが、繁殖期は高原へ移動して繁殖活動に取り掛かります。
f0372177_14035044.jpg
今回、奥日光へ行ってきたのは5月26日(土)から27日(日)にかけてのことでした。野鳥達の繁殖活動が始まったばかりですから、活発に活動してくれます。おかげで、たくさんの写真を撮影してくることが出来ました。
f0372177_14042020.jpg
上空をタカの仲間が飛翔してくれました。草原や森の中ばかり見ていないで、たまには上空にも注意しないと見つけられない対象です。悠々と円を描くように、上空を飛翔してくれました。
f0372177_14045021.jpg
ノスリは冬になると見られるタカの仲間がという印象が強いですが、高原で繁殖しています。以前、長野県の霧ヶ峰で繁殖したノスリのファミリーを観察したことがありましたが、ここ戦場ヶ原でも繁殖しているものと思います。
f0372177_14052088.jpg
戦場ヶ原の中を流れ下る湯川沿いの遊歩道を歩いていると、すぐ脇の樹林帯の中にこのコサメビタキが出てくれました。とても近い距離です。慌てて飛ばさないように、落ち着いてそっとカメラを向けました。
f0372177_14055006.jpg
コサメビタキは低山から高原まで、比較的広い範囲で繁殖している野鳥であると思います。戦場ヶ原でも、ポピュラーな夏鳥として観察できますが、今回も湯川沿いの遊歩道の周辺を飛び交っていました。
[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-06-23 06:00 | 自然 | Comments(0)

小田代ヶ原でキビタキと接近遭遇

f0372177_15584789.jpg
6月17日(日)に群馬県渋川市で震度5弱の地震があり、その翌日には大阪で震度6弱の地震が発生して死傷者が出ています。ここ数日、何回か地震のニュースが伝わってきましたが、今日発生した大阪の地震では、交通機関が不通となり帰宅時間帯には、徒歩で帰宅を急ぐ人たちで大混乱が発生したようです。千葉県の地下ではスロースリップという地殻変動が起きて、地震が起きやすくなっているとか....、どうもこのところ地面の下では、地震が続けて発生するような要因が輻輳しているようで気になります。この先、大きな地震が発生して、被害が出なければ良いのですが、人間の力ではなんとも出来ないもどかしい状況です。南海トラフで巨大な地殻変動が出たり、首都圏の直下型地震が発生して大きな被害が出ないとも限りません。地震の発生は誰も止めることは出来ませんから、大地震が起こったとしても、せめて被害が大きくならないように祈るばかりです。
f0372177_15590910.jpg
さて、今回紹介するのは、5月26日(土)に奥日光の小田代ヶ原で撮影したキビタキの写真です。赤沼の駐車場から出発して、しゃくなげ橋を経由してここまで歩いてきましたが、良いお天気と爽やかな高原の空気を満喫してくることが出来ました。
f0372177_15592054.jpg
小田代ヶ原の駐車場がある広場の前に、テーブルとベンチが設置された休憩ポイントがあります。ここでお昼を食べた後、午後から戦場ヶ原を経由して赤沼駐車場へ戻ろうと、泉門池に向けて足を進めていたところ、小田代ヶ原から樹林帯に入ったところで、このキビタキに接近遭遇しました。
f0372177_15592619.jpg
木道を歩いていると、すぐ近くらかキビタキの囀りの声が聞こえてきました。周囲を探してみると、木道から本当にすぐ傍のところに出てくれましたから、格好の撮影対象となってくれたわけです。
f0372177_15593183.jpg
このキビタキを独り占めして、随分たくさんの写真を撮影させてもらいました。気を良くして泉門池へ向けて足を進めたところ、そこであしだちのメンバー御一行様と接近遭遇しました。こちらも大変うれしい出会いとなりました。
f0372177_15593575.jpg
このキビタキは、餌となる虫を咥えているようです。近くで営巣していて、ヒナに餌を運んでいるところでしょうか?
震度6弱の地震があった大阪周辺では、その後も余震が続いているようです。今後1週間は同程度の地震が起こる恐れがあるとのことで、日本列島全体がグラグラしていそうです。都内にいてもあまり良い気持ちがしません。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-06-20 06:00 | 自然 | Comments(0)

戦場ヶ原のノビタキ

f0372177_20575778.jpg
台風5号が伊豆諸島を通過して北上して行った月曜日は、朝から雨降りとなってしまいましたが、仕事にはスーツ姿で出勤しました。強い風が吹いていたわけではありませんが、夕方の帰宅時間帯も雨降りが予想されていましたから、この日は長靴を履いて、ズボンが濡れるのを防ぐため、ウィンドブレーカーの下だけ着用して行きました。長靴は、モンベル製のパンタナルブーツのショートタイプの物です。アウトドアライフ用にレギュラータイプの物もありますが、雨降りの日のタウンユース用に購入したものです。また、ウィンドブレーカーは、やはりモンベル製のU.L.ストレッチウインド パーカです。撥水加工されていますから、傘をさして歩く時にもズボンが濡れないし、薄い生地ですから暑くもなくて快適です。こんな風にきちんと対策をとって外出すると、雨降りもまんざら嫌ではなくなります。
f0372177_20580384.jpg
さて、今回紹介するのは、奥日光の戦場ヶ原で撮影したノビタキの写真です。撮影したこの日は、午前中に小田代ヶ原を散策して、午後から戦場ヶ原を歩く予定にしていました。ゆっくり歩いてきましたから、戦場ヶ原へ着いたのは午後の遅い時間になってしまいました。
f0372177_20592558.jpg
小田代ヶ原では、カッコウやホオアカなどが撮影できましたが、ノビタキの姿は見つけられません。バス停前のベンチでお昼を食べて、途中でキビタキの写真などを撮りながら、泉門池を経由して戦場ヶ原の草原へ出たところで、このノビタキを見つけることができました。
f0372177_20583515.jpg
戦場ヶ原の広い草原の中に立木がありますが、時折野鳥がその上に止まってくれます。ノビタキの他にホオアカやビンズイなども撮影できましたが、一番多く観察できたのはこのノビタキでした。
f0372177_20584485.jpg
ここで観察できたノビタキは、♂の個体が多かったのですが、夕方に近い時間帯になって、♀の個体もよく姿を見せてくれるようになりました。♀は目立たない地味な羽衣をしています。
f0372177_20583986.jpg
立木の上から時折地面に舞い降りて、餌取りをしているようです。きっとこの近くで営巣していることでしょう。巣の中で待つヒナたちへの餌運びが、大変な仕事であるようです。
f0372177_20590095.jpg
こちらは♂の個体ですが、頭部と背面は黒色で、首の部分は白く、胸からお腹にかけて橙色の羽毛があります。特に喉元の橙色が強く出ていて、夏羽のノビタキ特有の印象的な羽衣になっています。
f0372177_20580956.jpg
戦場ヶ原の広い草原の中で、ノビタキは近くに飛来したかと思えば、遠くの立木へ飛び移ります。餌を取りながらあちらこちらを飛び回りますから、その姿を追いかけるゲームで遊んでいるような感覚です。しばらく楽しませて貰いました。
[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-06-13 06:00 | 自然 | Comments(0)

戸隠のキビタキ

f0372177_22005665.jpg
この書き込みをしている今日は、よく晴れて気持ちの良い朝を迎えました。(投稿予約の機能を利用しているので、ズレがあります。)青空に浮かぶ雲も、眩しく見えるくらい良いお天気です。天気予報によれば、明日からは梅雨の走りでしょうか、雨空の日が続くことになるようです。もしかしたら関東地方も梅雨入りするかもしれませんから、気が滅入ってしまいます。
今朝は湿度が低く、カラッとしていて気持ちが良い陽気です。でも、明日からのお天気を考えると、憂鬱な気持ちになってしまいます。平日で仕事をしている時ならまだマシですが、週末のお休みに降られるのだけは勘弁してもらいたいところです。今度の週末も、日曜日に雨マークが出ていますから心配です。
f0372177_22010169.jpg
先の日曜日は仕事が入ったので、次の週末は月曜日に代休を取って三連休とし、遠征に出ることも考えていましたが、お天気が悪そうです。遠征の予定は変更して、その次の週末にした方が良さそうです。
f0372177_22010954.jpg
さて、今回紹介しているのは、ゴールデンウィーク中に訪問した戸隠森林植物園で撮影したキビタキの写真です。現地では、20種類を超える野鳥写真が撮れました。毎日1種ずつ紹介してきましたが、何時のまにか1ヶ月が経過してしまいました。
f0372177_22011891.jpg
戸隠で撮影した野鳥写真の紹介は、一応今回で最後にします。最後に紹介するのはキビタキの写真ですが、森林植物園の中では比較的たくさん撮影することができました。
f0372177_22013350.jpg
特に2日目の早朝、みどりが池の周辺に出てくれたキビタキは、池の周囲の木々の間を飛び交ってくれて、とても近い所で撮影できました。個人的には、満足できる結果が得られたと思っています。
f0372177_22014461.jpg
戸隠では車中泊をしながら、2泊3日の滞在となりました。早朝から暗くなるまで園内を歩いていると、随所でキビタキに遭遇することが出来ました。ここにはかなりの個体数が入っているものと思われます。
f0372177_22022036.jpg
キビタキの♂は、羽衣の色合いにかなりの個体差があります。特に喉元のオレンジ色が綺麗な個体に遭遇すると、すごく得した気分になります。その喉を大きく膨らませて、ピップルピップルと綺麗なさえずりを聞かせてくれました。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-06-07 06:00 | 自然 | Comments(0)

高い梢のオオルリ

f0372177_19305012.jpg
関東地方に梅雨入り宣言が出されるのは、時間の問題となってきました。このところ都内では、夏日の暑い日が続くようになりました。夜も寝苦しくなってきましたが、体的には順応が追いつかず、少々バテ気味です。これから梅雨入りして天候不順な日が続くと、湿度も高くなりますから不快指数はどんどん上がってしまうでしょう。週末のアウトドアライフに支障が出るのが、なんと言っても一番困った話になります。有給や代休をやり繰りして、週末の遠征計画を立てても、雨に降られてはどうにもなりません。目的地を変更して晴れている場所を探そうにも、この時期は梅雨前線が停滞しますから、どこへ行っても雨降りに変わりがありません。全く困ったものだと、空に向かって不満を言っても始まりません。
f0372177_19310172.jpg
ゴールデンウィーク後半の連休を利用して、戸隠森林植物園に行ってきましたが、そこで撮影した野鳥写真の紹介を続けていたら、もう1ヶ月が経過してしまいました。たくさんの野鳥が撮影できたので、紹介が追いつきません。
f0372177_19310759.jpg
さて、今回紹介するのはオオルリの写真です。ミズバショウが咲いている湿原の中に立つ、木立の頂上付近に止まっていました。とても高いところでしたが、そこに飛来してくれたので、見つけることができました。
f0372177_19313029.jpg
戸隠森林植物園では、オオルリはレアな野鳥であると思います。標高が1,400メートルほどもありますから、ここまで登ってくる個体を観察するのは、とても珍しいことです。奥日光の戦場ヶ原も同じくらいの標高ですから、オオルリを見ることは殆どありません。
f0372177_19312783.jpg
このオオルリを撮影したのは、入口広場から木道を歩いてすぐの所でした。アオジやノジコが囀り、ゴジュウカラやヒガラ、コガラが飛び交う環境でしたから、そんな所で見つけたオオルリは、他の野鳥とは違うなという印象でした。
f0372177_19311723.jpg
これまで、戸隠森林植物園には10回以上は訪問していると思いますが、私の記憶ではこれまでオオルリを観察した覚えがありません。それだけに、この時は少し嬉しい気持ちでシャッターを押していました。
[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-06-06 06:00 | 自然 | Comments(0)

営巣中のコサメビタキ

f0372177_22231227.jpg
今日は仕事の関係で関係先へ出掛ける要件があり、よく歩き回りました。夕方いつものように30分ほどのウォーキングをして、帰りの電車に乗りましたが、少し怠さを感じるほどでした。毎日のウォーキングで10,000歩を目標にして歩いていますが、この日は家に帰ってスマホの歩数計を見ても、17,000歩を少し超えるくらいでした。週末の山登りやハイキングでは、軽く20,000歩を超えて歩いても心地よい疲れですから、そんなに気になることはありません。やはり仕事で歩き回るのでは、体に溜まる疲労の質が異なるようです。それと、年齢的なものも感じています。体力的に落ちて来ていますから、少し意識して体を動かすようにしなければと思って、エスカレーターやエレベーターは一切利用しないで、全て階段を利用するようにしています。足腰が衰えてしまっては、野鳥写真の撮影も儘なりません。
f0372177_22231637.jpg
さて、今回紹介しているのはコサメビタキの写真です。戸隠森林植物園で撮影してきたものですが、いずれもみどりが池の周辺で撮影しています。朝の早い時間であったためか、割合近いところに出てくれました。
f0372177_22232027.jpg
コサメビタキは、雌雄同色ですから♂と♀の区別はもちろん、他のヒタキ類の♀との識別が難しい野鳥です。他のヒタキ♀との違いは、白いアイリングがあって、目先が白く見えるところが識別ポイントになるでしょうか。
f0372177_22234024.jpg
みどりが池に近い木道の上に、営巣していました。すぐ頭上に巣を掛けていましたから、通る人が皆カメラを向けて撮影出来る状況でしたが、当のコサメビタキはあまり気にしていないようです。
f0372177_22234351.jpg
こちらの巣の中からは、何羽のヒナが巣立ってくれることでしょうか。たくさん巣立って、また来年も繁殖のため戻って来てもらいたいものです。戸隠がこれからもずっと野鳥天国であってくれると嬉しいのですが....
f0372177_22234632.jpg
このゴールデンウィーク前半に訪れた栃木県県民の森でも、後半戦の戸隠でも、コサメビタキの営巣ぶりを観察する事ができました。比較的個体数が多くて、枝先に巣を掛けますから、割合見つけやすい野鳥であると思います。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-06-05 06:00 | 自然 | Comments(0)

樹上のアカハラ

f0372177_17194208.jpg
我が家の愛犬チョコちゃんは、先日後脚にできた腫れ物を切除してもらうための手術を受けてきました。一昨日は仕事を半日休んで、手術を終えたチョコちゃんのお迎えに行ってきました。首の周りには、大きな漏斗状のエリザベスカラーと呼ばれるものを嵌められていました。切除した傷口を舐め回して悪化させないための措置ですが、自分で餌を食べたり水を飲むことも出来ません。抜糸するまで10日間ほどはこの状態が続きますが、見るからに不自由そうで可哀想です。餌や水やりは、カミさんが容器を持って、直接口元に近付けてやりますが、これがなかなか大変です。家の中で動き回る時も、あちらこちらにぶつけたりします。また、首の周りや顔が痒くなっても、掻くこともできませんが、ワンとも言わずに耐えてくれています。抜糸するまで暫くの辛抱になりますが、意外に忍耐が必要なのは、飼い主の方なのかもしれません。
f0372177_17194991.jpg
さて、今年のゴールデンウィークは、前半の連休に栃木県県民の森へ出掛け、後半の連休は長野県の戸隠森林植物園に行って来ました。今回は、後半の戸隠で観察することができたアカハラの写真を紹介します。
f0372177_17195466.jpg
戸隠森林植物園は、標高1,400メートルの高原に位置しています。ここでは夏鳥として渡って来た野鳥のほか、里で冬を過ごし繁殖期の子育てをするために、漂鳥としてやって来る野鳥、留鳥として居続ける野鳥など、たくさんの種類を観察することができます。
f0372177_17195883.jpg
繁殖期を迎えた森林植物園では、爽やかな空気の中で遠くからキョロン、キョロン、ツィーと鳴くアカハラの声が響いて来ます。この声を聞くと高原に来たなと実感できるのですが、声はすれどもなかなかその姿を見ることが出来ません。
f0372177_17200006.jpg
遠くにアカハラの囀りを聞きながら、園内の遊歩道を歩き回っていたら、思いもかけずすぐ脇の茂みから飛び上がった野鳥がすぐそこの枝先に止まってくれました。それがこのアカハラだったのです。
f0372177_17201069.jpg
冬の間は東京周辺でも都市公園などで観察することが出来ますが、やはり高原で見るアカハラは、一味違う雰囲気を感じます。今回は見られませんでしたが、ここ戸隠では、マミチャジナイやマミジロなども観察できますから、また機会があったら何度でも足を運んで来たい探鳥地です。
[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-06-01 06:00 | 自然 | Comments(0)