タグ:ヒタキ科 ( 130 ) タグの人気記事

ルリビタキに出会えた小根山森林公園

f0372177_23190877.jpg
自宅から日帰り圏内の、東京近郊の探鳥地だけで観察していると、大体同じような種類ばかりになってしまい面白味がありません。そのためこの頃は、月に1~2度は遠出をして野鳥観察するようになりました。
しかし、宿泊費用が馬鹿になりませんから、もっぱら車中泊をしながらリーズナブルに出掛けられるよう心掛けています。そのため、車も車中泊がやり易いワンボックスタイプを選択し、燃費のことも考え合せて、今はホンダのステップワゴン・ハイブリッドに買い替えました。
この車の一番の利点は、1,500Wの電源が搭載されていて、家庭用電気製品が使えるところです。今は電気ポットはもとより、電子レンジやセラミックヒーターなどを買い揃えて、快適な車中泊ライフが過ごせるようになりました。サブバッテリーを用意して、氷が出来る冷凍冷蔵庫が車載できるようになったのも強い味方です。
f0372177_23190114.jpg
車中泊を始める第一歩として、サービスエリアや道の駅などで安心して就寝できるように、窓を覆うブラインド・シェードを準備することから始めました。その当時の車では、銀色のキルティングのような外見のブラインドを使っていましたが、如何にも車中泊してますみたいに見えますから、今の車では、外から一見して分からないように、内側も外側も黒色で、ウレタンの入った保温性のあるものを使用しています。
f0372177_23184829.jpg
就寝時には、後部座席を倒して、椅子の凹部にヘッドレストを置き、その上にサーマレストの8cm厚のウレタンマットを置いたら、平らな寝床が出来て安眠できます。でも冬のシーズンはとても冷え込みますから、登山用の寝袋を利用しています。高原で外気温がマイナス10℃以下になる場合には、窓ガラスの内側までガチガチに凍りつきますから、そんな時は寝袋を二重にして安眠できるようにしています。
f0372177_23184334.jpg
夏の間は、キンキンに冷えたビールが飲めるよう、クーラーボックスは6面真空構造のちょっと高価なものを買いました。でもそのお陰で、2泊3日の車中泊でも、自宅から持って行った氷が3日目の朝まで形が残っていて、私自身が驚いたこともありました。
f0372177_23183977.jpg
さて、車中泊の話は程々にして、アップした写真の紹介をしなければなりません。今回紹介しているのは、1月5日(土)~6日(日)にかけて、今年初めての遠出として群馬県安中市の小根山森林公園へ出掛け、撮影することが出来たルリビタキ♂です。もちろんこの時も車中泊をして、翌日は別の探鳥地へ向かうことが出来ました。
f0372177_23182449.jpg
小根山森林公園の管理事務所の前に、水場が設置されていて餌台も置かれています。管理人さんが餌を置いていてくれますから、ここでは居ながらにして、飛来するたくさんの野鳥を撮影することが出来ます。撮影していたのは私一人だけでしたが、管理人さんがとても親切で、丸一日外で座っていたら、途中で何回か熱いお茶を持ってきてくれました。
f0372177_23182032.jpg
この日撮影に使用した機材は、このところ殆どお蔵入りしていたフォーサーズ仕様のサンニッパで、 E-M1 + 300mmF2.8 + ED-20(換算1,200mm相当)として三脚に据えて撮影しましたが、久々に活躍してくれました。でも、常用のメイン機種である E-M1mkⅡ + 300mmF4 +MC-14(換算840mm相当)をサブで用意していたのは言うまでもありません。

by coffeeto-p2 | 2019-01-21 06:00 | 自然 | Comments(0)

梅林にはジョウビタキも

f0372177_18460659.jpg
数日前から、左足の踵がひび割れて痛みが伴うようになってしまいました。靴べらを当てて靴を履く時などは、痛くて声を上げそうになりました。寝ている時でも踵が布団に当たると、痛くて目が覚めてしまいます。職場でも同僚の皆さんが同じような悩みを持っていて、メンタムをすり込むだとか、瞬間接着剤で固めるなどと、色々な話を聞きました。さてどうしたものかと思って、医薬品のスーパーへ行ってきました。お店の人に相談したところ、色々な商品を紹介してもらいましたが、みんな手で塗りこむものでしたが、その中にスティックのりのように塗りこむものがありました。これは手を汚さずに手軽に使えますから便利そうです。天然保湿成分であるアロエエキスを配合したオイルが、スティックになっている“なめらかかと”というものです。早速購入して塗り込んでみたのですが、数時間もしたら痛みがほとんど感じられないほどに回復してくれました。手軽に使うことが出来て、すぐに効果が出ますから、これはなかなか優れものの薬品です。嬉しくなってしまいました。
f0372177_18461198.jpg
店員さんが親切に対応してくれたので、ついでに肌がガサガサして痒みが出るので、治療薬はないかと相談したところ、肌のバリア機能を回復して痒みを止める治療薬を紹介してくれました。こちらはチューブに入った塗り薬ですから、お風呂あがりに使ってみたいと思います。
f0372177_18461879.jpg
さて、今回紹介しているのは、昨年の12月30日(日)に、年末最後の野鳥観察に行ってこようと足を運んできた、武蔵丘陵森林公園で撮影したジョウビタキの写真です。
f0372177_18462222.jpg
事前に探鳥地ガイドブックを読んで、この公園を選んでみたのですが、実際に歩いてみたら記述されているように観察できませんでした。でも、梅林は最初のホットスポットと紹介されていた通り、ジョウビタキのほかに、ツグミやカシラダカなどが観察できました。
f0372177_18463491.jpg
この梅林では、朝一番に行った時にジョウビタキのオスがよく出てくれました。公園内をくまなく歩き回り、午後遅くもう一度訪れた時にこのメスの個体を撮影することが出来ました。
f0372177_18463867.jpg
サンシュユの赤い実がたくさん生っている枝に、ジョウビタキのメスが止まってくれました。この実を食べているわけではありません。彩が綺麗なので紹介させてもらいますが、ツグミがこの実を咥えて行きました。
f0372177_18464118.jpg
この日撮影に使用した機材は、オリンパス E-M1mkII + 300mmF4 + MC-14(換算840mm相当)です。小型軽量で手持ち撮影ができますから、この日のように歩きまわって撮影するには、とても重宝する機材です。
by coffeeto-p2 | 2019-01-13 06:00 | 自然 | Comments(0)

オジロビタキに会いに行ってきました。

f0372177_20280974.jpg
最近、ラジオで聞いた話ですが、高齢の人が体調を壊して寝込んだ場合、それが1週間ほどでも脚力が衰えてしまうというのです。確かにそうだと思うことがありました。このお正月は、ずっと自宅にいてテレビ観戦をしている時間が長く、愛犬の散歩くらいしか歩いていませんでした。今年最初の週末に、野鳥観察のために訪れた公園で、標高200メートル程の山に登ったのですが、それだけで太ももがかなり張ってしまいました。これまで毎日ウォーキングをしていましたが、年末年始に歩かなかっただけで、これくらいの山登りでも、足への負担が明確に出てしまいました。そう言えばこの半年ほどは、毎月定例の登友会の山登りにも参加していません。脚力が衰えたことを実感させられました。これからますます老化が進んでくるでしょうから、体力を衰えさせないため運動を継続することの大切さを、今更ながら実感させられました。
f0372177_20281982.jpg
私の野鳥写真の撮影スタイルは、カメラを担いでフィールドを歩き回ることを基本にしていますから、体力勝負です。これからもずっと野鳥写真を撮り続けるためにも、体を衰えさせるわけにはいきません。
f0372177_20282953.jpg
さて、今回紹介しているのは、栃木県真岡市にある井頭公園で撮影した、オジロビタキの写真です。この写真では、ハナバチの仲間捕まえて咥えているところが撮影できました。
f0372177_20284413.jpg
行ってきたのは昨年12月22日(土)のことでしたが、目的はこのオジロビタキを撮影することにありました。というのも、12月9日(日)に渡良瀬遊水地で会った人から、情報を教えてもらいましたから、機会があったらいつか会いに行きたいと思っていました。
f0372177_20284777.jpg
このオジロビタキは、公園内にある池のボート乗り場の周辺を縄張りにしていたようです。初めは知らずに園内を歩き回りましたが、何人かのカメラマンが構えていてくれたので、その場所が分かりました。
f0372177_20283311.jpg
聞いたところでは、この個体はニシオジロビタキであるようです。識別ポイントは、下側の嘴が肉色であるところと、上尾筒が灰黒褐色であるところです。オジロビタキは下嘴も黒色で、上尾筒も黒褐色であるようです。この個体は喉の部分にオレンジ色味がありませんから、メス冬羽のように思えますが、オスの第一回冬羽も色が出ないので識別は難しいようです。
by coffeeto-p2 | 2019-01-08 06:00 | 自然 | Comments(0)

ジョウビタキがいた池の畔

f0372177_13230396.jpg
お正月だというのに、我が家の息子がインフルエンザにかかってしまいました。1月2日の日に具合が悪いと言って、ずっと部屋で寝ていたのですが、夕方になって熱が39度もあると言うのです。まだ独身でいますから、こんな時には親として対応してやらなければなりません。急いで年末年始に診療している病院を検索したところ、たまたま近くの保健センター内にある休日応急診療所で診てもらえることになりました。お酒を飲んでいないで良かったです。私もインフルエンザが移らないようにしっかりマスクをして、車に息子を乗せて診療所まで行ってきました。
f0372177_13230707.jpg
診療は直ぐに終わるだろうと思い、近くに車を停めて待つことにしましたが、診療所内には50人近くの人が待ち合わせていて、時間が掛かるようです。仕方がありませんからいったん自宅に戻り、終わったら電話してもらって迎えに行くことにしましたが、正月の休日診療には、たくさんの人がお世話になっているんですね。診察の結果はインフルエンザA型ということでした。
f0372177_13231907.jpg
カレンダー通りに仕事をしている私の職場は、この書き込みがアップされる1月4日が仕事始めです。私もインフルエンザにり患したら、仕事を休まなければなりません。そんなことにならないように注意をしたいと思っています。
f0372177_13233668.jpg
さて、今回紹介するのは、昨年12月22日(土)に足を運んだ、栃木県の井頭公園で撮影したジョウビタキの写真です。池のすぐ畔で撮影することが出来ました。
f0372177_13234184.jpg
公園に到着して最初に撮影できたのは、こちらのジョウビタキの♀の写真でした。幸先良い出現に、喜んでシャッターを押したのですが、間もなく姿が見えなくなってしまいました。
f0372177_13234683.jpg
池の畔を回り込んで行ったところ、こちらの♂の個体がよく姿を見せてくれました。先ほどの♀とは違い、こちらは縄張りがはっきりしているのか、飛び去ることもなく撮影対象になってくれました。
f0372177_13240090.jpg
この日も撮影に使用した機材は、オリンパス E-M1mkⅡ + 300mmF4 + MC-14(換算840mm相当)です。歩き回って野鳥を探すのが私の撮影スタイルですから、手持ち撮影ができるこの小型軽量のシステムが大変役に立っています。

by coffeeto-p2 | 2019-01-04 06:00 | 自然 | Comments(0)

水場に飛来したルリビタキ

f0372177_21432502.jpg
新春恒例の箱根駅伝、今年の往路は昨年に続いて東洋大学が優勝し、総合5連覇がかかっていた青山学院大学は第6位という成績に終わりました。優勝に向けてひたすら走り続ける選手の姿を応援するため、朝からテレビの前にくぎ付けとなってしまいました。たすきを繋ぐ各校の選手の頑張る姿には、いつもの事ながら感動を覚えます。しかし、予想外の展開に、3日の復路での総合優勝の行方が分からなくなり、俄然興味がわいてきました。でも、私が応援していたのは母校の日大でした。残念ながら往路は第13位という結果でしたが、3日の復路にはシード権を獲得できる10位以内を目指して頑張ってもらいたいと思います。
f0372177_21435382.jpg
箱根駅伝の中継が終わると、続けてラグビーの大学選手権の準決勝を、そして高校サッカーの中継をと、1日スポーツ中継を観戦して終わってしまいました。こんなことが出来るのも、お正月ならではのことであると思います。
f0372177_21440347.jpg
パソコンの脇に置いたテレビで中継放送を観戦しながら、このブログへの書き込みをしていますが、困ったものでテレビの熱戦に目が行ってしまって、なかなか書き込みの手が進みません。
f0372177_21435041.jpg
さて、今回紹介しているのは、昨年12月15日(土)に、山中湖の「大洞の水場」に行って撮影してきたルリビタキの写真です。既に ”青い鳥ルリビタキ” として紹介していますが、当日はルリビタキの写真がたくさん撮影できて、紹介しきれなかったので、残りの写真をまたアップすることにしました。
f0372177_21434654.jpg
この日「大洞の水場」に半日滞在している間、丸太の上に座ってほとんどの時間私一人だけでしたから、何度も出現するルリビタキを独り占めしてくることが出来ました。静かな環境であった分、野鳥達も安心してやって来てくれたと思います。
f0372177_21434070.jpg
この撮影に使用した機材は、オリンパス E-M1mkⅡ + 300mmF4 + MC-14(換算840mm相当)でした。レンズの解像力が高いうえ、ボディの5軸手振れ補正とレンズとのマルチ手振れ補正の効果が絶大で、ブレのない写真を撮影してくることが出来ました。

by coffeeto-p2 | 2019-01-03 06:00 | 自然 | Comments(0)

青い鳥ルリビタキ

f0372177_19583771.jpg
今頃が、1年を通じて一番昼間の時間が短いということですが、確かに朝起きた時にはまだ空が暗いままだし、夕方仕事を終えて帰宅しようとすると、既に暗くなっています。外が明るい状況であるのが普通で、それを基準に考えてしまいますから、暗くなっていると行動が鈍りがちになるし、考え方も引けてしまうように思います。でも、これからは次第に昼間の時間が長くなってきます。活動的に動ける季節になると思うと、気持ちも前向きになって来ますから、気が早いとは思いますが、春の到来が待ち遠しくも感じます。
今年は、のんびり構えていたら年賀状の準備が遅くなってしまいました。クリスマスになって、まだ着手していなかったことに気がついて慌てて準備を始めましたが、今週中には投函できるようにしなければなりません。毎年やることは決まっていますから、早めに手をつけるようにしなければならないと、自分に言い聞かせています。
f0372177_19575822.jpg
さて、今回紹介しているのは、12月15日(土)に訪問した山中湖の大洞の水場で撮影したルリビタキの写真です。何年振りかで訪れて来ましたから、道に迷いながら到着してきました。
f0372177_19574181.jpg
訪問した前日の12月14日(金)は、仕事で相模湖の近くまで出張していましたから、そのまま帰るのも勿体無いと思い、道の駅どうしで車中泊をして、翌日朝一番で乗り込んできました。
f0372177_19572191.jpg
朝一番とはいえ、出発前にフロントガラスに霜が凍りつき、溶かすまで時間が掛かってしまいました。おまけに道に迷いましたから、到着したのは9時頃になっていまいました。
f0372177_19572605.jpg
大洞の水場には、既に先着者がいましたが、前夜から山中湖の畔でふたご座流星群の写真を撮り、明るくなってからここに来たそうで、間も無くお帰りになりました。暫く一人だけで観察していましたが、昼近くになって、女性が2名来たほかは誰もいない、静かな環境でした。
f0372177_19575330.jpg
この日は、ルリビタキがとてもよく姿を見せてくれました。なんども飛来してくれましたから、結果的にはルリビタキだけで、600枚を超える写真を撮影していました。紹介しきれなかった分は、また日を改めて紹介することにします。

by coffeeto-p2 | 2018-12-26 06:00 | 自然 | Comments(0)

枯れ枝のツグミ

f0372177_23073792.jpg
来年1月には、オリンパスから E-M1X というフラッグシップ機が発表になります。縦位置グリップ一体型でかなり大型化になるということですが、7.5段分の手振れ補正が搭載されているほか、手持ちでハイレゾ映像が撮影可能であるということです。シャッタースピード1/60秒のうちに8コマの映像を撮影して、それを1枚の写真に合成する処理が瞬時に行われます。80MP位のハイレゾ画像になるということですから、画質はかなり向上するものと思われます。また、アダプティブAFが採用されるということも言われていて、AFもかなり向上することが期待できそうです。処理速度が従来の機種の2倍になるということですから、プロ使用にも対応することが出来る高機能な機種になると思われますが、発表が待ち遠しいところです。
f0372177_23074907.jpg
しかし、カメラが大型化して重くなるようですが、マイクロフォーサーズの利点である、小型軽量に反するところもあり、私の体力に見合うものであるかを見極める必要がありそうです。その上、かなり高額にもなるのではないかと思いますから、手が出せないかもしれません。
f0372177_23075594.jpg
オリンパスからは、新型ボディの他にレンズも発表されるようです。噂では150-400mm F4 のズームレンズであるようです。手持ち撮影も可能でしょうから、野鳥写真の撮影には最適です。でも、これもかなり高額になることでしょう。
f0372177_23080414.jpg
同時に発表になる予定の製品の中に双眼鏡も含まれています。オリンパスが得意な5軸手ぶれ補正を搭載した双眼鏡ではないかと思いますが、これもまたどんな製品になるか興味津々です。
f0372177_23081734.jpg
前置きの話が長くなってしまいましたが、今回紹介するのは、12月9日(日)に足を運んだ、渡良瀬遊水地で撮影したツグミの写真です。旧谷中村役場の跡地周辺で撮影しました。
f0372177_23082180.jpg
ここでは、ムクノキの実を食べるために、たくさんの野鳥が集まっていました。一番多かったのはヒヨドリで、その次がシメであったと思いますが、ツグミも多くの個体が集まっていました。
by coffeeto-p2 | 2018-12-23 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

谷中湖にジョウビタキも出た

f0372177_22520841.jpg
嬉しいことにボーナスが出ました。でも、来春には今の職場を卒業して、第三の職場へ移ることになりますから、第二の職場ではこれが最後のボーナスとなります。今日は、自分へのご褒美とクリスマスプレゼントの意味も込めて、以前から欲しかったスノーブーツを購入して来ました。mont-bell製のアスペンブーツという製品です。これまで、雪の積もった奥日光や清里高原を歩く時でも、登山靴を履いて、雪が深い時はスノーシューを使っていましたが、街中に雪が積もった時でも対応可能な、スノーブーツが必要だと思っていました。今回購入したアスペンブーツは、mont-bellから送られてくるカタログ本を見て、足首の上まで防水構造になっているところが気に入って、購入することを決めました。これがあれば、雪が積もった真冬の高原歩きも楽しめそうです。気持ちはもう、カメラを担いでどの山へ登ろうか、そんな方向に向いています。
f0372177_22521214.jpg
今回購入したアスペンブーツは、靴底がアイスグリッパーという構造で、氷の上でも滑りにくくなっています。雪山を歩くのも、全く苦ではなくなりますから、これは嬉しい仕様となります。
f0372177_22523286.jpg
都内に雪が降って、積雪がアイスバーンのようになっても、リバーシブル グリッパーという滑り止めがあります。これと併用すれば、どんな状況でも対応できますから、これは強い味方になってくれそうです。
f0372177_22522694.jpg
さて、今回紹介しているのは、渡良瀬遊水地で撮影したジョウビタキ♀の写真です。既に紹介している枯れ木に止まったアオジの写真を撮って、そこから少し移動したところにこの個体が出現してくれました。
f0372177_22525659.jpg
この時も、使用した撮影機材はオリンパスE-M1mkII + 300mmF4 + MC-14(換算840mm相当)です。ボディの5軸手ぶれ補正とレンズの補正の相乗効果で6.5段分の補正が効きますから、手持ち撮影でも全く支障がありません。
f0372177_22530118.jpg
この日は、ジョウビタキの写真は撮れるだろうと思っていましたが、前回訪問した時に撮影できた場所では、鳴き声すら聞けませんでした。だから今回は空振りになるかと諦めていた時でしたから、ここで撮影できたのはとても嬉しい結果となりました。

by coffeeto-p2 | 2018-12-21 06:00 | 自然 | Comments(0)

ツグミが飛び交う戦場ヶ原

f0372177_22243218.jpg
私が毎日通勤に使用しているのは、東武スカイツリーラインの竹の塚駅ですが、数年前に駅直近の踏切で人身事故が発生したことを受け、高架化の工事が進められています。これまでに下りの快速線が高架化され、今は上りの快速線の高架化工事が進められています。これに伴い、各駅停車用のホームが仮設されていますが、以前より狭くなってしまいましたから、朝は人で一杯になっています。そんなホームで始発電車を待ちながら、毎朝工事の進捗状況を見ています。以前利用していたホームが壊されてだんだん姿が見えなくなり、それに連れて上りの快速線の橋脚が設置され、順調に工事は進んでいるものと思います。工事が始まったのは、まだ私が現役で通勤していた頃でした。定年退職して第二の職場に移っても変わらずに利用してきましたが、ここも来春で定年になります。高架化が完成しても通勤に利用することは無いのかなと思っていましたが、第三の職場で仕事をさせてもらうようになりました。新しい駅が完成するまで、次の職場では頑張って働いていこうと目標が見えてきました。
f0372177_22243985.jpg
来春からは、年金を受給するようになると思いますが、まだまだ仕事が出来る健康な体が維持できていますから、仕事はもちろん、野鳥観察にも精力的に取り組んでいきたいと思います。
f0372177_22244864.jpg
さて、今回は奥日光の戦場ヶ原で撮影してきたツグミの写真を紹介します。カラマツの木やズミの木に飛来して採餌するツグミが、あちらこちらを飛び交っていました。
f0372177_22245228.jpg
今回、戦場ヶ原へ足を運んできたのは、11月23日(金)の勤労感謝の日から24日(土)にかけてのことでした。渡ってきたばかりの冬鳥を観察しようと、いつものように車中泊をしながら、予定を立ててみました。
f0372177_22260385.jpg
取らぬ狸の皮算用ではありませんが、アオサギやオオモズなどを観察できれば嬉しいと目論んでいましたが、それらは悉く打ち下されてしまいました。でも、今回紹介しているツグミを始め、多くの冬鳥を観察することが出来て、私的には満足できる結果となりました。
f0372177_22263387.jpg
ここで使用した撮影機材は、オリンパス E-M1mkII + 300mmF4 + MC-14(換算840mm相当)でした。カメラの5軸手ぶれ補正とレンズの補正の相乗効果で6.5段分の補正が効きます。三脚を使わずに手持ち撮影が可能になりますから、私にとってはこれ以上の撮影機材はないと思っています。
by coffeeto-p2 | 2018-12-08 06:00 | 自然 | Comments(0)

手賀の丘公園に♂のジョウビタキ

f0372177_18084953.jpg
私が通勤に利用する自宅からの最寄駅は、始発電車が出る駅ですが、職場の最寄駅までの乗車時間が30分もかからないうえ、途中駅で下車してウォーキングをすることを日課にしていますから、来た電車にそのまま乗車していました。でも、今朝はうちを出る時間が少し遅くなってしまいました。遅れを取り戻すため、始発電車に乗って職場の最寄駅まで行くことにしました。毎日の日課としているウォーキングはお休みすることになりますが、通勤時間は大幅に短縮することが出来ます。そのうえ、乗車列に並んで始発電車に乗れば、座っていかれますからとても楽チンです。
これまで、健康維持を考えてウォーキングを心掛けてきましたが、今日のような通勤方法で歩くことを欠略すると、これからもずっと楽な方向に向かってしまうのではないかと、逆に心配もしてしまいますから、安易な方向に流れないようにと、自分を戒める気持ちが働いています。
f0372177_18085655.jpg
さて、今回紹介するのは、11月17日(日)に足を運んだ、手賀の丘公園で観察したジョウビタキ♂の写真です。この日は、渡ってきているであろう、冬鳥たちを撮影しようと足を運んできました。
f0372177_18090784.jpg
昨シーズンは、この公園でルリビタキを始め、たくさんの冬鳥を撮影することが出来ました。今年も既にたくさんの野鳥が来ているのではないかと、き愛して足を運んできましたが、期待に反して撮影できたのは、このルリビタキだけでした。
f0372177_18091850.jpg
この前の週に、渡良瀬遊水地へ行ってきましたが、そこで撮影できたのは、ジョウビタキ♀ばかりでした。♂の写真が撮りたいと思っていたところ、この日はその願いが聞き届けられるように、オスの個体が姿を見せてくれました。
f0372177_18093782.jpg
このところ、我が家の周辺でも、渡ってきたばかりのジョウビタキが、民家のテレビアンテナの上などで、囀りの声を響かせてくれています。やって来たなと嬉しい思いでその姿を見て来ましたが、やっとその姿を撮影することが出来ました。
f0372177_18091287.jpg
冬の間も縄張りを持って生活していますから、一度見つけるとその周辺でじっくりと観察できる野鳥です。そんな意味でも、今回は、その姿をたくさん撮影することが出来ました。

by coffeeto-p2 | 2018-11-28 06:00 | 自然 | Comments(0)