タグ:チドリ目 ( 60 ) タグの人気記事

下の池のアオアシシギ

f0372177_22363161.jpg
仕事を終えて職場のビルを出た時、まだ日が差していました。冬の間はこの時間にはもう暗くなっていましたから、それから思うと随分と日脚が伸びてくれたものです。帰り道のウォーキング途中で、ビルの陰から出て西の方角を覗くと、沈みゆく夕日が眩しいほどでした。これから夏至に向かってさらに日脚が伸びて、それとともに暑い日が続くことになると予感させてくれる光景でした。
これから野鳥の世界では繁殖期を迎えますから、渡って来た夏鳥達の動向から目が離せません。時間があれば、カメラを持ってフィールドへ繰り出していきたいところです。
f0372177_22364031.jpg
4月8日(日)は、良いお天気に恵まれました。もうそろそろシギやチドリの仲間が通過していくことでしょう。また、夏鳥達が渡来しているかもしれません。そんな期待を持って、葛西臨海公園へ足を運んで来ました。
f0372177_22364792.jpg
この日は、すでに紹介しているように、間近にウズラの写真を撮ることが出来ました。その場で少し時間を要してしまいましたから、昼食を済ませ午後からお目当てのシギチを探しに、下の池を回ってみました。
f0372177_22370443.jpg
でも、期待に反してシギチの姿は少なく、今回紹介しているこのアオアシシギが4羽とコチドリを1羽見ただけで、ちょっとガッカリさせられました。
f0372177_22371422.jpg
閑散とした下の池の中に、アオアシシギが4羽いてくれましたから、これは当然撮影対象になります。しかし、観察舎から反対側の岸辺の辺りにいましたから、撮影するには少し距離がありました。
f0372177_22381348.jpg
この日使用した撮影機材は、オリンパス E-M1mkⅡ + M.300mmF4 + MC-14(換算840mm相当)でしたから、少し力不足を感じましたが、手持ちでもブレることのない写真を撮影してくることが出来ました。
f0372177_22381013.jpg
池の中程を走り回るようにして、小魚の群れを追いかけていたこの個体ですが、何枚か撮影した写真の中に、小魚を咥えているショットが写っていました。上手く仕留めることが出来たようです。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-04-21 06:00 | 自然 | Comments(0)

水田のタゲリ

f0372177_20550875.jpg
4月最初の週末は、土曜日(4月7日)に、あしだちの有志の皆さんと一緒に山野草観察へ出掛けてきましたから、昨日(4月8日)の日曜日は遠出はしないで、都内の葛西臨海公園へ野鳥写真を撮りに行ってきました。そろそろわたりのシギチが観察できるかなと淡い期待を抱いて出掛けてきたわけですが、下の池でアオアシシギ4羽を観察し、撮影してくることが出来ました。それよりも、大きな収穫となったのはウズラの写真が撮れたことです。芝生の広場にあった植え込みの中に隠れていて、たくさんのカメラマンが囲んでいましたが、間近に観察することが出来て写真も撮影することが出来ました。もちろん写真に撮ったのは初めてのことでした。嬉しい結果を残すことが出来た一日となりました。
f0372177_20551382.jpg
さて、今回紹介しているのは、田おこし前の水田で撮影したタゲリの写真です。3月17日(土)にツルシギ狙いで霞ケ浦周辺へ出掛けた時に撮影したものですが、割合近いところから撮影することができました。
f0372177_20552088.jpg
この日は、霞ケ浦から利根川の周辺を車で走りながらツルシギを探していたのですが、たまたま香取市の田園地帯でタゲリを撮影することが出来ましたから、 ”草地のタゲリ” として紹介しています。
f0372177_20552854.jpg
今回紹介しているタゲリは、霞ケ浦の浮島周辺でツルシギを探そうと、香取市から移動して稲取市へ移動してきた時に、本新にある田おこし前の水田に降りていた3羽のタシギを見つけることが出来ました。
f0372177_20553271.jpg
農道に車を停めて車内から撮影していますが、上手い具合に順光状態で撮影できました。それに距離も割合近いところから撮影していますから、このように羽を広げて伸びをしているところも、上手く撮影することが出来ました。
f0372177_20553833.jpg
車内から撮影することが出来ましたから、この時使用した撮影機材は、オリンパスのE-M1 + ED300mmF2.8 + EC-20(換算1,200mm相当)を三脚に据え、E-M1mkⅡ + M.300mmF4 + MC-14 (換算840mm相当)を手持ちとして、両刀使いでたっぷり撮影してくることが出来ました。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-04-09 06:00 | 自然 | Comments(0)

春の蓮田にタシギが集結

f0372177_20333090.jpg
しばらく夏日に近いような陽気の日が続きましたが、昨日は3月下旬頃の陽気ということで、かなり冷え込みました。帰り道は上着を着ていてもヒンヤリとしてコートがあっても良いなと思うほどでしたが、家に帰ったらストーブが焚かれていて、ちょっとびっくりしました。今日はというと、雨模様の予報もあり良い天気ではないと思っていたのに、一転晴れ渡り、気温もぐんぐん上昇しました。外に出る仕事でしたが、上着なんか着ていられない陽気になりました。体が順応しきれないようで、全身にダルさを感じてしまいました。
f0372177_20333523.jpg
都内では、すでに夏日となった日もありましたが、今年は猛暑の夏になるのでしょうか? 気になるところですが、連日うだるような暑さが続くことだけは勘弁してもらいたいものです。
f0372177_20335280.jpg
さて、今回紹介しているのはタシギの写真です。ソロソロ繁殖地に向けて渡去しようとするタシギが、一枚の蓮田の中にたくさん集結しているところに遭遇しました。
f0372177_20341071.jpg
足を運んだのは3月17日(土)のことでしたが、この蓮田の中には30羽を超えるタシギがカウントできました。驚くほどの数ですが、群れを作って渡りをする準備なのでしょうか? この写真の中だけでも7羽のタシギが写っています。
f0372177_20335940.jpg
撮影した場所は、茨城県稲敷市にある蓮田ですが、例年この辺りでは早い時期から渡り途中のツルシギが観察できるものですからそれを狙って来たのですが、今回遭遇したのはこのタシギの群れでした。
f0372177_20335615.jpg
これから春の渡りシーズンにはタシギをはじめとしてオオジシギ、チュウジシギ、ハリオシギなどのジシギ類が混在して、識別が難しいですね。以前には識別眼を磨こうと頑張った時期もありましたが、今では見つけることだけで満足するようになりました。(^_^;)

[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-04-07 06:00 | 自然 | Comments(0)

草地のタゲリ

f0372177_21211791.jpg
職場への行き帰りは、いつも3駅手前で地下鉄を降りて30分ほどウォーキングをしています。職場での仕事はデスクワークが殆どですから、意識しないと体を動かすことがありません。そのため1日1万歩を目標に歩くことにしてこのウォーキングを続けていますが、往復30分歩くことで丁度目標がクリア出来る状況です。今の職場に勤めるようになって、早くも4年になりますが、雨の日以外欠かすことのない日課になりました。
歩くことによって、街中で生起する四季折々の変化を感じることが出来ますから、そんな事も楽しみで長く続けられるルーティンワークとなっています。
f0372177_21212543.jpg
今の時期は朝夕の空気が爽やかで、ウォーキングを楽しむには最適な気候です。芽吹き始めた木々の緑を楽しみながら、今日も職場への道を歩いてきました。
f0372177_21213147.jpg
さて、今回紹介している写真は、草原の中に見つけたタゲリです。撮影したのは3月17日(土)のことですが、この日は春の渡りが早いツルシギが来ているんではないかと思い、利根川から霞ヶ浦の周辺を巡ってきました。
f0372177_21213937.jpg
お目当のツルシギを見つけることはできなかったのですが、利根川沿いの香取市周辺を車で流していた時に、草地の中にうずくまるタゲリの姿を見つけることができました。
f0372177_21214293.jpg
長い冠羽をピッと上に立てて、精悍な姿を見せてくれたこの個体はタゲリの♂になります。この草原の中で、3羽のタゲリの姿を見つけることが出来ました。でも、警戒心が強いようで、あまり近づくことが出来ません。
f0372177_21214562.jpg
こちらの個体は、上の写真の個体に比べると冠羽が短いです。顔面も褐色味が強いですから、♀の個体であることが分かります。この個体はあまり動き回らず、ジッとしていた時間が長くありました。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-04-06 06:00 | 自然 | Comments(0)

芝川第一調節池で野鳥観察

f0372177_20260349.jpg
娘から孫娘を連れて何処かへ遊びに行きたいというリクエストを受けて、それではと思い至ったのが埼玉の大崎公園でした。こども動物園があって、遊具も揃っていますから、お弁当を持って孫娘を遊ばせるには良い場所です。それに、芝川第一調節池が近くにありますから、私も車で送り届けてから、その周辺で野鳥観察ができます。連れて行くには良い場所ですから、目的地はすぐに決まりました。行ってきたのは2月24日(土)のことですが、この翌日が登友会の月例登山になっていましたから、近所で遊ぶのにちょうど良い日程になっていました。
この日はゆっくりと朝食を済ませ、娘らが待つマンションまで車で迎えに行きました。マンションの隣がセブンイレブンですから、ここでお昼のお弁当を調達して、そのまま真っ直ぐに現地へ向かいました。
最初に紹介しているこの写真は、葦原を生活場所にしているオオジュリンです。
f0372177_20261006.jpg
孫娘のちぃちゃんは、この2月で満2歳になりました。元気よく動き回りますから、広い公園に出掛けると嬉しそうです。こども動物園では動物と触れ合ったりして、ご満悦の1日であったようです。
その頃、ジィジは葦原の中でタシギの写真を撮っていました。
f0372177_20261486.jpg
見沼自然の家に近い水路のところに、このジョウビタキ♀が出てくれました。冬の間は街中でも観察できる野鳥ですが、見つけると撮影したくなります。
f0372177_20261956.jpg
芝川第一調節池の中では、チュウヒが飛翔する姿を観察することが出来ました。周囲の散策路からはかなり距離がありましたから、私の撮影機材では、この程度の写真を撮るのが精一杯でした。
f0372177_20262566.jpg
芝川第一調節池に隣接して民家園がありますが、その駐車場に車を停めて調節池方向へいこうとおもったところ、園内で間近にムクドリが撮影対象になってくれました。
f0372177_20262717.jpg
見沼自然の家の周辺で撮影したホオジロです。近くの立木に止まって囀っていましたが、地面に降りて餌拾いを始めました。この辺りにはオオイヌノフグリが咲いていましたが、そんな花畑の中で撮影できなかったのは残念でした。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-03-12 06:00 | 自然 | Comments(0)

下妻で観察したケリ

f0372177_21115469.jpg
出勤のために自宅を出ると、すぐご近所の庭先でヤエザクラの花が咲き始めていました。まだ一分咲きくらいですが、ずいぶん早い開花だと思います。出勤途中、地下鉄を降りて職場までのウォーキングの道すがら、横断歩道橋の脇に立っている三本のモクレンの木では、大きく膨らんだ蕾が弾けて、白い花弁が覗いているものも見受けられました。昨日今日と、とても暖かい陽気になっていますから、春を待ち侘びた植物たちが、いよいよその時期が到来したと活動を開始したようです。明日からまた寒い日が戻ってくるようですが、これまでゆっくりだった春の到来は、ここへきて足の運びを一気に早めてきたようです。もう私もウカウカしてはいられません。フィールドの変化から目が離せない季節になってきました。
f0372177_21121078.jpg
まだ週も半ばだというのに、頭の中は既に週末の予定のことで一杯です。さてどこへ出掛けましょうか? 候補地がいくつも浮かび、目的地選びに悩ましい思いをしています。
f0372177_21122202.jpg
さて、今回紹介しているのは、冬枯れの田園地帯で観察したケリの写真です。2月17日(土)に筑波山へ行く途中に立ち寄った下妻のイオンモールの駐車場に車を入れた時、近くの田んぼに舞い降りるケリの姿を見つけました。
f0372177_21123911.jpg
飛んだ時には白、黒、茶色の三色の模様で独特の羽衣をしていますから、すぐにケリであることが分かります。買い物どころではありません。三脚を広げ、望遠レンズをセットして先ほど舞い降りた田んぼへ直行です。
f0372177_21123230.jpg
少し距離がありましたから、この時は久し振りにオリンパス E- M1のボディにフォーサーズ規格の300mmF2.8 + EC-20 (換算1,200mm相当)を使用して撮影してきました。
f0372177_21125101.jpg
このサンニッパは、ピントが合えば向かうところ敵なしの素晴らしい画像を提供してくれますが、気分屋でなかなかジャスピンの写真が撮れません。そんなところが魅力で、マイクロフォーサーズの M.300mm F4を入手しても、手放せないでいます。暫くはこのサンニッパとサンヨンの二刀流が続きそうです。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-03-08 06:00 | 自然 | Comments(0)

漁港のカモメ

f0372177_21584959.jpg
1月最後の日曜日は、カモメ類の観察をしようと、千葉県の銚子漁港まで足を伸ばしてきました。数年前にカモメの識別にはまってしまったことがあり、毎週のように通った銚子漁港ですから、カーナビなしでも動き回れるほど土地勘も生まれました。カモメの識別は種類を見分けるのもさることながら、大型カモメは成鳥になるまで4年掛かりますからね、その年ごとの羽衣の変化を見極めることも面白い作業でした。また、セグロカモメは繁殖地ごとに少しづつ違いがありますから、そんな僅かな特徴を一つ一つ検証するのも面白い作業でした。
毎週のように利根川沿いの道路を利用して、片道2時間ちょっとの銚子漁港まで通っていたのですが、ある程度識別できるようになって、自分で納得できましたから、それ以後は山の鳥を追い掛けるようになりました。
f0372177_21585270.jpg
しかし、カモメを始め水辺の鳥を全く見なくなったわけではなく、シギやチドリの仲間を見に行くこともあります。今回はこの冬初めてですが、銚子漁港に足を運んで、カモメ類の様子を見てくることにしました。
f0372177_21585576.jpg
足立区の我が家から車で松戸、鎌ヶ谷、白井を抜けて、木下あたりで利根川沿いの道に入ります。神崎大橋を渡って茨城県側をそのまま一直線に走り抜けると波崎新港に行き当たります。そこで出迎えてくれたのがこのカモメでした。
f0372177_21585731.jpg
カモメの仲間は、セグロカモメなどの大型カモメ、ユリカモメなどの小型カモメに分類されますが、このカモメはウミネコとともに中型カモメに分類できます。頭がドーム型で、くちばしはセグロカモメなどに比べると小さいものですから、見た目に可愛い印象を受けます。
f0372177_21590055.jpg
利根川沿いの堰堤の上に羽を休めていたカモメですが、すぐ奥には小型カモメに分類されるユリカモメが並んで見えます。カモメは中型カモメに分類されますから、その大きさの違いが分かります。
f0372177_21590383.jpg
こちらは、奥にウミネコが重なって写っています。同じ中型カモメに分類されるますが、ウミネコの方が少し大きいように見えますが、ほぼ同じ大きさです。注目するのはくちばしと背面の色の濃さの違いです。カモメのくちばしは一様な黄色ですが、ウミネコは先端に赤と黒の斑が出ます。また、背面の色合いはウミネコの方が濃く、カモメはそれより少し淡い感じであることが分かります。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-02-06 06:00 | 自然 | Comments(0)

谷津干潟のセイタカシギ

f0372177_22225953.jpg
これからの冬の時期、野鳥観察に被っていく帽子が欲しくなりました。昨年まではウールツィードの帽子を愛用していましたが、冬用はこれ一つだけでしたから、気分を変える意味でも、もう一つ揃えておこうと思ったわけです。これまでアウトドア用品は、全てモンベルストアで調達していましたから、今回もほかのブランドに浮気することなく、いつも行くモンベルのお店に足を運んできました。帽子のコーナーには、たくさんの種類が並んでいましたが、野鳥観察でも写真撮影でも、カメラや双眼鏡を覗き込む時に、庇が邪魔にならないものであることが重要な選択条件です。その上で、冬の間は暖かくて見てくれも良いものが欲しいと思います。いくつか見ているうちに、クリマプロハットという全縁の、内側に耳当ての付いているものを見つけました。冷たい風が吹いて冷え込んでも、耳を暖かく覆ってくれることでしょう。こんなタイプの帽子は今まで使ったことがありません。この冬は、これを被ってフィールドへ繰り出して見たいと思います。
f0372177_22223775.jpg
全縁のハット型帽子ですから、強い風が吹いた時に飛ばされる恐れがあります。それで、飛ばされ防止のためハットストラップ(顎紐)も同色系で揃いのものを購入してきました。
f0372177_22224215.jpg
帽子ひとつでも、新しいアイテムが増えるとそれだけで、フィールドワークが楽しみになります。早く出かけて見たいところですが、せっかくの週末が天候や仕事との兼ね合いで、思い通りにいかないところが困りものです。
f0372177_22223393.jpg
さて、今回紹介しているのは、谷津干潟で撮影したセイタカシギの写真です。11月4日(土)に、三番瀬(船橋海浜公園)へ出掛けた時に、午後から足を運んでみたところ、6〜7羽の個体が確認できました。
f0372177_22230639.jpg
私がバードウォッチングを始めた頃は、先輩からセイタカシギは以前は珍鳥だったという話を聞いていましたが、今では普通に観察できる野鳥になりました。そんな意味では、三番瀬のミヤコドリも同じことが言えると思います。
f0372177_22230952.jpg
今回撮影に使用した機材は、オリンパス E- M1 + 300mm F2.8 + EC-20 という組み合わせです。フォーサーズ規格ですから2倍のテレコン使用で、換算1,200mmの焦点距離になります。遠くの野鳥も引き寄せて撮影できますが、次第に重量が身に堪えるようになってきました。
[PR]
by coffeeto-p2 | 2017-11-20 06:00 | 自然 | Comments(0)

谷津干潟のイソシギ

f0372177_23162381.jpg
来週末には、ステップワゴン・ハイブリッドが納車になる予定です。発注してから2ヶ月近くも待たされましたから、本当に首が長くなる思いでした。この車には1,500WのAC電源が搭載されていますから、これから車中泊に出掛ける時には大変使い勝手が良くなると期待しています。寒い時期を快適に乗り切るために、FFヒーターを別に取付けようかと考えていましたが、発電専用のモーターが積載されていて、アイドリング・ストップ機能もありますから、トイレなどに置く小型のセラミックヒーターがあれば、十分ではないかと思っています。それが可能ならば、厳冬期の車中泊も全く苦にならない、快適な環境が実現できそうです。電子レンジや電気ポットも使えるようになれば、もう自宅にいるのと同じですから、まだ行ったことのない各地の探鳥地を目指して、遠出することも可能でしょう。実際に車が来てみないと使い勝手は確認できませんが、今からどんな車中泊グッズを揃えようかと、考えるのが楽しみになりました。
f0372177_23162712.jpg
車中泊グッズを検討している中で、来年の暑いシーズンを想定して、氷も出来る冷蔵庫も欲しくなりました。今は6面真空構造壁のクーラーボックスを使っていますが、車中泊の途中で氷を作ることが出来れば、これはもう鬼に金棒です。
f0372177_23163830.jpg
家電製品を買い揃えるより前に、まず用意しなければならないのは、窓を覆ってくれるシェードです。ネットショップを探して見ると、車中泊用のカーテンやシェードが色々と紹介されています。この中から車に適合していて、保温性能が高いものを選びたいと思います。もう一つのポイントとして、車中泊をすると窓ガラスに着く水滴はかなりの量になりますから、撥水性の素材であることも選択の条件になります。
f0372177_23163172.jpg
さて、話を本題に戻して、今回紹介するのはイソシギの写真です。11月4日(土)にシギチの写真を撮ろうと三番瀬(船橋海浜公園)へ出掛けたあと、午後から立ち寄った谷津干潟で撮影したものです。
f0372177_23164284.jpg
谷津干潟に到着した時は、センターの近くの道路が工事中で人影もまばらでした。シーズンオフだからシギチは余り期待できないかと、少し肩を落としながら干潟を覗いてみたのですが、間も無くこのイソシギが飛来して撮影対象になってくれました。
f0372177_23164553.jpg
谷津干潟の中を覗いてみたところ、少数のカモ類やサギ類が観察できるばかりでしたが、よく探してみるとトウネンハマシギセイタカシギなどのシギチ類も確認できました。今回は、まだ紹介していなかったイソシギの写真を紹介しています。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2017-11-18 06:00 | 自然 | Comments(0)

谷津干潟のトウネン

f0372177_22585430.jpg
街中を歩く人の姿を見ると、コートやダウンのジャケットなどを着用している人の姿が目立つようになりました。今年の冬は、いつもの年より寒くなるのが早いのでしょうか、随分早い時期から冬支度の人が目立つようになったと思います。そう言う私も、かなり前からウィンドブレーカーを着用していますし、昨日からは出勤時に手袋をはめて家を出るようになりました。思えば秋口に天候不順の日が続き、日本列島に寒気が襲来していました。この冬の天候を予感させるものですが、この先どんな変化が現れるでしょうか。通勤電車の窓から外を見ていたら、荒川鉄橋を渡る時、カモ類やユリカモメの群れがいくつか見られました。野鳥の世界では、既に冬鳥たちが渡来しています。この冬が厳冬となり大雪などが降らなければ良いのですが、天気の変化は神のみぞ知るところなのでしょう。
f0372177_22590289.jpg
それにしても、異常気象が続いている昨今ですから、この冬に大雪の被害が出てもおかしくはないと思います。都内に大雪が降れば、交通が麻痺して仕事も生活も成り立たなくなってしまう事でしょう。そうならない事を願うばかりです。
f0372177_22591168.jpg
さて、今回紹介しているのは、谷津干潟で撮影したトウネンの写真です。行ってきたのは11月4日のことでしたから、越冬する個体ばかりであろうと思っていたのですが、渡り途中のトウネンがまだ残っていたことに驚いてしまいました。
f0372177_22591929.jpg
谷津干潟にはオナガガモやヒドリガモがやって来て、干潟の中を歩き回ったり、水路を泳ぎ回っていました。その中にたくさんのトウネンの群れが観察できるとは、予想もしていなかっただけに、撮影出来てとても得した気分になりました。
f0372177_22592363.jpg
シギチの成鳥達は、繁殖活動が終わる盛夏の頃には、早々と越冬地へ向けて渡って行きます。今頃渡り途中にあるトウネン達は、今年生まれたばかりの若鳥が群れを作っているものでしょう。
f0372177_22592773.jpg
実際、背面の各羽を見ると、白っぽい羽縁が目立ちます。これにより、今年生まれの若鳥であることが分かります。トウネン達は、親に導かれることなく、自分達だけで越冬地へと渡って行くわけですが、本能の成せる技とはいえ、ただただ感心させられるばかりです。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2017-11-16 06:00 | 自然 | Comments(0)