タグ:シジュウカラ科 ( 50 ) タグの人気記事

小根山森林公園のシジュウカラ

f0372177_22353186.jpg
まもなくオリンパスから新製品として発売が予定されている、超望遠ズームの150-400mmF4については、1.2倍のテレコン内臓ということですから、35mm換算で960mm相当ということになります。全長については、ライカ 90-280mmと同じという噂ですから、かなりコンパクトな大きさです。私が今使用している 300mmF4(換算600mm相当) に比べても、少し長いくらいで、大差ない大きさですから、野鳥写真を撮る上では大きなメリットになりそうです。俄然興味が湧いてきたレンズになりました。ただ、価格がどれくらいになるのか、レンズのスペックを考えると、かなり高価になりそうな気がしています。実際の撮影で、どの程度の性能を示してくれるか、これからのレポートが楽しみではあります。これまで所有してきたオリンパスの望遠レンズは、何れも解像度が高く、野鳥写真の撮影では大いにその効果を発揮してくれましたから、このレンズについても期待が大きく膨らみます。
f0372177_22354029.jpg
しかし、まもなく(1月24日)発表が予定されているオリンパスのフラッグシップ機となる E-M1X が控えていますから、こちらを購入するか前述の超望遠ズームを購入するか、とても悩むところです。正式な発表を待ってから決めたいとは思いますが....。
f0372177_22354437.jpg
何れにしてもお金が掛かる話ですから、おいそれとは決められませんが、好きな趣味の話ですから、もういいとは言えないところが困ったもので、際限がないですね。
f0372177_22355181.jpg
さて、今回は小根山森林公園で撮影したシジュウカラの写真を紹介しています。1月5日(土)に、今年初めてのバードウォッチングとして訪問したところ、たくさんの野鳥の歓迎を受けました。
f0372177_22355412.jpg
小根山森林公園では、駐車場のところにある管理事務所の前に、野鳥を呼ぶ水場が設置されていて、餌台も置かれていますから、座って待っているだけで野鳥写真を撮影することができます。
f0372177_22360183.jpg
この日は、管理事務所の前に三脚を構えて、オリンパス E-M1 + 300mmF2.8 + EC-20(換算1,200mm相当)で撮影してきました。野鳥たちの姿を間近に捉えることができて、成果が上がりました。

by coffeeto-p2 | 2019-01-22 06:00 | 自然 | Comments(0)

コガラも出てくれた森林公園の水場

f0372177_22015942.jpg
オリンパスから OM-D シリーズのフラッグシップ機である E-M1X が新発売となります。1月24日に発表されて、2月から発売が開始になるようです。これまで私のメイン機種となっていた E-M1mkⅡ に縦型グリップを付けて、機能を大幅に強化した仕様になっているようです。ただその価格がかなり高額になるのと、縦型グリップが付いてかなり大型になりますから、小型軽量を歌ってきたマイクロフォーサーズの利点を阻害しているようで、今回は見送りしようかと思っていました。しかし、事前の情報を見ていると、E-M1mkⅡ に比べて処理速度が2倍になるということです。AFの側ウドがかなり速くなってくれるでしょう。そのうえ、1/60秒で8コマの画像を撮影して1枚の写真を合成するというハイレゾ画像が撮影できるという、かなりの高機能です。
f0372177_22021490.jpg
ネットで確認する事前情報では、C-AF(コンテニュアス・オートフォーカス)の機能がかなり進化していて、世界に通用するレベルを実現しているようです。これは野鳥写真を撮影する場合には、大きなアドバンテージになりそうです。
f0372177_22021872.jpg
その他にもGPSや温度計、気圧計なども内蔵されるという、アウトドアで野鳥写真を撮影する時には、とても役立ちそうな機能が盛り込まれていますから、これはちょっと無理しても購入すべきではないかと思うようになりました。
f0372177_22024966.jpg
最終的な決断は、製品が正式発表になってからそのスペックを確認して決めたいと思いますが、気持ちは殆ど購入する方向に向いています。そのくらい価値がある機能が盛り込まれていると思います。
f0372177_22025517.jpg
さて、今回の写真の紹介とはかけ離れた話ばかりになってしまいましたが、今回紹介するのは今年最初のバードウオッチングとして訪問した、小根山森林公園で撮影したコガラの写真です。
f0372177_22025725.jpg
公園の管理事務所の前には、水場があって餌台も置かれています。公園内の野鳥達がここにやって来てくれますから、写真を撮るにはとても恵まれた環境です。ここで1日カメラを構えていたら、このコガラをはじめ、たくさんの野鳥写真を撮影することができました。

by coffeeto-p2 | 2019-01-20 06:00 | 自然 | Comments(0)

森林公園水場のヒガラ

f0372177_19431113.jpg
昨日は業界の新年会に参加してきました。400人近くが集まる大宴会ですが、乾杯までの挨拶と祝辞が長いのが玉に瑕です。これは毎年のことですから仕方ない訳ですが、挨拶は出来るだけ短くしてもらいたいものです。立ったままで聞いている身には、あまり有難くはありません。そんな新年会も、1時間半ほどでお開きになりましたが、職場の同僚との二次会に参加して、遅くなったから早く帰ろうと駅に向かっていたところ、たまたま知り合いの社長さんと出会い、そこでまた誘われて思いがけない梯子酒となってしまいました。新年会から時間を忘れて飲み歩くのは、褒められたものではありません。午前様にはならなかったものの、鍵を忘れて自宅に入れず、カミさんから厳しいお小言を頂いたのは間違いありません。
f0372177_19431959.jpg
今年は、第三の職場へ移る年にもなりますから、健康管理も含めて、出来るだけ平穏な毎日を送らなければならないと自負していますが、果たしてどうなることやら....。
f0372177_19432686.jpg
さて、今回紹介しているのは、今年初めての野鳥観察として、1月5日(土)に訪問した群馬県安中市の小根山森林公園で撮影したヒガラの写真です。
f0372177_19434651.jpg
公園の管理事務所の前には、水場が設置されて、餌台が置かれています。待ち構えていると、たくさんの野鳥が飛来してくれますから、三脚を据えて望遠レンズを構えるには、絶好の場所になります。
f0372177_19435195.jpg
この日は、三脚にオリンパスの E-M1 + 300mmF2.8 + EC-20(換算1,200mm相当)を載せて、椅子に座ったまま撮影を続けていましたが、サブ機として、手持ちでE-M1mkII + 300mmF4 + MC-14(換算840mm相当)も準備していました。
f0372177_19441772.jpg
管理事務所の方に声を掛けて、事務所の前で丸一日椅子に座って撮影を続けていたら、熱いお茶を3度も持ってきてくれました。恐縮しながら頂きましたが、お陰でたくさんの野鳥写真を撮ることが出来ました。
by coffeeto-p2 | 2019-01-18 06:00 | 自然 | Comments(0)

ヤマガラが活動的に

f0372177_21022579.jpg
冬の間の野鳥観察では、防寒対策が大切です。寒さに耐えるような格好では、長時間の観察なんかできません。出来るだけ暖かい服装で出掛けるように心掛けていますが、それも度を越すと歩いているうちに汗ばんできたりします。脱いだり着たり出来るウェアで、持ち歩きに邪魔にならない物が求められます。体感温度が調節しやすい服装でないと困りますから、私の場合は登山用のウェアが役に立っています。
ウェアによって、体感温度の調節ができても、風が強い時などは耳が冷たくなって困ります。そんな時、とても役に立ってくれるのが、耳当てのついた帽子です。全縁に10cmほどの庇が付いている、いわゆるハットという形状の帽子ですが、これに耳当てが付いていて通常は内側に折りたためるようになっています。風が冷たい時でも、この耳当てを下ろすとホッとするほど暖かさを感じられますから、今では冬のバードウォッチングには欠かせないアイテムになっています。
f0372177_21023357.jpg
この帽子はモンベルストアで購入したもので、クリマプロ ハットという商品名です。防風性に優れていて、耳当てはフリースが二重になっていますから、とても暖かいものです。とても気に入って、冬のバードウォッチングでは定番アイテムになりました。
f0372177_21024047.jpg
さて、今回紹介するのは、1月5日(土)に訪問した群馬県安中市の小根山森林公園で撮影したヤマガラの写真です。今年初めてのバードウォッチングとして、足を運んできました。
f0372177_21024530.jpg
昨シーズンにもここに足を運んできて、色々な野鳥を撮影できました。良い印象のあるポイントですから、今年もまた行けば何らかの成果を上げられると思い、この場所を選定しました。
f0372177_21025074.jpg
今回もこの水場に張り付いて、ほぼ1日滞在してきましたが、その間に10種類を超える野鳥を観察することが出来ました。その中の一種がこのヤマガラたったのですが、カラ類の4種について撮影してくることが出来ました。
f0372177_21025608.jpg
この日撮影に使用した機材は、オリンパスの E-M1 + 300mmF2.8 +EC-20(換算1,200mm相当)でした、重いレンズでしたが、三脚に据えてじっくり撮影することができました。

by coffeeto-p2 | 2019-01-17 06:00 | 自然 | Comments(0)

コガラもいた大洞の水場

f0372177_16503105.jpg
平成30年の年内最後のバードウォッチングに出掛けてきました。1月4日が休みになれば、九連休が実現するところですが、カレンダー通りに仕事をしている職場ですから、1月4日は仕事始めになります。このため、今年の年末年始のお休みは六連休となり、そんなに長くはありません。でも、せっかくのお休みですから、休みの間に鳥見に出掛けてきたいところです。それでは、どこへ出掛けようかと思いますが、年末の帰省ラッシュのさなかですから、高速道路を使って出掛けることは避けたいところです。そんな訳で、事前に探鳥地ガイドブックで探してみたところで、武蔵究慮森林公園へ行ってみることにしました。
f0372177_16504513.jpg
一番のお目当てはキクイタダキでした。その他にも冬鳥がたくさん観察できるだろうと思っていましたが、この日は残念ながら思うような成果を上げることはできませんでした。
f0372177_16505535.jpg
さて、本年最後の今回紹介しているのは、山中湖に近い大洞の水場で撮影したコガラの写真です。12月15日(土)に足を運んできましたが、この日はたくさんの野鳥がやって来てくれました。
f0372177_16510441.jpg
この日水場に入ってくれたのは、既に紹介して来たヤマガラヒガラシジュウカラのほかに、ルリビタキイカルなど多くの野鳥達でした。この他にもアトリミソサザイも出てくれて、とても賑やかな状況でした。
f0372177_16511231.jpg
撮影に使用した機材は、オリンパス E-M1mkⅡ + 300mmF4 + MC-14(換算840mm相当)でした。手持ち撮影でしたが、距離が近いこともあり、5軸手振れ補正の威力もあって、ブレのない写真を撮影してくることが出来ました。
f0372177_16512613.jpg
この日、水場に出てくれたカラ類の中では、このコガラが一番少なかったように思います。数少ないチャンスでしたが、上手く撮影できたのはラッキーなことだったと思います。

by coffeeto-p2 | 2018-12-31 06:00 | 自然 | Comments(0)

水場にはシジュウカラも

f0372177_22373623.jpg
年末のお休みに入りました。1日家にいるのを一番喜んでいるのは、愛犬チョコちゃんであるようです。いつも私のベットで一緒に寝ていますが、今朝は出勤する必要もないので、ゆっくり寝ていたところ、寝ている私の顔を舐め回し、散歩へ連れて行けと催促されてしまいました。朝食前に散歩に出かけると、今日は少し離れた叔父さんの家まで引っ張って行かれました。いつも犬用のビスケットを繰れるので、それが目的であるようです。カミさんとの散歩ではあまり遠くまで行きませんから、私が一緒だと喜んで行ってくるようです。家にいる間は、片時も離れることなく私の後を付いてきますから、煩わしい面もありますが、従順な姿がいとおしくも感じます。
f0372177_22373848.jpg
今日は我が家の大掃除ですから、風呂場をきれいに磨き上げて、キッチンもレンジ周りや換気扇などを掃除しました。家の中を全部掃除することまではできませんが、チョコちゃんのお相手をしながら、一通りのお勤めは果たすことが出来ました。
f0372177_22374073.jpg
お昼はカミさんと近くのラーメン屋へ出掛けて、美味しい味噌野菜ラーメンを食べてきました。出掛ける時にチョコちゃんは、クークーと悲しげな声を上げて連れて行くようにアピールしますが、連れて行くことはできないので、可愛そうですがお留守番です。
f0372177_22371604.jpg
完璧ではありませんが、大掃除を済ませて新年を迎えることが出来たところで、今回は大洞の水場で撮影してきた、シジュウカラの写真を紹介したいと思います。
f0372177_22372688.jpg
撮影に使用した機材は、オリンパス E-M1mkⅡ + 300mmF4 + MC-14(換算840mm相当)です。すべて手持ち撮影ですが、使い慣れた機種となりましたから、ストレスなく撮影に専念することが出来ます。
f0372177_22373285.jpg
この大洞の水場には12月15日(土)に行ってきましたが、このシーズンに訪問するのは初めてでした。どんな鳥が観察できるか心配もありましたが、来訪者が少なかったこともあってか、たくさんの野鳥がやって来てくれました。

by coffeeto-p2 | 2018-12-30 06:00 | 自然 | Comments(0)

ヒガラが集う水場

f0372177_14220258.jpg
年の瀬も、次第に押し迫ってきた感があります。街中を歩いていても、門ごとに松飾りが目につきますが、クリスマスの飾り付けとは違って、街全体が新年迎える準備をしているようで、何か心引き締まる思いがします。昨日は、130枚ほどの年賀状に、一つひとつ添え書きを入れて、投函の準備が出来ました。あとは大掃除を残すのみといったところですが、これが一番苦手なところです。毎年のことではありますが、カミさんからの強いお達しにより、尻を叩かれながらやっています。寒いから窓を開けて掃除をするのは嫌ですが、グッとこらえて掃除が終われば、家の中が少しは綺麗になって、気持ちもスッキリします。オマケに終わったあとは体もポカポカになりますから、一石二鳥にも三鳥にもなります...とは言っても、手をつけるまでの気持ちの切り替えが、なかなか上手くいかないのがいつもの事です。
f0372177_14214088.jpg
さて、今回紹介するのは、山中湖にほど近い大洞の水場で撮影したヒガラの写真です。12月15日(土)に行ってきましたが、ほとんど人がいない環境で、じっくりと観察してくることが出来ました。
f0372177_14214469.jpg
この時は、ヒガラが群れで飛来してくれたほか、カラ類がたくさんやって来ました。この写真にはヒガラと一緒にシジュウカラが写っていますが、よく見れば右上にヤマガラが飛翔しているところが写っていました。
f0372177_14212879.jpg
水辺にいたヒガラが、大きな口を開けてくれましたと言いたいところですが、この写真で見る限り、ヒガラの口は小さくて、とても可愛らしいと思えます。
f0372177_14204501.jpg
カラ類の中でも、このヒガラには翼帯が2本あります。シジュウカラの翼帯は1本で、コガラにはありませんから、背面を見て識別するには分かりやすいポイントになると思います。
f0372177_14203931.jpg
この日撮影に使用した機材は、オリンパス E-M1mkII + 300mmF4 + MC-14(換算840mm相当)でした。カメラボデーの5軸手ぶれ補正と、レンズのテルれ補正の相乗効果で6.5段分の補正が効きますから、手持ち撮影でも全くブレない写真を撮ってくることが出来ました。
f0372177_14214998.jpg
ヒガラの特徴は、何と言ってもこの蝶ネクタイのような喉から胸にかけての黒色の模様です。体つきはとても小さい鳥で、それでなくても可愛らしく思えますが、こうしてアップで撮影すると、そんな様子がより強調されるように思えます。

by coffeeto-p2 | 2018-12-29 06:00 | 自然 | Comments(0)

水場にはヤマガラも

f0372177_23091653.jpg
今日(12月28日)は、私が勤める職場の仕事納めの日になります。毎年の恒例となっていますが。午前中に事務所と研修センターなど、職場全体の大掃除をして1年の汚れを落とし、昼からは職員全員が会議室に集まって、昼食会を行います。近くの料理屋から取り寄せたお膳を並べ、お酒も並ぶので男性職員には特に喜ばれています。その中で福引を行うのも恒例となりました。商品はお歳暮として頂いたお菓子や飲み物などの詰め合わせですが、平等に行き渡るように、この日のために購入した商品も、その景品の一部となります。飲んで食べて1年の締めくくりをすると、散々午後帰宅の途に着くわけですが、一番若い人は電話番として、終業時間まで残らなければなりません。第二の職場に勤め始めて、これで5回目の仕事納めとなりますが、来春でここも定年退職となります。仕事納めも今回が最後になると思うと、ちょっと寂しい思いもありますが、来春からは第三の職場で働くことが決まっていますから、今日は最後の仕事納めを楽しんできたいと思っています。
f0372177_23092612.jpg
それより、この年末年始のお休みの間、一度くらいは野鳥写真の撮影に出掛けたいと思っています。いつもの事ながら、どこへ行くか場所選びが悩みの種です。せっかく出掛けても空振りは困りますから、場所の選定は慎重に行いたいと思います。
f0372177_23093407.jpg
さて、今回紹介しているのは、山中湖にほど近い大洞の水場で撮影したヤマガラの写真です。カラ類の写真がたくさん撮れましたから、今回から4回続けてカラ類のオンパレードということになります。
f0372177_23094026.jpg
まず第1弾としてヤマガラの写真を紹介しますが、この日、大洞の水場に飛来したカラ類の中で、ヤマガラの比率はコガラに次いで割合低かったように思います。それでも意識して撮影してきましたから、300枚近く撮影できました。
f0372177_23094694.jpg
この日撮影に使用した撮影機材は、オリンパス E-M1mkII + 300mmF4 + MC-14(換算840mm相当)でした。全て手持ち撮影ですが、ブレのないシャープな映像を撮影してくることが出来ました。
f0372177_23095515.jpg
この日大洞の水場に滞在したのは、午前中の3時間ほどで昼前には移動しましたが、思いのほか多くの野鳥が出現してくれましたから、私的には大変満足できる成果を上げることが出来ました。

by coffeeto-p2 | 2018-12-28 06:00 | 自然 | Comments(0)

ズミの木にはコガラも来た

f0372177_11552423.jpg
我が家には、とても可愛い愛犬のチョコちゃんがいます。茶色の毛並みに強いカールが掛かったトイプードルですが、息子の誕生日のお祝いに、生まれてまだ数ヶ月のうちに我が家にやって来てもらいました。それ以来、既に9年の歳月が経過しています。今ではすっかり家族の一員となっていますが、私が家に帰ると休んでいる時も食事の時も、寝ている時でさえ常にピッタリと寄り添っています。私にとっては、子供より親密な関係になっていると感じています。先日、そのチョコちゃんに予防接種の案内が来ました。ペットショップに併設された動物病院からの案内です。平日は仕事があって連れて行くことができませんから、日曜日に予約を入れて行ってきました。もちろんこの日はバードウオッチングはお休みです。カミさんと一緒に車に乗って出掛けてきましたが、もちろんチョコちゃんは、運転席の私の膝の上が指定席になっています。
f0372177_11551461.jpg
チョコちゃんは、ワンコのくせに人見知りが強くて、我が家の家族以外は見知った人には尻尾を振って擦り寄っていくのに、見知らぬ人には警戒しているようです。獣医師は女の先生でしたが、診察台の上では震えて、体を触られると唸ったりして手こずらせてくれました。
f0372177_11551834.jpg
それでも診察してもらって注射を打ち終わったら、元の甘えん坊のチョコちゃんに戻っていました、現金なものですが、そんなところも憎めない可愛いペットです。
f0372177_11550923.jpg
さて、今回紹介しているのは、戦場ヶ原の湯川沿いに連なる、ズミの林で撮影したコガラの写真です。この日は朝から雪が舞う、生憎の天候になってしまいましたが、木道を歩く人が少ないので、すぐ近くまで寄ってきてくれました。
f0372177_11552765.jpg
気温は0度前後まで下がっていました。かなり冷え込んでいましたから、このコガラも体をピンポン球のように膨らませています。寒冷地を生き抜く野鳥達が、生きるために欠かせない行動様式なのでしょうが、そんな姿がまた愛らしく思えます。
f0372177_11553024.jpg
苔むしたズミの枝で、餌を探しているのでしょうか?冬の間は食糧源が乏しくなりますから、樹肌に産み付けられた昆虫の卵などを採食していると聞いたことがあります。
by coffeeto-p2 | 2018-12-05 06:00 | 自然 | Comments(0)

晩秋の奥日光でヒガラ

f0372177_20170935.jpg
カレンダーは今年最後の12月になりました。早いもので、今年もあと1ヶ月で終わります。来年は、元号が変わることになっていますから、平成として年末を迎えるのはこれが最後ということで、何となく寂しさも感じますが、新しい時代の始まりに期待を持ちたいと思います。年を越すと間もなく、オリンパスからOM-Dシリーズの新しいカメラとレンズが発表され、春先には発売が開始されるようです。特に超望遠ズームの発売が噂されていますから、その成り行きが大変気にかかるところです。野鳥撮影に最適なレンズが手頃な値段で発売されたら、購入することも検討したいと思います。ワクワクする様な気持ちで、新年の到来を待ちたいと思います。
f0372177_20171344.jpg
しかし、情報によると超望遠ズームは、 150-400mmF4.5(又はF4)ということですから、これはかなり高額になることは間違いないと思います。残念ながら、高嶺の花になってしまいそうです。
f0372177_20172325.jpg
さて、今回紹介しているのは、11月23日(金)から24日(土)にかけて足を運んだ、奥日光の戦場ヶ原で撮影したヒガラの写真です。 伸びをして羽を開いてくれたところを撮影しましたが、写真を見たら羽が透き通っている様に見えましたから、ちょっと驚いてしまいました。
f0372177_20172787.jpg
ヒガラの背面は、大雨覆と中雨覆の先端が白色ですから2本の線に見えます。シジュウカラはこれが1本で、コガラとヤマガラにはありませんから、覚えておくと役に立つことがあるかもしれません。
f0372177_20173023.jpg
カラ類は、コガラがベレー帽でシジュウカラはネクタイであるところが特徴ですが、ヒガラはの特徴は蝶ネクタイの様に見えるところですね。ヤマガラはお腹がレンガ色ですから色合いが全く違います。
f0372177_20174161.jpg
湯川沿いの木道で、すぐ上のズミの枝に留まってくれました。日向ぼっこをする様に、暫く止まっていてくれましたから、近い位置から撮影することが出来ました。
by coffeeto-p2 | 2018-12-01 06:00 | 自然 | Comments(0)