タグ:シジュウカラ科 ( 26 ) タグの人気記事

戸隠のヒガラ

f0372177_20230405.jpg
家族旅行で滋賀県の彦根市へ行ってきました。特に印象に残ったのは、井伊家の居城として知られている彦根城が、築城当時の建物のまま残されていて、天守の上まで登って中まで観覧してくることができたことです。先のNHKの大河ドラマ “女城主直虎” で井伊家の成り立ちなどを見せてもらいましたが、それから桜田門外の変で井伊直弼が打たれるまで、井伊家の居城として営々と続いてきた城跡です。感慨深いものがありましたが、天守の上から周囲を眺めると、あの石田三成の居城であった佐和山城趾がすぐ近くに望めました。近くには天下分け目の関ヶ原の古戦場や、浅井、朝倉勢が織田信長と戦った古戦場などもありますから、戦国時代の歴史的なイベントの数々を思い浮かべ、往時を偲びながら観光してくることができました。
f0372177_20234392.jpg
歴史遺産を直接鑑賞しながら、その当時の様子を思い描いてみるのも、自然観察同様、とても面白いものであると思います。また機会があったら、家族旅行でこうした歴史遺産へ足を運んでみたいと思います。
f0372177_20242765.jpg
さて、今回紹介しているのは、5月4日(金)から6日(日)に掛けて、野鳥写真を撮影するために訪問した、長野県の戸隠森林植物園で撮影したヒガラの写真です。初日は不順な天候でしたが、後はお天気に恵まれました。
f0372177_20245770.jpg
ゴールデンウィーク後半初日の5月3日(木)は、天気が崩れたのと高速道路の大渋滞が予想されたので、この日は移動日と割り切って午後から出発しました。その途中、上信越道の松代パーキングで車中泊して、翌4日(金)の午後から現地入りしました。
f0372177_20252722.jpg
現地で一夜明けた5日(土)の早朝は、寒くて目が覚めてしまいました。外に出てみたら季節外れの雪景色で、これには驚かされてしまいました。GW前半の栃木県民の森では、冬用の寝袋が暑くて寝苦しかったので、夏用のシュラフに替えてきたのですが、これが裏目に出てしまいました。
f0372177_20255670.jpg
今回の戸隠遠征では、20種類ほどの野鳥写真を撮影することができ、私的には大きな収穫が得られたと思っています。この写真のヒガラは、コブシの白い花が咲く木で、かなりの時間をかけて餌取りをしていたところです。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-05-23 06:00 | 自然 | Comments(0)

春に踊るシジュウカラ

f0372177_20523417.jpg
テレビでは、春の高校野球の熱戦がたけなわですが、今日は一日何処へも出かけずに、テレビ観戦で一日が終わってしまいました。....というのも昨日(3月31日(土))は、毎月1回楽しみにしている登友会の定例登山に参加して、丹沢山(標高1,567m)に登ってきましたから、今日は疲労回復のため自宅でノンビリすることにしました。天気が良いのに一日自宅にいることは、私にとっては大変珍しいことですが、たまにはこんな日があっても良いでしょう。昨日の登山では途中で太ももに痙攣がきそうな状況もありました。今日の筋肉痛はさほどではありません(2日後に出ると思います。)が、心地よいほどの太ももの張りを感じています。
今朝は朝食前に愛犬チョコちゃんの散歩に付き合ってきました。太ももの張りをほぐすのにちょうど良いところですが、ほんの10分ほどで帰って来てしまいました。いつもなら1時間近く散歩することもあるのに、もう8歳を超えて人間でいえば中年となっていますから、少しずつ散歩の時間も短くなっているようです。
f0372177_20530422.jpg
自宅にいることを良いことに、カミさんから庭木の剪定を仰せつかってしまいました。狭い敷地の脇に植えたゲッケイジュが太さ20センチ近くの大木になり、枝葉の繁り具合は手を入れない訳にはいかないような状況になってしまいました。汗を掻きながら、枝払いの仕事も体の張りをほぐすのにちょうど良かったようです。
f0372177_20525644.jpg
カレンダーは今日から4月となりました。季節はどんどん進んでいきますが、自然界の変化を観察しようにもついていけません。焦る気持ちもありますが、時間があるときに出掛けた場所で、できるだけ多く観察することで楽しみたいと思います。
f0372177_20530742.jpg
さて、今回紹介しているのは、3月11日(日)に撮影したシジュウカラです。つぼみを膨らませ始めた林の中で、梢から梢へと踊るように動き回っていた春先の元気な姿を観察しました。
f0372177_20524518.jpg
撮影した場所は、神奈川県綾瀬市の蟹ヶ谷公園です。この公園では、以前アリスイがよく観察できましたから、今年もと思って出掛けてきましたが、残念ながら2年前から入らなくなったようです。その代り、このシジュウカラをはじめ、アカハラ、シロハラ、ルリビタキ、ジョウビタキなど、とてもたくさんの野鳥写真を撮影することが出来ました。
f0372177_20530076.jpg
ここではシジュウカラの個体数が多いのでしょうか、散策路を歩いているだけで、かなり近距離から多くの個体を撮影することが出来ました。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-04-02 06:00 | 自然 | Comments(0)

動き回るヤマガラ

f0372177_23032446.jpg
各地の探鳥地を訪れてバードウォッチングをすることを楽しみにしています。遠出する時はいつも車中泊していますから、出掛ける時には車の中に寝袋やスリーピングパッドのほか、クーラーボックスなど様々な車中泊グッズを満載にしています。特に、車を買い替えて1,500Wの電源が利用できるようになってからは、電子レンジや電気ポットも欠かすことが出来ないグッズになりました。冬の間はセラミックファンヒーターも活躍してくれましたが、間もなく夏のシーズンを迎えるに当たり、どうしても欲しくなったものに氷ができる冷蔵庫でした。まだ暦は3月ですが、夏のシーズンを前に amazon で注文したのは、ENGELの 14ℓ 冷凍冷蔵庫 でした。 amazon のレポートを見ると、ギンギンに冷えて氷ができるようですから、私としてはピッタリの製品です。早速注文しましたが、まだ製品は届いておらず待ち遠しい思いです。
f0372177_20015431.jpg
この製品はDC電源専用ですから、自宅でAC電源を利用して予め冷却しておけるように、HOTOR AC-DC 変換アダプターも一緒に注文して、こちらは翌日には配達されてきました。純正のアダプターは1万円ほどもしましたが、ネットで探したこちらの変換アダプターは1,980円で購入できました。
f0372177_20020553.jpg
私が使っているクーラーボックスは6面真空構造で、冷蔵庫で作ったロックアイスが2日間くらい持ちますが、車内で氷を作ったり、予備の保冷剤を冷やしておくのに冷凍冷蔵庫は絶対欲しかった製品でした。
f0372177_20021971.jpg
その使用感についてはいつになるか分かりませんが、実際に使ってみた感想をまたこのブログで紹介する予定です。前置きが長くなってしまいましたが、今回はヤマガラの写真を紹介することにします。
f0372177_20021640.jpg
今回紹介しているヤマガラは、3月10日に八王子の小宮公園で撮影したものです。この公園は、裏高尾の日影沢に咲いていたハナネコノメの写真を撮影しながら、抱き合わせで足を運んできました。
f0372177_20022291.jpg
撮影に使用した機材は、オリンパス E-M1mkⅡ + M.300mmF4 + MC-14 (換算840mm相当)です。ボディーの5軸手振れ補正と、レンズの手振れ補正が利いて、手持ち撮影でも全くブレのない写真を撮影することが出来ました。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-03-25 06:00 | 自然 | Comments(0)

葦原のシジュウカラ

f0372177_21041212.jpg
ピョンチャン・パラリンピックでは、アルペン種目で幸先良く、メダル獲得のニュースが続きました。これからの日本勢の活躍に期待が膨らんできます。先日のオリンピックでは、冬季大会としては過去最多のメダル獲得を成し遂げてくれましたから、今回のパラリンピックでも記録に残るような成果を上げてもらいたいものです。また、日本勢の活躍に期待が膨らみ、応援に熱が入りそうです。
ピョンチャンはまだ冬真っ盛りという状況ですが、東京周辺では春の訪れとともに、野山が色づき始めています。昨日足を運んだ公園では、ロウバイ、マンサク、サンシュユの3種の樹木に黄色い花が咲いていました。日当たりの良い草地には、オオイヌノフグリが満開で水色の絨毯を敷いたようです。所々にホトケノザのピンクの花がアクセントのように咲いていて、見応えのある風景でした。
f0372177_21041701.jpg
今朝はよく晴れてくれてお天気は最高ですが、冷たい北風が吹いていました。春の到来とは言っても、まだコートが手放せません。それでも通勤途上のウォーキングでは、体が火照って少し汗ばんでくる感じです。
f0372177_21043247.jpg
今朝、出勤で我が家を出る時、愛犬チョコちゃんの散歩のため、カミさんと一緒に玄関を出ましたが、チョコちゃんは千切れそうなほど尻尾を振って嬉しそうです。春の到来を喜んでいるのは、私だけではなさそうです。
f0372177_21043606.jpg
さて、今回紹介しているのは、見沼自然の家の周辺にある葦原で撮影したシジュウカラの写真です。2月24日(土)に、ジィジのお勤めとして孫のちぃちゃんとパパ、ママを車に乗せて大崎公園へ送り届けたあと、カメラを担いで回ってきました。
f0372177_21044113.jpg
芝川第一調節池に隣接して、この辺りには広い葦原が広がっています。ベニマシコが出てくれそうな環境でしたが、ここでたくさん見られたのはこのシジュウカラでした。
f0372177_21044670.jpg
鳥影が濃い環境とはいえませんが、このシジュウカラがたくさん観察できました。ここでの主役はシジュウカラです。活き活きと動き回る姿を、カメラのファインダーを通してじっくり観察させてもらいました。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-03-13 06:00 | 自然 | Comments(0)

御野立公園のコガラ

f0372177_23403764.jpg
平昌オリンピックが閉幕しました。直前で女子カーリングが初の銅メダルを獲得して、さらに最後は女子マススタートの高木菜那選手が金メダルを獲得して有終の美を飾ってくれました。これでメダル総数は13個となり、過去最高を記録しました。これは快挙といっても良いでしょう。これまで頑張ってくれた日本の選手に、大きな拍手を送りたいと思います。そして、たくさんの感動をありがとうございました。17日間の熱戦は、始まってしまえばアッという間に終わってしまい、今となっては物足りない思いもありますが、テレビ観戦で一喜一憂していた日々が懐かしく、いつまでも記憶の中に留めておきたいと思います。
閉会式ではオリンピックの旗が、平昌市長からIOCのバッハ会長を経由して北京市長に引き継がれて行きました。4年後にまたアジアの地で冬季オリンピックが開催される訳ですが、さてどんな大会になるのでしょうか。
f0372177_23421404.jpg
冬季オリンピックに続いて、今度はパラリンピックが始まります。この大会もまた日本選手が活躍して、たくさんのメダルを取ってくれるものと期待しています。どんなドラマが待ち受けているか、開幕が楽しみです。
f0372177_23423573.jpg
さて、2月10日(土)からの三連休を利用して、長野県へ野鳥観察に出かけて来ましたが、今回はその時に撮影したコガラの写真を紹介します。
f0372177_23424544.jpg
まだ残雪がたくさん残っている状況でした。野鳥観察にはあまり良い環境とは言えませんが、行けば何か見つけられるのではないかと、甘い考えのもと出掛けてしまいました。ここでは、雪の上にタネのようなものがたくさん落ちていて、野鳥たちの餌場になっていました。
f0372177_23424958.jpg
野鳥の餌場とはいえ、近づくとすぐに飛ばれてしまいます。初めは遠くから撮影してみましたが、距離があったので立木を利用して少し接近して撮影したのがこの写真です。
f0372177_23425349.jpg
雪原で餌を拾っていたコガラが、近くの立木に舞い上がりました。すかさずカメラを向けて撮影したのがこちらの写真ですが、動きが素早くでファインダーに捉えるのに苦労しました。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-02-27 06:00 | 自然 | Comments(0)

ヒガラが集う森林公園

f0372177_20485034.jpg
峠の釜飯で有名な、上信越道の横川サービスエリアから直接小根山森林公園へ行くことが出来ると知ってから、一度利用してみたいと思うようになりました。オオマシコなどの冬鳥が観察できるポイントでもありますから、この時期の現地の様子が気にかかります。1月最初の三連休で、軽井沢の野鳥の森と小瀬林道を歩いてくることを計画しましたから、帰り道に立ち寄ってくるにはちょうど良いロケーションになりました。周辺には車中泊の出来そうなところがなかったので、横川サービスエリアが利用できれば、行程上も好都合です。
f0372177_20492024.jpg
今回の探鳥旅行は二泊三日の日程でしたが、初日は軽井沢の湯川ふれあい公園南駐車場で車中泊しました。そこには暖房の効いたトイレがあって、快適な環境でした。2日間は軽井沢で探鳥し、3日目は小根山森林公園で探鳥する予定でしたから、2泊目は横川サービスエリアで車中泊することになりました。
f0372177_20495013.jpg
横川サービスエリアには、まだ明るいうちに到着しましたから、エリア内を散策して、翌日登る小根山森林公園への入口を確認してきました。エリア内の売店でお土産のリンゴを購入したあと、車にブラインドシェードを貼って就寝準備をしましたが、間もなく辺りは暗くなりました。
f0372177_20501975.jpg
車内でビールを飲みながら夕食を済ませました。そのあとはウィスキーのお湯割りをチビチビと飲みながら、ほろ酔いのとても良い気分で寝袋に潜り込みました。寝袋の暖かさでトロトロになって、正体もなく眠りこけてしまいました。
f0372177_20504989.jpg
翌朝は午前6時前には目が覚めました。まだ辺りが暗い状況でしたが、すぐに電気ポットでお湯を沸かし、電子レンジで朝食を温めます。車内で電気製品が使えるのは本当に便利です。お陰で出発準備をするまで時間が短縮できるようになりました。
f0372177_20512631.jpg
サービスエリアからから小根山森林公園までの道のりは、思いのほかタフな階段道が続き、とっつきにある見晴台に着くまでに汗をかいてしまうほどでした。そこから更に少し登ったところにある管理事務所の前には餌台や水場があります。そこでこのヒガラを始めミヤマホオジロやルリビタキなど、たくさんの野鳥を撮影することが出来ました。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-01-21 06:00 | 自然 | Comments(0)

小瀬林道のコガラ

f0372177_12034089.jpg
軽井沢の小瀬林道は、野鳥の森の入口にある中西悟堂の銅像の脇から、白糸ハイランドウェイの小瀬温泉まで続く林道を1時間半ほど歩きながら、湯川沿いの野鳥観察が楽しめるコースです。ガイドブックを見ると、夏の時期にはオオルリやミソサザイが多く、時には渓流にヤマセミの姿も見られるようですし、冬の時期はオオマシコやウソ、レンジャクなども観察できると解説されています。今回初めて歩くことになりましたが、どんな野鳥たちと出会えるか、初めて歩く道でしたから楽しみでもありました。
f0372177_12035378.jpg
中軽井沢の駅前から車で日本ロマンチック街道を走り、星野温泉トンボの湯手前で右に曲がると間もなく中西悟堂の銅像があります。そこから小瀬林道が始まりますから、林道脇のスペースに車を止めて、湯川沿いの道を歩くことになります。このコースで野鳥観察を楽しむことができるということですが....。
f0372177_12035957.jpg
ガイドブックでは、オオマシコやイカルなどのアトリ科の野鳥が観察できるとされていましたが観察できず、今回はカラ類の混群やツグミの仲間が出てくれたほか、アカゲラやコゲラなどキツツキの仲間が観察できた程度で、当初の期待とはかけ離れた結果になってしまいました。
f0372177_12040573.jpg
小瀬林道を歩いた前日に、軽井沢野鳥の森とその周辺の別荘地帯でバードウォッチングをして来ましたが、やはり鳥影は薄い感じでした。早朝から歩いた林道沿いは、夜間に少し雪が降ったようで、うっすらと白くなっていました。少し寂しい感じでしたが、梢を飛び交うカラの仲間は元気に動き回っていました。
f0372177_12040893.jpg
ハンノキの実を啄ばんでいるコガラの姿を確認しました。冬の間は餌が少なくなりますから、こうした実が彼らには大切な食糧源になっているものと思います。ここでは枝から枝へと暫く採餌活動が続いていました。
f0372177_12041134.jpg
黒いベレー帽を被ったような姿をしているコガラの群れが、静寂に包まれた小瀬林道に、僅かばかりの賑わいをもたらしていたようです。そんな姿を撮影しながら小瀬温泉までの道を往復して、昼前にはスタート地点まで戻ってくることができました。
[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-01-20 06:00 | 自然 | Comments(0)

ヤマガラが遊ぶ

f0372177_19065047.jpg
軽井沢の野鳥の森と小瀬林道を歩く探鳥旅行に出掛けてきました。2日がかりで歩いて来ましたから、もちろん車中泊をして来たわけです。今回車中泊をした場所は、昨年7月に来た時にも利用した “湯川ふるさと公園南駐車場” です。ここは湯川が軽井沢バイパスと交差する、ふるさと公園の南側に位置しています。バイパス道路に面した駐車場ですが、騒音が気になることもなく、静かな環境でよく寝ることが出来ました。30台くらい止まれる駐車スペースと水洗トイレが整備されて、トイレの中は暖房が入っていましたから、夜間の利用も有難いものでした。また、近くにはコンビニのローソンがありますから、食事などの心配もいりません。ここから野鳥の森まで車で10分程度で行かれますから、軽井沢での探鳥旅行のベースキャンプとしては最適の場所であると考えています。
f0372177_19062103.jpg
野鳥の森の入口には中西悟堂の銅像がありますが、その周辺に専用の駐車場はありません。日本ロマンチック街道から星野温泉に入ったところに有料駐車場がありますが、料金が高めであるうえ、野鳥の森まで暫く歩かなければなりません。
f0372177_19062965.jpg
野鳥の森の散策も小瀬林道での探鳥も、ここが起点になりますが、ここまで車で来ても駐車場はありません。でも、小瀬林道に入ると所々に駐車できるスペースがありますから、ここに停めるのが便利です。
f0372177_19061302.jpg
さて、野鳥の森に入る前にピッキオ野鳥の森ビジターセンターに立ち寄ってきましたが、センター前の池がスケートリンクになっていて家族連れなどがたくさん遊んでいて驚きました。
野鳥情報を聞いてみると、今回のお目当てであったオオマシコはまだ入っていないとのこと、ちょっとがッカリです。
f0372177_19064443.jpg
野鳥の森の中をくまなく歩き回りましたが、鳥影が薄いというのが今回の印象でした。昨年7月に来た時には、夏鳥がたくさん観察できたのですが、それに比べると今回は寂しい感じが否めません。それでも森の中では、カラ類が賑やかに飛び回っていてくれました。
f0372177_19063716.jpg
今回紹介しているのは、野鳥の森の中で撮影したヤマガラの写真です。カラ類の混群の中にいたり、ヤマガラだけの群れもいましたが、餌を探しながら遊んでいるような姿を、あちらこちらで観察することが出来ました。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-01-17 06:00 | 自然 | Comments(0)

落ち葉の中のヤマガラ

f0372177_22575473.jpg
朝の気温が低くなって来ました。今朝のテレビでお天気キャスターのお姉さんは、都内の気温が初めて3度を下回ったと紹介していました。昼間の気温も10度ということですから、今日は冷え込んだ一日になりそうです。こういう日に限って、外に出る仕事がありますが、お天気を恨んでも始まりません。気持ちだけは萎えないように、上を向いて歩いて来たいと思います。
この週末も日曜日に仕事が入ってしまいましたから、遠出することが出来ません。近場の探鳥地で我慢して、その代わり、来週は代休を取って三連休にしたいと思います。楽しみにしていた新潟県下でのガンカモ観察には、ちょうど良いタイミングになってくれそうです。
f0372177_22580448.jpg
さて、今回紹介している写真は、埼玉県の北本自然公園で撮影したヤマガラです。12月2日(土)に訪問して来ましたが、園内で出会う人は皆「野鳥の数が少ないね」と嘆いていました。でも、そんな中でも撮影することができ、野鳥の一つになります。
f0372177_22581358.jpg
たまたま、カラ類の混群が飛来してくれたようで、周囲が少し賑やかになりました。野鳥が少ない環境の中でもこんな群れに遭遇すると、良い撮影チャンスに恵まれます。
f0372177_22581743.jpg
散策路の10メートルほど先の地面に降りている、数羽のヤマガラを見つけました。位置関係が逆光になってしまいましたが、そのうちの1羽がどんどん私の方に近寄って来てくれて、カメラのオートフォーカスでもカバーしきれないほどでした。
f0372177_22582022.jpg
ヤマガラは、同じ仲間の他のカラ類と、群れを作って行動することが多いと思います。特に、繁殖期を過ぎると群れる傾向が強くなると思いますので、これからの季節は混群を見つければ写真が撮りやすくなると思います。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2017-12-10 06:00 | 自然 | Comments(0)

奥日光のコガラが元気でした。

f0372177_22222041.jpg
朝のテレビで気象予報を見ていたら、女性の気象予報士が明るくなるのが早くなったとアナウンスしていました。なるほど、前日まで窓の外は暗かったのに、今朝は少し明るくなっています。日の出の時間は、冬至までは毎日遅くなるものと思っていましたが、暦と完全に一致しているわけではなさそうです。朝が早く明るくなるというのは、とても嬉しい気持ちがします。自然界では、既に春に向けて動き始めているわけですから、そう思うだけでもウキウキしてきます。
しかし、本格的な冬の到来はこれからです。例年に比べて寒い冬になるのか暖冬になるのか、大雪は降るのかなど色々思いを巡らせてみますが、はてさて今年はどんな冬になるのでしょうか? 気になるところではあります。
f0372177_22220736.jpg
通勤電車が荒川鉄橋を渡る時、眩しい朝日を背景に川の中に浮かぶカモの群れが、シルエットのように浮かんで見えました。これも冬の情景だなと眩しさに目を細めながら見てきました。ユリカモメの群れも、だいぶ前から見られるようになっています。冬のシーズンが次第に色濃くなってきました。
f0372177_22215933.jpg
さて、今回紹介しているのは、奥日光の戦場ヶ原を散策してきた時に撮影したコガラの写真です。もう冬鳥達が飛来していることだろうと、様子を見に行ってきました。雪が降る前に見ておきたいと思い、11月最後の週末に足を運んできました。
f0372177_22223655.jpg
奥日光で探鳥するときは、いつも赤沼の駐車場を起点にして戦場ヶ原の木道を歩き回ることを基本にしています。今回も、湯滝までの道を往復したり、小田代ヶ原へ足を伸ばしたりしてきましたが、いつものことながらたくさんの野鳥と出会うことが出来ました。
f0372177_22223357.jpg
たくさんの野鳥達と出会うことが出来た中で、一番個体数が多かったのはこのコガラであったと思います。カラ類の混群と何回か遭遇することがありましたが、その中で一番多く観察できたのがこのコガラでした。
f0372177_22222818.jpg
カラマツの梢にもズミの梢にも、コガラはたくさん飛来して格好の撮影対象になってくれました。奥日光の自然の中で、一番元気な姿を見せてくれるのは、このコガラであると思います。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2017-12-05 06:00 | 自然 | Comments(0)