タグ:シジュウカラ科 ( 36 ) タグの人気記事

湯川沿いのコガラ

f0372177_22004589.jpg
季節は夏鳥と冬鳥が入れ替わろうとする10月ですが、この時期の戦場ヶ原ではどんな野鳥が見られるのかと、三連休を利用して足を運んでみました。その結果 “まだ残っていたノビタキ” を観察できたり、“戦場ヶ原でノゴマと遭遇” することもできました。その結果については、このブログで紹介していますから、ぜひ参照してください。
f0372177_22004954.jpg
草原では、ノビタキやホオアカなどの嬉しい歓迎を受けましたが、その他の野鳥の状況はどうだろうと、ハイキングを兼ねて戦場ヶ原から小田代ヶ原を歩いてみました。
f0372177_22005445.jpg
今回は、散策路の途中観察できた野鳥の中から、コガラの写真を紹介します。カラの仲間は留鳥として、1年を通して観察できますから、今回もよく姿を見せてくれました。
f0372177_22005622.jpg
戦場ヶ原でも、夏鳥と冬鳥が入れ替わる端境期ですから、相対的に野鳥の数は少なく感じましたが、時折遭遇するカラの混群は、写真撮影の好機になります。
f0372177_22005939.jpg
この日は、ハイキング方々の撮影になりましたから、小型軽量のオリンパス E-M1mkⅡ + 300mm F4 + MC-14(換算840mm相当)を担いで歩き回ってきました。手持ち撮影でもブレることがありませんから、大変使いやすいシステムです。
[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-10-15 06:00 | 自然 | Comments(0)

コガラの水浴び

f0372177_10161186.jpg
富士山の奥庭は、標高2,200メートルもありますが、ここまで車で登って来られますから、手軽に高山気分を味わえる場所です。おまけに奥庭荘には水場がありますから、高山の野鳥写真を撮影するにはとても便利なポイントです。水場の周りで座って待っていれば、入れ替わり色々な野鳥が水浴びに入ってきてくれますから、効率的に写真を撮ることが出来ます。だから、何年かに一度は訪れる場所になりましたが、今年もまた9月17日(月)の敬老の日に足を運んできました。午前中はあまり鳥の出が良くなかったのですが、それでも午後の遅い時間から夕方にかけて、よく出てくれるようになりました。
f0372177_10161714.jpg
9月の1回目の三連休は、真ん中の日曜日に仕事が入り、遠出ができなくなりました。それで17日(月)に奥庭の水場で野鳥写真を撮影し、翌18日(火)に代休を取って、青木ヶ原の樹海を歩いてみることにしました。
f0372177_10163239.jpg
この日は、道の駅なるさわで車中泊する予定でしたから、奥庭荘では他のカメラマンがいなくなる午後5時過ぎまで粘って撮影してきたのですが、夕方遅くなってからウソやホシガラスが入ってくれました。粘った甲斐がありました。
f0372177_10163462.jpg
さて、今回紹介しているのは、水浴びのために奥庭の水場にやってきたコガラの写真です。ヒガラとともに、比較的よく姿を見せてくれました。
f0372177_10163710.jpg
コガラは山の鳥の定番で、黒いベレー帽がトレードマークです。背面は灰色ですが胸からお腹にかけては白色のシンプルな色合いです。喉の部分が黒いところがワンポイントでしょうか。
f0372177_10164090.jpg
この日の夜は道の駅なるさわで車中泊をしましたが、静かな環境でゆっくり休むことが出来ました。特に、トイレが全部ウォッシュレット付きであったのが嬉しいおもてなしでした。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-09-25 06:00 | 自然 | Comments(0)

ヒガラもやって来た水場

f0372177_22212560.jpg
富士山の奥庭にある水場で野鳥写真の撮影をしようと行ってきたのは、敬老の日の祝日となった9月17日(月)のことでした。三連休の最終日ですが、この前日の日曜日に仕事が入ってしまいましたから、18日(火)に代休を取って、時間をかけて撮影してくることにしました。前夜は車中泊で富士吉田の道の駅に泊まり、ゆっくり朝食をとってから奥庭へ向かい、午前8時頃に到着しましたが、水場の周りはたくさんのカメラマンが並んでいました。この日は手持ち撮影でしたから、座る場所だけ確保して陣取り、間近に撮影することができましたが、人気スポットですから三脚の人は場所とりが大変です。
f0372177_22213958.jpg
朝から待っていましたが、野鳥の出はあまり良くありません。少し退屈しかけていた頃、奥庭荘のおカミさんから、お昼に団体客が来るので、昼食は11時半前か午後1時過ぎにして貰いたいとアナウンスがありました。
f0372177_22213353.jpg
お昼に混雑するんじゃ仕方ありません。野鳥を探しながら展望台まで行き、周辺を散策してからお昼を食べ、水場では午後からまた頑張ることにしました。
f0372177_22215406.jpg
さて、今回紹介するのは奥庭の水場周辺で撮影したヒガラの写真です。コガラとともに、少し標高の高い山地でよく観察できるカラの仲間で、奥庭でも常連さんです。
f0372177_22220116.jpg
ヒガラの背面は青灰色ですから、薄い灰色のコガラとは色合いでも識別が可能です。でも、一番の識別ポイントは、ヒガラには黒色の蝶ネクタイがあり、コガラは黒色のベレー帽を被っているところですね。
f0372177_22220523.jpg
水場の岩風呂につかったヒガラが、近くの枝先で羽繕いをしていました。羽が濡れてボサボサになっていましたが、サッパリして気持ち良かったことでしょう。
水場への飛来数は、ヒガラが一番多かったと思います。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-09-22 06:00 | 自然 | Comments(0)

赤沼にいたコガラ

f0372177_15593840.jpg
今年は異常なほど毎日暑い日が続きますが、我が家では愛犬の散歩にも異変が出ています。昼間の間は気温が高いし、アスファルトの地面が熱くなっていますから、とてもワンコが散歩できるような状況ではありません。うちのチョコちゃんは、1日2回のお散歩が日課になっていますが、早朝のまだ気温がそんなに高くならないうちに朝のお散歩を済ませ、夕方のお散歩は日暮れ近くで日が傾き、気温が少し下がって来るまでお預けです。それでも散歩に出ると、以前のよう時間をかけて遠くまで出歩くことはなく、近所でウンコを済ませると早々に戻ってしまうようになりました。ワンコにとってもこの暑さでは、お散歩どころではないようです。汗をかかないワンコには、体を冷却するようなシステムは舌を出すくらいしかないようですから、昼間はエアコンの効いた部屋で寝そべり、エアコンがついていなければ、床にお腹を着けて伏せっています。今年の暑さは人間だけでなく、チョコちゃんにとっても試練の季節であるようです。まもなく涼しい秋風が吹いてくれるでしょうから、チョコちゃんもそれまでの辛抱です。
f0372177_16000896.jpg
さて、今回紹介しているのは、7月21日(土)〜22日(日)にかけて自然観察に出かけた、奥日光の戦場ヶ原周辺で撮影したコガラの写真です。初日は光徳牧場の周辺を、2日目は戦場ヶ原を中心に歩いてきましたが、どこでもカラの仲間はたくさん観察することが出来ました。
f0372177_16003860.jpg
週末に遠出をして自然観察をして来るときは、車中泊を利用して観察時間をできるだけ長く取れるようにしています。この時も、光徳の駐車場で木陰に囲まれてノンビリ車中泊をと思っていましたが、現地はキャンピングカーがいっぱい来ていて溢れ返るようでした。これではユックリすることもできませんから、いつものように赤沼の駐車場へ移動して、そちらで車中泊をしてきました。翌日の予定では戦場ヶ原を歩くことにしていましたから、その方が都合が良いという利点がありました。
f0372177_16010841.jpg
戦場ヶ原の周辺では、夜間の気温が20度を下回ってくれますから、車中泊をしていても快適に寝ることができます。でも、窓を開けていますから虫が入ってこないように、ホームセンターで購入した車用のバグネットを装着して、快適に寝ることができました。
f0372177_16013874.jpg
赤沼橋の手前で右に曲がって、戦場ヶ原を目指して湯川沿いの木道を歩いて行くと、近くのシラカバの木にカラの仲間が飛来しました。群で来ていましたが、カメラを向けるとそこにいたのがこのコガラでした。
f0372177_16020808.jpg
ここで見つけた野鳥は、コガラばかりではなく、シジュウカラがいたしヒガラもいたように思います。早朝の木道周辺は、カラの仲間でとても賑やかでした。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-08-16 06:00 | 自然 | Comments(0)

光徳のシジュウカラ幼鳥

f0372177_22592027.jpg
健康管理の話ですが、もう10年ほど前から毎朝体重のチェックと血圧測定を欠かさずにやってきました。60代の半ばに差し掛かり、最近特に気にかかるのは血圧が高くなってきたということです。若い頃は上が120で安定していましたが、60を過ぎて130〜140まで高くなって来ました。年齢とともに高くなるということは聞いていましたが、それがとうとう150を超える数値が出てしまいました。体重はほとんど変わることがありませんが、これではとても健康ですとは言えませんから、何かアクションを起こさなければなりません。
自分で出来ることと言ったら、生活習慣を改善したり食習慣を変えて、血圧を下げるようにするのが大切であるようです。食事は1日3回規則的にとっていますが、塩分摂取量に気をつけるようにしなければならないようてす。また、タバコは吸いませんがお酒は毎晩飲んでいますから、量を減らしていかなければならないでしょう。毎日のウォーキングはこれからも続けるとして、睡眠時間をしっかり確保することも必要であるようです。自分の体のことは、自分でしっかり管理しなければなりません。
f0372177_22591891.jpg
さて、奥日光の光徳牧場周辺で撮影した野鳥写真の紹介を続けていますが、今回はシジュウカラの写真を紹介します。これも、今年生まれの幼鳥がたくさんいて、ファミリーで動き回っているようでした。
f0372177_22591574.jpg
この写真を撮影したのは7月21日(土)のことですが、繁殖シーズンも終わりに近づき、この時期は幼鳥がとてもたくさん観察できます。ここで観察したからの群れも、シジュウカラのファミリーであったようです。
f0372177_22590847.jpg
高原の静かな林内に、野鳥たちの賑やかな声が聞こえて来たと思ったら、枝から枝を渡り歩くシジュウカラの群れが通過していきました。しばらくの間は撮影タイムとして、忙しい思いをすることになりました。
f0372177_22590083.jpg
この日使用していた撮影機材は、オリンパス E-M1mk2 + M.300mmF4 + MC-14(換算840mm相当)です。手振れ補正がよく効いてくれて三脚が不要ですから、動きの激しい野鳥を追いかけるのに助かりました。
f0372177_22582192.jpg
歩いて来た光徳牧場の周辺は、戦場ヶ原に比べて人があまりいないせいか、野鳥との距離が近いように感じました。静かな環境の中で、野鳥写真を撮影するのに大きなアドバンテージがありました。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-08-12 06:00 | 自然 | Comments(0)

乙女高原にいたカラの仲間

f0372177_20004346.jpg
大相撲名古屋場所で、関脇御嶽海が優勝しました。横綱や大関が相次いで休場するという事態の中での優勝でしたが、それでも私の生まれ故郷である長野県出身の力士が優勝したのは嬉しいものです。場所途中の中日で勝ち越しを決め、連勝が伸びて来た頃から応援にも力が入るようになっていました。勝ち越しを決めてから2敗を喫してしまいましたが、殊勲賞と技能賞を獲得するという、素晴らしい成績でした。これにより来場所の成績如何では、大関昇進がかかって来ますから、応援にも力が入ります。郷土力士の御嶽海のさらなる活躍に期待が膨らみます。
f0372177_20010668.jpg
さて、今回紹介するのは乙女高原で撮影したカラ類の写真です。ほとんどが幼鳥ですから、カラの仲間のうちシジュウカラかコガラかよく分かりませんが、大きな口を開けているところを撮影できました。
f0372177_20011170.jpg
こちらは、大きな青虫を捕まえたところですが、この個体もシジュウカラかコガラか、はたまたヒガラかよく分かりませんが、とても元気そうにしていた個体でした。
f0372177_20011531.jpg
こちらの個体はお腹に黒帯があるように見えませんから、コガラでしょうと言いたくなります。でも、幼そうな風貌をしていますから、もしかしたらシジュウカラの幼鳥かもしれません。
f0372177_20011970.jpg
これも幼鳥ですが、シジュウカラでしょうか、それともコガラでしょうか、それともヒガラでしょうか?分からないところが面白いですね。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-07-24 06:00 | 自然 | Comments(0)

緑陰のシジュウカラ

f0372177_21562892.jpg
山梨県の西沢渓谷でトレッキングを楽しんだ翌日、すぐ近くの乙女高原へ立ち寄ってみました。高原の山野草と野鳥観察をすることが目的でした。今日も都内は35度前後まで気温が上がり、猛暑の日が続いていますが、さすがに1,700メートルの乙女高原は、木陰にいるととても爽やかで、この日椅子に座って野鳥の出現を待っていたら、そのまま気持ち良く眠ってしまいました。暑い夏の時期は、涼しい高原で過ごすのが一番です。エアコンなしで過ごせるのは、何よりの魅力です。移住することは出来ませんが、せめて週末だけでも高原で車中泊をしたいと思います。
それでも昼間の直射日光が当たる場所は暑くてたまりません。日陰を選んで足を進めていくと、シラカバの木に空いた穴の中を覗いていたシジュウカラを見つけました。
f0372177_21563592.jpg
高原でも昼間は暑いですが、木陰を求めて歩いていると、緑陰に野鳥の姿を見つけることが出来ました。これはシジュウカラですが、コガラやヒガラなどもいたと思います。
f0372177_21564834.jpg
乙女高原はそんなに広い環境ではありませんが、散策路を歩くと緑陰を飛び交うたくさんの野鳥を観察することが出来ました。
f0372177_21565275.jpg
このシジュウカラは、胸から腹にかけてネクタイのような黒帯の幅が広いところから、♂であると思われます。
f0372177_21565840.jpg
緑陰のこの辺りは、繁殖を終えたシジュウカラのファミリーの、生活環境になっていたようです。数羽のシジュウカラが鳴き交わしながら、飛び交っている様子が観察できました。
f0372177_21570249.jpg
こちらはお腹に黒帯がありません。きっと今年生まれたばかりの若い個体であると思います。間近にその姿を撮影することが出来ましたが、緑陰のシジュウカラは、どの個体もとて元気でした。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-07-22 06:00 | 自然 | Comments(0)

戦場ヶ原のヒガラ

f0372177_16105511.jpg
日曜日でしたが今日は仕事が入り、相模湖の近くまで出掛けていました。緑が多いところでしたから、野鳥観察であれば嬉しかったのですが、仕事では如何ともしがたい思いです。雨が降らずにお天気はまずまずでしたから、余計にそんな思いを強くしました。その帰り道ですが、相模湖インターから中央高速に乗り新宿方向へ向かったところ、そこから渋滞の真っ只中にあって、高井戸を過ぎるまでノロノロ運転が続きました。
そんな中で、昨年11月に購入した我が愛車ステップワゴン・ハイブリッドの全車速オートクルーズは、アクセルもブレーキも踏まずに流れに乗って走ってくれました。完全に停まってしまったら、アクセルペダルを踏むか、ハンドルにあるボタンを押して発進する必要がありますが、少しでも動いていれば何も操作をする必要がありませんから、とても有難い機能であることを再認識させてくれました。
f0372177_16111199.jpg
渋滞のノロノロ運転が続くと、それだけでも疲れてしまいます。カーナビのインターナビは、これまでこのルートを走ると、高井戸で高速を降りて環七を走るルートを選択するのですが、オートクルーズの快適さに気をよくして、最後まで首都高速を利用したら、思ったより早く自宅に到着することが出来ました。こんな状況ならあえて平場に降りるよりも、高速を利用し続けた方が良いなと思います。
f0372177_16111740.jpg
高速道路の渋滞の話はさておき、今回は5月の最後の週末に訪問した奥日光で撮影した、ヒガラの写真を紹介します。戦場ヶ原の木道を歩いていたら、ズミの花が咲く樹にヒガラが飛来してくれました。
f0372177_16111997.jpg
このズミの樹には数羽のヒガラが飛来していましたが、木の枝の中に潜り込んでしまいますから、なかなか思うようなシャッターチャンスに恵まれません。何とか撮影したのがこんなショットでした。
f0372177_16112210.jpg
カラマツの樹に若葉が萌えていました。ここにもヒガラが飛来して、餌探しをしているのでしょうか。戦場ヶ原の木道から近くの所でしたから、嬉しい撮影対象になってくれました。
f0372177_16114128.jpg
カラマツの枝先で手(翼)を振ってくれたヒガラです。カメラの連写機能を使って撮影していると、後kら見返すと思いがけないショットが写っていることもあります。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-06-18 06:00 | 自然 | Comments(0)

シジュウカラだって元気です

f0372177_21013511.jpg
職場の仲間のうちに、去る人、新しく加わる人がいて、先日その歓送迎会があり参加してきました。焼肉食べ放題飲み放題というお店でやったのですが、参加した若い人の食べっぷりの良さには感心するばかりです。私も若い頃はスポーツをやっていて、その頃はよく食べていたと思いますが、今はお酒を飲むのを楽しんでいますから、そんなに食べられるわけもありません。それでも何人かのメンバーは、2時間の制限時間の中で、オーダーストップぎりぎりまで肉を注文して、残さず綺麗に平らげていました。猛者の皆さんの食いっぷりを見ていると、逆に清々とするような気持ちになりましたから面白いものです。
f0372177_21014057.jpg
同僚の中に元ラガーマンを自称する人がいます。彼はコックの経験があるということで、手さばき良く肉を焼いてくれました。その焼き方が上手で柔らかくて美味しいところを、たくさん頬張って来ることができました。
f0372177_21014830.jpg
ほどほどに焼肉を食べながら、ハイボールを何枚も飲んで来ました。若い人みたいにたくさんは食べられませんが、カルビやロースが美味しくて、お腹一杯になりました。食べ過ぎは体に良くありませんからほどほどに....。
f0372177_21015341.jpg
さて、今回はどこでも観察できるシジュウカラの写真ですが、これもみな戸隠森林植物園で撮影して来たものです。特に狙って撮影してきた訳ではありませんが、目の前で野鳥が動くと、反射的に撮影していました。
f0372177_21020825.jpg
ゴールデンウィーク中の5月4日(金)から6日(日)まで現地に滞在してきましたが、シジュウカラのほかコゲラ、ヒガラ、ヤマガラとゴジュウカラも観察できました。カラ類の数は多いですね。
f0372177_21022335.jpg
撮影に使用した機材は、オリンパス E-M1mkⅡ + M.300mmF4 + MC-14(換算840mm相当)です。小型軽量であるうえ、ボディの5軸手ぶれ補正とレンズの手ぶれ補正の相乗効果で、6.5段分の補正が効きます。お陰で手持ち撮影で、自由にカメラを取り回せますから、野鳥の撮影がとても楽に出来るようになりました。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-06-02 06:00 | 自然 | Comments(0)

林間のコガラ

f0372177_14431513.jpg
テレビのお天気番組を見ていたら、九州と四国地方が梅雨入りしたということです。平年より8日も早い梅雨入りになったようで、5月中に梅雨入り宣言が出されるのは、何年か振りのことであるようです。アウトドア派としては、梅雨入り宣言はあまり歓迎できませんが、この時期に雨が降らないと田んぼの稲が育たないし、夏の間に水瓶であるダム湖の水も確保できなくなってしまい、猛暑の時期に給水制限になってしまいます。人々の生活に必要な量の雨は降ってもらわなければ困りますが、被害が出るような大雨になるのはご免です。それと、降るんだったら平日にしてもらい、週末はアウトドアライフが楽しめるように晴れてもらいたいと思いますが、思うようにはいかないものです。ちなみに今週中は雨模様の日が続きますが、今度の週末は晴れてくれそうです。大いに喜びたいところですが、日曜日には仕事が入ってしまいました。天気が良くなる週末なのに残念です。
f0372177_14430134.jpg
さて、今回はコガラの写真を紹介していますが、5月4日(金)から6日(日)のゴールデンウィーク後半に訪問した、長野県の戸隠森林植物園で撮影したものです。5月3日(木)は高速道路の渋滞が予想され、天気も悪かったので移動日と割り切り、4日から現地入りしました。
f0372177_14425779.jpg
この時は上空を強い寒気団が覆い、日本海を低気圧が通過したため、3日から4日にかけて天候不順でした。現地で車中泊をしていましたが、5日の朝は寒くて目を覚ましたところ、雪が降って辺りが白くなり、とても驚いてしまいました。
f0372177_14425323.jpg
それでも5日と6日はお天気が回復してくれて、初夏の爽やかな高原で、思いっきりバードウォッチングを楽しむことが出来ました。結果的には20種類以上の野鳥写真を撮影できましたから、私的には大変満足できました。
f0372177_14424715.jpg
現地に滞在した3日間は、お昼ごはんとカメラを担いで、広い園内を隈なく歩き回ってきました。標高1,400mの高原では、木々の葉が芽生え始めたばかりですから、野鳥を探しやすい環境でした。
f0372177_14424247.jpg
枝先を元気に飛び回るコガラを見つけましたが、時折、ニーニーニーと鳴き交わしながら、数羽で遊んでいるようにも見えました。割合近いところに出てくれましたから、暫くの間撮影対象になってもらうことが出来ました。
[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-05-30 06:00 | 自然 | Comments(0)