タグ:コウノトリ目 ( 7 ) タグの人気記事

岩礁のクロサギ

f0372177_22274350.jpg
数年に一度の巨大寒波が来ているということで、都内でも寒い日が続いています。 日本海側を中心に大雪となって、西日本でも降雪により日常生活に支障が出ているようです。こうした天候の変化は、強烈なシベリア寒気団が日本の上空を覆っていることが原因のようですが、これには地球規模の温暖化の影響があるということです。間も無く開幕となる平昌オリンピックも、過去の大会と比較しても一番低温の中で開催されることになるようで、色々な支障があると報じられています。確かにこの冬の寒さは、都内でも痺れるような低温の日がありましたから、今年は特に異常な状態であると私自身も実感しています。
先日足を運んだ郊外の公園では、紅梅の花がそろそろ先始めようとしていましたが、こんな状況では、春の訪れが遅れてしまうのではないでしょうか? セツブンソウやカタクリの花も、寒さに震えて縮こまっていることでしょう。
f0372177_22275153.jpg
厳しい寒さが続く中、1月最後の日曜日はカモメ類の観察をしようと、雪の影響のない銚子漁港へ出掛けてきました。波崎新港から利根川河口周辺で観察した後、銚子漁港に回りましたが、第三漁港まで来たところで、岩礁にこのクロサギを見つけました。
f0372177_22281208.jpg
ここでは2羽のクロサギが羽を休めていましたが、間も無くもう1羽が飛来してお立ち台を争うような小競り合いがありました。少し距離がありましたから、撮影機材をオリンパス E-M1 + 300mmF2.8 + EC-20 (換算1,200mm相当)に取り替えて撮影して来ました。
f0372177_22281522.jpg
それにしても距離がありますから、解像力に長けているオリンパスのフォーサーズ・レンズでも、キレキレのシャープな画像というわけにはいきませんが、観察するチャンスの少ないクロサギを撮影してくることができました。
f0372177_22281948.jpg
ここのクロサギは、ジッとしているばかりであまり動きがありません。変化のある写真を撮りたいと思いますが、しばらくファインダーを覗いて撮影していても、同じようなポーズの写真ばかり枚数が増えてしまいました。
f0372177_22283877.jpg
クロサギには黒色タイプの他に白色タイプもいますが、ここで観察できたのは黒色タイプばかりでした。しばらく観察していたところ、やがて岩礁ブロックの裏側へ姿を隠すように移動していきました。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-02-07 06:00 | 自然 | Comments(0)

アオサギとダイサギ

f0372177_23123921.jpg
うちの息子が突然、グアムへ行くと言って出掛けてきました。格安ツアーを見つけてきたと言うのです。もう30歳になるのにいまだに結婚もせず、我が家で居候生活を謳歌しています。仕事をしながら英会話の教室にも通っていると言うことですが、我が家にいれば家賃も食費もかからず、自由気ままな生活をしていて、呑気なものだと思います。親子でも余り会話をする時間がないのでよく分かりませんが、本人はどう考えているのでしょうか? その息子がグアムへ行くと言うのも、今に始まったことではありませんから、特に驚くことではありませんが、彼なりに人生を楽しんでいるようです。その息子が土産にビーフジャーキーを買ってきてくれました。毎日晩酌をする私のため、気を使ってくれたようです。嬉しいものですから、長く味わうことができるように、毎日少しづつ頂くことにしました。
f0372177_23125734.jpg
さてそのビーフジャーキーですが、味が普通のものとは異なっていて、何だか甘みがあります。袋には英語表記しかありませんが、黄色い字で “TERIYAKI” と表記がありました。なるほど、ビーフジャーキーにも和風味のものが作られるようになった訳ですね。
f0372177_23125363.jpg
そのビーフジャーキーをつまみにウィスキーを飲んでいると、愛犬チョコちゃんが匂いにつられたようで、尻尾を振ってすり寄ってきました。カケラを少し与えてやると美味そうに食べています。これはチョコちゃんにも良いお土産になったようです。
f0372177_23130236.jpg
さて、前置きが長くなってしまいましたが、今回紹介しているのは谷津干潟で撮影したダイサギとアオサギの写真です。11月4日(土)に三番瀬へ出掛けてきました。午後から谷津干潟にも立ち寄ってみましたが、水の中に佇むスッキリとしたサギの姿が印象的でした。
f0372177_23130839.jpg
お天気に恵まれたこの日、谷津干潟の広い水面の中には、たくさんの野鳥達の姿が見えました。ダイサギはいつでも見られますから、余り撮影対象にはなりませんが、順光線の中に佇んでいたダイサギの姿は、特に目を惹く存在でした。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2017-11-17 06:00 | 自然 | Comments(0)

ササゴイの幼鳥

f0372177_19502428.jpg
ご招待をいただいて、カミさんと一緒に新橋演舞場へレビューを観に行ってきました。カミさんはよく舞台を観に行きますが、私自身は殆ど行ったことがありません。もちろんレビューは初めて見ることになりますから、楽しみにしていました。一部と二部に分かれていて、途中に休憩が入る構成ですから、幕間に食事も出して頂くという、とても気配りの効いたご招待でした。
レビューについては昔テレビで見たことはありましたが、生で見るのは初めてです。出演者の華やかな衣装と舞台装置の目まぐるしい移り変わり、そして照明のテクニックと音楽の華々しさが盛り上げていました。もちろん振り付けやダンスも素晴らしい出来栄えであったと思います。一緒に行ったカミさんはひどく感激していたようですが、さて私はといえばご招待を頂いたので足を運んだというのが本音のところで、自分から進んで出掛けることはこれからも無いな....というところでした。(๑˃̵ᴗ˂̵)   カメラを担いでフィールドへ出た方が、私の性に合っていると思います。
f0372177_19504207.jpg介するのは葛西臨海公園の下ノ池で撮影したこの野鳥です。見た時には何か分かりませんでした。サギの仲間であることは分かったのですが、幼鳥のようですから直ぐに識別できなかったのです。
f0372177_19505080.jpgて、ジッとして動かなかったのですが、突然アクションを起こして見事水中の魚を捕まえたようです。とても素早い動きでした。
f0372177_19505513.jpg>魚を咥えたまま、意気揚々と岸辺へ上がって行きました。これからゆっくりと飲み込もうというのでしょう。してやったりの後ろ姿でした。
f0372177_19505917.jpgがある黒褐色で背面は暗褐色です。脚の色は緑色がかった黄色で、眉斑の部分にも同じような色合いが認められます。これはササゴイの幼鳥で良いのでしょうか?
f0372177_19511587.jpg>先ほど捕まえた魚をなんとか飲み込んだ後、再び池の中へ戻りました。また餌取りを始めたようです。抜き足差し足で魚の動きを追っているようです。効率よく捕まえることが出来るでしょうか?

[PR]
by coffeeto-p2 | 2017-09-05 06:00 | 自然 | Comments(0)

ヨシゴイが飛びました

f0372177_20462712.jpg
朝起きると少しヒンヤリしていました。外を見ると雨降りです。あれー、天気予報では昼頃から降り出す予定だったのに....今日の雨は、梅雨入りして初めてまとまって降っているように思います。関東地方に梅雨入り宣言が出されて1週間以上経つのに、これまでが空梅雨のようで、一向に雨が降らずにいました。梅雨入り宣言がフライングしたようにも思えましたが、こんなこともあるのですね。
今日はあまり気温が上がらないようですから、上着を着て出勤することにします。仕事で外出しなければならない用件がありますから、そのことを思うとちょっと憂鬱ですが、自然界にとっての恵みの雨と気持ちを切り替えて行くことにします。
梅雨が明ければ、暑さに茹だるような毎日が続くでしょうから、そのことを思えば今日の天気はヒンヤリして、気持ちが良いくらいです。
f0372177_20470431.jpg
さて、今回紹介するのは、印旛沼周辺で撮影したヨシゴイの写真です。沼の周辺には広い葦原がありますから、ここがヨシゴイ達にとっては繁殖活動をするために、なくてはならない場所になります。この写真の個体は、体が濃い茶褐色をしていますから、まるでオオヨシゴイではないかと思えるような様相です。
f0372177_20473453.jpg
今年も、葦原の上を舞うヨシゴイの写真を撮ろうと、出掛けてきました。葦原の中から突然飛び出して、飛翔していく姿を捉えるのは難しいですが、そんなチャンスを伺っていたら、足の上で擬態したように動かないヨシゴイの姿を見つけました。
f0372177_20480484.jpg
こちらにも、葦に留まってジッと動かないでいる個体がいました。一瞬の隙をついて水中の魚を捉える技を持っていますから、こうして動かずにいるのが獲物を捉えるためには必要な姿なのでしょう。
f0372177_20483434.jpg
この日は、広大な葦原を前に、カメラを2台体制にしました。1台はオリンパス E-M1 + ED300mmF2.8 + EC20 (換算1,200mm相当)と、オリンパス E-M1mk2 + M.300mmF4 + MC14 (換算840mm相当)で、前者は三脚に乗せて、後者は手持ちで撮影しました。
f0372177_20490433.jpg
ヨシゴイが葦に留まっているところは、三脚に乗せたカメラで十分撮影可能ですが、飛翔しているヨシゴイを追いかけるには、手持ち撮影でなければ追いきれませんでした。腕は良くありませんが、カメラの性能のおかげで、なんとか見られる写真撮影してくることが出来ました。
f0372177_20493452.jpg
図鑑を確認したところ、ヨシゴイの♂と♀は識別することが可能であるようです。喉から胸にかけて♂は淡色の斑が1本ですが、♀には5本の斑があるというのです....。とすると、この写真の個体は♀ということになりますね。
[PR]
by coffeeto-p2 | 2017-06-17 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

緑池のアオサギ

f0372177_22581355.jpg
4月2日の日曜日は、昨日までの冷たい雨が上がって気持ち良く晴れ上がってくれました。これでサクラの花も一気に咲きそろうことでしょう。テレビの気象予報を見ていたから、このころの雨を菜種梅雨と言うと紹介していましたが、然もありなん。昨日の冬のように冷たい雨は今年だけの話ではなく、サクラの花の咲く頃に冷たく降る雨を、これまでに何回も経験しています。....と言うことは、今年はサクラの開花宣言が出てから気温が低い日が続いて満開までは日にちを要していますが、季節の進みはほぼ例年通りに進んでいるんだと言えるでしょう。
f0372177_22581001.jpg
後から知ったことですが、よく晴れて暖かくなってくれた日曜日、東京のサクラが満開になったと発表されたようです。でも、実感としては、私の見る範囲では、まだ5分咲きくらいではないかと思うのですが....。
f0372177_22582317.jpg
3月12日(日)に、鴻巣市内でニュウナイスズメの写真を撮ったあと、その帰り道に午後から北本自然観察公園へ立ち寄ってみました。観察センターの前から大きなエドヒガンザクラのある方向へ歩いて行くと、通称カワセミ池と呼ばれるこの池が、藻類で緑一色に染まっていました。
f0372177_22582094.jpg
その池の中に佇んで、まるで置物のように動かないアオサギの姿が、ひときわ目を引く存在となっていました。数枚撮影してエドヒガンザクラの先まで行き、戻って見たところこのアオサギは、まだ同じ姿勢で佇んでいました。
f0372177_22581750.jpg
改めてカメラを構えて撮影していると、今度は緑の池の中を動き始め、時折魚を捕る動作も見せてくれましたが、果たしてこんな池の中の魚の姿が見えていたのでしょうか?
f0372177_22582576.jpg
こちらは全く別の個体です。センター前の高尾の池でカモ達の姿を見ていたら、上空に大きな鳥が飛びました。首をまっすぐ伸ばしてツルみたいな姿勢ですが、それがアオサギでした。通常は首を畳んで飛翔するのですが、この時はどうしたことでしょう?暫くこんな姿勢で飛び続けていました。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2017-04-04 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

ヘラサギ生き生き

f0372177_11093898.jpg
元旦からこれまで昼間の気温が13〜4度ほどもありますから、今年は暖かいお正月を迎えているといえます。私の部屋は二階にあって、我が家の中でも一番日当たりが良い部屋ですから、日中は陽が差していれば温度計が20度くらいになってくれますから、暖房なしでもぬくぬくとしています。陽が暮れてもしばらくは部屋の温度が下がりませんから、こんなに有難いことはありません。
年末年始の休みの間、愛犬チョコちゃんのお散歩はずっと私が付き合ってくることになりましたが、暖かいお正月の恩恵で寒さに震えることなく、運動不足の解消にも繋がって、とても快適に歩いてくることができました。
f0372177_11102470.jpg
ところが、愛犬チョコちゃんのお散歩は、その日の気分で長くなったり短くなったりがハッキリしています。気分が乗れば、ワンコ用のビスケットをくれる義弟の家まで、往復1時間ほども散歩しますが、少し寒かったりすると、10分くらいでウンコだけすると、すぐに帰ってきてしまうこともあります。
f0372177_11122469.jpg
さて、今回紹介するのはヘラサギの写真です。昨年末に宮城県の蕪栗沼を訪問した時に撮影したものですが、水面にくちばしを突っ込んで、首を左右に振りながらエサとなる小魚を取っていました。面白い採餌方法ですが、うまく捕らえた小魚を、今まさに飲み込もうとしています。
f0372177_11105470.jpg
ここでも上手に魚を咥え獲っていました。くちばしの間に踊る小魚の姿がよく見えますね。今朝ほどは、一面に氷が張っていた蕪栗沼ですが、餌となる魚がたくさんいるようで、ヘラサギはとても活き活きしているように見えました。
f0372177_11112439.jpg
朝一番に来た時には、姿が見えなかったヘラサギですが、陽が射してきて氷が緩んできたら、何れからか飛翔してきてくれました。ダイサギなどと同じ羽衣をしていますが、黒いくちばしと黒い脚がよく見えましたから、直ぐにヘラサギが飛んできたと分かりました。
f0372177_11115511.jpg
蕪栗沼の中では、たくさんのオオヒシクイが羽の中に首を突っ込んで休んでいました。その中を首を左右に振りながら、小魚を追い求めるヘラサギが忙しなく動き回りますから、寝ていたオオヒシクイ達は迷惑そうに離れていきます。
[PR]
by coffeeto-p2 | 2017-01-04 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

調節池のアオサギ

f0372177_22291179.jpg
石焼きイモの美味しい匂いに惑わされています。毎日、仕事が終わると健康管理の目的もあって、地下鉄の駅で3駅先まで、約3kmの道のりを30分くらい掛けてウォーキングすることを日課にしています。もう何年も続けていますから、今ではすっかり体に馴染んで全く苦ではありませんが、今の時期、途中にあるスーパーマーケットの前を通り掛かると、そこには石焼きイモの機械が設置されていて、とても良い匂いが漂っています。夕方でお腹が空いてくる頃合いですから、その美味しそうな匂いの誘惑にこのところ悩まされています。一本買って食べながら歩くことはちょっと気が引けます。然りとて、家族のお土産に何本か買っても、電車の中で周囲の人に美味しい匂いを提供することになりますから、これもまた気が引けます。未だに石焼きイモの恩恵に預かることが出来ないでいるのですが....
f0372177_22285818.jpg
職場の同僚は、年とともにお腹が空いたという感覚が少なくなってきたと言います。確かに若い時のように、たくさん食べることは無くなってはいます。でも美味しい匂いを嗅ぐとお腹がグーッと鳴ってしまうのは、健康の証だと感謝しているのですが...。(^-^;
f0372177_22285039.jpg
11月23日の勤労感謝の日は、単独の祝日でしたから泊まり掛けの遠征には出られません。この日は、近郊で野鳥観察をしてくることにしました。実際に足を運んだのは、埼玉県の芝川第一調節池でした。
f0372177_22290290.jpg
郊外に広がる広い調節池の中には、色々な野鳥たちが確認できました。その中で、大きいこともありますが、飛翔しても水辺で休んでいても、遠くからその存在がよく目立っていたのは、このアオサギでした。
f0372177_22290782.jpg
アオサギは、英名ではグレイヘロンとされていて、直訳すれば灰色のサギということになりますが、和名でアオサギとしたのは、昔の人たちの感性の現れなんでしょうか? 背面は青灰色(せいかいしょく)の色合いですから、その理由が分かるような気もします。
[PR]
by coffeeto-p2 | 2016-12-02 06:00 | 野鳥 | Comments(0)