タグ:カイツブリ科 ( 7 ) タグの人気記事

ハジロカイツブリが輝いていました

f0372177_21114412.jpg
通勤電車の中に差し込む朝の光に、春の温もりが感じられるようになりました。これまで長く続いていた、厳しい冬がいよいよ終盤を迎えつつあるようです。2月も中旬になりましたから、もうそろそろ春の兆しが出てくれてもおかしくありません。それにしてもこの冬の冷え込みは強烈で、日本海側の各地に記録的な豪雪をもたらしました。幹線道路が立ち往生して、何日も車内に閉じ込められた人もいたようです。また、スーパーやコンビニでは食料品が品薄になったところもあったようです。人間が大変な思いをした豪雪ですが、自然界の鳥や動物達は大丈夫だったでしょうか? 大変気になるところですが、羽のある渡り鳥達は、きっと雪の少ない地方へ避難している事でしょう。なんとか乗り切って、無事に春を迎えてもらいたいものです。
f0372177_21121430.jpg
関東地方では1月22日に大雪が降りましたが、その後は強烈に冷え込む日が続いたものの、雪に降られることはありませんでした。でも、山の鳥を見に行くのはダメですから、1月28日(日)は銚子漁港へカモメ観察に出掛けてきました。
f0372177_21124491.jpg
銚子漁港や波崎新港などを回って、カモメ類やカモ類を中心に観察してきました。カモメの仲間は、堰堤の上にたくさん並んでいましたが、お目当の一つであったカナダカモメを見つけることは出来ませんでした。
f0372177_21132040.jpg
カモメが並ぶ堰堤で観察していた時、その前の水路の中に浮かんでいたのがこのハジロカイツブリでした。
f0372177_21135160.jpg
堰堤のすぐ下の水路の中で、何回も潜水しては餌取りをしているようでした。この上に並んでいる、たくさんのカモメ達のことは気にする素振りもありません。
f0372177_21142057.jpg
ここで見られたのは、この1羽だけでした。以前、銚子第三漁港でたくさんのハジロカイツブリが隊列を組んで泳いでいたのを観察したことがありましたが、群れを形成するのは、渡りの時期が近くなってからのことでしょうか。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-02-13 06:00 | 自然 | Comments(0)

冬羽のアカエリカイツブリ

f0372177_22024371.jpg
この週末は、土日に建国記念日の休日が続く三連休となります。今年に入って2度目の三連休ですから、遠出をして野鳥観察をしてくる良いチャンスです。1月の三連休では、軽井沢の野鳥の森と小根山森林公園へ出掛けて来ましたが、ミヤマホオジロやアトリ、ルリビタキなどを撮影してくることができました。季節は冬鳥観察の最盛期ですから、今回も行けば何かしらの成果を上げられるのではないかと期待が膨らみます。以前から予定していたのは、長野県の蓼科辺りでオオマシコやハギマシコなどのアトリの仲間を探すのに、絶好の機会ではないかというところです。車中泊をしながら、二泊三日の探鳥計画を練ってみたいと思いますが、少し気にかかるのは雪の状態です。このところ日本海側はかなりの雪が降って、毎日テレビのニュースを賑わしています。雪が降り積もっていては鳥見どころではありませんから、現地の様子が気にかかるところです。
f0372177_22030634.jpg
この時期、遠出するにはいろいろ心配もありますが、それはさておいて、今回は利根川河口周辺の茨城県側にある波崎新港と、千葉県側の銚子漁港を回って撮影して来た海辺の鳥たちの中から、アカエリカアツブリの写真を紹介します。
f0372177_22031199.jpg
行って来たのは1月28日(日)のことです。この日は日帰りの日程でしたが、自宅を出発するのが少し遅くなってしまいました。利根川沿いの道を快調に走り抜けることが出来ましたが、現地に到着したのは午前9時を過ぎてしまいました。
f0372177_22032556.jpg
最初に到着した波崎海水浴場の駐車場から堰堤を進むと、砂浜にはたくさんのカモメが降りていて、その周辺にミユビシギが群れ飛ぶ姿が見えました。でも、少し距離があります。反対側の波崎新港の中にはカモの仲間が降りていて、その中にこのアカエリカアツブリの姿を見つけることが出来ました。
f0372177_22033026.jpg
波崎新港から利根川河口を移動して、反対側の銚子漁港へと移動して来ましたが、その途中の波崎側でも銚子漁港でも、水面に浮かぶ水鳥の中にアカエリカアツブリを観察することができました。
f0372177_22033539.jpg
夏羽に換羽していれば、後頸に名前の由来となる赤い羽が出ますが、冬羽の今の時期では地味な羽衣をしています。カンムリカイツブリより一回り小さい体つきですが、沢山いるハジロカイツブリより大きいですから、遠くからでもアカエリカアツブリであることが分かります。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-02-08 06:00 | 自然 | Comments(0)

オオバンとカイツブリ

f0372177_22572672.jpg
車中泊をしながら、各地へ足を運び野鳥観察を楽しんでいますが、足となる車を買い換えました。新たに購入した車には、ホンダセンシングという半自動運転ができる機能が搭載されていますから、そのお陰で行動半径をうんと広げることが出来るようになりました。これまでは、関東近県がメインでしたが、東北から西日本までその範囲を広げることが出来そうです。カーフェリーを使えば北海道や九州まで足を延ばすことだって不可能ではありません。色々と夢が広がりますが、遠隔地の探鳥地を訪れるために、ガイドブックが必要になりました。これまでは、北隆館の日本列島野鳥mapsの首都圏編と関東甲信越編の2冊を持っていましたが、新たに西日本編と東北編を購入することにしました。本屋さんを探しても置いているところがなかったので、Amazonで検索したところ、中古品ながら西日本編が186円、東北編がなんと1円という値段で出ていました。定価は2,000円以上する本ですから、こんな安い価格の品物で大丈夫かなと心配しましたが、配達されてきた本は私が持っていたものよりずっと綺麗なもので安心しました。
f0372177_22572989.jpg
Amazonで購入した探鳥地マップは、送料が別途かかったとはいえ、大変お安く手に入れることが出来ました。本屋へ探しに行くよりずっと便利ですから、お得感がいっぱいです。これからもAmazonを利用して購入する機会が増えるものと思います。
f0372177_22573298.jpg
さて、今回紹介しているのはオオバンとカイツブリの写真です。これを撮影したのは車中泊をしながらではなく、近郊の見沼自然公園へ出掛けた時のものです。ヒツジグサに覆われた水面を進むオオバンの姿が、新鮮に感じてシャッターを押しました。
f0372177_22575466.jpg
この公園へ行ってきたのは、11月5日(日)のことでした。文化の日から続く三連休の最終日ですが、色々な用事が重なり遠出ができなかったので、近場の探鳥地を歩き回ってきました。
f0372177_22575826.jpg
この公園の広い芝生広場には、家族連れなどがたくさん遊びにきていて賑わっています。そこに隣接する池ですが、オナガガモやヒドリガモ、オカヨシガモなどを始め、カワセミやオオバン、そしてこのカイツブリなど、たくさんの野鳥を観察することができます。
f0372177_22580258.jpg
この日観察したカイツブリは2羽だけでしたが、♂と♀のペアになるのか、それとも兄弟なのか分かりませんが、常に行動を共にしていました。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2017-11-25 06:00 | 自然 | Comments(0)

谷中湖のカンムリカイツブリ

f0372177_23084589.jpg
本年1月22日に渡良瀬遊水地で開催された、足立・自然にふれあう会(略称:あしだち)の探鳥会に参加した時、たくさん野鳥写真を撮影することができましたから、このブログではこれまで何回にもわたりその紹介を続けてきました。撮り溜めた写真も概ね出尽くしましたから、渡良瀬遊水地で撮影した野鳥写真の紹介は、一応今回で最後にしたいと思います。
f0372177_23084872.jpg
さて、今回紹介するのは、谷中湖の中で撮影したカンムリカイツブリの写真です。この日の谷中湖はこれまでに見たことがないほどカモ類の姿が見えず、何とも寂しい限りでした。どうしたわけでしょうか、その理由は分かりませんが、そんな中でもこのカンムリカイツブリは岸からほど近く、私のカメラでも撮影できるところに姿を見せてくれました。
f0372177_23085200.jpg
それにしても、この日は渡良瀬遊水地では珍しいマガンの群れが観察できたり、ポカポカ陽気の中でベニマシコアシ原のコミミズクが観察できたりと収穫が多くあったわけですが、このカンムリカイツブリだって嬉しい収穫になったと思います。
f0372177_23085529.jpg
しかし、この日の一番のお目当てであったのは、何といってもタカ類の飛翔する姿を撮影することにありました。購入したばかりのオリンパス E-M1mkⅡ のテスト撮影をすることが目的であったわけですが、残念ながらタカ類はとても少なくて、かろうじて飛翔するノスリとたまたま舞い飛んだチュウヒの姿を撮影するに終わってしまいました。
f0372177_23085864.jpg
このカンムリカイツブリは冬羽ですから白色と暗褐色のモノトーンですが、名前の由来となっている見事な冠羽が出揃う夏羽に換羽すると、赤褐色の飾り羽も出て見応えのある姿に変身します。是非そんな姿も撮影してみたいものです。
[PR]
by coffeeto-p2 | 2017-02-06 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

港内のカンムリカイツブリ

f0372177_22201358.jpg
この週末に登友会の新年初登山で雲取山荘に一泊するのを機に、モバイルバッテリーを購入しました。それまではモンベルストアで購入した折りたたみ式ソーラーパネル「ノマド7」と、バッテリーパック「ガイド10プラス」のセットを使って、単三電池4本を充電して使っていましたが、使用しているスマホをiPhone6に変えてから、うまく充電できなくなりました。ガイド10プラスのアンペアが1.0Aであったことが原因のようで、新しく購入したモバイルバッテリーは2.4Aですから、これでうまく充電ができるようになりました。山小屋に泊まって登山を楽しんでくるには、スマホの充電が欠かせませんから、これで安心して登山を楽しんでくることが出来ます。
f0372177_22201812.jpg
これまで使用してきたガイド10プラスでは、単三電池4本で充電することから、スマホ1回分の充電しか出来なかったのですが、新しいモバイルバッテリーでは2.5回の充電ができるとされています。4回充電可能の物もありましたが、値段が倍くらいするし、そんなに使用頻度が高くないので、この製品を選択しました。
f0372177_22202242.jpg
さて、その使用感なんですが、新しいモバイルバッテリーは薄くて軽量です。大きさもスマホ程度ですから、山歩きに持っていくのに助かります。また、電池残量がLEDで表示されますからとても便利です。
f0372177_22202661.jpg
ところで、今回紹介するのは、昨年末に足を運んだ波崎新港で撮影したカンムリカイツブリの写真です。冷たい風が吹き抜ける港内でしたが、このカンムリカイツブリは寒さに負けない、元気な姿を見せてくれました。
f0372177_22202942.jpg
そのカンムリカイツブリが、海面から潜って餌となる魚を咥えてきた。割合大きめな魚でしたから、飲み込むのにちょっと苦労するような素振りを見せていました。
[PR]
by coffeeto-p2 | 2017-01-15 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

赤目のハジロカイツブリ

f0372177_15064733.jpg
職場の同僚が千葉県へ出掛けてきた折に、イチゴを買ってきたという事で職場に持ってきてくれました。一つご相伴に預かったのですが、その大きさに驚いてしまいました。子供の拳ほどもあって、とても一口では食べられないほどの大きさです。大きいこともさることながら、一口かじった時に何とも言えない、春を感じさせてくれる甘味がありました。職場の同僚たちのために、わざわざ買ってきてくれた大粒のイチゴは、なるほどそれだけの価値がある美味しいお土産でした。
新春とはいえ、まだまだ寒い日が続きます。むしろ寒さの底はこれからという状況ですが、一足早い春の到来を感じることが出来ました。美味しいイチゴをプレゼントしてくれたOさん、ご馳走様でした。
f0372177_15062178.jpg
さて、今回紹介するのは、昨年末にカモメ類を観察しようと思い、銚子と波崎を回って探鳥してきたときに、波崎新港の港内で撮影することができたハジロカイツブリです。
f0372177_15062513.jpg
個体数はそんなに多くはありませんが、潜って餌となる魚を捕るのに忙しそうです。なかなか近寄ってきてくれませんが、時折海面に浮かんで一休みしてくれますから、そんな時がシャッターチャンスになります。
f0372177_15063284.jpg
たまたま、私が立っていた岸壁のすぐ近くに浮かび上がってくれたハジロカイツブリです。あまり警戒する様子も見せず、そこで羽繕いなどをしていました。とても近いところでしたから、絶好のシャッターチャンスになりました。
f0372177_15065786.jpg
足元に浮かび上がってくれたハジロカイツブリは、順光線で見やすい位置に暫く留まってくれました。間近に観察すると、肉眼でも印象的な赤い目が良く確認できました。ちょっと得した気分になりました。
[PR]
by coffeeto-p2 | 2017-01-13 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

朝日池にいたカンムリカイツブリ

f0372177_18042284.jpg
この週末は、私の山登りの仲間たち(登友会)と忘年登山に行って来ました。今回は、山に登った後で忘年会の予定がありましたから、電車で行かれるところを選定してもらいたいとお願いしていましたが、幹事のかずとり君が選定してくれた山は高水三山でした。以前、軍畑の駅から登った山ではありましたが今回はその逆コースで御嶽駅から登ることになりましたから、私も逆ルートを楽しみながら歩いてくることが出来ました。
今回のルートは8名のパーティーで、厳しい所もないハイキングコースでしたから、久しぶりの楽々楽しめる山歩きを堪能してくることが出来ました。下山後、河辺駅前の温泉施設で汗を流し、その後で立川の宴会場に移って、ここから宴会だけ参加のA部長を交えての忘年会が催されました。色々な話が聞けて面白かったし、楽しい仲間たちの集まりでしたから、とても充実感のある1日になりました。
f0372177_18041985.jpg
ところで、今回書き込んでいるこの記事は、忘年会が終わった後の電車の中で書き込んでいますから、支離滅裂になる可能性があります。その点は予めご容赦願います。
f0372177_18041702.jpg
さて、今回紹介するのは、11月の最終週に行って来た新潟県の朝日池で観察したカンムリカイツブリになります。堰堤の脇に繋がる道路側から撮影していますが、広い池ですから少し距離がありました。
f0372177_18041411.jpg
そんな中で、湖岸から割合近いところで私の撮影に付き合ってくれたカンムリカイツブリがいました。有難うございました。お陰でこの時は、その姿を撮影させてもらうことが出来ました。
f0372177_18041219.jpg
上の写真では、水中に頭を突っ込んで、餌となる魚を捉えたのかと思ったのですが、この時は、葦か蓮の茎を咥えていました。その後で、水面で羽をブルブル震わせて羽繕いを見せてくれました。
f0372177_18040875.jpg
マガンやオオヒシクイがたくさんいた朝日池ですが、このカンムリカイツブリも存在感を主張してくれました。お陰で、ここで紹介できるだけの写真を撮影することが出来ました。
[PR]
by coffeeto-p2 | 2016-12-12 06:00 | 野鳥 | Comments(0)