アトリもう一度

f0372177_22281281.jpg
9月の初めころに定期健康診断を受けて来ましたが、先日その結果が郵送されて来ました。眼底検査が“D”と表示され、精密検査を受けるように指示されていました。これまでも何回か眼底検査で引っ掛かっていましたから、またかという思いでしたが、視力に異常が出たら自然観察もできなくなってしまいます。行きつけの眼科医は、土曜日の午前中は診察をしているので、先々週くらいに行って来たのですが、その時は学会参加のためと表示がされて、休診になっていました。その後、この戸隠遠征などに出掛けていたため診察を受けられなかったので、貴重な土曜日ですが意を決して診察を受けに行って来ました。ひと通りの精密検査をして頂き、ドクターからは昨年受診した時と変化がなく、眼圧もしっかりしているからこのまま経過観察ということで大丈夫でしょうということでした。そんな診断を聞いて、まずはひと安心というところです。
f0372177_22282438.jpg
また来年の定期健康診断でも眼底検査で引っ掛る恐れがありますが、年一回のタイミングで精密検査を受けるつもりでいれば、それもまた良いのではないかとドクターからも勧められました。
f0372177_22283342.jpg
年とともに体力の衰えを感じますから、自分の健康管理はしっかりして、家族に迷惑かけないようにしなければなりません。これからも定期健康診断に限らず、ウォーキングなどで体力維持と健康管理に努めていきたいと思っています。山登りなどは楽しみながら体力増強が出来ますから、これからもずっと続けていきたいと思います。
f0372177_22285293.jpg
ところで、10月中旬に長野県の戸隠森林植物園へ行って来ましたが、今回はそこで撮影したアトリの写真を紹介したいと思います。既に“アトリが群れで”として、1日目に撮影した写真をこのブログで紹介していますが、2日目にもたくさん撮影できたので、今回はそれらをまとめて紹介してみたいと思います。

f0372177_22283939.jpg
戸隠森林植物園の木道を散策していたら、時折、樹林の上を飛び回る野鳥の群れが確認できました。種類までは特定できませんでしたが、あれは恐らくアトリ達であろうと思います。というのも、今回群れでたくさん観察できたのはアトリだけでしたから。
f0372177_22284826.jpg
ここにはもう何年も続けて足を運んで来ます釜、秋のこの時期は決まってアトリの群れがたくさん観察できます。北の国から渡って来たアトリ達は、まずこの辺りで羽を休め、栄養をつけてからそれぞれの越冬地へ向かっていくものだと思います。
[PR]
# by coffeeto-p2 | 2016-11-05 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

コガラの食事風景

f0372177_22473036.jpg
気が付けば、カレンダーはもう11月になっています。今年も残すところあと2ヶ月を切っているわけですが、月日が経つのは本当に早いものですね。定年退職して第二の職場で働くようになって来春で3年になりますが、現役時代以上に忙しい毎日を過ごしています。でも、やり甲斐があって充実していますから仕事が面白く感じられます。お陰で、1日があっという間に過ぎて行くような気がしていますが、面白いもので仕事が充実していると、その分週末のアウトドアライフが待ち遠しくなって、充実感もタップリ味わうことができます。自然観察を楽しんだ結果については、このブログで紹介しているわけですが、週末楽しんで来た分を、通勤の電車の中で書き込みをすることによって、2度楽しめているようなものです。
f0372177_2247381.jpg
このブログへの書き込みは、以前は撮影して来た写真を早く紹介しなければいけないという気持ちもあって、毎日のようにアップしていましたから、せっつかれているようでゆとりが無かったのですが、一日置きにアップすればいいじゃないと考えを変えたら、毎日がものすごく楽になりました。これからは、ゆとりのある時は毎日のようにアップしますが、基本的には隔日のペースを守っていきたいと思います。
f0372177_22474781.jpg
さて、今回紹介するのはコガラの写真になりますが、10月の第3週に長野県の戸隠森林植物園へ行った時に撮影したものです。昼間の時間帯は、高い梢を飛び回っていて撮影しにくかったですが、早朝は低い茂みを動き回ってくれましたから、ちょうど良い撮影対象になりました。
f0372177_22475312.jpg
そのコガラですが、枝に止まって足で抑えた木の実を突いています。ここでは食事の最中であったようです。こんな小さな木の実でも、コガラにとってはご馳走であったに違いありません。
f0372177_2248164.jpg
この日は、森の学びやの駐車場で車中泊していました。朝食を済ませてから探鳥を始めましたが、未だ人影の少ない時間帯でしたから、みどりが池の脇を抜け入口園地へ至る間で、たくさんの野鳥の姿を確認することが出来ました。
[PR]
# by coffeeto-p2 | 2016-11-03 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

巣穴のオオアカゲラ

f0372177_21303677.jpg
10月第3週の戸隠森林植物園では、深まる秋の装いの中で、元気な姿の野鳥達を観察してくることが出来ました。今回の一番の目的は、ツルマサキの実を食べに集まるムギマキの写真を撮ることだったのですが、現地に足を運んだ当日は、未だその実が十分に成熟していませんでした。数も少なめであったと思います。餌となる実が未だ赤くありませんから、当然今回はムギマキの姿を確認することは出来ませんでした。どうやら1週間ほど早目に来てしまったようです。翌週は大学時代の同窓会があるので来られませんから、ちょっと残念な思いを引きずりながら、園内を散策してきました。今回は、そこで観察してきたオオアカゲラを紹介したいと思います。
f0372177_21304668.jpg
戸隠森林植物園のミズバショウ園からモミの木園地を経由して、入口園地へ向かう木道を歩いて行くと、木道の上に三脚を据えて撮影しているカメラマンがいました。何を撮っているのだろう? その場へ行ってみると、少し離れた枯れ木の上部で、幹に止まっているオオアカゲラの姿が見えました。
f0372177_21305840.jpg
私も直ぐに三脚を据えて撮影を始めましたが、始めは全身が見えていたのに、直ぐに巣穴の中へ潜り込んでしまいました。また出てきてくれるのかな? ....と、中からコンコンと木を打つ音が聞こえて来ました。どうやら巣穴の中で建築工事中のようです。
f0372177_21305213.jpg
間もなく穴から頭を出したオオアカゲラが、咥えた木屑を撒き散らしました。巣穴の中で部屋を広げて、その屑を撒き散らす作業を何回も繰り返していましたから、頭を出したところばかりの写真だけが何枚も撮影できてしまいました。
[PR]
# by coffeeto-p2 | 2016-11-01 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

樹肌のゴジュウカラ

f0372177_22141921.jpg
毎日1万歩以上は歩くことを目標にして、職場への行き帰りはウォーキングをしています。何もなければ朝も夕も30分のウォーキングをしていますが、この頃はだいぶ涼しくなって来たとはいえ、まだまだ汗ばむこともあります。寒暖の差が大きくなってきて、季節の移ろいを実感していますが、それよりも強く感じるのは、日没の時間が早くなって来たということです。これまでは、仕事を終えて30分のウォーキングをしても、地下鉄の駅に入るまでは明るかったのが、次第に薄暮の時間帯が早まり、とうとう今では職場のビルを出たところから既に暗くなりはじめるような状況になりました。これから冬至を迎えるまで、更に日没の時間が早くなると思いますが、ナイトウォーク気分で暫くは夜景を楽しみながらのウォーキングになりそうです。
f0372177_22134864.jpg
ナイトウォークも、普段見慣れない夜景を見ながら歩けますから、これはこれでまた面白みがありますが、この頃ちょっと気になっていることがあります。それは自転車のライトでとても眩しいものがあるということです。LEDのライトであろうと思うのですが、自動車のライト並みの光量を持っているものが増えて来ました。
f0372177_22142432.jpg
自転車のライトは下向きに地面を照らしてくれたら良いのですが、そんな眩しいライトに限って前方をまっすぐ照らしているのです。だから、歩いているとその光が目に入って幻惑されてしまうのです。暗い道を歩いていて、急にそんな眩しいライトが目に入ると、ちょっとイラッと感じてしまうこともあります。
f0372177_221463.jpg
自転車に乗っている人は、暗い街でも前がよく見えて良いのでしょうが、反対側から歩く人には迷惑ライトになっている場合もあることを認識して貰いたいと思いますが、如何なものでしょうか?
f0372177_22135751.jpg
さて、今回紹介しているのは、戸隠森林植物園で撮影したゴジュウカラの写真です。訪れた時は夏鳥と冬鳥の端境期で、全体に鳥影が薄かったように思いますが、このゴジュウカラは植物園全体でとても良く目につきました。
f0372177_22141347.jpg
撮影枚数から言ったら、ゴジュウカラの写真が断トツに多い結果となりましたから、とりあえず1日目に撮影した写真の中から紹介して、2日目に撮影した写真は、また後日紹介したいと思います。
[PR]
# by coffeeto-p2 | 2016-10-30 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

まだいたの!?クロツグミ

f0372177_21172370.jpg
ちょっと風邪気味です。先日、仕事から帰ったら、遊びに来ていた孫娘が鼻水を垂らしていました。聞いたところ、娘が風邪をひいてしまい、その風邪がうつってしまったようです。早く治れば良いなと思っていましたが、翌日にはうちのカミさんも風邪気味になってしまいました。仕事の帰りに葛根湯を買って来るように頼まれてましたから、ちょっと寄り道して薬のディスカウントショップへ寄って来ました。早く治してもらいたいものですが、そう思っていたら今度は私の番になったようで、鼻水が出たり、少し咳も出るようになってしまいました。本当に困ったものですが、仕方がありません。仕事を休むわけにはいかないので、今朝は風邪薬を飲んで、マスクをして家を出ました。
f0372177_21175353.jpg
幸いなことに熱は出ていませんが、鼻水が止まりませんから、ティッシュペーパーが離せません。以前から風邪をひくと鼻水が止まらない症状となるのです。でも、鼻をかみすぎると鼻の周りが赤くなり、酷くなるとヒリヒリしてしまいますから、鼻水を止める薬を服用するのですが、そうすると眠くなってしまって仕事にも支障を来します。風邪をひくと、いつもこのパターンになってしまいます。
f0372177_21172992.jpg
さて、今回紹介する写真はクロツグミです。戸隠森林植物園のモミの木園地にある屋根付きの休憩所から、カメラを担いで鏡池へと続く外周の小径方向へ向けて何歩か足を進めたところで、後方から飛来した鳥がすぐ目の前の枝に止まってくれました。
f0372177_21173624.jpg
枝に止まってくれたところは逆光気味で、すぐには種類を特定することが出来ませんでしたが、カメラのファインダー越しに少し目が慣れたところでよく見ると、胸に黒褐色のウロコ模様が見えましたから、これでクロツグミだと分かりました。えーーっ、10月も後半になるのにまだいたの⁉︎
f0372177_21174130.jpg
クロツグミは名前の通り背面が黒色一色の羽衣をしていて、アイリングとくちばしの黄色い彩りがトレードマークとなっています。しかし、この個体はアイリングとくちばしに鮮やかな黄色が見えません。また、足もオレンジ色が出ていませんから、恐らく今年生まれの若鳥で、渡り遅れてしまったものであろうと思われます。


[PR]
# by coffeeto-p2 | 2016-10-28 06:00 | 野鳥 | Comments(0)