ルリビタキをもう一度

f0372177_09553437.jpg
オトギの世界のお話ですが、チルチルとミチルの兄妹が青い鳥を探して旅をするというメーテルリンクの童話がありました。幸せの青い鳥を探しに方々を探し回ったのに見つけられなかった2人ですが、自宅に戻ってみたらそこに幸せの青い鳥がいたということです。探し回ってもなかなか見つからなかった幸せが、実は身近なところにあったと言う話ですね。周りのことに惑わされず、もっと身近なものを大切にしなさいという教えであろうと思います。
以前、何かの本で読んだか、どこかで聞いたと思いますが、この物語に描かれていた青い鳥が、実はルリビタキがそのモデルであったと言うことです。定かに覚えていませんが、今となってはその真偽のほどは確かめようもありません。
f0372177_09560481.jpg
さてそのルリビタキですが、冬の間は里に降りて越冬しています。公園の中などでも観察することが出来ますが、このような♂の綺麗な個体にはなかなか出会うことが出来ません
f0372177_09563409.jpg
間も無く繁殖地である山へ向けて移動していくことでしょう。初夏の高原では、立木の天辺から爽やかな囀りの声を響かせてくれます。漂鳥として1年を通して観察することが出来る野鳥ですが、ルリビタキはどこで見つけても嬉しい存在です。
f0372177_09570416.jpg
今回紹介しているこの写真は、3月11日(日)に神奈川県綾瀬市の蟹ヶ谷公園で撮影したものです。数年前までアリスイが越冬していた公園ですから、今でも年に一度は様子を見にいっています。
f0372177_09573454.jpg
このルリビタキは綺麗な成鳥♂の個体ですが、このように青色の綺麗な羽衣になるまで3年掛かるということです。第一回冬羽の♂の個体は、見た目で♀と区別することが難しいです。成鳥♂を見る機会はそんなに多くありませんから、見つけたら嬉しいですね。
f0372177_09580433.jpg
立木に止まっていたルリビタキ♂を撮影していたら、偶然飛び立つ瞬間を撮影することが出来ました。躍動感溢れる写真になったと思いますが、今度は高原で爽やかな囀りの声を聞かせてください。
[PR]
# by coffeeto-p2 | 2018-04-04 06:00 | 自然 | Comments(0)

春に踊るモズ

f0372177_22172235.jpg
今日から新年度が始まります。私の職場にも新人さんが2人入ってきました。新人といっても、定年退職した第2の職場ですから60歳になります。それでも、新しい人が加わると、職場の雰囲気が変わって、何か良いことがあるんじゃないかと期待感が高まります。私はと言うと、一昨日の山登りで足に筋肉痛がきて、それでなくても動作が緩慢になっているのに、余計に動きが悪くなってしまいました。先が思いやられる新年度のスタートです。
でも、街を歩いていると、街路樹に若葉が萌えだしてきて、気持ちはやはりウキウキしてきます。自然界が躍動してきますから、私はこれからの季節が一年のうちで一番好きな時期になります。
f0372177_22171528.jpg
都内で見事な満開の桜を見せてくれたサクラの花が、もう花びらを散らして葉ザクラへと変貌しています。早いものです。季節はどんどん進んで行きますから、ウカウカしてはいられません。
f0372177_22171137.jpg
今回紹介しているのはモズの写真ですが、3月11日(日)に神奈川県綾瀬市の蟹ヶ谷公園で撮影したものです。
f0372177_22140150.jpg
公園内の散策路を歩いていると、植え込みから飛び立った鳥が、近くの立木に止まりました。それがこのモズであったわけですが、よく目に付く存在でした。
f0372177_22134379.jpg
冬の間は♂の個体も♀の個体も縄張りを持って生活していますが、これから繁殖期を迎えて、ペアリングして何処かで巣作りをすることでしょう。モズにとっても忙しい季節の到来です。
f0372177_22133657.jpg
ニシキギの植え込みの上に止まったこの個体は、過眼線が茶色であることと、胸に網目模様が認められることから、メスの個体であると思われます。心なしか可愛い表情をしていると思います。

[PR]
# by coffeeto-p2 | 2018-04-03 06:00 | 自然 | Comments(0)

春に踊るシジュウカラ

f0372177_20523417.jpg
テレビでは、春の高校野球の熱戦がたけなわですが、今日は一日何処へも出かけずに、テレビ観戦で一日が終わってしまいました。....というのも昨日(3月31日(土))は、毎月1回楽しみにしている登友会の定例登山に参加して、丹沢山(標高1,567m)に登ってきましたから、今日は疲労回復のため自宅でノンビリすることにしました。天気が良いのに一日自宅にいることは、私にとっては大変珍しいことですが、たまにはこんな日があっても良いでしょう。昨日の登山では途中で太ももに痙攣がきそうな状況もありました。今日の筋肉痛はさほどではありません(2日後に出ると思います。)が、心地よいほどの太ももの張りを感じています。
今朝は朝食前に愛犬チョコちゃんの散歩に付き合ってきました。太ももの張りをほぐすのにちょうど良いところですが、ほんの10分ほどで帰って来てしまいました。いつもなら1時間近く散歩することもあるのに、もう8歳を超えて人間でいえば中年となっていますから、少しずつ散歩の時間も短くなっているようです。
f0372177_20530422.jpg
自宅にいることを良いことに、カミさんから庭木の剪定を仰せつかってしまいました。狭い敷地の脇に植えたゲッケイジュが太さ20センチ近くの大木になり、枝葉の繁り具合は手を入れない訳にはいかないような状況になってしまいました。汗を掻きながら、枝払いの仕事も体の張りをほぐすのにちょうど良かったようです。
f0372177_20525644.jpg
カレンダーは今日から4月となりました。季節はどんどん進んでいきますが、自然界の変化を観察しようにもついていけません。焦る気持ちもありますが、時間があるときに出掛けた場所で、できるだけ多く観察することで楽しみたいと思います。
f0372177_20530742.jpg
さて、今回紹介しているのは、3月11日(日)に撮影したシジュウカラです。つぼみを膨らませ始めた林の中で、梢から梢へと踊るように動き回っていた春先の元気な姿を観察しました。
f0372177_20524518.jpg
撮影した場所は、神奈川県綾瀬市の蟹ヶ谷公園です。この公園では、以前アリスイがよく観察できましたから、今年もと思って出掛けてきましたが、残念ながら2年前から入らなくなったようです。その代り、このシジュウカラをはじめ、アカハラ、シロハラ、ルリビタキ、ジョウビタキなど、とてもたくさんの野鳥写真を撮影することが出来ました。
f0372177_20530076.jpg
ここではシジュウカラの個体数が多いのでしょうか、散策路を歩いているだけで、かなり近距離から多くの個体を撮影することが出来ました。

[PR]
# by coffeeto-p2 | 2018-04-02 06:00 | 自然 | Comments(0)

ジョウビタキここにもいました

f0372177_22401782.jpg
愛車のタイヤを冬用のスタッドレス・タイヤから夏用のノーマル・タイヤに替えてきました。車が納車になったのが去年の11月23日で、スタッドレス・タイヤに換装したのが11月25日のことでしたから、これまではスタッドレス・タイヤばかりで走ってきたことになります。冬の間、雪道でその恩恵に預かったのは2、3回しかありませんでしたが、野鳥観察や山登りのため出掛けることが多いので、絶対の必需品であると思っています。そんな訳でお世話になったスタッドレスですが、ノーマルタイヤに比べて燃費が落ちるようです。愛車(ステップワゴン・ハイブリッド)のカタログ値では25km/ℓとされていますが、実際に走って見た感じでは17〜18km/ℓ程度ではないかと思います。思っていた以上に燃費が悪くなってしまいましたが、ノーマルタイヤに換装して、これがどのくらい改善するかみたいと思います。
f0372177_22402369.jpg
今回のタイヤ交換は、自宅近くのタイヤ館を利用しました。交換と一緒に保管もお願いしていました。自分でタイヤを積み下ろしする手間が省けるうえ、我が家は敷地が狭くて置き場所にも困っていましたから、とても助かっています。
f0372177_22404724.jpg
夏タイヤに換装した後の走り具合などは、これからまたこのブログでも紹介する機会があると思いますが、平均で20km/ℓは超えてもらいたいと思っています。せめて前に乗っていたスパイク・ハイブリッド(カタログ値21.6km/ℓ)よりは良くなってもらいたいと思いますが、如何なものでしょうか? 
f0372177_22405434.jpg
さて、今回紹介しているのはジョウビタキの♀です。3月11日(日)に神奈川県綾瀬市の蟹ヶ谷公園で撮影してきました。この公園で撮影した野鳥写真は、これまでも紹介してきましたが、半日ほど滞在している間に随分たくさんの写真が撮れました。
f0372177_22410253.jpg
この公園に足を運んだ一番の目的は、以前毎年のように見られていたアリスイの写真を撮影することにあったのですが、残念ながらそれは叶いませんでした。でも、それ以外の収穫がたくさんありましたから、私的には大変満足できました。
f0372177_22410963.jpg
この冬の間、各地の探鳥地を巡ってきましたが、どこに行ってもジョウビタキが見られることが多くありました。この蟹ヶ谷公園でも、また姿を見せてくれました。冬鳥の定番の一つですね。
[PR]
# by coffeeto-p2 | 2018-04-01 06:00 | 自然 | Comments(0)

躍動するルリビタキ

f0372177_21023240.jpg
仕事関係のお付き合いでご招待をいただき、隅田川で屋形船からサクラを観る会に参加してきました。皆さんはもう10年以上この催しをされているようですが、私も縁あってここ数年参加させてもらっています。毎年楽しい催しとなっていますが、幹事さんはサクラの花が咲いている時期を見越して、この期日を設定しなければなりませんから、かなり気を使っていることでしょう。以前は雨に降られたこともありましたが、今年はドンピシャのタイミングでサクラが満開となり、美味しい料理も堪能できて、とても楽しいひと時を過ごしてくることが出来ました。お花見をするのに、上野公園あたりでは、ブルーシートを敷いて楽しむのが定番ですが、船の上から観る花見もまた良いものでした。
f0372177_21024041.jpg
今年はとても冷え込んだ時期もありましたが、気温の上昇とともにサクラの開花が早まり、都内でサクラの満開は平年より10日も早くなりました。ここへきて春が足早に通り過ぎようとしているようです。
f0372177_21024974.jpg
さて、今回紹介するのはルリビタキの♂です。3月11日(日)に足を運んだ神奈川県綾瀬市の蟹ヶ谷公園で撮影したものです。駐車場脇の芝生広場から池の方へ下る斜面の周辺がこの個体の縄張りになっていたようです。
f0372177_21025534.jpg
この公園では、数年前に毎年のようにアリスイが越冬していて、間近に写真が撮れていました。昨年は見られなかったので、今年は来ているかなと思って出掛けてみましたが、去年から見られていないようです。
f0372177_21030167.jpg
それでも、園内を散策していると、色々な野鳥が観察出来ました。これまで紹介してきたツグミ類3種のほか、モズやジョウビタキ、シジュウカラの他に、このルリビタキの写真がとてもたくさん撮れました。
f0372177_21030583.jpg
このルリビタキも、間も無く繁殖のために山へ帰っていくでしょう。この冬のシーズン中に何回か観察したルリビタキの中では、この♂の個体が一番綺麗ではないかと思えました。随分たくさん撮れましたから、紹介しきれなかった分は、また改めて紹介しようと思っています。
[PR]
# by coffeeto-p2 | 2018-03-31 06:00 | 自然 | Comments(0)