休耕田にムナグロの群れ

f0372177_17273171.jpg
台風21号の強風による高潮のため、関西空港が冠水して閉鎖されてしまったようです。おまけにタンカーが橋脚に衝突して空港が孤立し、多くの人が取り残されてしまうという被害が発生しました。また、西日本を中心に大規模な停電も発生して、復旧まで時間がかかる様子です。まだ北海道の近海を北上中であるようですから、これから被害が拡大することも予想されます。我が家の周辺では、強い風が吹いて物が飛ばされるようなことがありましたが、幸い大きな被害は発生していないようです。一夜明けた今朝は、西の空に青空も見えますから、取り敢えずは台風一過、今日は良いお天気になってくれるものと思います。
f0372177_17274381.jpg
さて、今回紹介するのは、栃木県小山市郊外の休耕田で撮影した、ムナグロの写真です。
f0372177_17274814.jpg
撮影したのは、8月26日(日)のことでした。シギやチドリの仲間が北の国で繁殖を終えて、越冬地である南の国へ渡っていくシーズンですから、この時期の田園地帯は羽を休めるシギチ達で賑やかになります。
f0372177_17275333.jpg
夏羽では顔面から腹部にかけて黒い羽で覆われていましたが、冬羽に換羽しつつありますから、お腹の一部に黒い羽を残して、胸からお腹にかけては淡色の羽に換羽しようとしています。
f0372177_17275853.jpg
同じ仲間のダイゼンとよく似た羽衣をしていますが、ダイゼンは背面に黄色味がなく、海辺で多くみられるのに対して、ムナグロは背面に黄色味があって、田んぼなどの淡水域に多くみられます。
f0372177_17280277.jpg
渡良瀬遊水地に近い田園地帯には、水の入った休耕田がたくさんありました。車でゆっくり走りながら、シギチが入っている休耕田を探すのが面白いのです。
[PR]
# by coffeeto-p2 | 2018-09-06 06:00 | 自然 | Comments(0)

休耕田にはキアシシギもいた

f0372177_09180234.jpg
台風21号が四国の徳島県に上陸し、間も無く日本列島を横断して日本海へ抜けていくものと思います。25年ぶりのとても勢力が強い台風だということで、特に強い風に警戒ということですが、大雨による被害の発生もあると思いますから、いずれにしても油断のならない状況です。都内でも、雨や風による影響で交通機関が麻痺しないか心配しています。JR西日本は全線で運転見合わせということですが、東京周辺でも鉄道が普通になって、帰宅の足が奪われるのではないかと気になっています。このまま、静かに通過していってくれたら良いのですが....
f0372177_09181982.jpg
さて、今回紹介しているのは栃木県小山市の郊外にあった、休耕田で撮影したキアシシギの写真です。撮影したのは猛暑の最中であった、8月14日(火)のことでした。
f0372177_09182736.jpg
この前日も夏休みを取って、利根川流域から霞ヶ浦周辺の休耕田を探し回ったのですが、ほとんど成果を上げることが出来ませんでした。そのリベンジのつもりで渡良瀬遊水地の周辺を探して、こちらでは成果を上げることが出来ました。
f0372177_09183865.jpg
この休耕田には、キアシシギの他に数羽のアオアシシギと、コチドリがたくさん観察できました。車で走り回って探した成果がありました。
f0372177_09184471.jpg
ここで確認できたキアシシギは2個体だけでしたが、餌を探しながら割合近くまで寄って来てくれました。車の中からオリンパス E-M1 + 300mm F2.8 + EC-20 (換算1,200m相当)で撮影しました。
f0372177_09184821.jpg
暑さで茹だるような休耕田でしたが、私も汗をふきふき長時間にわたって撮影させてもらいました。
[PR]
# by coffeeto-p2 | 2018-09-05 06:00 | 自然 | Comments(0)

水辺のコチドリ

f0372177_14440329.jpg
9月2日(日)に、東京都・中央区・港区合同総合防災訓練に参加してきました。私の務めている職場で、毎年参加している防災訓練ですから外すことが出来ません。昨年は調布市の多摩川河川敷に訓練会場が作られましたが、今年は中央区の浜町公園が訓練会場です。朝から展示ブースに詰めて、会場全般の見学などをさせてもらいました。昨年は日差しが強くて暑い1日となりましたが、今年は朝から雨模様となり、特に11時頃には凄い土砂降りの雨に見舞われてしまいました。気温はそんなに上がらずに助かったのですが、雨合羽を着用していると、中から蒸れてしまうようでした。それでも午後からは天気も持ち直してくれて、無事に終了することが出来ました。
f0372177_14440877.jpg
さて、今回紹介しているのは、栃木県小山市の郊外で撮影したコチドリの写真です。8月14日(火)に撮影しましたが、この前日は利根川から霞ヶ浦周辺を走り回って休耕田を探しましたが、ほとんど見つからずガッカリしていました。そのリベンジの意味もあって、場所を変えてみたところ、こちらではそこそこの成果を上げることが出来ました。
f0372177_14441935.jpg
コチドリは、春になると南の国から渡って来て、日本で繁殖するチドリの仲間です。他のシギやチドリの仲間は、ほとんど通過していって北の国で繁殖しますから、その生態は少し異なります。
f0372177_14443399.jpg
この辺りでも繁殖していますから、この時期は他のシギチに比べると、個体数がとても多いと感じます。ほとんどが幼鳥ばかりですが、ここでは黄色いアイリングを持った成鳥を狙ってみました。
f0372177_14444535.jpg
たまたま道路のすぐ脇の水辺で、羽を休めるコチドリがいて、とても近い距離から撮影することが出来ました。
f0372177_14445183.jpg
炎天下の休耕田では、直射日光を遮ってくれるような日陰がありません。車の中から扇風機をガンガン回しながら撮影していましたが、コチドリたちさほど気にする様子もありません。
f0372177_14445539.jpg
こちらは背面の各羽が淡褐色で、黄色いアイリングがありません。また、過眼線や胸元に黒褐色帯も認められません。背面の各羽には淡色の羽縁があってうろこ状に見えることから、今年生まれの幼鳥であることが分かります。
[PR]
# by coffeeto-p2 | 2018-09-04 06:00 | 自然 | Comments(0)

アオアシシギが渡ってきた

f0372177_22453061.jpg
我が家の狭い敷地の中に、カミさんが植えたバラの木とピラカンサの木がありますが、植えてから20年近くにもなると、とても大きな木に育ってしまいました。窓を覆って部屋も暗くなっていたので、カミさんからの要望で枝を切ることにしました。道具はといえば、高枝切りバサミに付いている小さいノコギリだけですから、直径が10cm近くにもなった太い枝を切り落とすのは容易な作業ではありません。少しづつ枝を切り落としていって、カミさんがそれを集めて束ねる作業をしましたが、作業を終える頃には2人とも汗びっしょりです。でも、綺麗に切り払う事が出来ましたから、窓からの眺めがすごく良くなりました。間も無く台風21号がやって来るでしょうから、その前にサッパリ出来て良かったと思っています。
f0372177_22454429.jpg
さて、今回紹介するのは栃木県小山市の郊外に広がる田園地帯を走り回り、撮影してきたアオアシシギの写真です。この日も大変暑い日でしたから、車内では扇風機に活躍してもらいました。
f0372177_22455032.jpg
このアオアシシギの写真を撮影したのは、8月14日(火)のことです。私の職場ではカレンダー通りに仕事をしていますが、旧盆の頃には仕事がほとんど入りませんから、休みが取りやすくなっています。
f0372177_22455513.jpg
旧盆の時期は夏休みが取りやすいのですが、どこへ出掛けても高速道路の大渋滞で、遠出するのに適しているとはいえません。それで、平場利用でも出掛けられるということで、近郊の田園地帯で渡り途中のシギチ観察をすることにしました。
f0372177_22461947.jpg
この前日は、利根川流域から霞ヶ浦周辺の休耕田を探し回りましたが、ほとんど成果を上げることができませんでした。それではと、渡良瀬遊水地の北側に広がる小山市郊外の田園地帯へ行ったところ、こちらには水が入った休耕田がたくさん見つかりました。
f0372177_22462695.jpg
この日は比較的たくさんのシギチを観察することが出来ました。この休耕田には、このアオアシシギの他に、キアシシギとコチドリもいて、割合近い距離からたくさん撮影することが出来ました。
f0372177_22463166.jpg
この休耕田ではこの2羽のアオアシシギが常に一緒にいて、隣の休耕田にもう1羽いたのですが、少し離れた所で別行動を取っているようでした。2羽の群れはかなり近寄ってきてくれましたから、良い撮影対象になってくれました。
[PR]
# by coffeeto-p2 | 2018-09-03 06:00 | 自然 | Comments(0)

田んぼにいたヒバリ

f0372177_19533158.jpg
今年は台風がたくさん発生していますが、9月に入って早々に、台風21号が日本列島を直撃しそうな気配です。今回の台風は猛烈な勢力を持つまでに発達して、今年最大の勢力を維持したまま、列島に上陸してきそうです。それでなくても各地に豪雨被害が発生し、都内でもゲリラ豪雨による被害が出ていますから、またかという感じです。これも昨今の異常気象の影響によるものかと思いますが、被害の発生はないに越したことはありません。静かに通過していってくれることを願うばかりです。
f0372177_19533596.jpg
さて、今回紹介しているのは霞ヶ浦にほど近い、稲敷市で撮影したヒバリの写真です。この日は、シギチの写真を撮ろうと、利根川沿いで休耕田を探しましたが見つかりません。霞ヶ浦周辺まで範囲を広げて、やっとシギチの入った休耕田を見つけることが出来ました。
f0372177_19534681.jpg
水の入った休耕田でシギチの写真を撮りっていましたが、隣の水がない休耕田にも動き回る野鳥が目に付きました。カメラを向けたところ、そこにいたのがこのヒバリでした。
f0372177_19534980.jpg
このヒバリは全体的に暗色ですが、喉と首の周りに暗灰色の羽毛が目立ちます。普通のヒバリとはちょっと印象が違うなと思いましたが、これは幼鳥なのでしょうか?
f0372177_19535212.jpg
こうして見ると、淡色の首輪があるように見えます。やはり普通のヒバリとは違うような印象ですが、これも個体差の範疇であると思われます。
f0372177_19535647.jpg
この日は、シギチの写真狙いで出掛けたので、車の窓を全開にして止まっている時間が長くなります。暑いさなかでしたから、車内には扇風機を準備して行きました。この時も最強にして回していましたが、それでも汗をかきかきの撮影となりました。

[PR]
# by coffeeto-p2 | 2018-09-02 06:00 | 自然 | Comments(0)