水田のタゲリ

f0372177_20550875.jpg
4月最初の週末は、土曜日(4月7日)に、あしだちの有志の皆さんと一緒に山野草観察へ出掛けてきましたから、昨日(4月8日)の日曜日は遠出はしないで、都内の葛西臨海公園へ野鳥写真を撮りに行ってきました。そろそろわたりのシギチが観察できるかなと淡い期待を抱いて出掛けてきたわけですが、下の池でアオアシシギ4羽を観察し、撮影してくることが出来ました。それよりも、大きな収穫となったのはウズラの写真が撮れたことです。芝生の広場にあった植え込みの中に隠れていて、たくさんのカメラマンが囲んでいましたが、間近に観察することが出来て写真も撮影することが出来ました。もちろん写真に撮ったのは初めてのことでした。嬉しい結果を残すことが出来た一日となりました。
f0372177_20551382.jpg
さて、今回紹介しているのは、田おこし前の水田で撮影したタゲリの写真です。3月17日(土)にツルシギ狙いで霞ケ浦周辺へ出掛けた時に撮影したものですが、割合近いところから撮影することができました。
f0372177_20552088.jpg
この日は、霞ケ浦から利根川の周辺を車で走りながらツルシギを探していたのですが、たまたま香取市の田園地帯でタゲリを撮影することが出来ましたから、 ”草地のタゲリ” として紹介しています。
f0372177_20552854.jpg
今回紹介しているタゲリは、霞ケ浦の浮島周辺でツルシギを探そうと、香取市から移動して稲取市へ移動してきた時に、本新にある田おこし前の水田に降りていた3羽のタシギを見つけることが出来ました。
f0372177_20553271.jpg
農道に車を停めて車内から撮影していますが、上手い具合に順光状態で撮影できました。それに距離も割合近いところから撮影していますから、このように羽を広げて伸びをしているところも、上手く撮影することが出来ました。
f0372177_20553833.jpg
車内から撮影することが出来ましたから、この時使用した撮影機材は、オリンパスのE-M1 + ED300mmF2.8 + EC-20(換算1,200mm相当)を三脚に据え、E-M1mkⅡ + M.300mmF4 + MC-14 (換算840mm相当)を手持ちとして、両刀使いでたっぷり撮影してくることが出来ました。

[PR]
# by coffeeto-p2 | 2018-04-09 06:00 | 自然 | Comments(0)

水溜りにいたホオアカ

f0372177_20403859.jpg
地元足立区で自然観察が好きな人たちをお誘いして、栃木県下へ山野草観察に行ってきました。那珂川町のカタクリ山公園でカタクリ、ミズバショウ、ショウジョウバカマなどを観察して近くの富山のイワウチワ群落を見てきました。計画したのはひと月ほども前のことですが、昨年はこのタイミングがドンピシャであったのに、今年はサクラの開花が例年より10日ほども早まったように、山野草も花を咲かせる時期が早まっていたようです。結果は既に最盛期を終えて、カタクリなどは実ができているような状況で、花はほとんど残っていませんでした。
f0372177_20404377.jpg
心配していた天気ですが、午前中は陽が射す状況もありましたが、昼過ぎからかなり激しい雨に見舞われてしまいました。心配していた雨に降られてしまいましたが、それでも当初に予定していた山野草は全て観察してくることが出来ました。来年は、是非満開のタイミングで観察できるようにリベンジしたいという声が強く出されました。うむむ、これはまた来年も計画しなければならないか。
f0372177_20404717.jpg
さて、今回紹介しているのはホオアカの写真ですが、3月17日(土)にシギチ観察に出掛けた茨城県稲敷市の郊外にあった、水たまりで撮影することが出来ました。
f0372177_20405023.jpg
高原で繁殖期を迎える野鳥ですが、冬の間は里に下って越冬する漂鳥です。毎年、秋から春先のシーズンに利根川周辺の田園地帯へシギチ観察に出掛けると、ホオアカを観察することがありますから、この辺が越冬地となっているようです。

[PR]
# by coffeeto-p2 | 2018-04-08 06:00 | 自然 | Comments(0)

春の蓮田にタシギが集結

f0372177_20333090.jpg
しばらく夏日に近いような陽気の日が続きましたが、昨日は3月下旬頃の陽気ということで、かなり冷え込みました。帰り道は上着を着ていてもヒンヤリとしてコートがあっても良いなと思うほどでしたが、家に帰ったらストーブが焚かれていて、ちょっとびっくりしました。今日はというと、雨模様の予報もあり良い天気ではないと思っていたのに、一転晴れ渡り、気温もぐんぐん上昇しました。外に出る仕事でしたが、上着なんか着ていられない陽気になりました。体が順応しきれないようで、全身にダルさを感じてしまいました。
f0372177_20333523.jpg
都内では、すでに夏日となった日もありましたが、今年は猛暑の夏になるのでしょうか? 気になるところですが、連日うだるような暑さが続くことだけは勘弁してもらいたいものです。
f0372177_20335280.jpg
さて、今回紹介しているのはタシギの写真です。ソロソロ繁殖地に向けて渡去しようとするタシギが、一枚の蓮田の中にたくさん集結しているところに遭遇しました。
f0372177_20341071.jpg
足を運んだのは3月17日(土)のことでしたが、この蓮田の中には30羽を超えるタシギがカウントできました。驚くほどの数ですが、群れを作って渡りをする準備なのでしょうか? この写真の中だけでも7羽のタシギが写っています。
f0372177_20335940.jpg
撮影した場所は、茨城県稲敷市にある蓮田ですが、例年この辺りでは早い時期から渡り途中のツルシギが観察できるものですからそれを狙って来たのですが、今回遭遇したのはこのタシギの群れでした。
f0372177_20335615.jpg
これから春の渡りシーズンにはタシギをはじめとしてオオジシギ、チュウジシギ、ハリオシギなどのジシギ類が混在して、識別が難しいですね。以前には識別眼を磨こうと頑張った時期もありましたが、今では見つけることだけで満足するようになりました。(^_^;)

[PR]
# by coffeeto-p2 | 2018-04-07 06:00 | 自然 | Comments(0)

草地のタゲリ

f0372177_21211791.jpg
職場への行き帰りは、いつも3駅手前で地下鉄を降りて30分ほどウォーキングをしています。職場での仕事はデスクワークが殆どですから、意識しないと体を動かすことがありません。そのため1日1万歩を目標に歩くことにしてこのウォーキングを続けていますが、往復30分歩くことで丁度目標がクリア出来る状況です。今の職場に勤めるようになって、早くも4年になりますが、雨の日以外欠かすことのない日課になりました。
歩くことによって、街中で生起する四季折々の変化を感じることが出来ますから、そんな事も楽しみで長く続けられるルーティンワークとなっています。
f0372177_21212543.jpg
今の時期は朝夕の空気が爽やかで、ウォーキングを楽しむには最適な気候です。芽吹き始めた木々の緑を楽しみながら、今日も職場への道を歩いてきました。
f0372177_21213147.jpg
さて、今回紹介している写真は、草原の中に見つけたタゲリです。撮影したのは3月17日(土)のことですが、この日は春の渡りが早いツルシギが来ているんではないかと思い、利根川から霞ヶ浦の周辺を巡ってきました。
f0372177_21213937.jpg
お目当のツルシギを見つけることはできなかったのですが、利根川沿いの香取市周辺を車で流していた時に、草地の中にうずくまるタゲリの姿を見つけることができました。
f0372177_21214293.jpg
長い冠羽をピッと上に立てて、精悍な姿を見せてくれたこの個体はタゲリの♂になります。この草原の中で、3羽のタゲリの姿を見つけることが出来ました。でも、警戒心が強いようで、あまり近づくことが出来ません。
f0372177_21214562.jpg
こちらの個体は、上の写真の個体に比べると冠羽が短いです。顔面も褐色味が強いですから、♀の個体であることが分かります。この個体はあまり動き回らず、ジッとしていた時間が長くありました。

[PR]
# by coffeeto-p2 | 2018-04-06 06:00 | 自然 | Comments(0)

谷戸山公園で自然観察

f0372177_10101938.jpg
4月に入って、連日のように気温が20度を超える日が続いています。今日の最高気温も25度の予報ですから、春を飛び越えて、初夏のような陽気になってきました。北海道では雪が降る予報も出ていましたが、都内では上着を着て外を歩いていると、汗をかいてしまいます。この3月の平均気温は、記録的な暖かさであったようですが、その影響が4月に入った今でも続いているようです。寒さで縮こまっているより良いのですが、平年と比べて余りにも変化が大きいですから、自然界には異常気象の影響が出てくるんじゃないかと気になってしまいます。
次の土曜日に地元の人と誘い合って、自然観察に出かける予定を立てていましたが、東京周辺では雨の予想になってしまいました。これは異常気象の影響ではありませんが、こちらも困ったものです。
f0372177_10105854.jpg
さて、今回紹介しているのは、神奈川県座間市にある谷戸山公園を散策してきた時に撮影した写真です。これはキブシになりますが、野山を歩くと春先に花を咲かせてくれる定番ですね。
f0372177_11584638.jpg
この公園に足を運んだのは3月11日(日)のことでした。午前中に綾瀬市の蟹ヶ谷公園でたっぷり野鳥観察ができましたから、午後から場所を変えて様子を見てくることにしました。ギギーッと鳴きながら木の幹を突いているコゲラも撮影できました。
f0372177_11590798.jpg
公園内には湧き水が多く、そこから流れ出した水が池となって、その中にこのアズマヒキガエルがたくさんいました。まさに蛙合戦を繰り広げているところでしたから、これが面白い被写体となってくれました。
f0372177_11591479.jpg
公園の散策路脇で、上方にレンズを向けているカメラマンが2人いました。「何がいますか?」問いかけると、木の枝に止まっているオオタカの存在を教えてくれました。思わぬところで遭遇しましたからすぐに撮影させてもらいましたが、間も無く飛び去ってしまいました。
f0372177_11591853.jpg
湧き水が作った池の周辺に、ヒメリュウキンカの群落がありました。遠くから見ても、大変よく目立つ黄色い花を咲かせています。この池のほとりでは、上で紹介したアズマヒキガエルとともに、格好の撮影対象になってくれました。
f0372177_11593656.jpg
太い木に止まって、ギギーッと鳴きながら幹を突いていたコゲラの写真を撮っていました。何枚か撮影しましたが、後から確認したら、何か餌となる獲物を見つけたようです。この写真には、嘴に何か咥えているところが写っています。
f0372177_11593127.jpg
最後に紹介するこの花は、アブラチャンです。公園の駐車場近くの広場に咲いていました。よく似た花にダンコウバイがあります。ちょっと見にはなかなか区別がつきませんが、アブラチャンには花柄がありが、ダンコウバイにはありませんから枝から直接咲いているように見えます。ここにはアブラチャンと表示した看板が立っていましたから、間違いようもありません。(^_^;)

[PR]
# by coffeeto-p2 | 2018-04-05 06:00 | 自然 | Comments(0)