休耕田でツバメチドリと遭遇

f0372177_09265546.jpg
今週の東京は、雨マークが多くみられるお天気となり、一時の暑さが少し和らいでくれそうです。これで秋の気配がぐっと深まってくれることでしょう。この夏は、これまで経験したことがないような猛暑に見舞われ、また大規模な洪水を発生させる豪雨や、台風21号による高潮被害で関西空港が閉鎖になったり、そのうえ北海道で震度7の大地震が発生して、それに伴う全道停電という考えられないような大きな被害が発生しました。自然災害が続いて大変な時代になったものだと思います。これからも異常気象による災害の発生が危惧されますが、この秋は平穏な実りの秋になってもらいたいものです。
f0372177_09271178.jpg
さて、今回紹介するのは渡良瀬遊水地に近い田園地帯で撮影したツバメチドリの写真です。
f0372177_09271816.jpg
この休耕田では、距離がありましたが2羽のツバメチドリを確認することができました。久しぶりの出会いとなりました。
f0372177_09272590.jpg
しばらく観察していたら、翼を広げて伸びをしてくれました。翼下面の雨覆がレンガ色をしているところが確認できました。
f0372177_09272929.jpg
ツバメチドリも翼を広げると今にも飛んで行きそうで、元気な姿を見せてくれました。
f0372177_09273304.jpg
この日は、小山市内の田園地帯を車で走り回り、シギチをさがしていましたが、ここでツバメチドリを見つけることが出来てラッキーでした。
f0372177_09273766.jpg
撮影に使用した機材はオリンパス E-M1 + 300mmF2.8 + EC-20 (換算1,200mm相当)です。それでも少し力不足と思えるほど距離がありました。
[PR]
# by coffeeto-p2 | 2018-09-11 06:00 | 自然 | Comments(0)

休耕田にはクサシギもいた

f0372177_23211565.jpg
昨年、渡り途中のツツドリがたくさん見られた野田市の公園へ行ってきました。昨年と同じ日に行ってきましたが、今年は全く見ることが出来ませんでした。私と同じようにツツドリを観察に来ていた人がいましたが、皆さん同じように渡りのピークであるはずなのに、全く見られないのはおかしいですねと話をしていました。ツツドリだけでなくて、渡り途中であろうはずのヒタキ類も全く姿を見ることが出来ません。今年の夏は猛暑の異常気象でしたから、その影響で野鳥達の渡りに変化が出ているのでしょうか。渡りをする野鳥の移動時期に異変が出ているのではないかと思われます。
f0372177_23212614.jpg
ツツドリやヒタキ類の渡りは例年のようには見られなかったのですが、シギ・チドリの渡りは例年通りに観察できていると思います。今回は、そんなシギの仲間のうちからクサシギを紹介します。
f0372177_23213874.jpg
このクサシギの写真を撮影したのは、8月最後の夏休みを取った8月30日(木)のことでした。場所は小山市郊外の田園地帯です。
f0372177_23214816.jpg
この場所は、8月26日(日)にも訪れましたが、休耕田がたくさんあってシギ・チドリがたくさん観察できましたから、また行ってみたいと思っていたのです。そこで観察できたのがこのクサシギでした。
f0372177_23223141.jpg
車で走り回って見つけた広い休耕田の中には、コチドリがたくさんいました。その中に、少し大きいシギの仲間がいるのが目につきました。それがクサシギでしたが、私の位置からどんどん離れて行ってしまいました。
f0372177_23215930.jpg
広い休耕田の向こう側に車を移動して、クサシギが移動してくるのを待ちました。そうしたら、上手い具合に近づいてきてくれました。知り合いにクサシギを見た話をしたら、「チーリー」と綺麗な声で鳴くと教えてもらいました。そんな声が聞かれなかったのが残念でした。

[PR]
# by coffeeto-p2 | 2018-09-10 06:00 | 自然 | Comments(0)

あっ!エリマキシギがいた。

f0372177_23190284.jpg
定年退職して早くも4年半が経とうとしています。来春に向けて第三の職場探しを始めなくてはいけないなと思うようになりました。年齢的なことも考えて、フルタイムではなく週3日か4日程度の仕事があれば嬉しいのですが、如何なものでしょうか? 車中泊をしながら、各地の探鳥地を訪ね歩くことを楽しみにしていますから、足代くらいは稼がないと、どこへも出かけられなくなってしまいます。お陰様でまだまだ身体は元気ですから、健康であるうちはしっかり働かなくてはならないと思っています。
f0372177_23190927.jpg
さて、今回紹介しているのは、栃木県小山市郊外の田園地帯で撮影してきたエリマキシギの写真です。撮影したのは8月最後の週末になる、26日(日)のことでした。
f0372177_23191366.jpg
8月の最終週に夏休みを絡めて、小山市の田園地帯でシギチの写真を撮りながら、矢板市の山で野鳥写真撮ろうと計画しました。初日に休耕田巡りをした時に、このエリマキシギを見つけることが出来ました。
f0372177_23192124.jpg
小山市郊外の田園地帯には、水が入った休耕田がいくつもありましたが、なかなかシギチに巡り会うことが出来ません。ここも広い休耕田で、パッと見渡したところ何もいないようでしたが、注意深く確認したら、草陰に少し大きめなシギを見つけることが出来ました。
f0372177_23192475.jpg
広い田んぼでしたが、ここに入っていたシギはこの1羽だけだったようです。撮影しているのも私だけでしたから、エリマキシギを独り占めして、撮影してくることが出来ました。
f0372177_23192713.jpg
車の助手席に据えた三脚の上に、オリンパス E-M1 + 300mmF2.8 + EC-20 (換算1,200mm相当)を据えて、これで撮影体制は完了です。かなり精力的に動き回っていましたから、近くなったり離れたりしましたが、しばらく車中から撮影させてもらいました。

[PR]
# by coffeeto-p2 | 2018-09-09 06:00 | 自然 | Comments(0)

オオルリの幼鳥を発見

f0372177_22571839.jpg
北海道で震度7の強い地震が発生しました。先日の西日本豪雨では、川が氾濫して多くの世帯が浸水したり、崖崩れなどで道路が寸断され市民生活に大きな支障が出ました。その後、猛烈な勢力の台風21号により高潮で関西空港が麻痺したほか、広範囲に停電したり交通機関がストップするなど多くの被害をもたらしました。このところ多くの災害が立て続けに起きていますが、9月6日に北海道で発生した大地震では、北海道全体が停電したほか、各地で山崩れが発生しているようです。大阪北部地震の発生も記憶に新しいところですが、何でこんなに自然災害が続くのでしょうか。
f0372177_22572418.jpg
北海道地震による停電は、復旧まで時間が掛かりそうで、みなさん大変な思いをされていることでしょう。真冬でなかったのがせめてもの救いです。一日も早い復旧をお祈りします。
f0372177_22571226.jpg
さて、今回紹介するのは、栃木県矢板市の郊外で撮影したオオルリの写真です。カメラを持って散策している時に、偶然見つけたものですが、数枚撮影したところですぐに飛び立ってしまいました。
f0372177_22571594.jpg
頭部から背面にかけては灰褐色の羽衣ですが、風切羽にはオオルリの青色の羽が出ています。これで今年生まれの、オオルリのオスの若鳥であることが分かります。
[PR]
# by coffeeto-p2 | 2018-09-08 06:00 | 自然 | Comments(0)

暑さにめげないコチドリ

f0372177_17532810.jpg
職場の定期健康診断に行ってきました。毎年受診していますから、またかというところですが、現在の健康状態を把握するにはとても有難いシステムです。前夜の8時過ぎから飲食することができず、当日は朝食も食べられませんから、出来るだけ早く済ませてしまいたいと思い、午前8時前には検診施設に到着しました。この時間であればまだ受診している人が少ないですから、それぞれの診察科目での待ち時間も少なくて済みます。全部で14項目の検診を受けましたが、掛かった時間は1時間半ほどで、割合空いているうちに診察を済ませることが出来ました。検診の後、施設の中にはパンやバナナなどの簡単な食事を食べさせてくれる所もありましたから、少し遅めの朝食をとって職場に出勤しました。
f0372177_17533410.jpg
健康診断の結果については、2週間ほどで自宅に郵送してもらえることになります。毎日ウォーキングをやっていますから、大きな異常はないと思うのですが、今年はどんな結果になったのか、早く知りたいところです。
f0372177_17534204.jpg
さて、今回紹介するのは渡良瀬遊水地に近い、栃木県小山市郊外の休耕田で撮影したコチドリの写真です。
f0372177_17534615.jpg
撮影したのは8月26日(日)のことですが、その1週間前にもこの場所を訪れてシギチの写真を撮影してきました。右上に影が写っているのはムナグロです。
f0372177_17535355.jpg
コチドリは、この辺りで繁殖していますから、成鳥に加えて今年生まれた若鳥がとてもたくさん観察できます。休耕田の中はたくさんのコチドリで賑やかでした。

[PR]
# by coffeeto-p2 | 2018-09-07 06:00 | 自然 | Comments(0)