池の畔でエナガを撮った

f0372177_16370837.jpg
寒い時期の野鳥観察では、防寒対策が欠かせません。私の場合、山登り用の着衣がたくさんあるので、それらを流用しています。基本は何枚か重ね着をして、歩いていて暑くなれば脱いだり、寒ければダウンのインナーを着込むなどして調節しています。寒がりな体質ですから、汗をかかない程度に着込んでいるのが通常ですが、登りが続くコースを歩き続けていると汗ばんでくることもあります。そんな時は、早めに一枚脱いで温度調節することを心掛けています。でも先日は、冷たい風が吹き付ける環境で、首回りに寒さを感じる状況となりました。通勤の時はマフラーを巻いて首回りを温めていますが、フィールドを歩き回って野鳥観察する時には、邪魔になりそうですから使っていません。それで考えたのがネックウォーマーです。マフラーと違って外れたりすることがありませんから、動き回っても邪魔になることはなさそうです。
f0372177_16371658.jpg
そんな訳で、いつも利用しているモンベルストアへ行ってきました。いくつも並んでいた製品の中で購入してきたのは、ストレッチクリマプラス200スーパーネックゲーターというものでした。
f0372177_16372395.jpg
これを選んだ理由は、柔らかくて少し厚手の素材が二枚重ねになっていて、裾の部分が広がり、肩から胸までカバーしてくれます。鼻上まで覆うことが出来て、コードで止めることが出来ますから、使い勝手が良さそうです。
f0372177_16380830.jpg
近々、新潟県下へ野鳥観察に出掛ける予定ですから、早速役に立ってくれそうです。こうしたアイテムがあると、寒い場所へ出かけるのも苦でなくなり、野鳥達との出会いに期待が高まります。
f0372177_16381749.jpg
さて、今回紹介しているのは、昨年12月22日(土)に訪問した栃木県真岡市の井頭公園で撮影したエナガの写真です。この週末は、天皇誕生日の祝日で三連休となりましたが、日曜日に仕事が入ったので、日帰りで行ってきました。
f0372177_16383459.jpg
公園の西駐車場に車を止めて、池沿いに歩き出したところで、たくさんのエナガの群れが飛来してくれました。朝一番のご褒美のような撮影チャンスです。幸先よくたくさんの写真を撮影してくることが出来ました。
f0372177_16384079.jpg
動きの速いエナガですから、カメラで追いかけるのが大変です。愛用のオリンパス E-M1mkII + 300mmF4 + MC-14(換算840mm相当)は、小型軽量で手持ち撮影でも手ブレ防止がよく効いてくれます。三脚に載せたカメラでは、追いきれなかったと思います。
# by coffeeto-p2 | 2019-01-11 06:00 | 自然 | Comments(0)

逆光の中のモズ

f0372177_14252673.jpg
今度の週末は、成人の日に連なる三連休です。遠出をしながら野鳥観察をしてくる好機となりますから、積雪がなければ日本海側の新潟県あたりで、マガンやヒシクイなどのガンの仲間を観察するために、足を運んできたいところです。しかし北日本には昨年末から今年にかけて、かなり雪が降っているようです。雪に埋もれた状況では、野鳥写真も撮りづらいですから、現地の様子を聞いてみなければ、おいそれとは出掛けることが出来ません。でも、以前にハクガンやサカツラガンなどが観察できたほか、オジロワシも撮影したことがありますから、また狙って見たくなりました。でも、雪の状況次第ということになりますから、今日は早速、現地の様子を確認してみたいと思います。
f0372177_14253145.jpg
現地の様子は、電話して聞いてみるのが確実な方法ですが、ネットでライブカメラの映像を確認することもできます。こちらの方がお手軽で、リアルタイムに見られるところが便利です。
f0372177_14253596.jpg
でも結局、現地に電話して雪の積もり具合や、天気の様子を聞いてみましたが、ついでに野鳥の状況も聞くことが出来ましたから、ちょっと得をしました。現地は雪に埋もれていると思ったら、意外にも雨が降っていて、数日前に降った雪も消えつつあるようです。これから雪が降る予想もあるようですが、これなら足を運んで観察してくることが出来そうです。
f0372177_14253991.jpg
さて、今回紹介しているモズの写真とは関係のない話になってしまいましたが、昨年12月22日(土)にオジロビタキに会いたくて足を運んだ井頭公園で撮影したものです。
f0372177_14254138.jpg
逆光の中でしたが、モズがすぐ近くに飛来してくれました。露出補正が難しい状況で、あまりうまく撮影できなかったものですが、柔らかい光線の中にその姿を捉えることが出来ました。
# by coffeeto-p2 | 2019-01-10 06:00 | 自然 | Comments(0)

井頭公園のビンズイ

f0372177_22455297.jpg
カミさんが通院するのに付き添って、病院まで同行してきました。長時間待たされるのは好まないのですが、その病院の待合室には、真空管の刺さったアンプが設置されていて、BGMとして私の好きな Jazzの名曲 “Alice in Wonderland” がエンドレスで流れていました。リズムを取るように聴きながら、この書き込みをしていると、待ち時間もそんなに長く感じません。自宅や電車の中で書き込みをするのと違って、たまにはこんな雰囲気の中で、落ち着いて書き込みが出来るというのも良いものです。1人で診療を受ける時とは違って、くつろいだ雰囲気の中でリラックスして筆(?)が進みました。
f0372177_22460061.jpg
さて、今回紹介しているのは、昨年12月22日(土)に訪問した、栃木県真岡市の井頭公園で撮影したビンズイの写真です。天皇誕生日に続く三連休でしたが、真ん中の23日(日)に仕事が入ってしまい、遠出が出来なくなったので日帰りで行ってきました。
f0372177_22460833.jpg
井頭公園の西駐車場に車を止めて、時計回りに足を進めたところ、北駐車場の北側にあるバラ園の中に、たくさんのビンズイが地面に降りていました。群れで移動しながら、ここで餌取りをしているようでした。
f0372177_22461344.jpg
ビンズイは漂鳥ですから、繁殖期は高原で囀ったり、子育てをする姿が観察できますが、冬の間は里に下りて林床などを歩き回り、餌を探している姿が良く目につきます。
f0372177_22462185.jpg
この日は、何時ものように愛用のオリンパス E-M1mkII + 300mmF4 + MC-14(換算840mm相当)を担いで、広い井頭公園の園内を散策しながら、色々な野鳥を撮影してきました。
f0372177_22463695.jpg
この日の1番のお目当ては、既に紹介しているオジロビタキの写真を撮ることにあったのですが、園内を歩き回っていたところ、このビンズイがよく姿を見せてくれました。
f0372177_22464186.jpg
地面を歩き回る姿だけではなく、枝止まりも撮影したいと思っていたところ、近くを犬の散歩の人が通りかかり、一斉に舞い上がってくれましたから、思っていたような写真を撮ることが出来ました。
# by coffeeto-p2 | 2019-01-09 06:00 | 自然 | Comments(0)

オジロビタキに会いに行ってきました。

f0372177_20280974.jpg
最近、ラジオで聞いた話ですが、高齢の人が体調を壊して寝込んだ場合、それが1週間ほどでも脚力が衰えてしまうというのです。確かにそうだと思うことがありました。このお正月は、ずっと自宅にいてテレビ観戦をしている時間が長く、愛犬の散歩くらいしか歩いていませんでした。今年最初の週末に、野鳥観察のために訪れた公園で、標高200メートル程の山に登ったのですが、それだけで太ももがかなり張ってしまいました。これまで毎日ウォーキングをしていましたが、年末年始に歩かなかっただけで、これくらいの山登りでも、足への負担が明確に出てしまいました。そう言えばこの半年ほどは、毎月定例の登友会の山登りにも参加していません。脚力が衰えたことを実感させられました。これからますます老化が進んでくるでしょうから、体力を衰えさせないため運動を継続することの大切さを、今更ながら実感させられました。
f0372177_20281982.jpg
私の野鳥写真の撮影スタイルは、カメラを担いでフィールドを歩き回ることを基本にしていますから、体力勝負です。これからもずっと野鳥写真を撮り続けるためにも、体を衰えさせるわけにはいきません。
f0372177_20282953.jpg
さて、今回紹介しているのは、栃木県真岡市にある井頭公園で撮影した、オジロビタキの写真です。この写真では、ハナバチの仲間捕まえて咥えているところが撮影できました。
f0372177_20284413.jpg
行ってきたのは昨年12月22日(土)のことでしたが、目的はこのオジロビタキを撮影することにありました。というのも、12月9日(日)に渡良瀬遊水地で会った人から、情報を教えてもらいましたから、機会があったらいつか会いに行きたいと思っていました。
f0372177_20284777.jpg
このオジロビタキは、公園内にある池のボート乗り場の周辺を縄張りにしていたようです。初めは知らずに園内を歩き回りましたが、何人かのカメラマンが構えていてくれたので、その場所が分かりました。
f0372177_20283311.jpg
聞いたところでは、この個体はニシオジロビタキであるようです。識別ポイントは、下側の嘴が肉色であるところと、上尾筒が灰黒褐色であるところです。オジロビタキは下嘴も黒色で、上尾筒も黒褐色であるようです。この個体は喉の部分にオレンジ色味がありませんから、メス冬羽のように思えますが、オスの第一回冬羽も色が出ないので識別は難しいようです。
# by coffeeto-p2 | 2019-01-08 06:00 | 自然 | Comments(0)

公園の枝にアトリの群れが

f0372177_17241178.jpg
この週末は、今年初めての野鳥写真の撮影に出掛けてきました。いつもの事ではありますが、車中泊をしながら1泊2日の行程です。でも、今回はいつもと違うのは、先日Amazonで購入したクリップ式のLEDスタンドライトです。これまで車内の照明用に、モンベル製のコンパクトランタンを使用していました。単三電池4本を使うものでしたから、車内で使うのには便利でしたが、あまり光量がないので2個使っていました。でも、電池交換が面倒でしたから、サブバッテリーから直接電源が取れるLEDスタンドライトに替えてみたところ、とても明るくてこれまでの薄暗かった車中泊が、俄然明るい環境に変わりました。そんなに高価な製品ではありませんから、もっと早く購入していればよかったと思います。
f0372177_17242045.jpg
これでまた車中泊ライフが快適になってきましたから、この先ますますハマってしまいそうな予感がします。自宅にいる時の快適さにはかないませんが、遠出が楽しくなるのは良いことです。
f0372177_17244324.jpg
今夜は高速道路のパーキングエリアで車中泊していますが、ホットウィスキーを飲みながら、スマホでこの書き込みをしています。今日の野鳥写真は思い通りの成果が出ましたから、明日の探鳥地での成果に期待が膨らみます。
f0372177_17245109.jpg
さて、今回紹介しているのは、昨年12月16日(日)に日帰りで訪問した、千葉県野田市の理窓会記念自然公園で撮影したアトリの写真です。
f0372177_17245377.jpg
この公園は、以前にシロハラやトラツグミが良く撮影できて、ルリビタキやベニマシコも観察できましたから、とても気に入った場所でした。でも、今回訪問した時には、野鳥が少なくてガッカリしましたが、このアトリは群れで飛来してくれました。
f0372177_17245818.jpg
今回も撮影に使用した機材はオリンパス E-M1mkII + 300mmF4 + MC-14(換算840mm相当)です。小型軽量であるうえ、ボディとレンズのマルチ手ぶれ補正が効いて、枝先を飛び回るアトリの群れも難なく撮影することが出来ました。

# by coffeeto-p2 | 2019-01-07 06:00 | 自然 | Comments(0)