<   2018年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

泉門池にヨシガモがいた

f0372177_21015781.jpg
今日はカミさんの誕生日です。長いこと連れ添ってきましたから、感謝の意味を込めて何かプレゼントをと思います。まだ若い頃には、仕事帰りに花を買って帰ったこともありましたが、先日寒くなってきたのでフリースを引っ張り出してきたと話したら、カミさんは1着も持っていないと言うのです。これは意外でした。軽くて暖かいですから、私は上着だけでも5着ほどあります。冬の間は当たり前のように着ていたのに、カミさんが1着も持っていないとは気がつきませんでした。そうだ、誕生日にはフリースの上着をプレゼントしよう。そう思いついて、早速、モンベルストアで購入してきました。この店はアウトドア用品が揃っていて、よく利用しています。今ではプラチナ会員になっていますから、9%のポイント還元があり、便利に利用させてもらっています。
f0372177_21015332.jpg
お店で選んだのは、アウトドア用品がではなく、部屋着用のフリースのカーディガンでした。これなら普段から暖かく着ることができるでしょう。ギフトラッピングもしてもらいました。
f0372177_21040829.jpg
普段からプレゼントを交換し合うなんてことはしていませんが、来年には第二の職場も定年退職を迎えますから、記念の誕生日プレゼントとなりました。
f0372177_21020384.jpg
野鳥のこととは全く関係ない話になってしまいましたが、今回紹介しているのは、奥日光の戦場ヶ原にある泉門池で撮影したヨシガモの写真です。マガモの小群の中に、オスの個体が1羽だけ混じっていました。
f0372177_21024471.jpg
戦場ヶ原には年に数回は足を運んできますが、ここでヨシガモを観察するのは、私は初めてのことになると思います。珍しいなと思い、暫く足を止めて何枚か撮影してきました。
f0372177_21023191.jpg
ナポレオンハットのような頭部の羽毛は、光の当たり具合で緑色になったり、黒っぽくなります。構造色というやつですが、なるべく緑色が美しく見える状態で撮影しようと、暫くヨシガモの動きから目が離せませんでした。
by coffeeto-p2 | 2018-11-30 06:00 | 自然 | Comments(0)

カラマツの樹にマヒワが来た

f0372177_21223726.jpg
日毎に寒さが増してきました。北日本の各地からは、遅ればせながらの初雪の便りが届くようになりました。雪に埋もれる前に、奥日光の戦場ヶ原の様子を見てこようと、勤労感謝の日に続く三連休を利用して出掛けてきました。この時期であればアオシギが来ているかもしれません。また、レンジャクやオオモズなども見られたら嬉しいと目論んでいました。結果的には、お目当の野鳥には振られてしまいましたが、それでも奥日光は行けばそれなりに観察できる野鳥たちがいます。こんかいも、渡ってきたばかりの冬鳥たちを観察することが出来て、私なりには満足できる結果を残すことが出来ました。しかし、現地は既に真冬の寒さに包まれていました。日中の気温は2〜3度で、日が暮れるとすぐに氷点下に下がります。厳しい自然環境の中でしたが、冬支度を整えて出掛けてきましたから、問題なく過ごしてこれました。
f0372177_21224313.jpg
初日(11月23日)は、早朝に自宅を出発し、高速道路を走って現地へ向かいましたが、途中でラジオの気象情報を聞くと、日光地方に風雪注意報が出ているとのことでした。事前の天気予報では、三連休はずっと晴れマークが出ていたのに、まだ、タイヤもスタッドレスに交換していませんから、思わぬ誤算となってしまいました。
f0372177_21230098.jpg
清滝ICで高速道路を下りる頃には、雪が舞い始めていました。雪が積もったら、いろは坂は危険です。コンビニに立ち寄って食料を調達しながら様子を確認しましたが、一時的に降っても午後からは天気が回復するようです。ダメだったらすぐに下って来ようと決めました。
f0372177_21230658.jpg
赤沼駐車場まで雪の影響はなく、無事に到着できました。相変わらず雪が舞っていましたが、湯滝まで往復してお目当のアオシギを探してみることにしました。結果は外れましたが、冬鳥たちの写真を撮影することが出来ました。
f0372177_21231009.jpg
湯川沿いの木道を歩くと、途中にウッドデッキがありますが、そこで一息つけていると、目の前のカラマツの木に野鳥の姿がたくさん見えました。ヒガラやコガラとともに、アトリが群れで入っていました。シメもいます。夢中で写真を撮っていたら、ファインダーの中に黄色い野鳥が入ってきました。
f0372177_21231338.jpg
思いがけず、ファインダーの中に飛び込んできたのはマヒワでした。それも数羽の群れで来ています。予想もしていなかったマヒワですが、今シーズン初認となりますから、飛び去るまで何度もシャッターを押していました。
by coffeeto-p2 | 2018-11-29 06:00 | 自然 | Comments(0)

手賀の丘公園に♂のジョウビタキ

f0372177_18084953.jpg
私が通勤に利用する自宅からの最寄駅は、始発電車が出る駅ですが、職場の最寄駅までの乗車時間が30分もかからないうえ、途中駅で下車してウォーキングをすることを日課にしていますから、来た電車にそのまま乗車していました。でも、今朝はうちを出る時間が少し遅くなってしまいました。遅れを取り戻すため、始発電車に乗って職場の最寄駅まで行くことにしました。毎日の日課としているウォーキングはお休みすることになりますが、通勤時間は大幅に短縮することが出来ます。そのうえ、乗車列に並んで始発電車に乗れば、座っていかれますからとても楽チンです。
これまで、健康維持を考えてウォーキングを心掛けてきましたが、今日のような通勤方法で歩くことを欠略すると、これからもずっと楽な方向に向かってしまうのではないかと、逆に心配もしてしまいますから、安易な方向に流れないようにと、自分を戒める気持ちが働いています。
f0372177_18085655.jpg
さて、今回紹介するのは、11月17日(日)に足を運んだ、手賀の丘公園で観察したジョウビタキ♂の写真です。この日は、渡ってきているであろう、冬鳥たちを撮影しようと足を運んできました。
f0372177_18090784.jpg
昨シーズンは、この公園でルリビタキを始め、たくさんの冬鳥を撮影することが出来ました。今年も既にたくさんの野鳥が来ているのではないかと、き愛して足を運んできましたが、期待に反して撮影できたのは、このルリビタキだけでした。
f0372177_18091850.jpg
この前の週に、渡良瀬遊水地へ行ってきましたが、そこで撮影できたのは、ジョウビタキ♀ばかりでした。♂の写真が撮りたいと思っていたところ、この日はその願いが聞き届けられるように、オスの個体が姿を見せてくれました。
f0372177_18093782.jpg
このところ、我が家の周辺でも、渡ってきたばかりのジョウビタキが、民家のテレビアンテナの上などで、囀りの声を響かせてくれています。やって来たなと嬉しい思いでその姿を見て来ましたが、やっとその姿を撮影することが出来ました。
f0372177_18091287.jpg
冬の間も縄張りを持って生活していますから、一度見つけるとその周辺でじっくりと観察できる野鳥です。そんな意味でも、今回は、その姿をたくさん撮影することが出来ました。

by coffeeto-p2 | 2018-11-28 06:00 | 自然 | Comments(0)

晩秋の水元公園にいたシジュウカラ

f0372177_16582984.jpg
仕事で外に出ることがありました。飯田橋駅の周辺を歩くと、街路樹の桜並木が色付いていて、落ち葉が散り敷いている状況が目に留まりました。カツラの木も黄葉しています。中には紅葉したカエデの木もありました。11月も下旬になって、都内にも紅葉前線が到来したようですが、次第に冷え込むようになり、冬の足音がだんだん大きく響いてくるような気がします。あと数日で師走を迎えますから、何となく気忙しささえ感じるようになってきたこの頃です。
f0372177_16583417.jpg
街中を歩く人も、コートを着用したりマフラーを巻いたりと、冬支度をしている人が多く目に付きます。私も外出時にはコートを着るようになったし、下着も冬用のタイツや長袖のシャツを着るようになりました。
f0372177_16583901.jpg
11月11日(日)に、都内の水元公園へ行ってきました。まだ秋色濃厚の頃でしたが、園内で撮影したシジュウカラの写真を見ると、すっかり葉を落とした枝先の写真が多かったようです。
f0372177_16584583.jpg
中には常緑樹の、緑が色濃い枝先に止まってくれるものもいました。冬に葉が落ちると、野鳥が見つけやすくなりますが、背景に緑が多い方がいい感じです。
f0372177_16590137.jpg
太い立木の根元付近にちょっとした窪みがあって、そこに雨水が溜まっていました。シジュウカラにとっては、これがちょうど良いバードバスになっていたようで、ここで水浴びをする姿が観察できましたが。
f0372177_16590442.jpg
帰りがけに通りがかった店先のウィンドウの中には、早くもクリスマスのデコレーションが飾られていました。今年ももう、そんな季節になってしまいました。1年が経つのは本当に早いものです。
by coffeeto-p2 | 2018-11-27 06:00 | 自然 | Comments(0)

小春日和のモズ

f0372177_21080845.jpg
私が使用している撮影機材は、ボディーがオリンパス OM-D シリーズの E-M1mkII と E-M1 がメイン機種で、野鳥写真の撮影用レンズは 300mmF4 + MC-14 とフォーサーズ仕様の 300mmF2.8 + EC-20 などを中心に使用しています。サンニッパは流石に重いですから三脚に載せて撮影しますが、サンヨンは軽量で強力な手ぶれ補正機能が付いていますから、手持ち撮影で自由に振り回せるのが気に入っています。
今度、オリンパスから新しいボディ E-M1X が発売されるようですが、縦グリップ形式で大型化するようです。小型軽量の OM-D シリーズのメリットが阻害されてしまうと思いますし、おまけにかなりの高額になりそうですから、購入は見送ることになると思いますが、同時にズームレンズが3本も発売されるようです。300mmF4 を超える超望遠ズームが出たら、これはもう買いたくなってしまいます。合わせて MC-20 も発売されるようですから、こちらにも興味があります。
f0372177_21080413.jpg
それと一緒に、双眼鏡も発売されるということですが、オリンパスの優秀な5軸手振れ補正の技術が利用されたものになると予想しています。これも製品発表が待ち遠しい存在です。
f0372177_21075820.jpg
さて、今回紹介するのは、11月11日(日)に水元公園で撮影したモズの写真です。この日の早朝、到着して間も無く、朝一番に撮影することが出来たのがこのモズ♀でした。
f0372177_21081285.jpg
撮影に使用した機材は、もちろんオリンパスの E-M1mkII + 300mmF4 + MC-14(換算840mm相当)です。自由に持ち歩けることが気に入って、この組み合わせが最近のら私のメイン機種になっています。
f0372177_21081686.jpg
こちらは北柏ふるさと公園で撮影したモズですが、葦原越しに高鳴きの声が聞こえてきました。柿の木に止まっていましたから、秋らしくて良い雰囲気が出ていると思います。

by coffeeto-p2 | 2018-11-26 06:00 | 自然 | Comments(0)

水元公園にヒドリガモ

f0372177_23210705.jpg
前置きの話ですが、今奥日光の赤沼駐車場で車中泊をしながらこの書き込みをしています。勤労感謝の日の祝日が重なった三連休です。寒くなってきましたから、アオシギやレンジャクなどが観察できるかも、うまくすればオオモズが来ているかもしれないと、目論見は大きくもちました。連休初日の今日は、残念ながらそのいずれも観察できませんでした。今日の収穫はアトリとカワガラスのほか、コガラ、ヒガラとヨシガモくらいです。その結果はまた後日このブログでアップします。
午前中はずっと雪が舞っていましたが、午後から天気は回復してくれました。観察を終えて車に戻り、夕食の準備をしている時には、外気温が既に氷点下まで下がってきました。車内はセラミックファンヒーターのお陰で15度くらいに保たれています。愛車(ステップワゴン・ハイブリッド)に1500ワットの電源が搭載されている恩恵を、最大限に利用させてもらっています。就寝時にはモンベルの寝袋アルパインダウンハガー800 #0とファミリーバッグ #1の二重重ねですから、どんなに冷え込んでもヌクヌクと就寝することが出来ます。
f0372177_23211754.jpg
夕食は、コンビニで購入した冷凍食品のナポリタンを、車載の電子レンジで温めて、ビールを飲みながら美味しく食べることが出来ました。食後はティファールの電気ポットで湯を沸かし、ホットウィスキーを飲みながら就寝へと向かいます。
f0372177_23213965.jpg
自宅にいるのと同じような環境で車中泊が出来ますから、遠出の野鳥観察が手軽に出来るようになりました。連休のたびに、色々な探鳥地へ出掛けるのが、楽しみになりました。
f0372177_23214517.jpg
さて、今回紹介しているのは、11月11日(日)に水元公園で撮影したヒドリガモの写真です。小合溜には何種類かのカモの仲間が羽を休めていらしたが、圧倒的に多かったのがこのヒドリガモでした。
f0372177_23214902.jpg
ヒドリガモの群れは、小合溜に100個体以上が浮かんでいましたが、水元大橋が架かるワンドの中にも、小群が憩うように水面に浮かんでいました。
f0372177_23221608.jpg
こちらはヒドリガモ♂ですが、まだ完全に冬羽に換羽していません。エクリプスの羽衣が残っています。渡ってきたばかりですから、♂の個体はこのような羽衣の個体が多く見られます。

by coffeeto-p2 | 2018-11-25 06:00 | 自然 | Comments(0)

静かな森にメジロが来た

f0372177_22455026.jpg
毎朝、エアコンで暖房を入れるようになりました。カミさんから頼まれて、物置から石油ストーブと灯油も出してきましたから、我が家ではすっかり冬支度が完了しました。この11月23日(金)は勤労感謝の日の休日で、嬉しい三連休です。以前からこの連休を利用して、遠出しながら野鳥観察をすることを考えていました。その目的地について色々検討しましたが、寒くなってきたこの時期ですから、奥日光へ行けばアオシギが観察できるのではないだろうかと思い至りました。雪が降る前に、様子を見に行ってくる良いチャンスです。期待を膨らませて計画を立てていました。三連休初日(11月23日)は、午前6時に自宅を出発して奥日光へ向かいました。事前の天気予報では、三連休は晴れが続いていましたが、ラジオを聴きながら高速道路を走行していたら、日光地方に風雪注意報が出されているとのことです。まだノーマルタイヤのままですから、これは一大事です。清滝ICを出たところで、食料調達のためにコンビニに寄りましたが、雪がチラチラ舞っていました。スマホで気象情報を確認して、一時的に雪が降っても、あとは晴れが続くであろうと思います。ダメだったらすぐに下ってこようと、戦場ヶ原に到着すると、日が差しているもののかなりの雪が舞っています。一時的に雪化粧となりましたが、午後には晴れ渡り明日以降の好天気が期待できそうです。連休の中日に当たる明日(11月24日)は、カメラを担いで戦場ヶ原を歩き回っていることでしょう。
f0372177_22455949.jpg
前置きが、今回紹介している写真と関係なくなってしまいましたが、これは11月11日(日)に水元公園へ行って撮影してきたメジロの写真になります。
f0372177_22460626.jpg
この日の水元公園は、小合溜にたくさんの水鳥が観察できましたが、森の中は野鳥の数が少なく、とても静かでした。少し気落ちしていた時、チュルチュルと鳴きながら飛来してくれたのが、このメジロたちでした。
f0372177_22462147.jpg
周囲にチュルチュルと鳴き交わす声が聞こえてくると、メジロの群れが来てくれたと分かります。枝先を動き回る姿が見えますが、動きが早く忙しないですから、カメラで捉えるのが大変です。
f0372177_22471066.jpg
メジロを追いかけて、かなりの枚数を撮影しましたが、無駄撃ちの方が多かったように思います。それでも、後から確認してみたら、何枚か紹介できそうな写真が見つかりました。
f0372177_22462761.jpg
この日、メジロの群れを追いかけていたら、同じくカメラを構えていた人から、中にキクイタダキが混じっていたという声も聞きました。私はその姿を捉えられず、残念な思いをしました。
by coffeeto-p2 | 2018-11-24 06:00 | 自然 | Comments(0)

小合溜に浮かぶカイツブリ

f0372177_22140384.jpg
今日(11月23日)は「勤労感謝の日」の祝日です。日本は古来から農耕によって成り立っていましたが、五穀の収穫に感謝する神事として、新嘗祭が行われていました。しかし第二次世界大戦の後、占領軍によって天皇の国事行為から切り離され「勤労感謝の日」になったということです。法律では「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」ことを趣旨として制定されたということです。
今勤めている第二の職場も、来春には定年を迎えますが、そのまま年金暮らしに入っても大丈夫だろうか? 生活していかれるだろうか? という心配があります。まだ健康で働けるうちは、働かなければこれからの少子高齢化社会を、乗り切っていくことはできないかもしれません。「勤労感謝の日」の存在意義を改めて考えています。
f0372177_22142478.jpg
さて、今回紹介しているのは、都内の水元公園で撮影したカイツブリの写真です。11月11日(日)に行ってきましたが、当日は穏やかな好天気に恵まれて、小合溜にはたくさんの水鳥たちが浮かんでいました。
f0372177_22143296.jpg
ヒドリガモやホシハジロ、キンクロハジロをはじめ、ユリカモメやカワウなども混じって、湖面はとても賑やかな様相でした。その中に混じって、カイツブリも姿を見せてくれました。
f0372177_22144236.jpg
カイツブリは換羽すると、夏と冬では羽衣の様子が変わります。褐色味の強いこちらの個体は冬羽になりますが、嘴に黄色味が出ているところから、第一回冬羽であることが分かります。
f0372177_22144660.jpg
こちらの個体は頭部が黒褐色で、顔面から頸部にかけて赤褐色(レンガ色)をしていますから、まだ夏羽のままの個体であることが分かります。
f0372177_22145031.jpg
こちらの個体は、埼玉県側にあるみさと公園の野鳥観察舎の覗き窓から撮影したものです。第一回冬羽の個体になりますが、割合近いところから撮影することが出来ました。

by coffeeto-p2 | 2018-11-23 06:00 | 自然 | Comments(0)

小合溜に憩うユリカモメ

f0372177_18263429.jpg
来年は天皇が退位されて、平成の元号が改められます。このためカレンダー業者さんは、来年のカレンダー作りに苦慮していると聞きます。日本独自の元号ですが、西暦だけで表されると何か違和感を感じて、やはり和暦で表現した方がしっくりと馴染みます。聞くところによると、ある業者さんは西暦でカレンダーを作り、昭和だったら何年、平成だったら何年と併記するものを作るという話も聞きました。いずれにしても、新しい年号は直前にならなければ決まらないでしょうから、カレンダー業者泣かせの改元ではあります。
f0372177_18264088.jpg
昭和生まれの私は、年号が平成に改められる時は、自分の時代が終わってしまうようで少し寂しい思いもしましたが、新しい年号が始まる時を迎え、今はどんな時代になるのか楽しみが募ります。
f0372177_18265670.jpg
私の孫娘のチィちゃんは平成生まれですが、来年生まれる予定の孫は5月29日が予定日ですから、新しい年号になっているはずです。兄弟(姉妹)で年号が違うと、チィちゃんはどんな思いをするでしょうか?
f0372177_18270154.jpg
さて、今回紹介しているのは、都内の水元公園で小合溜で憩うユリカモメを撮影してきてので紹介します。11月11日(日)に訪問してみたのですが、水面を飛び交う姿も観察することが出来ました。
f0372177_18270583.jpg
湖面に浮かんでいたり、杭の上に止まっていたら、撮影するのは楽ですが、飛んでいるところを撮影するのはなかなか難しいものです。AFの測距点を全面に設定して撮影しましたが、ピントの合った写真を撮るには歩留まりが悪く、もっと腕を上げなければと痛感しました。
f0372177_18270901.jpg
ユリカモメは夏羽では頭部が黒くなりますが冬羽では白色に換羽します。この個体は、頭部に薄っすらと黒い羽毛が残っていますから、冬羽への換羽途中であることが分かります。
f0372177_18271143.jpg
これからの時期は、カモメの仲間を観察する好機になります。以前は銚子漁港に通い詰めるほどカモメにハマりましたが、今年はどうなっているのか、また行ってみたくなりました。

by coffeeto-p2 | 2018-11-22 06:00 | 自然 | Comments(0)

葦原のカシラダカ

f0372177_11031266.jpg
職場で仕事関係の委員会がありました。会議終了後の宴会に参加してきましたが、この委員会は年内は最後の会議になりますから、忘年会として開催しますとのこと。まだ11月ですから忘年会というのは早いんじゃないかと思いまが、仕事の話ばかりではなく、温泉の話、ゴルフの話、健康維持の話、山登りの話など会話が弾み、楽しい時間を過ごしてくることが出来ました。顔なじみのメンバーと気兼ねなくお酒を飲んで、交流を深めてくるのはなかなか楽しいものです。あっという間に2時間ほどの宴会が、御開きとなってしまいました。
f0372177_11032168.jpg
11月4日(日)に、栃木県の渡良瀬遊水地へ行ってきました。今回紹介しているのは、そこで撮影したカシラダカの写真です。葦原に止まった背面からのショットですが、腰の部分のウロコ模様がよくわかる写真が撮れました。
f0372177_11032799.jpg
この日は、チュウヒなど冬になると渡って来る、タカの仲間を撮影することが一番の目的でした。だから葦原の中を精力的に歩き回ってきましたが、タカ類の撮影は思うような成果を上げることが出来ず、目論見は外れてしまいました。
f0372177_11033402.jpg
それでも、葦原の中はこのカシラダカやカワラヒワなどがたくさんいて、足を進めるにつれて足元から舞い上がります。なかなか賑やかな様相で、何度も撮影チャンスに恵まれました。
f0372177_11033793.jpg
斜めになった葦の茎に止まったカシラダカは、背景が抜けてくれて、ちょうど良いシチュエーションになりました。暫くジッとしてくれましたから、ここで何枚か撮影することが出来ました。
f0372177_11035731.jpg
葦原の中から、チッ、チッと鳴くか細い声が聞こえてきます。カシラダカが入り込んでいるようですが、なかなか思うようには、撮影できるポイントに出てきてくれません。
by coffeeto-p2 | 2018-11-21 06:00 | 自然 | Comments(0)