<   2018年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

休耕田にいたイソシギ

f0372177_11011469.jpg
8月も下旬となりましたが、ひところに比べると、このところ日が暮れるのが早くなってきたなと実感するようになりました。朝いつもの時間に起きると、まだ少し薄暗い状況で、まだ完全に明るくなっていません。夕方も、仕事を終えて帰宅の途中から薄暗くなり始めます。一時に比べると、暑さも落ち着いてきたように思いますが、まだまだ油断できません。9月に入っても猛暑がぶり返してきそうな気配です。でも、日一日と秋の気配が色濃くなってくれるでしょう。実りの秋の到来が楽しみでもあります。
f0372177_11013204.jpg
さて、今回紹介しているのは、霞ヶ浦にほど近い稲敷市の休耕田で撮影したイソシギの写真です。撮影したのは8月13日(月)のことで、猛暑が真っ最中の頃でした。
f0372177_11013925.jpg
イソシギと言えば、名前のとおり海岸の磯に棲息しているシギの仲間という印象がありますが、さに非ず、こんな休耕田の中でも観察することが出来ます。
f0372177_11015000.jpg
ここでは、休耕田の草陰に見え隠れしていたクサシギ(左端)の写真を撮っていたのですが、気がつけばもう一羽いるのに気がつきました。クサシギのペアかと思ったのですが、よく見たらそれがイソシギでした。
f0372177_11015697.jpg
イソシギとクサシギが一緒にいるのも珍しいと思って、何度もシャッターを押していましたが、そこにはジシギも一羽いてくれたのです。紹介できるような写真が撮れなかったのが残念です。
f0372177_11021589.jpg
この日は休耕田を探し回って、利根川流域から霞ヶ浦の周辺まで随分走り回りました。でも、休耕田はほとんど見つからず、辛うじてこの休耕田で僅かな成果を上げることが出来ました。全くの空振りにならなかっただけでも良しとしなければ....(¬_¬)
[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-08-31 06:00 | 自然 | Comments(0)

カワラヒワの幼鳥がいました

f0372177_19204708.jpg
年齢とともに、頭は薄くなってしまいました。頭頂部は寂しい限りですが、裾の毛は伸びてくれますから、放っておくとだらしない頭になってしまいます。それで2ヶ月に一回くらいの割合で散髪屋へ行くのですが、行きつけのお店は1回1,000円でカットしてくれます。最近そんなお店が増えていますが、私の行きつけの店ではお客様カードを発行してくれて、利用する都度スタンプを押してくれます。それが12回たまると、1回のヘアカットが無料になるというサービスがあります。それを知ってから、他の店には行かず必ずこの店でヘアカットをして貰うようになりましたが、やっと12回のスタンプがたまり、今回無料でカットしてもらうことが出来ました。サッパリして、とても良い気分になりました。
f0372177_19202385.jpg
頭髪が薄くなったと言っても、綺麗に散髪してもらうのは、心身ともにリフレッシュして気持ちの良いものです。それだけでも、やる気が生まれてくるような気がしました。
f0372177_19194554.jpg
さて、今回紹介しているのは、8月13日(月)に渡り途中のシギチを見つけて写真に撮ろうと、利根川流域から霞ヶ浦周辺へ出掛けた時に撮影したカワラヒワの写真です。
f0372177_19200181.jpg
1日走り回ってシギチが入っていそうな休耕田を探したのですが、見つからずに苦労してしまいました。やっと見つけた水の入った休耕田でシギチを撮影していたら、隣の田んぼに舞い降りている野鳥がこのカワラヒワでした。
f0372177_19201119.jpg
数羽のカワラヒワが餌を拾っているようでしたが、よく見ると胸に黒褐色の縦斑が目立ちます。成鳥にはこんな縦斑は見られませんから、今年生まれの幼鳥であることが分かりました。
f0372177_19210462.jpg
とても暑い日でしたから、炎天下の中、動き回る野鳥の姿はほとんど見えません。でも、この田んぼでは、数羽の群れが舞い降りて、無心に餌拾いをしていました。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-08-30 06:00 | 自然 | Comments(0)

炎天下の休耕田にいたコチドリ

f0372177_10563034.jpg
暦が8月に入ると、夕立のシーズンになります....と言うのはこれまでの話で、このところ都内でもゲリラ豪雨に見舞われることが度々です。今まで経験したことのないような異常気象が発生するようになっていますから、暑い夏の一日も、夕立がくれば涼しくなるなんて、悠長なことは言っていられない時代になりつつあります。8月の最終週に夏休みの残りをとって、栃木県下へ遠征してきましたが、良いお天気なのに、夕方になると連日、突然のゲリラ豪雨に見舞われています。雷もゴロゴロ鳴っていますから、夕立には違いないと思いますが、降りかたがハンパない豪雨です。昨日は運転中に降り込められましたが、運転に危険を感じるような降り方でしたから、前後に車が走っていなかったら、車を止めて雨が上がるまで、運転を回避していたと思います。
f0372177_10563831.jpg
この日も、帰宅しようと利根川沿いの道路を走っていましたが、途中で暗雲が垂れ込めて、ゲリラ豪雨的な夕立に遭遇しました。異常気象で猛暑が続きますが、雨の降り方も厳しいですね。
f0372177_10584330.jpg
さて、このコチドリの写真を撮影したのは8月13日(月)のことでした。利根川流域の田園地帯で、休耕田を探しながら走り回っていましたが、空振りの連続でやっと休耕田を見つけたのは、霞ヶ浦に近い稲敷市まで足を伸ばした所でした。
f0372177_10585743.jpg
やっと見つけた休耕田でした。太陽がギラギラと照りつける厳しい環境になっていましたが、コチドリ達は暑さにメゲズ動き回っていました。
f0372177_10590001.jpg
太陽の光で熱せられた休耕田からは、ユラユラと水蒸気が立ち上がっているような状況でした。こんな状況だと、撮影した画像が揺らめいて、シャープさが欠けてしまいます。
f0372177_10590474.jpg
半逆光で条件が悪いシチュエーションでした。たくさん撮影してきましたが、紹介できるようなシャープさのある写真は、ほんの数枚だけという状況でした。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-08-29 06:00 | 自然 | Comments(0)

休耕田にいたクサシギ

f0372177_22150983.jpg
旧盆の時期に合わせて夏休みをとりました。とは言っても、この時期はどこへ出掛けても高速道路は大渋滞ですから、ノンビリと自然観察という訳にはいきません。でも、せっかく休みを取ったのだから、高速道路を使わなくても出掛けられる場所へ行ってみたいと思いました。ところが、8月11日(土)から12日(日)の週末は台風19号と20号が相次いで発生し、その影響で天気はあまり良くありません。夏休みをとった13日(月)と14日(火)は、渡りが始まったであろう田んぼのシギチ観察に出掛けてみることにしました。残暑が厳しい8月13日(月)は、霞ヶ浦周辺の田んぼを巡ってきましたが、思っていたより休耕田が少なくて、探し回るのに苦労してしまいました。
f0372177_22153011.jpg
車の助手席に三脚を立て、オリンパス E-M1mk2 + 300mm F2.8 + EC-20 をセットしました。これで換算1,200mm相当になりますから、遠くのシギチでもかなり引きつけて撮影できます。
f0372177_22153992.jpg
撮影準備は出来ました。あとは対象となるシギチを見つけるだけですが、利根川の周辺をかなり走り回って見たのですが、シギチが入りそうな休耕田が見当たりません。これには参ってしまいました。
f0372177_22181217.jpg
利根川の周辺に見切りをつけ、霞ヶ浦の沿岸まで範囲を広げて探し回ったところ、やっとの事で岸辺からほど近い田園地帯の中に、シギチがいそうな休耕田を見つけることが出来ました。
f0372177_22155888.jpg
休耕田に車を横付けして、双眼鏡で丹念に確認したところ、距離はありましたが、草陰に見え隠れする、このクサシギの姿を見つけることが出来ました。これはラッキーでした。
f0372177_22161222.jpg
距離がありましたが、こんな時こそ換算1,200mm相当の、フォーサーズの撮影機材が威力を発揮してくれます。草陰から水面に姿を見せてくれた瞬間に、秒間5コマにセットしたカメラが心地良いシャッター音を響かせてくれました。
f0372177_22161711.jpg
風がほとんど吹かない蒸し暑い日でしたが、車の窓は全開にして、なおかつサブバッテリーに繋いだ扇風機を強にして回していました。直接その風を受けながら撮影することが出来ましたから、長い時間粘って撮影を続けられました。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-08-28 06:00 | 自然 | Comments(0)

尾瀬ヶ原にいたノビタキの幼鳥

f0372177_18194486.jpg
涼しさを求めて足を運んだ尾瀬ヶ原でしたが、異常気象と言われるほどの今年の夏ですから、ここでも猛暑に見舞われてしまいました。8月5日(日)から6日(月)にかけて山小屋に泊まり、木道歩きを楽しんで来ることを計画しましたが、標高1,400メートルの高原でも昼間の暑さは平地とあまり変わりなく、日陰を歩かないと頭がクラクラして熱中症になってしまいそうでした。尾瀬ヶ原の野鳥の出具合はどうであったかというと、それでなくても昼時は出が悪くなる野鳥達ですから、日差しの強い草原では、暑さのため直射日光を避けて、草むらの中に潜り込んだまま一向に出てくる気配がありません。尾瀬小屋に到着した時は、ガッカリした気持ちもとともに、暑さで身体は完全にグッタリしてしまいました。冷たいビールの喉越しの良さだけが、身体の疲れを癒してくれる、そんな状況になっていました。
f0372177_18195343.jpg
尾瀬小屋に到着すると、午後4時のお風呂の時間まで、まだタップリ時間がありましたから、カメラを担いで尾瀬小屋の周辺を、散策して見ることにしました。
f0372177_18200454.jpg
日が傾いて、次第に涼しさが感じられるようになってきました。山野草を求めて木道を歩いていると、涼しさに誘われるようにノビタキが出てきてくれました。
f0372177_18201576.jpg
木道脇のアシにも止まってくれましたから、すかさず撮影してきましたが、頭部から背面にかけて、たくさんのまだら模様が認められるところから、ノビタキの幼鳥であることが分かります。
f0372177_18202330.jpg
夕方で人通りも無くなった木道の上に、たくさんのノビタキが出てきてくれました。今年生まれの幼鳥達が、ここに集まって戯れて遊んでいるようでした。
f0372177_18202870.jpg
この時、持っていったカメラはオリンパスの E-M1mk2 + M.40-150mmF2.8 + MC-14 でした。最大で換算420mm相当になりますから、野鳥写真の撮影にもそこそこ威力を発揮してくれました。
f0372177_18210523.jpg
尾瀬で繁殖を終えたノビタキは、秋の訪れとともに間も無く南の国を目指して渡っていくことと思います。その途中に、東京周辺でも観察できることでしょうから、その時の再会が楽しみです。
[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-08-27 06:00 | 自然 | Comments(0)

尾瀬ヶ原で観察したチョウとトンボ

f0372177_18164579.jpg
今年は異常気象と言われるほど暑い日が続いていますが、標高1,400mを超える尾瀬ヶ原でも、日中は熱中症を心配するほどの暑い陽気でした。木陰が恋しい気持ちで木道を歩いていると、青空の中に至仏山(標高2,228m)や燧ヶ岳(標高2,356m)の姿がクッキリと見えますから、登ってみたいという衝動に駆られてしまいました。でも、写真撮影を目的に来ているうえ、暑さが半端ではありませんから、とても登山ができる状況ではありません。見晴の尾瀬小屋に到着する頃にはかなり疲労していましたから、無理して登っていたら、間違いなく熱中症で倒れてしまったことだと思います。
f0372177_18165187.jpg
とても暑かった尾瀬ヶ原でしたが、今回はそこで観察したチョウとトンボの仲間を紹介したいと思います。
一番上とこの写真はミドリヒョウモンになります。
f0372177_18165932.jpg
暑かった尾瀬ヶ原ですが、トンボは気持ち良さそうに舞っていました。草原の至る所で翅を休める姿を見て来ましたが、ここでもニッコウキスゲの花が咲き終わったさく果の上に止まっていました。
f0372177_18170172.jpg
こちらはアキアカネでしょうか? 夏の間は高原で過ごし、秋になると里へ下って、赤とんぼの大きな群れを形成しているようです。
f0372177_18170514.jpg
ヒツジグサの葉が浮かぶ池塘の上を、少し大きめなトンボが停空飛翔していました。ギンヤンマかと思ったのですが、写真を見返して見ると、他のヤンマの仲間のようです。
f0372177_18170866.jpg
東電小屋で昼食をとり、見晴の尾瀬小屋に向かっていた途中、東電尾瀬橋を渡る手前付近でこのヒメキマダラヒカゲが何頭か姿を見せてくれました。翅が痛んでいるものもいましたが、この個体は綺麗な翅を見せてくれました。
f0372177_18171132.jpg
上で紹介したヒメキマダラヒカゲと同じ場所で撮影したクロヒカゲです。個体数としては、クロヒカゲの方が多く見られました。こちらは平地でも観察できる蝶になります。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-08-26 06:00 | 昆虫 | Comments(0)

尾瀬ヶ原にはホオアカもいた

f0372177_18094413.jpg
今年も8月の第1週に尾瀬へ行って、自然観察を楽しんできました。昨年は七入駐車場から沼田街道を歩き、尾瀬沼を周遊するコースを歩いて来ましたが、今年は鳩待峠から入って、見晴までを往復して山野草を中心に自然観察を楽しんでくる計画を立てました。今回、山小屋に宿泊したのが日曜日の夜でしたから、比較的宿泊者が少なくて、相部屋の同宿舎は私ともう1人だけという状況でした。同室者は、私の息子と同年輩で、九州からわざわざ尾瀬を訪ねて来た方でした。身の上話ではないですが、同室のよしみでいろいろ話をしましたが、何となく仲間意識というか親近感が湧いて、翌日は山小屋の前で記念写真も撮って別れて来ました。思い出深い宿泊になりましたが、その後、彼も元気でやっているでしょうか? ちょっと気になったりしています。
f0372177_18090177.jpg
尾瀬ヶ原の周遊は一泊2日の日程で、初日は鳩待峠から入り、山の鼻から牛首分岐、東電小屋を経由して見晴の尾瀬小屋に宿泊しました。日差しが強く、熱中症になるんじゃないかと思えるような1日になりました。
f0372177_18084504.jpg
2日目は、次第に天気が崩れる予報でしたから、朝食後早々に尾瀬小屋を出発して、竜宮十字路から牛首分岐、山の鼻とルートをとって鳩待峠まで戻りましたが、山の鼻の手前から雨に降られ、雨具を着て、傘も差しながらの撮影になりました。
f0372177_18085493.jpg
さて、今回紹介するのは、尾瀬ヶ原で撮影したホオアカの写真です。初日の昼間は暑いせいか、野鳥達は草むらに隠れて出て来ませんが、夕方と朝方にその姿を撮影することが出来ました。
f0372177_18075860.jpg
この枝止まりの写真は、尾瀬小屋を出発して竜宮十字路に着く手前で撮影したものです。朝から曇り空で、気温も上がりませんから、野鳥達も比較的動きやすい環境であったようです。枝に止まって囀っていましたから、すぐにその姿を見つけることが出来ました。
f0372177_18083733.jpg
尾瀬の2日目は、明け方に青空が見えていたものの、次第に天気が悪くなり、午前中から雨が降り出してしまいました。でも、降り出すまでの間に、何ヶ所かでホオアカやノビタキの写真を撮影することが出来ました。
f0372177_18092767.jpg
今回の尾瀬行きは、山野草の写真撮影がメインでしたから、撮影機材はオリンパスの E-M1mk2 と M.40-150mmF2.8 と M.12-40mm F2.8 の2本のレンズを持って行きました。野鳥が出た時用にMC-14 のテレコンを持って行きましたから、この時も活用することが出来ました。
f0372177_18074823.jpg
木道を歩いていた時、囀りの声を聞いてこのホオアカを見つけるまで少し時間がかかってしまいましたが、暫く止まっていてくれましたから、テレコンも装着できて、たくさん撮影することが出来ました。
[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-08-25 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

尾瀬で観察した山野草~その4

f0372177_18012175.jpg
尾瀬には宿泊できる山小屋がたくさんありますが、その中で尾瀬小屋を選んだのはモンベルの会員であれば一泊500円の割引が受けられるという利点があったからです。でも、尾瀬戸倉の駐車場から鳩待峠へ向かうバスに乗った後で、車にモンベルのカードを忘れて来たことを思い出しました。今から引き返して撮って来るわけにはいきません。どうしようかと思いましたが、ザックに会員に送られて来るピンバッヂを付けていたので、これを見せれば割引してもらえるかもしれない。そう思って尾瀬小屋に到着しました。山小屋の人にその旨を説明してバッヂを見せたのですが、残念ながら割引してもらえませんでした。忘れたのが悪かったのですが、会員バッヂでもカートでも見せるだけだから変わりがないように思われますから、ガッカリさせられてしまいました。
f0372177_18012880.jpg
さて、今回紹介しているのは8月5日(日)〜6日(月)にかけて散策した尾瀬ヶ原で観察した山野草の紹介の4回目です。山野草の紹介は今回で最後になります。
はじめに紹介しているのは、スゲの仲間でカヤツリグサ科のミカヅキグサです。池塘の周りに群生していましたが、小さい花でそんなに目立つ存在ではありません。
f0372177_18013187.jpg
こちらはマルバダケブキです。尾瀬ヶ原周辺ではあちらこちらで見ることが出来ましたが、この写真を撮影したのは竜宮小屋の手前の、沼尻川に近いところだったと思います。
f0372177_18013514.jpg
紫色の涼やかな花を咲かせていたミズギボウシです。ユリ科で同じ仲間のコバギボウシはよく目にしますが、ミズギボウシはこのように花の数が少ないものになるようです。
f0372177_18013839.jpg
こちらは平地でもお馴染みのミゾソバです。沼尻川の付近で見つけたのですが、尾瀬では初めて見つけたので珍しく思い撮影して来ました。
f0372177_18014044.jpg
星型で金平糖のような形状の果穂が特徴のミタケスゲです。尾瀬ではどこにも沢山あって、草原を覆い尽くしていました。これもカヤツリグサ科になります。
f0372177_18015089.jpg
尾瀬の湿原といえば忘れてならないのがこのモウセンゴケです。これは葉が長い種類でナガバノモウセンゴケと言います。私が見る限り、尾瀬ではこちらが主力であったように思います。
f0372177_18014688.jpg
こちらは葉の形が丸っこい普通のモウセンゴケです。こちらの方が数が少なかったように思います。葉の表面に粘液を出す腺毛がたくさんあり、虫を捕らえる食虫植物です。
f0372177_18015393.jpg
さて、こちらは鳩待峠から山の鼻の間で撮影した花ですが、ヤマアジサイで良いでしょうか? それともノリウツギになるのでしょうか? 自信はありませんが、個人的にはヤマアジサイであると思います。
f0372177_18021543.jpg
今年の尾瀬は特に花の開花時期が早まっていて、例年より2週間ほど早まっていたようです。ワタスゲも既にシーズンが終わっていますが、一部にまだ残っているものもありました。
f0372177_18021733.jpg
暗紅色の穂状花序が特徴的なワレモコウです。この花を見ると、夏も終わりかけていると感じます。
f0372177_18015610.jpg
最後に紹介するのはヤマキツネノボタンです。平地でも観察できるキツネノボタンですが、こちらはその変種になるということです。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-08-24 06:00 | 自然 | Comments(0)

尾瀬で観察した山野草~その3

f0372177_17550310.jpg
今回の尾瀬ヶ原周遊は、鳩待峠から入って北回りコースを歩き、見晴の尾瀬小屋に宿泊して、2日目は南回りコースを歩いて戻って来ました。初日は良いお天気で、長い木道歩きは暑さとの戦いであったのですが、2日目は途中から雨に降られてしまいました。暑さは回避できたのですが、雨降りは行動が制約されてしまいますから、アウトドアでは有難くありません。そんな中で、宿泊した尾瀬小屋で、夕食後のひと時を談話室で尾瀬を紹介する本や植物図鑑などを見ながら、見て来た山野草などの確認をしていました。小さめのペットボトルに入れたウィスキーを持っていったので、山小屋の水で水割りを作りましたが、これが驚くほど美味しくて、マグカップに2杯も飲んでしまいました。氷もなかったのですが、美味しかったのは水の違いであると思います。尾瀬の素晴らしい自然環境は、景色や動植物を鑑賞させてくれるだけではなく、美味しい水も提供してくれました。まさに自然の恵みです。
f0372177_17550928.jpg
さて、今回も尾瀬ヶ原で観察して来た山野草の紹介を続けますが、まず最初はヒツジグサです。たくさんある池塘のいくつかは、水面がヒツジグサの葉で覆われていました。その中に小さな白い花を見つけました。名前の由来は羊の刻(午後2時)ころに花が咲くことから名付けられたということです。
f0372177_17551508.jpg
こちらはジャコウソウになります。前回も紹介していますが、これを撮影したのは2日目に沼尻川を渡り、竜宮小屋に至る間のことです。そこにジャコウソウの群生地があったので、夢中になって何枚も撮影して来ました。
f0372177_17551970.jpg
初日に山の鼻から牛首分岐へ向かう途中、川上川を渡る橋の上から、水面に林立する水草が目に留まりました。見慣れない風景で、何かわからなかったので写真に撮り、後から調べて見たらスギナモであることが分かりました。
f0372177_17553526.jpg
鳩待峠から山の鼻へ下って来る途中、山道の脇にソバナが咲いていました。いくつかあった花の中から、一番たくさん花をつけていた株がこちらです。
f0372177_17554281.jpg
花茎の先にいくつも花を咲かせていますが、その花柄が白色の特徴的な花姿をしています。これはチョウジギクになりますが、花の形が、香料にするチョウジの花の形に似ているところから、この名前が付けられたということです。
f0372177_17554556.jpg
水辺に多く見られたドクゼリです。白い花を球状花序として咲かせていますから、分かりやすい花姿です。
f0372177_17555006.jpg
こちらの黄色い花はトモエソウです。花びらの形が巴形に曲がっているところから、この名前が付けられました。
f0372177_17555765.jpg
こちらも尾瀬ではたくさん見られた花です。アジサイのような花姿ですが、これはノリウツギですね。草原の中だけでなく、林縁にもたくさん見られました。
f0372177_17560756.jpg
広い草原の中に一本だけポツンと立っていました。よく目立ったこの黄色い花はハンゴンソウです。周りに群生している茶色い穂はアブラガヤです。
f0372177_17565287.jpg
対生する葉の付け根に、白くて小さい花を咲かせていたこちらはヒメシロネです。シソ科の山野草になります。
f0372177_17565715.jpg
最後はピンク色の花を咲かせていたヒヨドリバナです。頭花は散房状についています。これは草丈が低い小さい花でしたが、山小屋に着いて食事前に散策している時に撮影しました。


[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-08-23 06:00 | 自然 | Comments(0)

尾瀬で観察した山野草~その2

f0372177_17474067.jpg
尾瀬で山小屋に宿泊して嬉しいことは、お風呂が付いていることです。昨年、尾瀬沼を周遊した時には、長蔵小屋に泊まりましたがやはりお風呂付きで、汗を流すことが出来ました。今回宿泊したのは尾瀬ヶ原の見晴にある尾瀬小屋ですが、ここでもやはりお風呂がありました。標高1,400mの高原にある尾瀬といっても、この日はとても暑くなりましたから、長い木道歩きでかなり汗をかきました。お風呂は環境保全のため、石鹸やシャンプーを使うことが出来ませんが、夕食の前に汗を流すだけでもサッパリ出来ます。風呂上がりに飲んだビールの旨さが、これまた格別でした。
昼間は暑かった尾瀬ヶ原でしたが、日が落ちて辺りが薄暗くなってくる頃から、日中とは比べ物にならないくらい涼しくなってくれました。エアコンなしで味わえるこの涼味こそが、高原の一番の贈り物だと思います。
f0372177_17481042.jpg
さて、今回紹介する山野草の初めはサワギキョウです。青紫色の花がたくさん咲いていましたが、尾瀬植物研究見本園の木道を歩いていたら、この白い花がありました。これが何かわからなかったので、ビジターセンターに立ち寄って写真を見てもらったところ、白い花のサワギキョウであることを教えてもらいました。
f0372177_17484724.jpg
草叢の中に咲く青紫色のサワギキョウです。これが普通の花姿です。今年は花の咲く時期が昨年より2週間ほど早くなっていたようで、昨年は見られなかったのですが、今年はちょうど最盛期であったようです。
f0372177_17491880.jpg
こちらは黄色い花を咲かせていたオトギリソウです。初夏の頃から花を咲かせる山野草ですから、花期は割合長いと思います。今回も尾瀬ヶ原の各所で観察することが出来ました。
f0372177_17494706.jpg
白い花のシモツケソウです。図鑑で確認すると、普通はピンク色の花を咲かせますが、白い花を咲かせるものもあるそうです。オニシモツケというのは白い花を咲かせるようですから、これがそうなんでしょうか?
f0372177_17501759.jpg
キンコウカです。草丈は低いですが穂状花序の黄色い花を咲かせます。今年は花の時期が2週間ほど早まっていて、同じ日に訪れた昨年は最盛期であったのに、今年は咲き終わったものばかりで、既に花期が終わろうとしていました。
f0372177_17504769.jpg
こちらも黄色い花のキンミズヒキです。高原でなくても普通に見られる山野草ですが、木道の脇に咲いていましたから、これも撮影対象になりました。
f0372177_17511708.jpg
尾瀬植物研究見本園の木道を進むと、草原の中に、薄紫色の小さい花の穂状花序がいくつも見つかりました。輪生した葉が何層にも重なるところから、クガイソウと名付けられています。
f0372177_17514867.jpg
オレンジ色の鮮やかな花を咲かせていたコオニユリです。この写真を撮ったのは竜宮小屋のすぐ前でした。私が写真を撮っていたら、通りがかりの人がここでコオニユリか初めて見られたと言っていましたが、尾瀬ヶ原全体で見られた数は少なく感じました。
f0372177_17531106.jpg
キク科の小さい花を散房状に咲かせていたゴマナです。撮影したのは竜宮十字路から牛首分岐に至る間であったと思います。これも秋の山野草ですね。
f0372177_17531507.jpg
ピンク色で細長い唇状の花を咲かせていたジャコウソウです。麝香の香りがすることからこの名前が受けられたということですが、確認してこなかったのが残念でした。東電小屋を過ぎて、川に架かる橋を渡る辺りで撮影しました。
f0372177_17521713.jpg
今回の最後はコバギボウシです。薄紫色の清楚な色合いがとても涼しげな花姿です。花茎に沿って、花の数が多いのがコバギボウシですが、同じ仲間のミズギボウシは花の数が少ないところが特徴になります。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-08-22 06:00 | 自然 | Comments(0)