人気ブログランキング |

2017年 08月 28日 ( 1 )

坪庭の花と昆虫

f0372177_22525999.jpg
このところ野鳥観察に出かけることがありません。7月最後の週末に外房へ出掛けて以来、家族旅行や山登りなどで楽しんでいましたから、このブログで野鳥写真の紹介も滞っていました。忘れないうちに野鳥写真を撮ってこようと、8月最後の週末は野鳥写真を撮りに出掛けて来ました。色々な成果があがりましたから、その結果は次回から紹介させてもらいます。
さて、今回は八ヶ岳で撮影した写真の最後になります。坪庭で撮影した高山植物と昆虫の写真になりますが、まず最初はキバナノヤマオダマキを紹介します。高山植物と言えるかどうか分かりませんが、坪庭の中に咲いていたのは間違いありません。
f0372177_22534900.jpg
こちらは高山チョウのベニヒカゲです。標高1,200m以上の亜高山帯より上に生息しています。坪庭は標高2,200mですから、その生息域に入りますね。
f0372177_22514894.jpg
ヤマオダマキの花も咲いていました。最初に紹介したキバナノヤマオダマキ同様、高山植物と言えるかどうか分かりませんが、山に咲く山野草であることに間違いはありません。
f0372177_22530326.jpg
縞枯山(標高2,403m)に登って、また坪庭に戻って来ましたか、雨に降られてしまいました。でも、時折太陽も顔をのぞかせてくれます。そんな変わりやすい天候の中、雨が降ってもベニヒカゲは葉の上に止まって翅を休ませていました。
f0372177_22514410.jpg
テガタチドリも花を咲かせていました。もう盛りを過ぎていたようですが、こうして撮影することが出来ました。ボランティアの人の話では、本来はなかった種ですが、登山者の靴について入り込んで来たのではないかと言っていました。
f0372177_22524057.jpg
こちらはオトギリソウですが、これには種類がいろいろありますから、厳密に識別するのは難しいです。以前紹介したように、残念ながら私には見分けるだけの知見がありません。
f0372177_22533236.jpg
少し大きめなチョウが飛来したと思ったら、それがこのクジャクチョウでした。大きな目玉のようなジャノメ模様がよく目立ちます。赤い地色の大変よく目立つチョウです。
f0372177_22522287.jpg
ピンク色の花弁が綺麗なアサマフウロです。坪庭の草原の中に、点々と咲いている姿が確認でしました。チョウやハナアブの仲間が吸蜜するのによく利用しているようでした。
f0372177_22532805.jpg
チョウの仲間が吸蜜している状況ですが、これはクジャクチョウです。翅の裏側は暗色ですから、これを見ただけでは識別が難しいです。イブキジャコウソウで吸蜜していました。
f0372177_22525598.jpg
坪庭にはこのイブキジャコウソウがたくさん咲いていました。たまたま小さい株が岩の縁に並んで咲いていましたから、ちょうど良い撮影対象になりました。
f0372177_22524758.jpg
アザミの花にミツバチが集まっていました。アザミの花も色々な種類がありますが、識別が難しくてよく分かりません。私的にはオニアザミではないかと思いますが、間違っていたら教えてください。
f0372177_22520923.jpg
薄紫色の可愛い花を咲かせていた、こちらはヒメシャジンです。草むらの中のところどころに、その姿を見ることが出来ました。
f0372177_22521422.jpg
ランの仲間の高山植物です。ホソバノキソチドリだと思いますが、コバノトンボソウとよく似ていて区別が難しいです。距の部分が下を向いていますからキソチドリだと思いますが、上を向いていればトンボソウになります。
f0372177_22535364.jpg
最後に紹介するのはモンシロチョウです。これは高山チョウではありませんが、平地からこんな標高の高いところまで、生息域はとても広いようです。

by coffeeto-p2 | 2017-08-28 06:00 | 自然 | Comments(0)