森林植物園にはアカハラもいた

f0372177_20500103.jpg
暦は既に11月に入り、各地から寄せられる紅葉の便りも、そろそろ後半戦に入ってきたようです。日一日と寒さが増してきて、冬の訪れが間近になってきたことが実感させられます。もう衣替えの時期になってきましたが、未だにまだ夏の下着類を着ています。スーツだけは冬用を引っ張り美してきましたが、下着類を早く冬用と入れ替えなければと思っているところです。休みの日はフィールドに飛び出してしまいますから、なかなかその時間が取れません。でも、そんな事を言っていると、衣替えのタイミングを逃してしまい、冷え込んだ日には寒い思いをしなければなりませんから、今日こそは仕事から帰ったら、衣替えをしようと自分自身に言い聞かせています。
f0372177_20503109.jpg
野鳥の世界だって、夏鳥が去り冬鳥が渡来するようになりました。ボヤボヤしていると、各地から雪の便りが寄せらてくるようになってしまいます。私の衣替えも今やらなければ、時機を失してしまいます。
f0372177_20505658.jpg
さて、今回紹介しているのは、10月25日(木)〜26日(金)にかけて訪問した、長野県の戸隠森林植物園で撮影したアカハラの写真です。通過途中のムギマキを撮影するのが目的でしたが、そちらには振られてしまいました。(≧∇≦)
f0372177_20505849.jpg
この日、森林植物園の中の散策路を野鳥を探しながら歩いていた時、バーダーの方からマミチャジナイ情報をいただきました。早速その様子を確認に行ったところ、マミチャジナイ10羽ほどの群れを確認できましたが、その中にこのアカハラも混じっていました。
f0372177_20511343.jpg
夕方近く薄暗くなっていましたから、シルエットだけでは、アカハラとマミチャジナイの区別はつけ難いのですが、白い眉斑と顎線があるかないかで、両者を識別することが出来ました。
[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-11-06 06:00 | 自然 | Comments(0)
<< 黄葉の戸隠でアカゲラ見つけた 戸隠にいたコゲラです >>