嬉しいキバシリとの出会い

f0372177_22365122.jpg
木々が紅葉して、ツタウルシも見事な色合いを見せてくれました。カラマツも色づき始めてきました。戸隠森林公園では秋が深まりつつあります。散策路を歩いていても、夏場のように汗ばむことはありません。気持ち良い空気に包まれて、爽やかに探鳥を楽しんでくることが出来ました。平日に2日間滞在してきましたから、来訪者の数も少ないおかげで、静かにのんびりと野鳥を探してくることが出来ました。朝からカメラを1台だけ担いで早朝の静まり返った森林公園の中を歩き始めると、たくさんの野鳥が姿を見せてくれました。
f0372177_22365427.jpg
歩き始めるとすぐに、樹肌を伝うキバシリの姿が目につきました。アッ!これはラッキー、すかさずカメラを構えて撮影しましたが、久し振りに撮影することができました。
f0372177_22370159.jpg
今回足を運んできたのは、10月25日(木)〜26日(金)の2日間です。森の学び舎に近接した駐車場で車中泊をしてきましたが、夜間に寒くて目が覚めてしまいました。外気温は2度まで下がっていましたが、寝袋が夏用でしたからこれが失敗でした。
f0372177_22371002.jpg
それでも2日目続けてキバシリを撮影することが出来ました。いずれも早朝の時間帯でしたから、文字通り「早起きは三文の徳」という感じです。お昼前後には見られなくなってしまいましたから、とても嬉しい出会いでした。
f0372177_22371310.jpg
黄葉を背景に、樹肌を伝い上へ上へと登っていきます。素早い動きですから、ファインダーを覗きながら、必死になって追いかけます。幹の裏側に回り込むんで見失うと、また見つけるのが大変です。
f0372177_22371539.jpg
幹に張り付いて動きがないと、背面だけでは樹肌と同化してどこにいるか分かりません。少しでも動いてくれるか、下面の白い部分が一部でも見えないと、居場所が分からなくなってしまいます。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-11-03 06:00 | 自然 | Comments(0)
<< 茂みのカシラダカ マミチャジナイが群れでいました >>