カラマツの樹にゴジュウカラがいた

f0372177_17194399.jpg
我が家では、新聞を取らなくなってから随分と時間が経ちました。今はスマホでニュースが見られますから、わざわざ新聞配達をお願いしなくても、事足りてしまいます。それでも、新聞紙がないと不便を感じることもあります。ペットのチョコちゃんのおしっこの処理に、専用のシートを購入していますが、新聞紙で代用することもありますから、そんなところで困るところがあるのも事実です。それはさておき、私はスマホに “NHKニュース防災” というアプリを入れて、これで毎日のニュースをチェックしたり、色々な情報を得ています。必要にして十分に機能してくれますから、あえて新聞を取らなくても、これだけでとても役に立ってくれています。
f0372177_17195026.jpg
その “NHKニュース防災” の中に、“はやぶさ2特設サイト” というのを見つけて、興味深く読ませてもらいました。小惑星「イトカワ」に着陸した初代の「はやぶさ」は、太陽系の起源を探ることを目的として、エンジン停止や無線の途絶といった様々な困難を乗り越えて、無事に地球に帰還してくれました。その姿に大きな感動を覚えたものです。今回の「はやぶさ2」は、生命の起源となる水と有機物を発見することを目的に、小惑星「リュウグウ」に到達しましたが、うまく着陸してサンプルを持ち帰ることができるでしょうか? 暫くはこのサイトから目が離せません。
f0372177_17195774.jpg
さて、今回紹介しているのは宇宙空間を飛行する「はやぶさ」ではなく、奥日光で撮影したゴジュウカラの写真です。赤沼駐車場から入って、湯川にかかる橋の近くで撮影しました。
f0372177_17200269.jpg
この辺りには、カラマツの木が何本もありますが、その間をカラ類の混群が通過していったようです。ファインダー越しに追いかけてみたところ、その中にゴジュウカラの姿がありました。
f0372177_17200602.jpg
足を運んできたのは10月の三連休の時ですが、周囲の木々は紅葉が始まっていました。でも、カラマツの紅葉はまだこれからのようです。緑の葉陰に、樹肌を伝うゴジュウカラの姿を捉えることが出来ました。
[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-10-19 06:00 | 自然 | Comments(0)
<< 初秋の山でヒガラ 湯川に馴染むカワガラス >>