ホオアカも出てくれました

f0372177_22240370.jpg
各地から紅葉の便りが寄せられるようになりました。都内ではまだ紅葉は始まっていませんが、紅葉前線が南下してくるのに伴い、山々が次第に色付いてくるのが目に見えて分かります。日一日と秋の気配が濃厚になってきますが、10月最初の三連休で足を運んだ奥日光の戦場ヶ原では、紅葉が始まっていました。先日ラジオを聴いていたら、奥日光で最初に紅葉が始まるのは竜頭ノ滝の周辺からで、それより上流の湯滝の周辺より早く紅葉を始めるとのことです。その理由は、奥日光の山々で冷やされた冷気が戦場ヶ原に溜まり、それが湯川の流れとともに竜頭ノ滝から流れ下るからということでした。なるほどそういう理由であれば、上流の湯滝周辺より早く紅葉が始まるのも頷ける話です。
f0372177_22240959.jpg
10月最初の週末は、8日(月)の体育の日までの三連休となりました。これを利用して足を運んだ奥日光の、紅葉し始めた戦場ヶ原で撮影してきた野鳥写真の中から、今回はホオアカの写真を紹介します。
f0372177_22241900.jpg
赤沼駐車場を拠点にして、車中泊をしながら広い高原を歩き回ってきました。湯滝方向へ向かう木道を進むと、たくさんのカメラマンが並んでいるポイントがありました。既に紹介している “戦場ヶ原でノゴマと遭遇” した場所です。
f0372177_22242231.jpg
その場所に座ってノゴマの出現を待っている間、良いお天気に恵まれて、ノビタキをはじめアオジやホオジロなど、たくさんの野鳥が姿を見せてくれました。その中の一つがこのホオアカでした。
f0372177_22242707.jpg
初夏の頃には、繁殖のためノビタキとともに巣で待つ雛のために、餌運びが忙しかったホオアカですが、この時期はそれも一段落して、冬が来る前に里へ下ることを考えているものと思われます。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-10-16 06:00 | 自然 | Comments(0)
<< ハシブトガラスの水中戦 湯川沿いのコガラ >>