イソシギもいた伊佐沼

f0372177_22192306.jpg
台風24号が通過していった10月1日(月)は、朝からとても良いお天気で気温もぐんぐん上がりました。この日は休みを取って病院で胃カメラ検査を受けてきましたが、午前中で終わったので午後から伊佐沼へ野鳥観察に行ってきました。現地には台風24号の置き土産とも言えるコシジロウミツバメがいて、近くから撮影することができました。その様子は “台風の置き土産〜コシジロウミツバメ” としてアップしています。また、 “伊佐沼にいたツバメチドリ” も撮影できましたから、そちらも是非参照してください。台風一過の伊佐沼では、思わぬ野鳥が撮影できて、嬉しい訪問となりました。
f0372177_22195363.jpg
この日の気温は33度近くまで上昇し、10月としては記録的な暑い日となりました。カメラを担いで移動するだけで汗を掻くような状況でしたが、干潟に見つけたイソシギは、日差しを避けて杭の陰に休んでいました。
f0372177_22202365.jpg
観察していると、そのイソシギは休憩を終了して、ブルブルと身震いした後、葦原の方向に向けて移動を始めました。
f0372177_22205377.jpg
ここ数日は、過ごしやすい天候が続いていましたが、台風の影響で伊佐沼周辺でも立木が倒れるなどの被害が出ていました。その上、真夏に逆戻りしたような暑い陽気となり、このイソシギも面食らっていたのではないでしょうか?
f0372177_22212332.jpg
辺りをキョロキョロと見渡しながら、葦原の方向に向けて移動していきます。真夏のような陽気は堪らんと、干潟を抜け出して、やがて葦原の中に姿を消していきました。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-10-10 06:00 | 自然 | Comments(0)
<< ツルシギとアオアシシギそしてクサシギ 伊佐沼にいたツバメチドリ >>