伊佐沼にいたツバメチドリ

f0372177_22070229.jpg
10月7日(日)は、北日本は台風25号が温帯低気圧に変わって通過した影響で、大荒れの天気になったようです。関東地方の各地では、30度以上の真夏日を記録する、10月としてはこれまであまり経験したことがないような、季節外れの暑い陽気になったようです。でもこの日、私は奥日光の戦場ヶ原にいましたから、そんな暑い陽気は経験できませんでしたが、戦場ヶ原は昼間の気温が25度前後でしたから、とても快適な陽気でした。野鳥観察でもノゴマやノビタキなどが撮影でき、とても収穫が上がりました。その結果については、また後日このブログで紹介しますから参照してください。
f0372177_22070837.jpg
さて、今回は10月1日(月)に足を運んだ埼玉県川越市の伊佐沼で、思いがけずコシジロウミツバメを撮影することができましたが、同じ場所でツバメチドリも撮影することが出来ました。
f0372177_22074280.jpg
このツバメチドリも予想していなかった野鳥でした。この日の伊佐沼では、既に紹介したコシジロウミツバメとともに、想定外の台風の置き土産を頂いてきたようでした。
f0372177_22073668.jpg
台風25号は、日本海を進んだために関東地方には大きな影響がありませんでしたが、前回の台風24号は列島に上陸して通過していったために、思いがけないお土産を運んでくれました。
f0372177_22073011.jpg
ツバメチドリは、伊佐沼の干潟の中では同じような色合いをしていますから、とても見つけにくい存在でした。事実、私も見つけられなかったのですが、教えていただいてその存在に気が付いた次第です。
f0372177_22073313.jpg
撮影に使用した機材は、オリンパス E-M1mkⅡ + 300mmF4 + MC-14(換算840mm相当)です。これがいま私がメインで使用しているシステムになります。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-10-09 06:00 | 自然 | Comments(0)
<< イソシギもいた伊佐沼 伊佐沼のセイタカシギ >>