あっ!エリマキシギがいた。

f0372177_23190284.jpg
定年退職して早くも4年半が経とうとしています。来春に向けて第三の職場探しを始めなくてはいけないなと思うようになりました。年齢的なことも考えて、フルタイムではなく週3日か4日程度の仕事があれば嬉しいのですが、如何なものでしょうか? 車中泊をしながら、各地の探鳥地を訪ね歩くことを楽しみにしていますから、足代くらいは稼がないと、どこへも出かけられなくなってしまいます。お陰様でまだまだ身体は元気ですから、健康であるうちはしっかり働かなくてはならないと思っています。
f0372177_23190927.jpg
さて、今回紹介しているのは、栃木県小山市郊外の田園地帯で撮影してきたエリマキシギの写真です。撮影したのは8月最後の週末になる、26日(日)のことでした。
f0372177_23191366.jpg
8月の最終週に夏休みを絡めて、小山市の田園地帯でシギチの写真を撮りながら、矢板市の山で野鳥写真撮ろうと計画しました。初日に休耕田巡りをした時に、このエリマキシギを見つけることが出来ました。
f0372177_23192124.jpg
小山市郊外の田園地帯には、水が入った休耕田がいくつもありましたが、なかなかシギチに巡り会うことが出来ません。ここも広い休耕田で、パッと見渡したところ何もいないようでしたが、注意深く確認したら、草陰に少し大きめなシギを見つけることが出来ました。
f0372177_23192475.jpg
広い田んぼでしたが、ここに入っていたシギはこの1羽だけだったようです。撮影しているのも私だけでしたから、エリマキシギを独り占めして、撮影してくることが出来ました。
f0372177_23192713.jpg
車の助手席に据えた三脚の上に、オリンパス E-M1 + 300mmF2.8 + EC-20 (換算1,200mm相当)を据えて、これで撮影体制は完了です。かなり精力的に動き回っていましたから、近くなったり離れたりしましたが、しばらく車中から撮影させてもらいました。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-09-09 06:00 | 自然 | Comments(0)
<< 休耕田にはクサシギもいた オオルリの幼鳥を発見 >>