光徳で観察したニュウナイスズメ

f0372177_19332818.jpg
私が今勤めている職場では、カレンダーどおりに仕事をしていますが、今週から来週にかけて、夏休みとお盆休みが重なって、休暇をとる人が増えています。(私も来週にはまとめて夏休みをとる予定です。)それとともに、この時期は全体的に仕事の量も減ってきますから、1日中デスクに座っていても、時間を持て余すことがあります。こんな時こそ普段できないで後回しになっている書類の整理をして、デスク周りの片付けなどをすれば良いのでしょうが、手を付けるきっかけが掴めないままになっています。それでいて、定時には職場を出て帰宅の途につきますが、片付けをすればよかったと反省する毎日です。それでも、このブログへの書き込みは、毎日欠かさずやっているわけですから、やりたいことだけやって勝手なものです。自慢のできる話ではありません。(^^;;
f0372177_19332694.jpg
さて、今回は奥日光の光徳牧場の周辺を散策してきた時に撮影した、ニュウナイスズメの写真を紹介します。これまであまり来たことがない場所でしたが、何種類かの野鳥写真を撮影することが出来ました。
f0372177_19332313.jpg
光徳牧場の周辺に足を運んで来たのは、7月21日(土)のことでした。野鳥たちの繁殖シーズンも終わりかけていますから、あまり多くの写真は撮れないかとも思いましたが、歩き始めてすぐにこのニュウナイスズメの小群と遭遇することが出来ました。
f0372177_19332040.jpg
このニュウナイスズメの写真を撮影したのは、光徳の駐車場に車を止めて、アストリアホテルの周辺を歩いている時でした。樹上を賑わす野鳥の群れにカメラを向けたところ、ニュウナイスズメのファミリーと思われる小群が確認できました。
f0372177_19321419.jpg
ここで確認したニュウナイスズメは、羽衣の様子から今年生まれの幼鳥がほとんどであったように思います。この個体は♀の若鳥になるのでしょうか?
f0372177_19320996.jpg
こちらの個体は、♂の若鳥になると思われます。ニュウナイスズメのファミリーと思われる小群は、暫くこの樹上を飛び交っていましたが、やがて一斉に森の方向へ飛び去って行きました。
[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-08-09 06:00 | 自然 | Comments(0)
<< コサメビタキの幼鳥 湯川沿いでアオジを観察 >>