茂みのビンズイ

f0372177_22163700.jpg
暑さでむせ返るような都内を離れて、奥日光で涼しい週末を過ごしてこようと、7月21日(土)〜22日(日)にかけて足を運んできました。これまでも奥日光には何回も足を運んでいて、今年も5月に行ってきたばかりですが、行けば野鳥や山野草の観察に収穫がある上に、我が家から比較的手軽に行かれるところですから、大変気に入っている自然観察ポイントです。毎年遠征で訪れる回数が一番多い場所になっていて、だいたい赤沼の駐車場で車中泊をしながら、戦場ヶ原を中心に歩いていますが、今回は趣向を変えて光徳牧場の周辺を歩いてみることにしました。光徳牧場の手前の公衆トイレがある駐車場に車を停めて、その周辺を散策してきました。
f0372177_22164240.jpg
アストリアホテルの脇を抜けると、林業に使うために拓かれたと思われる山道が続いています。その道を利用してを歩いて野鳥を探すと、カラ類が多く目に付きましたが、ニュウナイスズメやこのビンズイも観察することができました。
f0372177_22164912.jpg
地図で確認すると、梵字滝というのがあるようですから、そこまで行ってみようと思いました。でも、実際に歩いて見ると道が分からず、結局裏男体林道を経由して歩くことになってしまいました。
f0372177_22165175.jpg
樹上に野鳥の姿を見つけて、すぐに撮影態勢に入りました。それがこのビンズイでした。すぐに林床に降りましたが、その間に撮影したのが今回紹介している写真になります。
f0372177_22170128.jpg
この日は、光徳牧場の駐車場で車中泊をしようと思い、アストリアホテルの風呂を利用させてもらおうと思ったのですが、午後4時半までということです断られてしまいました。仕方ありません。翌日の行動も考えて、結局赤沼の駐車場で車中泊をすることにしました。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-08-06 06:00 | 自然 | Comments(0)
<< 早朝のアカゲラ 枝先のウグイス >>