坪庭の高山植物~その1

f0372177_18290054.jpg
迷走した台風12号はやっと東シナ海を大陸方面へ向かっています。各地に大雨を降らせた台風が過ぎ去っだ後は、また猛暑の夏が戻ってきました。都内の気温がも35度になるといっても、実際にはもっと暑くなっているわけですから、外へ出るのも躊躇われてしまいます。
我が家では、平日の愛犬チョコちゃんのお散歩はカミさんの仕事になりますが、早く行って来ないと暑くてワンコが可哀想と、私が出勤するより前に散歩に連れ出すようになりました。寝坊助だったカミさんが、少しでも早く起きてくれるようになり、良いこともあるものだと思っています。
7月の三連休に、八ヶ岳の坪庭で高山植物の観察をして来ましたが、今回と次回の2回に分けてその結果を紹介したいと思います。標高2,200mの高山でしたが、昼間はとても暑くて、涼を求めて行っだはずなのに、ここも暑い夏になっていました。
f0372177_18292645.jpg
最初に紹介するのはオトギリソウになります。上の写真もそうですが、坪庭に咲くオトギリソウ属の仲間ですから、イワオトギリかシナノオトギリではないかと思いますが、残念ながら私には識別するだけの知見がありません。
f0372177_18290525.jpg
こちらはシロバナヘビイチゴですね。特に珍しい高山植物というわけではありませんが、登山途中に群生するのを観察することがあります。ここでは数は多くありませんが、目に付きましたから撮影対象となりました。
f0372177_18293254.jpg
こちらはタカネニガナになります。撮影したのは坪庭ではなく、三ッ岳の岩がゴロゴロする急斜面を登っている時でした。ちょうど上から降りて来る人がいたので、休憩かたがた腰を下ろして撮影して来ました。
f0372177_18295022.jpg
坪庭のロープウェイ山頂駅の前に広がる、草原に咲いていたハクサンフウロです。登山者ではなく観光客風の人達もたくさん来ていましたが、この花を見て「ハクサンフウロを初めて見ることが出来た」と喜んでおられました。
f0372177_18284219.jpg
ロープウェイの駅舎を出たところで、最初に目に付いたのがこのキンロバイでした。かたまって咲いていましたから、余計に目に付きやすい状況でした。坪庭を歩いていると、何ヶ所かで咲いていました。バラ科の矮性低木になるとのことです。
f0372177_18285362.jpg
草むらの中で花を咲かせていた、こちらはウツボグサでしょうか? 花の形だけを見ると、ホトケノザとよく似ています。これもロープウェイ山頂駅を出た周辺でたくさん観察できました。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-08-02 06:00 | 自然 | Comments(0)
<< 坪庭の高山植物~その2 北横岳から三ッ岳トレッキング >>