リンゴ畑にはコチドリもいた

f0372177_23033931.jpg
先週は夏日の日が続き、職場でもエアコンが稼働を始めました。テレビの気象番組では、週の後半から暑さの質が変わるという解説をしていましたが、なるほど湿度が高くなると、暑苦しさが増幅してくるのを身をもって感じています。毎日職場への行き帰りは、30分ほどのウォーキングをしていますが、気温が同じでも湿度が高いと汗を掻くようになりました。これからの季節は、ウォーキングで汗を掻いてもいいようにポロシャツで出勤したり、着替えの衣類を持参するなど、汗対策をしなければなりません。秋口の涼しい風が吹くようになるまでは、欠かすことのできない対策です。夏バテにへこたれること無く、この夏も元気に乗り切っていきたいものです。
f0372177_23034305.jpg
さて、今回紹介しているのはコチドリの写真です。撮影した場所は、なんとリンゴ畑の脇に積み上げられた、廃棄リンゴの捨て場でした。そこは前回紹介したキレンジャクの餌場であり、ムクドリやヒヨドリもたくさん集まっていました。
f0372177_23042632.jpg
コチドリは長い間、この廃棄リンゴの捨て場に留まっていました。でも、動物食ですからリンゴなど食べるはずもありません。何故かと思ったのですが、何か虫が湧いていたのかもしれません。
f0372177_23043362.jpg
レンジャクの飛来を待っている間、位置的に割合近い所を動き回ってくれましたから、これは良い撮影対象となってくれました。気がつけば、かなりの枚数の写真を撮影していました。
f0372177_23043627.jpg
胸の部分の黒帯はかなり幅が広いですから、これは♂の個体になるでしょうか? この角度からは脚が長く見えますから、スマートな印象です。
f0372177_23044049.jpg
コチドリを観察するのは、海岸や砂礫地などが多いのですが、まさか廃棄リンゴの捨て場で観察するとは思いもしませんでした。でも、ここには色々な野鳥が集まって、面白い場所でした。
ここでは雨にも降られましたが、お昼を食べてこの後戸隠森林植物園にへと向かいました。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-05-20 06:00 | 自然 | Comments(0)
<< 営巣中のオオアカゲラ リンゴ畑のキレンジャク >>