恋瀬川のカワラヒワ

f0372177_22454917.jpg
ご近所のヤエザクラが満開になりました。ボリューム感があって、毎年見事な姿を見せてくれます。他のサクラは既に散っていますから、その分特によく目立つ存在になります。すぐ近くに別のサクラの木があって、既に咲き終えていますが、先日はこれがあのヤエザクラかと勘違いして、今年は随分早く咲いて、ボリューム感も無くなったなと思っていました。毎日駅に向かう途中の道沿いにありますから、これから暫くはお花見と、散り始めたらサクラの絨毯の上を歩く楽しみを味わうことが出来ます。
もう4月も半ばとなってきましたから、渡って来た夏鳥たちの姿もチラホラと確認できるようになりました。これからゴールデンウイークに掛けて、都内の公園では通過していく夏鳥たちの姿を見ることが出来ますから、漫然と歩いていないでしっかりとその姿を確認したいと思います。
f0372177_22453741.jpg
さて、今回紹介しているのは、茨城県石岡市を流れる恋瀬川の河川敷で撮影したカワラヒワの写真になります。3月24日(土)に、渡りの時期が早いツルシギを探そうと出掛けた時に撮影したものです。
f0372177_22454532.jpg
土手の上の道を歩いていると、河川敷と周辺の田んぼの中の見晴らしが効きます。そこに野鳥の姿を探していたところ、河川敷の中の立木に止まったカワラヒワの姿に目が止まりました。
f0372177_22455386.jpg
土手の上から少し距離がありましたが、背景がうまく抜けてくれましたから、オリンパス E-M1mk2 + M.300mmF4 + MC-14 (換算840mm相当)を手持ちで撮影していましたが、ブレボケのない写真を撮影してくることが出来ました。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-04-11 06:00 | 自然 | Comments(0)
<< 霞ケ浦のカンムリカイツブリ ヤナギにウグイス >>