水田のタゲリ

f0372177_20550875.jpg
4月最初の週末は、土曜日(4月7日)に、あしだちの有志の皆さんと一緒に山野草観察へ出掛けてきましたから、昨日(4月8日)の日曜日は遠出はしないで、都内の葛西臨海公園へ野鳥写真を撮りに行ってきました。そろそろわたりのシギチが観察できるかなと淡い期待を抱いて出掛けてきたわけですが、下の池でアオアシシギ4羽を観察し、撮影してくることが出来ました。それよりも、大きな収穫となったのはウズラの写真が撮れたことです。芝生の広場にあった植え込みの中に隠れていて、たくさんのカメラマンが囲んでいましたが、間近に観察することが出来て写真も撮影することが出来ました。もちろん写真に撮ったのは初めてのことでした。嬉しい結果を残すことが出来た一日となりました。
f0372177_20551382.jpg
さて、今回紹介しているのは、田おこし前の水田で撮影したタゲリの写真です。3月17日(土)にツルシギ狙いで霞ケ浦周辺へ出掛けた時に撮影したものですが、割合近いところから撮影することができました。
f0372177_20552088.jpg
この日は、霞ケ浦から利根川の周辺を車で走りながらツルシギを探していたのですが、たまたま香取市の田園地帯でタゲリを撮影することが出来ましたから、 ”草地のタゲリ” として紹介しています。
f0372177_20552854.jpg
今回紹介しているタゲリは、霞ケ浦の浮島周辺でツルシギを探そうと、香取市から移動して稲取市へ移動してきた時に、本新にある田おこし前の水田に降りていた3羽のタシギを見つけることが出来ました。
f0372177_20553271.jpg
農道に車を停めて車内から撮影していますが、上手い具合に順光状態で撮影できました。それに距離も割合近いところから撮影していますから、このように羽を広げて伸びをしているところも、上手く撮影することが出来ました。
f0372177_20553833.jpg
車内から撮影することが出来ましたから、この時使用した撮影機材は、オリンパスのE-M1 + ED300mmF2.8 + EC-20(換算1,200mm相当)を三脚に据え、E-M1mkⅡ + M.300mmF4 + MC-14 (換算840mm相当)を手持ちとして、両刀使いでたっぷり撮影してくることが出来ました。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-04-09 06:00 | 自然 | Comments(0)
<< ヤナギにウグイス 水溜りにいたホオアカ >>