谷戸山公園で自然観察

f0372177_10101938.jpg
4月に入って、連日のように気温が20度を超える日が続いています。今日の最高気温も25度の予報ですから、春を飛び越えて、初夏のような陽気になってきました。北海道では雪が降る予報も出ていましたが、都内では上着を着て外を歩いていると、汗をかいてしまいます。この3月の平均気温は、記録的な暖かさであったようですが、その影響が4月に入った今でも続いているようです。寒さで縮こまっているより良いのですが、平年と比べて余りにも変化が大きいですから、自然界には異常気象の影響が出てくるんじゃないかと気になってしまいます。
次の土曜日に地元の人と誘い合って、自然観察に出かける予定を立てていましたが、東京周辺では雨の予想になってしまいました。これは異常気象の影響ではありませんが、こちらも困ったものです。
f0372177_10105854.jpg
さて、今回紹介しているのは、神奈川県座間市にある谷戸山公園を散策してきた時に撮影した写真です。これはキブシになりますが、野山を歩くと春先に花を咲かせてくれる定番ですね。
f0372177_11584638.jpg
この公園に足を運んだのは3月11日(日)のことでした。午前中に綾瀬市の蟹ヶ谷公園でたっぷり野鳥観察ができましたから、午後から場所を変えて様子を見てくることにしました。ギギーッと鳴きながら木の幹を突いているコゲラも撮影できました。
f0372177_11590798.jpg
公園内には湧き水が多く、そこから流れ出した水が池となって、その中にこのアズマヒキガエルがたくさんいました。まさに蛙合戦を繰り広げているところでしたから、これが面白い被写体となってくれました。
f0372177_11591479.jpg
公園の散策路脇で、上方にレンズを向けているカメラマンが2人いました。「何がいますか?」問いかけると、木の枝に止まっているオオタカの存在を教えてくれました。思わぬところで遭遇しましたからすぐに撮影させてもらいましたが、間も無く飛び去ってしまいました。
f0372177_11591853.jpg
湧き水が作った池の周辺に、ヒメリュウキンカの群落がありました。遠くから見ても、大変よく目立つ黄色い花を咲かせています。この池のほとりでは、上で紹介したアズマヒキガエルとともに、格好の撮影対象になってくれました。
f0372177_11593656.jpg
太い木に止まって、ギギーッと鳴きながら幹を突いていたコゲラの写真を撮っていました。何枚か撮影しましたが、後から確認したら、何か餌となる獲物を見つけたようです。この写真には、嘴に何か咥えているところが写っています。
f0372177_11593127.jpg
最後に紹介するこの花は、アブラチャンです。公園の駐車場近くの広場に咲いていました。よく似た花にダンコウバイがあります。ちょっと見にはなかなか区別がつきませんが、アブラチャンには花柄がありが、ダンコウバイにはありませんから枝から直接咲いているように見えます。ここにはアブラチャンと表示した看板が立っていましたから、間違いようもありません。(^_^;)

[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-04-05 06:00 | 自然 | Comments(0)
<< 草地のタゲリ ルリビタキをもう一度 >>