春に踊るシジュウカラ

f0372177_20523417.jpg
テレビでは、春の高校野球の熱戦がたけなわですが、今日は一日何処へも出かけずに、テレビ観戦で一日が終わってしまいました。....というのも昨日(3月31日(土))は、毎月1回楽しみにしている登友会の定例登山に参加して、丹沢山(標高1,567m)に登ってきましたから、今日は疲労回復のため自宅でノンビリすることにしました。天気が良いのに一日自宅にいることは、私にとっては大変珍しいことですが、たまにはこんな日があっても良いでしょう。昨日の登山では途中で太ももに痙攣がきそうな状況もありました。今日の筋肉痛はさほどではありません(2日後に出ると思います。)が、心地よいほどの太ももの張りを感じています。
今朝は朝食前に愛犬チョコちゃんの散歩に付き合ってきました。太ももの張りをほぐすのにちょうど良いところですが、ほんの10分ほどで帰って来てしまいました。いつもなら1時間近く散歩することもあるのに、もう8歳を超えて人間でいえば中年となっていますから、少しずつ散歩の時間も短くなっているようです。
f0372177_20530422.jpg
自宅にいることを良いことに、カミさんから庭木の剪定を仰せつかってしまいました。狭い敷地の脇に植えたゲッケイジュが太さ20センチ近くの大木になり、枝葉の繁り具合は手を入れない訳にはいかないような状況になってしまいました。汗を掻きながら、枝払いの仕事も体の張りをほぐすのにちょうど良かったようです。
f0372177_20525644.jpg
カレンダーは今日から4月となりました。季節はどんどん進んでいきますが、自然界の変化を観察しようにもついていけません。焦る気持ちもありますが、時間があるときに出掛けた場所で、できるだけ多く観察することで楽しみたいと思います。
f0372177_20530742.jpg
さて、今回紹介しているのは、3月11日(日)に撮影したシジュウカラです。つぼみを膨らませ始めた林の中で、梢から梢へと踊るように動き回っていた春先の元気な姿を観察しました。
f0372177_20524518.jpg
撮影した場所は、神奈川県綾瀬市の蟹ヶ谷公園です。この公園では、以前アリスイがよく観察できましたから、今年もと思って出掛けてきましたが、残念ながら2年前から入らなくなったようです。その代り、このシジュウカラをはじめ、アカハラ、シロハラ、ルリビタキ、ジョウビタキなど、とてもたくさんの野鳥写真を撮影することが出来ました。
f0372177_20530076.jpg
ここではシジュウカラの個体数が多いのでしょうか、散策路を歩いているだけで、かなり近距離から多くの個体を撮影することが出来ました。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-04-02 06:00 | 自然 | Comments(0)
<< 春に踊るモズ ジョウビタキここにもいました >>