芝川第一調節池で野鳥観察

f0372177_20260349.jpg
娘から孫娘を連れて何処かへ遊びに行きたいというリクエストを受けて、それではと思い至ったのが埼玉の大崎公園でした。こども動物園があって、遊具も揃っていますから、お弁当を持って孫娘を遊ばせるには良い場所です。それに、芝川第一調節池が近くにありますから、私も車で送り届けてから、その周辺で野鳥観察ができます。連れて行くには良い場所ですから、目的地はすぐに決まりました。行ってきたのは2月24日(土)のことですが、この翌日が登友会の月例登山になっていましたから、近所で遊ぶのにちょうど良い日程になっていました。
この日はゆっくりと朝食を済ませ、娘らが待つマンションまで車で迎えに行きました。マンションの隣がセブンイレブンですから、ここでお昼のお弁当を調達して、そのまま真っ直ぐに現地へ向かいました。
最初に紹介しているこの写真は、葦原を生活場所にしているオオジュリンです。
f0372177_20261006.jpg
孫娘のちぃちゃんは、この2月で満2歳になりました。元気よく動き回りますから、広い公園に出掛けると嬉しそうです。こども動物園では動物と触れ合ったりして、ご満悦の1日であったようです。
その頃、ジィジは葦原の中でタシギの写真を撮っていました。
f0372177_20261486.jpg
見沼自然の家に近い水路のところに、このジョウビタキ♀が出てくれました。冬の間は街中でも観察できる野鳥ですが、見つけると撮影したくなります。
f0372177_20261956.jpg
芝川第一調節池の中では、チュウヒが飛翔する姿を観察することが出来ました。周囲の散策路からはかなり距離がありましたから、私の撮影機材では、この程度の写真を撮るのが精一杯でした。
f0372177_20262566.jpg
芝川第一調節池に隣接して民家園がありますが、その駐車場に車を停めて調節池方向へいこうとおもったところ、園内で間近にムクドリが撮影対象になってくれました。
f0372177_20262717.jpg
見沼自然の家の周辺で撮影したホオジロです。近くの立木に止まって囀っていましたが、地面に降りて餌拾いを始めました。この辺りにはオオイヌノフグリが咲いていましたが、そんな花畑の中で撮影できなかったのは残念でした。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-03-12 06:00 | 自然 | Comments(0)
<< 葦原のシジュウカラ 筑波山のミヤマホオジロ >>