森林科学園のモズ

f0372177_20110972.jpg
三月に入って最初の日曜日は、あしだち(足立・自然にふれあう会)の探鳥会が開催されていましたから、それに参加しようかとも思っていましたが、セツブンソウが咲いていますからそを観察しようと思い、栃木県の星野の四季の森へ出掛けてきました。先週末には既に咲いているという情報があって、もう遅かったのかと心配していましたが、現地ではドンピシャリのタイミングでたくさんのセツブンソウを観察することが出来ました。その結果については、また後日このブログで紹介する予定ですが、現地で思わぬ皆さんと出会いました。旧知の皆さんとここで出会うとは思ってもいませんでしたから、驚きましたが嬉しい出会いでもありました。そこで暫く立ち話などもできましたが、こんな出会いもたまにあっても良いものです。
f0372177_20541059.jpg
その後、野鳥観察をしようと近くの山に入りましたが、そこで聞きなれない野生動物の鳴き声が聞こえてきました。何だろうと足を進めてみると、捕獲用の罠の中に大きなイノシシが3頭も入っていたのです。近寄ってみると、イノシシは興奮して檻にバンバンぶつかっていました。この後この3頭の運命はどうなってしまうのでしょうか。可愛そうに思い、そのまま立ち去ってきましたがとても気になるところです。
f0372177_20542534.jpg
今日は、山野草観察が目的でしたから、セツブンソウをはじめザゼンソウやフクジュソウ、セリバオウレンなどを観察することが出来てそれなりに楽しめましたが、現地で日向ぼっこをしていたタヌキと遭遇したり、前述のイノシシを観察したりと出会いの多い日でもありました。
f0372177_20543216.jpg
前置きはさておいて、今回紹介しているのはモズの写真です。2月の三連休に長野県へ遠征してきましたが、雪に降られたので場所を変えて野鳥観察をしようと、12日(月)の建国記念日の振替休日に、多摩森林科学園へ立ち寄って撮影したものです。
f0372177_20543522.jpg
多摩森林科学園では、ミヤマホオジロが群れでたくさん観察できましたから前回 "多摩で出会ったミヤマホオジロ" として紹介していますが、この後でまた追加で紹介する予定です。
f0372177_20543895.jpg
今回紹介しているモズは、ミヤマホオジロを撮影している時にそこで撮影したものですが、その群れを追い回しているところも観察しました。縄張りに入ってきたミヤマホオジロは侵入者として攻撃対象になっていたようです。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-03-05 06:00 | 自然 | Comments(0)
<< 沢沿いに観察したジョウビタキ 多摩で出会ったミヤマホオジロ >>