落ち葉の中のヤマガラ

f0372177_22575473.jpg
朝の気温が低くなって来ました。今朝のテレビでお天気キャスターのお姉さんは、都内の気温が初めて3度を下回ったと紹介していました。昼間の気温も10度ということですから、今日は冷え込んだ一日になりそうです。こういう日に限って、外に出る仕事がありますが、お天気を恨んでも始まりません。気持ちだけは萎えないように、上を向いて歩いて来たいと思います。
この週末も日曜日に仕事が入ってしまいましたから、遠出することが出来ません。近場の探鳥地で我慢して、その代わり、来週は代休を取って三連休にしたいと思います。楽しみにしていた新潟県下でのガンカモ観察には、ちょうど良いタイミングになってくれそうです。
f0372177_22580448.jpg
さて、今回紹介している写真は、埼玉県の北本自然公園で撮影したヤマガラです。12月2日(土)に訪問して来ましたが、園内で出会う人は皆「野鳥の数が少ないね」と嘆いていました。でも、そんな中でも撮影することができ、野鳥の一つになります。
f0372177_22581358.jpg
たまたま、カラ類の混群が飛来してくれたようで、周囲が少し賑やかになりました。野鳥が少ない環境の中でもこんな群れに遭遇すると、良い撮影チャンスに恵まれます。
f0372177_22581743.jpg
散策路の10メートルほど先の地面に降りている、数羽のヤマガラを見つけました。位置関係が逆光になってしまいましたが、そのうちの1羽がどんどん私の方に近寄って来てくれて、カメラのオートフォーカスでもカバーしきれないほどでした。
f0372177_22582022.jpg
ヤマガラは、同じ仲間の他のカラ類と、群れを作って行動することが多いと思います。特に、繁殖期を過ぎると群れる傾向が強くなると思いますので、これからの季節は混群を見つければ写真が撮りやすくなると思います。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2017-12-10 06:00 | 自然 | Comments(0)
<< 梢に飛来したシメ 陽だまりにタヌキのファミリー >>