人気ブログランキング |

遠くにいたトウネン

f0372177_17313960.jpg
通勤途中に歩いていても、愛犬の散歩に付き合って歩いていても、他のワンコの散歩姿を見かけることが良くありますが、散歩しているワンコはよく覚えているのに、飼い主のことには殆ど注意がいっていないと気付きました。我が家でもペットのワンコを飼っているので、知らずに注目していることもあるでしょうし、リードを持つ人間は毎回同じではない場合もありますから、ワンコのことは覚えていても、リードを持つ飼い主はよく分からない事になってしまいます。
私が愛犬の散歩に付き合っていても、「チョコちゃんですね」と声を掛けてもらうことがありますが、私の名前を呼ばれることはまずありません。
だからどうこうという訳ではありませんが、可愛いワンちゃんだと言ってもらえると、飼い主としては嬉しくて思わずニンマリとしてしまいますから、親ばか以外の何者でもないと思っています。
f0372177_17314491.jpg
閑話休題、9月最初の週末は、まだまだ暑さが残っていて外出するのも大変でしたが、この時期を逃すとシギチの渡りを観察する絶好の機会を逃してしまうことになります....これは行ってみるしかありません。
f0372177_17315422.jpg
車で走り回っているうちは良いのですが、休耕田にシギチを見つけて、それでは撮影体制に入ろうと車の窓を開けてからが大変です。外の熱気が入って来てムンムンします。窓を全開にして風を受けながら撮影しましたが、すぐに汗まみれです。
f0372177_17315801.jpg
暑さで休耕田の上は陽炎が揺らいでいるようです。撮影しても像が揺らいでいるせいかシャープな画像が得られません。
広い休耕田の向こう側にいたトウネンは、遠くて撮影するのも大変です。
f0372177_17320743.jpg
この休耕田ではムナグロがたくさんいましたが、あとはコチドリ、タカブシギがボチボチといった状況です。トウネンは寂しいことに、この個体が1羽だけでした。
f0372177_17324670.jpg
もう10年以上も前の話ですが、谷津干潟でトウネンの大きな群を観察したことがありました。一面トウネンだらけでウジャウジャといった表現が当たっている状況でした。あの時の感動に比べると、たった1羽だけというのは、本当に寂しいものでした。

by coffeeto-p2 | 2017-09-23 06:00 | 自然 | Comments(0)
<< ムナグロがいた残暑の休耕田 休耕田にいたタカブシギ >>