戸隠森林植物園でこんな野鳥も

f0372177_21572498.jpg
関東地方にも梅雨入り宣言が出されました。しばらくは鬱陶しい天候の日が続くことになります。田んぼの稲作も、畑の作物も雨が降らなければ実ってくれません。四季の移ろいの中では、梅雨時の雨がもたらしてくれる自然の恩恵は、欠かすことが出来ない大切なものであることは分かります。でもその反面、雨が降ればその間、カメラを持って自然観察に出掛けることは出来なくなってしまいますから、週末のアウトドアライフを楽しみにしている私にとっては、あまり有難くない季節になります。これから梅雨明けまでの一月半は、天気予報と睨めっこしながら予定を立てなければなりません。
さて、今回は戸隠森林植物園へ行って撮影してきた結果紹介の最終回になります。これまで “キバシリ天国” から始まって、野鳥写真を中心に紹介を続けてきましたが、今回は紹介しきれなかった野鳥をまとめてみました。
f0372177_21571619.jpg
こちらはクロツグミです。園内を散策している間、遠くの方からクロツグミの囀る声が聞こえてきました。これは撮影するチャンスもあるだろうと期待していたのですが、実際にカメラに捉えたのはこの時1回だけで、それも数枚撮影したところで、すぐに飛び去ってしまいました。
f0372177_21573700.jpg
カケスも何回か姿を見せてくれました。この鳥は、ジェイ、ジェイと喧しく鳴きながら飛び交っていましたから、近くに飛来したことは直ぐに分かるのですが、葉陰に止まることが多くて、上手く撮影することが出来ません。
f0372177_21573281.jpg
ホーホケキョの囀りもずいぶん耳にしました。個体数は多いのですが、この鳥もあまり目立つところには出てきてくれません。散策路から遠く離れた枝先で囀る姿を、何とか捉えることが出来ました。
f0372177_21572829.jpg
頭上の高い枝先に飛来したアカハラです。森の中からキョロン、キョロン、ツィー という囀りの声が聞こえてきますが、なかなかその姿を捉えることが出来ません。かろうじて撮影できたのがこの写真でした。
f0372177_21571087.jpg
シジュウカラの仲間で、山の鳥としてよく観察できるのがヒガラ、コガラ、ヤマガラなどです。今回訪問した戸隠森林植物園では、以前に “茂みの中のヒガラ” として紹介していますが、このコガラも観察することができました。
f0372177_21572017.jpg
植物園の中のミズバショウ園を横切る木道を歩いていた時、探鳥会の御一行様と遭遇しました。ちょうどその時 「真上の梢にニュウナイスズメがいる。」 との声が上がりました。カメラを向けてみたところ、この写真を撮影することが出来ました。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2017-06-12 06:00 | 野鳥 | Comments(0)
<< 二子山のサンコウチョウ 戸隠のキビタキ再び >>