間近なオオアカゲラ

f0372177_23051425.jpg
週末は車中泊をしながら、各地の探鳥地を訪れることを楽しみにしています。そのために欠かすことが出来ないのがサブバッテリーですが、以前使用していたディープサイクルのバッテリーが蔕ってしまったので、リチウムイオンの新しいバッテリーを購入しました。重量は1.4Kgと小型軽量で、以前使用していたものが10数Kgあったのに比べたら、その取り回しの便利さは雲泥の差があります。ただ、その容量は 40800mAh 150Wh とされていますが、実際に使用したわけではありませんから、本当に実用に耐えられるかどうか少し心配もありました。今回、戸隠森林植物園へ遠征に出掛けるにあたり、そのリチウムイオン・バッテリーを実戦デビューさせてみました。
f0372177_23052457.jpg
5月19日(金)の夜から5月21日(日)まで2泊3日の車中泊をしながら実際に使用してみました。カメラのバッテリーの充電とスマホの充電はもちろん、夜間のLED照明の電源としても活用しました。一番電力を消費したのは扇風機です。高原でしたが昼間の気温が30度近くまで上昇しましたから、車内では涼しい風が欲しくなってしまいました。
f0372177_23060202.jpg
2泊3日の遠征を終わり、自宅に戻った時にはサブバッテリーの5段階あるインジケーターのうち2つが点灯していました。これならもう1泊しても、カメラやスマホの充電くらいなら全く問題ないことが確認できました。以前使用していたあの重いディープサイクルのバッテリーに比べても、遜色なく使える頼りになるアイテムになりました。
f0372177_23060745.jpg
さて、今回紹介するのは戸隠森林植物園で撮影することが出来たオオアカゲラの写真です。アカゲラは東京近郊でも観察できますが、オオアカゲラは標高の高い場所へ来なければ見られません。戸隠へ来て見られると、嬉しくなる野鳥の一つです。
f0372177_23061795.jpg
園内の中央広場からもみの木園地へと続く木道の途中に、オオアカゲラの営巣木がありたくさんのカメラマンが三脚を立てていました。午前中は逆光になる位置関係にありましたから、ここでは夕刻に撮影させてもらいました。
f0372177_23062022.jpg
この写真は、奥社参道の隋神門からキャンプ場方向へ少し入ったところで休憩している時に、キョッ、キョッと鳴きながら飛来してくれたものです。目の前の立木に止まってくれましたから、私一人で思いがけないシャッターチャンスに恵まれることが出来ました。
f0372177_23061020.jpg
オオアカゲラは、戸隠森林植物園のほかに奥日光の戦場ヶ原でも観察したことがあります。でも、そんなに個体数は多くありませんから、撮影できると嬉しい存在ですね。この場所で休憩している時に、キバシリも数羽の群れで撮影することができました。休憩中でも、周囲の様子を確認することが欠かせません。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2017-06-03 06:00 | 野鳥 | Comments(0)
<< 山の鳥ゴジュウカラ アオジも囀る >>