マヒワとキバシリそしてエナガ

f0372177_23255195.jpg
12月の最初の週末は、雪に埋もれる前の戦場ヶ原で鳥見をしてこようと、1泊2日の日程で奥日光へ出掛けてきました。今回のお目当ては、湯川に潜むアオシギを撮影することと、レンジャクやオオマシコなどの冬の小鳥類を観察することにあったのですが、残念ながらそんな目論見は見事に外れてしまいました。アオシギはともかく、驚いたことに広い戦場ヶ原のズミの木に、たくさん生っているであろう実が、どうした訳か全く付いていません。これでは今シーズンの冬の小鳥類を観察することは期待できません。異変といってもいいような状況でした。
私にはその理由は全く分かりませんが、この冬のシーズンに奥日光へ足を運ぶのは、あまりお勧めできる状況ではありません。行ってみて、ガッカリすることが目に見えていると思います。
f0372177_23255991.jpg
ズミの木に実が生っていた年には、レンジャクの群れが飛来して冬枯れの戦場ヶ原に神々しいまでの姿を見せてくれたのに、今年はレンジャクに限らず、アトリの姿すら見られませんでした。
f0372177_23255590.jpg
その代わり、湯川沿いの高い木に飛来していたカラ類の混群が目に付きました。ここには、マヒワと小柄の群れが飛来していましたが、とにかく高いところを動き回るので、撮影対象としては絵になるような写真は望むべくもありません。
f0372177_23253486.jpg
1日掛けて、かなり広範囲を歩き回ってきましたが、労多くして効果なしと言ったところです。辛うじて、このキバシリの姿を撮影することが出来ました。これは、エナガの群れを撮影している時に、またまたまファインダーの中に入ってきたものです。
f0372177_23253122.jpg
キバシリの姿を確認できたのは、ほんの一瞬のことでした。アッと思ってシャッターを押しましたが、数カット撮影したところで、すぐに姿が見えなくなってしまいました。
f0372177_23252784.jpg
エナガの群れは賑やかでした。ジュクジュクと鳴き交わしながら枝から枝へと渡り歩いています。しばらく撮影対象になってくれたエナガの群れは、間もなく林の向こうへ飛び去って行きました。
f0372177_23251413.jpg
今回、戦場ヶ原の周辺で目に付いた小鳥は、コガラとこのエナガ、コゲラが殆んどでしたが、あとはマヒワとキバシリくらいのものでした。餌が少ない環境ですから仕方がないところですが、とても寂しい状況でした。
f0372177_23251008.jpg
戦場ヶ原の湯川周辺では、ちょっと期待はずれでしたが、ここでエナガなどを撮影したあと、中禅寺湖へ移動したところ、思わぬ野鳥の写真が撮影できました。その模様は、また次回紹介することにします。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2016-12-21 06:00 | 野鳥 | Comments(0)
<< 樹上のオオワシ カワガラスとの出会い >>