ミコアイサ in 朝日池

f0372177_18474866.jpg
毎朝起床してから職場へ向かうために家を出るまで、概ね1時間くらいの時間がありますが、このパターンがほぼ決まっています。二階の寝室から降りて来て、まず食堂でコーヒーメーカーでコーヒーを淹れます。そして、日課となっている体重測定と血圧測定をしてスマホに記録してから電気シェーバーで髭剃りをするわけですが、そんなことをしているうちにカミさんが起きて来て朝食の準備を始めます。オーブントースターでパンを焼いて、私はパジャマから出勤用のスーツに着替えます。テレビのニュースや天気予報などを確認しながら朝食をとり、トイレを済ませてから歯磨き洗面をして、自宅を出るまでちょうど1時間ほどのスケジュールをこなすことになります。
f0372177_18475770.jpg
毎朝このパターンで動いていますが、今朝はカミさんがなかなか起きて来ません。朝食の時間が遅れると、それに連れて他のスケジュールも変わってしまいます。ヤキモキしながら定例のパターンをこなし、自宅を出ようとしたら、今日はゴミ出しの日だからと、スーパーのレジ袋2個分のゴミを託されました。何ともはや、バタバタの出勤風景になってしまいました。
f0372177_18480069.jpg
今日は職場で大事な会議が2つもあるから、せめてそこだけはバタバタしないようにゆとりを持って臨まなければと、今は電車の中でこの書き込みをしています。
f0372177_18480448.jpg
さて、今回紹介する写真は、新潟県上越市にある朝日池で撮影してきたミコアイサの写真です。雪が降る前に行ってこようと、11月26日(土)〜27日(日)の最終週に出掛けてきました。
f0372177_18480795.jpg
それにしても、たくさんいるマガモやオナガガモたちは岸から近いところにいるのに、ここのミコアイサたちは岸から離れた遠い水面を好んで浮かんでいました。それだけ警戒心が強いということでしょうか?
f0372177_18481081.jpg
カメラを構えて撮影していたら、ミコアイサのペアが飛び立つところを撮影することが出来ました。♀が水面を蹴りながら飛び立とうとすると、遅れまじとばかりに♂も後を追いました。
[PR]
by coffeeto-p2 | 2016-12-14 06:00 | 野鳥 | Comments(0)
<< オナガガモの大群が飛来 田園地帯のコハクチョウ >>