朝日池にいたカンムリカイツブリ

f0372177_18042284.jpg
この週末は、私の山登りの仲間たち(登友会)と忘年登山に行って来ました。今回は、山に登った後で忘年会の予定がありましたから、電車で行かれるところを選定してもらいたいとお願いしていましたが、幹事のかずとり君が選定してくれた山は高水三山でした。以前、軍畑の駅から登った山ではありましたが今回はその逆コースで御嶽駅から登ることになりましたから、私も逆ルートを楽しみながら歩いてくることが出来ました。
今回のルートは8名のパーティーで、厳しい所もないハイキングコースでしたから、久しぶりの楽々楽しめる山歩きを堪能してくることが出来ました。下山後、河辺駅前の温泉施設で汗を流し、その後で立川の宴会場に移って、ここから宴会だけ参加のA部長を交えての忘年会が催されました。色々な話が聞けて面白かったし、楽しい仲間たちの集まりでしたから、とても充実感のある1日になりました。
f0372177_18041985.jpg
ところで、今回書き込んでいるこの記事は、忘年会が終わった後の電車の中で書き込んでいますから、支離滅裂になる可能性があります。その点は予めご容赦願います。
f0372177_18041702.jpg
さて、今回紹介するのは、11月の最終週に行って来た新潟県の朝日池で観察したカンムリカイツブリになります。堰堤の脇に繋がる道路側から撮影していますが、広い池ですから少し距離がありました。
f0372177_18041411.jpg
そんな中で、湖岸から割合近いところで私の撮影に付き合ってくれたカンムリカイツブリがいました。有難うございました。お陰でこの時は、その姿を撮影させてもらうことが出来ました。
f0372177_18041219.jpg
上の写真では、水中に頭を突っ込んで、餌となる魚を捉えたのかと思ったのですが、この時は、葦か蓮の茎を咥えていました。その後で、水面で羽をブルブル震わせて羽繕いを見せてくれました。
f0372177_18040875.jpg
マガンやオオヒシクイがたくさんいた朝日池ですが、このカンムリカイツブリも存在感を主張してくれました。お陰で、ここで紹介できるだけの写真を撮影することが出来ました。
[PR]
by coffeeto-p2 | 2016-12-12 06:00 | 野鳥 | Comments(0)
<< 田園地帯のコハクチョウ 田んぼのマガン >>