田んぼのマガン

f0372177_12444941.jpg
日本海側にたくさん飛来しているであろうガンカモの仲間を撮影するために、新潟県へ遠征旅行へ出かけて来ました。雪が降り積もってしまうと、野鳥観察どころではなくなってしまうことでしょう。その前に何んとか足を運んで来ようと思い、ホンダのディーラー店にお願いして11月24日にタイヤの交換をしてもらっていました。折りしもその日、東京地方では初雪が降りましたから、グッドタイミングであったと思います。これで少々雪に降られても安心して運転することが出来ます。
11月26日~27日の最後の週末に、予定通り新潟県の朝日池まで車を走らせました。ところが天気だけは思うようには行きません。1日目の土曜日は良いお天気に恵まれたものの、2日目の日曜日は朝から雨に降られてしまいました。でも幸いなことに、その雨も午前中には上がってくれましたから、2日目のこの日は周辺の田んぼを巡って、マガンやオオヒシクイの群れを探すことにしました。
f0372177_12444377.jpg
上手くすれば近いところから撮影できるかもしれません。事前の天気予報でも2日目は雨の予報でしたから、どのみち車の中から撮影すれば、雨が降っていてもそんなに影響はないでしょう。そう思ってはいましたが、思いがけず止んでくれましたから、こちらとしては大喜びでした。それで、この日は車で周辺の田んぼを走り回り、二番穂を食べに降りているガンの群れを撮影することにしました。
f0372177_12444669.jpg
朝日池から農道を走り継いで、広い田園地帯をくまなく走り回って来ました。北陸自動車道の柿崎インターの先まで走り回りましたが、お目当てのガンの群れは何処にも見当たりません。もっと遠くまで飛んで行って採餌しているのでしょうか? かなり気落ちしてしまいました。
帰りの時間も気になりますがら、今度は旧頸城村の周辺を舐めながら、帰路につこうと朝日池の近くまで戻って来たのですが、そこに数百羽の大集団で降りているガンの群れを見つけることが出来ました。こんな事ならあんなに遠くまで探しに行くこともなかったのに....。
f0372177_12443589.jpg
今回のお目当てであった朝日池のガンカモ類の撮影は、天気が良かった1日目にほとんど達成できましたが、岸からは少し距離があって思うような写真にはなりません。それでも、群れで飛翔しているマガンの群れは、手ごろな撮影対象になってくれました。
f0372177_12443161.jpg
1日目はとても良いお天気でした。到着した朝日池では、とてもたくさんのマガンやオオヒシクイが池の中で羽を休めていました。昼間は周辺の田んぼで餌を食べている筈なのに、これはちょっと様子が違うなと思いながら、でも時折池を飛び立ったり戻ってきたりする、マガンやオオヒシクイの群れを撮影することが出来ました。
f0372177_12444081.jpg
周辺の田園地帯を走り回ってガンの群れを探し回って来ましたが、その間に見たものは稲刈りの終わった田んぼに、たくさん残っていた二番穂です。流石は日本有数の米どころです。こんな豊かな環境が残っていますから、マガンもオオヒシクイもここで安心して越冬することが出来るでしょう。でも、雪に埋もれて餌が取れなくなってしまったらどうなってしまうことか....。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2016-12-11 06:00 | 野鳥 | Comments(0)
<< 朝日池にいたカンムリカイツブリ オジロワシが出現!! >>