ミコアイサとカワセミ

f0372177_22414105.jpg

師走を迎えて、うちの業界でも一気に忘年会ムードが高まって来ました。仕事関係のつながりで、毎週のように宴会が入って来ましたから、仕事もさることながら、アフターファイブのお付き合いもなかなか大変な状況です。今日もそんな仕事絡みの忘年会に呼ばれて参加して来ましたが、この宴会では例年恒例となっている福引大会が催されます。参加者がそれぞれ持ち寄った景品を福引で交換し合う催しですから、空クジは無しということになっています。参加者は全員が名刺を出して箱の中に入れ、景品の提供者が箱の中から出品数だけの名刺を拾い出してプレゼントする形式です。色々な景品が揃いましたから、どれが当たるか福引タイムになると、会場は大変な盛り上がりようでした。
f0372177_22412212.jpg

この忘年会には、招待という形で参加させて貰いましたが、福引にも参加させてもらって、何と赤ワインと白ワインのセットが当たりました。申し訳ない気分ですが、声を掛けてくれた皆さんに厚く御礼を申し上げて、楽しく帰宅することが出来ました。
f0372177_22410444.jpg
年末だけの楽しいイベントですが、皆さんと意見交換しながら、楽しいひと時を過ごすことが出来ました。忙しい師走のギシギシした雰囲気の中に、ひと時の安らぎを与えてもらったような気分です。これでまた、明日からのやる気が大きく膨らんで参ります、
f0372177_22413502.jpg
さて、今回紹介するのは、勤労感謝の日に足を運んだ芝川で観察したミコアイサとカワセミです。
ミコアイサは、ペアでいましたが♂の個体はまだ換羽が終わっていないで、♀の個体のような羽衣をしていますが、2羽で並んでいるとペアであることが分かります。
f0372177_22393926.jpg
こちらは、同じ芝川の中で撮影したカワセミです。水門の近くに留まっていたのを知らずに近づいて飛ばしてしまいましたが、またすぐに戻って来てくれました。今度は枯れた枝先に止まりましたから、すかさず撮影対象とすることが出来ました、
f0372177_22394331.jpg
ミコアイサの写真を撮っていたら、チーッと鳴く声が聞こえて来ました。カワセミの声だと直ぐに分かりましたから、周囲を探して見たところ、茂みの中にその姿を見つけることが出来ました。


[PR]
by coffeeto-p2 | 2016-12-04 06:00 | 野鳥 | Comments(0)
<< 芝川第一調節池のカラス 草地のタヒバリ >>