タグ:自然 ( 243 ) タグの人気記事

畦のキアシシギ

f0372177_20350568.jpg
手賀川の周辺に広がる田園地帯で、シギチ観察を楽しんできました。この日は、いつも珍鳥情報の連絡をくれる鳥友さんから、ツバメチドリが出ているとのメールが届きました。ゴールデンウィーク中は遠征に出掛けていましたが、自宅に戻った最終日は、1日をフルに使って撮り貯めた写真の整理などをしようと思っていた日でした。珍しい野鳥の出現情報を貰い、特に他の予定もなかったので、手賀沼の周辺でしたからこれは行ってみなければと、早速足を運んでみることにしました。
f0372177_20351038.jpg
現地に到着してみると、たくさんの人だかりでツバメチドリはすぐに撮影することが出来ました。じっと伏せっていて動きがなく、間も無く飛び去っていきました。その様子は “休耕田のツバメチドリ” として紹介していますから参照してください。
f0372177_20351372.jpg
お目当が飛び去ってしまいました。また戻って来るのを待っても、いつになるかも分かりません。それでは周辺の田圃を回って他のシギチでも探そうか....。ユックリと車を走らせながら周囲の田圃を探してみると、遠くの畔にきた5〜6羽のシギの小群が目に留まりました。
f0372177_20351609.jpg
双眼鏡で確認すると、キアシシギであることが分かりました。とても距離がありますが、これ以上近づくことは出来ません。助手席の窓からオリンパス E-M1 + ED300mmF2.8 + ED-20 (換算1,200mm相当)で撮影しても、これくらいの写真がやっとの状況でした。
f0372177_20352188.jpg
やがて、キアシシギの群れは一斉に飛び立っていきました。もう少し撮影したい。出来れば近づいてくれるまで待ってから撮影しようと思っていたのに、ちょっと残念な結果になってしまいました。でも、シギチ探しの田んぼ巡りで見つけることが出来ましたから、自分なりには満足しています。
[PR]
by coffeeto-p2 | 2017-05-29 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

水田にムナグロが

f0372177_22162185.jpg
沖縄地方では既に梅雨入りをしているわけですが、6月に入れば間も無く関東地方も梅雨入りとなるでしょう。その走りというわけでは無いでしょうが、5月25日(木)から26日(金)にかけて都内でも雨模様となりました。ひところは、気温が30度近くまで上がって、早くも夏の到来かと思わせられる日も続き、体調的にグッタリしてしまうこともありましたが、雨模様の日はそれに比べたらシットリしていて、過ごしやすく感じます。でも、その日は外に出る仕事が入っていましたから、傘を差して出掛けることを考えると、ヤッパリ雨降りは有難いものではないと感じてしまいます。....とはいえ、農作物の成長を促し、自然を育んでくれる雨ですから、恵みの雨として感謝しなければならないのも確かです。
f0372177_22162594.jpg
ゴールデンウィークの最終日となった5月7日(日)は、ツバメチドリが出ているという連絡をもらって、手賀沼周辺の田園地帯へ行ってきました。何とか撮影して来ることは出来ましたが、そのついでに付近の田圃を巡ってみたところ、何種類かのシギチの姿を確認することが出来ました。
f0372177_22160375.jpg
田植えが終わったばかりの水田に、ムナグロの群が降りていました。南半球で越冬して、これから北極圏に近いシベリアの繁殖地まで渡っていくところでしょうか。通過地点となる日本の田圃などでシッカリと栄養補給をして、長旅に備えているわけですね。
f0372177_22161615.jpg
ムナグロの群れには、顔からお腹にかけて黒色の羽衣をした名前通りの個体と、この写真のように茶褐色の個体が混じっている個体がいます。これは♂と♀の違いではありません。お腹が黒いのは夏羽で、茶褐色のものは冬羽の個体になります。
f0372177_22150161.jpg
この個体は、ほぼ夏羽に換羽していますが、渡りの途中で夏羽に換羽していく個体もいるようです。南半球から北半球への長旅ですから、目的地に到着するまで、かなりの時間を要することでしょう。
f0372177_22145191.jpg
この日足を運んだ手賀川周辺の田園地帯は、既に田植えが終わっている田んぼがある一方で、まだ水も引かれていない田んぼもありました。探す方とすれば、水が張ってある田圃の方が断然見つけやすいところです。
f0372177_22144049.jpg
撮影に使用した機材は、オリンパス E-M1 + ED300mmF2.8 + ED-20 (換算1,200mm相当)を車の助手席側にセットした三脚に固定してメインに使用し、サブとしてE-M1mk2 + M.300mmF4 + MC-14 (換算840mm相当)を手持ちで撮影していました。サブのセットを準備できるようになって、車のどちら側に野鳥が出ても、逃さず撮影できるようになりました。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2017-05-28 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

畦道のチュウシャクシギ

f0372177_22143920.jpg
仕事の都合で、早朝出勤しなければならないことがあります。月に1〜2回はありますが、午前6時半くらいには職場に到着できるように自宅を出なければなりません。そんな日は、当然、自宅で朝食を食べている時間はありません。顔を洗って身支度を整え、直ぐに出掛けなければなりませんから、途中のコンビニでパンとサラダ、ヨーグルトなどを買って、職場で朝食を済ませることにしています。
今日も、そんな早朝出勤しなければならない日に当たりましたが、冬の間は真っ暗なうちに自宅を出なければならなかったのに、今の時期はすっかり明るくなっていて、陽も差していますから気持ち良ささえ感じます。暗いうちに家を出る時に比べると、同じ時間の早朝出勤でも、随分と気分が異なるものです。
f0372177_22151080.jpg
今朝は、自宅を出るときに、バナナを1本持ってきましたから、職場には美味しいコーヒーがありますから、これでもう立派な朝食をいただくことが出来ます。しっかり朝食をとることができましたから、さあ今日も1日頑張りましょう。
f0372177_22154106.jpg
さて、今回紹介するのは、千葉県の手賀沼周辺の田園地帯で撮影したチュウシャクシギの写真です。この日は、ツバメチドリが出ているという情報を頂き、足を運んできました。お目当ての写真は撮れましたがすぐに飛ばれてしまったので、周辺の田んぼ巡りをしたところ、このチュウシャクシギを撮影することが出来ました。

f0372177_22164110.jpg
田園地帯を貫く農道の畦道に、車をゆっくり走らせながらシギチの姿を探し求めていました。遠くの田んぼにばかり目が行って、なかなか見つけられなかったのですが、気が付けば車を走らせていたすぐ目の前に、チュウシャクシギが数羽で佇んでいました。
f0372177_22161099.jpg
チュウシャクシギが警戒して飛び立つ前に発見できました。助手席にメインカメラであるオリンパス E-M1 + ED300mmF2.8 + ED-20 (換算1,200mm相当)を据え付けていましたが、前方に降りていましたから撮影できません。それで直ぐに車を停めて、運転席の窓から体を乗り出すようにして、サブカメラの E-M1mk2 + M.300mmF4 + MC-14 (換算840mm相当)で撮影したのが今回紹介する写真です。


[PR]
by coffeeto-p2 | 2017-05-27 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

休耕田のツバメチドリ

f0372177_21081963.jpg
昼間の気温が30度近くまで上がり、上着を着て外へ出ると汗が滲んでくるようです。既に7月上旬の夏の陽気となりました。出勤するために自宅を出る時には、朝から既に20度を超えていますから、涼しいというような感じではなく、上衣は着ないでノーネクタイのワイシャツ姿で出掛けたくなります。
こんな時期は、山へ行けば野鳥が元気な声で囀り、活発に動き回る姿を見せてくれますから、カメラを担いで歩きまわって来るのに最適です。毎日が週末であってくれたら良いのにと思うのですが、なかなかそんな上手い具合にはいきません。平日は自宅と職場の間を往復しながら、次の週末を楽しみにしている毎日です。
f0372177_21082398.jpg
さて、今回紹介するのは、ツバメチドリの写真です。図鑑によれば夏鳥または旅鳥とされていて、あまり見る機会には恵まれませんから、情報を頂くとすぐに出掛けてきました。そして、少し距離はありましたが撮影して来ることが出来ました。
f0372177_21082790.jpg
川に沿って広く田んぼが続いている田園地帯です。これといった目標が無いのですが、現地へ行ってみると、たくさんの車が駐車していて、5〜60人ほどのカメラマンが望遠レンズの砲列を敷いていました。鳥を見つけるより、人を見つける方が手っ取り早いですね。すぐにその場所が分かりました。
f0372177_21082937.jpg
この日足を運んできたのは、千葉県の手賀沼から流れ出る手賀川沿いの田んぼでした。農道から双眼鏡で覗いて見ると、2羽のツバメチドリが休耕田の中にジッと伏せていました。土の色と同系色ですから、見つけにくいことこの上もありません。何枚か写真を撮影すると、間もなくいずれかへと飛び去ってしまい、あっけない幕切れとなってしまいました。その後、周辺の田んぼを巡ってみたところ、ムナグロチュウシャクシギキョウジョシギキアシシギなどたくさんのシギチ類を撮影することが出来ました。その結果はまた順次紹介していきたいと思います。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2017-05-26 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

渓谷に出てきたニホンリス

f0372177_18411843.jpg
これまでずっと、ゴールデンウィーク中に出掛けた、栃木県県民の森で自然観察をして来た結果について書き込みをしてきましたが、ちょっと長くなってしまいました。その後撮り貯めた写真がずいぶん溜まっています。もう5月も終盤になってきましたから、この辺でケリをつけて次に進みたいと思います。....ということで、ゴールデンウィーク中の結果の紹介は、今回が最後になります。
これまで、野鳥写真ばかりを紹介してきましたが、県民の森の宮川渓谷で野鳥の出現を待っている間、森の中からリスが出てきてくれましたから、思い掛けない撮影対象となりました。
f0372177_18410965.jpg
この宮川渓谷は、前にも紹介したように遊歩道が整備されている最上流部では水量が豊富で、水音で野鳥の囀りもかき消されてしまうほどですが、途中でこの水が川底に浸み込んでしまうのでしょうか、下流側では全く水の流れが無くなってしまいます。
f0372177_18411486.jpg
宮川渓谷遊歩道の下流側は、水の流れていない枯れた渓谷沿いを歩くことになりますが、今回はこの辺りでクロツグミが雌雄で出たり、サンショウクイも♂と♀が撮影出来るなど、成果が上がりました。そこでしばらく待っていたら、森の上の方から小動物が移動して来るのを見つけました。
f0372177_18412319.jpg
初めはイタチか何かだろうと思ったのですが、枯れた渓谷の中に出て来てくれて、全身がはっきりと確認できました。それがこのリスだったのです。
f0372177_18412654.jpg
幸運にもこのリスは、渓谷に降りると私の存在に気づかず、近寄って来てくれました。こちらがビックリしてドキドキしてしまいました。リスの種類はよく分かりませんが、とりあえず撮影しておいて、後から種類を調べてみようと思いました。
f0372177_18413081.jpg
さてこのリスですが、後からインターネットを利用して調べてみると、自信はありませんが、どうやらニホンリスであるようです。自然豊かな宮川渓谷ならではの、嬉しい野生動物との出会いでした。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2017-05-25 06:00 | 動物 | Comments(0)

森のコサメビタキ

f0372177_23224363.jpg
各地で5月としては記録的な暑さを記録した第3週の週末は、野鳥観察をしてこようと思い、戸隠森林植物園へ行ってきました。森の学びやがある駐車場では、除雪した雪が山のように積まれて残っているというのに、昼間の気温は25度を超えて、30度近くまで上がっていました。日向を歩いていると暑くてクラクラします。標高1,400mの高原でも日陰が恋しいほどで、すっかり夏の様相となっていましたが、カタクリやミズバショウが咲き乱れ、季節の錯綜を実感する眺めでした。
さて、今回紹介するのはコサメビタキの写真ですが、こちらはゴールデンウィーク中に栃木県県民の森で撮影して来たものです。
f0372177_23223331.jpg
県民の森では、カタクリの花が咲き残っていましたが、既に花期は終わりかけていました。新緑が芽生え始める時期を迎え、森の中は次第に賑やかになって来ています。
f0372177_23231852.jpg
そんな環境の中で、たくさんの夏鳥たちを観察することが出来ましたが、特に多く目に付いたのはこのコサメビタキでした。初日に撮影したものは “渓谷沿いのコサメビタキ” として既に紹介しています。今回は、2日目に撮影した写真だけを集めて紹介します。
f0372177_23232164.jpg
ここでは早くも巣作りが終わり、抱卵を始めているのでしょうか? 巣の中に伏せている姿が確認できました。コサメビタキは、枝の上に巣をかけますから見つけやすいと思います。
f0372177_23232587.jpg
ここでも枝の上に巣をかけています。個体数が多いですから、当然巣の数も多いわけですが、この日は2ヶ所で営巣しているところを確認することが出来ました。
f0372177_23232961.jpg
こちらは珍しい、キビタキとのツーショットです。枝先のコサメビタキを撮影していたら、偶然キビタキが飛来してくれました。思いがけない幸運ですが、私は初めて撮影したコサメビタキとキビタキのツーショット写真でした。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2017-05-24 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

森のキビタキ

f0372177_22444791.jpg
毎日の夕食では、缶ビールを1本空けることが習慣となっています。カミさんが用意してくれる夕飯のおかずが、そのまま私のツマミになるのですが、1本空けるとその後はウィスキーの水割りがこのところの定例コースになっています。以前は、続けて缶ビールを空けることがありましたが、ビールばかりでお腹が膨れてしまいます。水割りを飲みながらナッツ類を摘むのが毎晩のスタイルになりました。このため、もう何年も夕飯でご飯を食べることが無くなりました。
f0372177_22462416.jpg
うちのカミさんもナッツ類が好きで、一緒にポリポリ齧っていますから、今では仕事帰りに職場近くのディスカウントストアで、素焼きアーモンドやカシューナッツ、クルミなどの徳用袋を購入して来るのが私の役目になっています。
f0372177_22463526.jpg
ナッツの種類は時にはピスタチオに変わったり、マカデミアンナッツになったりもしますが、そんなナッツ類だけをツマミに、水割りを2、3杯飲むのがこのところの毎晩の日課となりました。
f0372177_22464058.jpg
さて、今回紹介しているのは、キビタキの♂の写真ですが、ゴールデンウィークの後半に、栃木県県民の森へ出掛けた時に撮影したものです。
f0372177_22464499.jpg
5月3日は東北自動車道の大渋滞が予想されていましたから、前日の5月2日の夜に出発して上河内サービスエリアで一泊して、3日の朝に到着しましたが、その日にキビタキはたくさん撮影できましたから、“キビタキの♂と♀”として既に紹介しています。
f0372177_22464798.jpg
今回紹介している写真は、5月4日に撮影したものです。栃木県県民の森を流れる宮川渓谷では、キビタキの他にオオルリサンショウクイクロツグミなどたくさんの野鳥が観察できました。
[PR]
by coffeeto-p2 | 2017-05-23 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

梢のオオルリ

f0372177_17165288.jpg
孫娘が1歳3ヶ月になりました。娘夫婦は、我が家から2、3分のところにあるマンションに住んでいますが、車を持っていません。カミさんは、娘夫婦と一緒に出掛けることを口にするようになり、チャイルドシートも購入しましたが、今の車はホンダ・スパイクのハイブリッドで定員5名ですから、大人4名乗車でチャイルドシートは使えません。それで買い替えを検討していますが、私は車中泊をしながら遠出をする事が多いので、候補の車はホンダ・ステップワゴンのハイブリッドを検討しています。ネットの情報を拾ってみると、燃費は27㎞/ℓ程度が予想されていますから、今のスパイクの21.6㎞/ℓより遥かに良好です。また、ニッサン・セレナの新型ハイブリッドは、30㎞/ℓに近い燃費との予想もありますから、こちらも気になるところです。いずれも、自動運転の機能が搭載されて来るのは間違いないようですから、これは買い換えても損はなさそうです。
f0372177_17171857.jpg
でも、問題はその発売時期です。ホンダもニッサンも今年の10月以降になりそうですが、今のスパイクの車検は今年の7月で切れますから、どうしても車検を通してからでないと買い替えが出来ません。そこがちょっと面白くないところです。
f0372177_17173308.jpg
車を買い替えたら、孫一家とのお出かけもさることながら、広い車内で車中泊が楽になるし、今まで以上に遠出もできるようになると思います。これまでは二の足を踏んでいた関西や西日本、東北・北海道まで視野に入り、行動半径がもっと広がりそうです。
f0372177_17173847.jpg
さて、今回紹介するのは栃木県県民の森で撮影してきたオオルリの写真です。5月3日と4日にそれぞれ撮影しましたが、3日に撮影した分は “オオルリの♂と♀” として既に紹介しています。4日はクロツグミに狙いを絞っていましたが、オオルリもたくさん撮影できましたから、ここでまとめて紹介します。
f0372177_17174133.jpg

この日も、遊歩道を歩いていると、梢の上からオオルリの囀りがよく響いて来ました。これから営巣地を確定させていくことでしょう。そのためには、縄張りをしっかり確保しておかなければなりませんから、縄張り宣言のための囀りが欠かせません。
f0372177_17174485.jpg
宮川渓谷の遊歩道は、渓谷に沿って道が付けられていますが、少し高いところも通ります。運が良いと、そんな所から目線の高さで撮影できることもあります。尾羽を立てて囀りをしていたこのオオルリも、ほぼ目線の高さで撮影する事が出来ました。
[PR]
by coffeeto-p2 | 2017-05-22 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

ミソサザイ囀る

f0372177_15223729.jpg
栃木県県民の森の中を流れる宮川渓谷を歩いていると、大きな囀りの声が響き渡ってきました。ミソサザイの囀りです。全長11cmの、スズメより一回り以上小さい野鳥ですが、その声の大きさは天下一品、渓谷中に響き渡るほどの大きな鳴き声でした。濃褐色の目立たない羽衣をしているうえ、普段は茂みや倒木の影などを動き回っていてあまり目につかない野鳥ですが、ひとたび囀りを始めると、突然その姿がクローズアップされてきます。
山道などを歩いていると、何処からかその大きな囀りの声が響いて来る事がありますが、動かないで囀っていると、姿を見つける事が難しいこともあります。
今回は、そんなミソサザイの囀る姿を撮影する事が出来ましたから、紹介したいと思います。
f0372177_15224294.jpg
この日は、早朝からクロツグミの写真を撮ることを目的に、前日チラリと姿を見たポイントへ向かうところでした。途中で三脚を立てて野鳥の出現を待つカメラマンがいましたから、挨拶方々声を掛けると「朝一番にクロツグミの♂と♀が出た。」というのです。これは期待が持てそうです。それではと、私も暫く待たせてもらうことにしました。
f0372177_15230363.jpg
渓谷中に響き渡る囀りの声を聞かせてくれたミソサザイですが、先着のカメラマンから「大きな声で囀っていても、枝先に出ることはなく、地面に近いところで囀る事が多い」と教えてもらいました。なるほど、ここでは倒木の上で囀っていました。
f0372177_15233118.jpg
そのカメラマンと並んで待つこと2時間ほど、ずっとその場所に滞在しましたが、結局クロツグミは鳴き声は聞こえたものの、一度も姿を見せることはありませんでした。その間に姿を見せてくれたのはこのミソサザイとキビタキ、サンショウクイなどでした。
f0372177_15230031.jpg
この場所に長く止まっていたことで、お目当のクロツグミは出なかったものの、このミソサザイ始め、何種類かの野鳥写真を撮影できました。でもやっぱりクロツグミを撮りたいと、前日に姿を見たポイントへと移動しました。そこでの成果については既に紹介していますから、是非見てください。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2017-05-21 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

渓谷沿いのコサメビタキ

f0372177_14384115.jpg
職場での昼食はいつも和食にするか中華、洋食又は蕎麦にするか、食べたいメニューを考えて近くのお店へ出掛けることにしていますが、忙しい時やメニューが決まらない時、雨降りの日などは、職場の三軒隣にある牛丼屋へ行く事が多くあります。サラダ付きの牛丼セットであれば、500円ですからリーズナブルであるとともに、何と言っても注文してから出て来るまで1分くらいしか掛かりませんから、待たされる事なく短時間で食べて来る事が出来ます。昨日もその牛丼を食べて来ましたが、さて今日は何を食べましょうか....。アッそうだ、今日は職場のワーキングランチの日だった。みんなでお弁当を食べながらミーティングでした。
f0372177_14384326.jpg
のんびりとお昼ご飯のことを心配していられるというのは、平和である証ですね。でも、私は食べるものに関してはあまり執着がありません。ドコドコのお店が紹介されて美味しそうだという評判を聞いても、安くて早く済ませられるお店を選ぶことの方が多いと思います。
f0372177_14384737.jpg
さて、話が野鳥の話から全くズレてしまいましたが、今回紹介するのは、栃木県県民の森で撮影してきたコサメビタキの写真です。散策している間、よく目につきましたから、個体数は多いと思います。
f0372177_14385360.jpg
コサメビタキの場合は雌雄同色ということで、羽衣の違いから♂と♀を識別することはできません。また、ヒタキの仲間は、特に♀の個体はよく似た羽衣をしていますから、識別が難しいですね。
f0372177_14385525.jpg
このコサメビタキもご多分に洩れず、ヒタキの♀の紛らわしい羽衣をしていますから、識別は難しいのですが、比較的樹木の高い所を中心に移動し、あまり地面に近いところには降りてこないこととか、目先が白い所からこれを識別ポイントにしています。
f0372177_14385956.jpg
枝先に止まったコサメビタキが、羽繕いを始めました。ふっくらとした羽毛を一本一本、嘴で梳いています。ノンビリした仕草に可愛らしさが感じられました。
[PR]
by coffeeto-p2 | 2017-05-20 06:00 | 野鳥 | Comments(0)