タグ:ユリ科 ( 3 ) タグの人気記事

雨に濡れるカタクリの花

f0372177_22460194.jpg
例年サクラの花が咲く頃には、野山のカタクリの花も見頃を迎えます。春先には是非見ておきたい山野草ですが、見頃を把握して足を運ぶタイミングが難しいところです。今回、カタクリの花を撮影したのは4月8日のことですが、実は3月26日にもこの場所へ行って見ました。でも、ちょっと時期が早かったようです。その時はまだ蕾も硬くて、とても花が観察できるような状況ではありませんでした。せっかく足を運んで来たわけですからガッカリしましたが、満開のタイミングで観察しようと思ったら、何回も足を運ぶか、しっかりと情報収集しておかなければなりませんね。
f0372177_22454462.jpg
今回、カタクリの花を観察しようと思って足を運んだのは、栃木県那珂川町のカタクリ山公園です。自宅を出発する時はは曇りであったのですが、東北自動車道を走っていたら、かなり強い雨が降って来ました。昼くらいには雨も上がるだろうと、とりあえず現地まで行ってみることにしました。
f0372177_22453678.jpg
前回訪れたのは3月26日のことでしたから、あれから2週間も経ってしまいました。まだ咲いていてくれるだろうか? 心配しながら東北自動車道の矢板インターを降りて、一般道をしばらく走ります。
f0372177_22455999.jpg
この前の週は、渡途中のシギチ類を観察しようと霞ヶ浦周辺へ出掛けていました。一度にシギチ類も山野草もと欲張るわけにも行きません。先週末も雨がちだったのですが、この週末も二日間とも雨が降りました。でも、雨が降り止んだ時を上手く使って撮影できたのは幸運でした。
f0372177_22454058.jpg
カタクリ山公園は、前回訪れた時にカタクリの大群落があることは見て来ましたが、それが花開いた状況を是非観察したいと思いました。この林の中は、カタクリで埋め尽くされています。
f0372177_22454886.jpg
斜面を埋め尽くすカタクリの花です。雨が降っていたため、花弁を十分に広げていませんが、これだけ折り重なって咲いていると、お見事と拍手を送りたくなります。
f0372177_22455246.jpg
雨模様のため、殆どの花は花弁が開いていませんが、散策路に沿ってくまなく探してみると、中には花弁を開いて黒い雄しべが覗いている花もありました。花弁が大きく反り返るように開いているところも撮りたかったのですが、このくらいに開いているのが精一杯の状況です。
f0372177_22455585.jpg
この日訪れたカタクリ山公園では、既に花のピークは過ぎていました。たくさんの写真を撮って来ましたが、後から確認すると花弁が傷み始めているものばかりで、綺麗な花弁の写真を見つけるのに苦労しました。出来れば天気の良い日に、陽の光を浴びて大きく開くところを撮影したかったですが、来年への持ち越しになりそうです。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2017-04-21 06:00 | 植物 | Comments(0)

ショウジョウバカマが満開でした

f0372177_20550575.jpg
都内では、4月17日(月)の夜半から18日(火)に掛けて強い雨と風に見舞われて、まるで春の嵐といった感じでした。でも、南から吹き付ける風の影響で吹く風は生暖かく、これまでの風の冷たさは微塵もなく、一気に季節が進んで初夏の様相を呈していると感じさせられました。幸い、通勤時には雨風ともに収まってくれましたから、さほどの影響は出なかったのですが、雨対策でレインウェア代わりにウィンドブレーカーのズボンを履いて出たので、職場に着くまでの間のウォーキングですっかり汗をかいてしまいました。この日、昼間の気温は25度を超えて夏日を記録していましたから、季節は間違いなく初夏へと切り替わりつつあります。夏鳥たちの到来も、もう始まっていますね。間もなく野山は色とりどりの野鳥で賑わい、囀りの声も賑やかに聞こえてくることでしょう。今年のゴールデンウィークは、どこへ出掛けて来ましょうか、今からワクワクした気分になって来ます。
f0372177_20551086.jpg
さて、今回紹介するのは野鳥ではなく、山野草のショウジョウバカマです。3月末にカタクリの花を見ようと出掛けてきたのですが、早過ぎたようで空振りしてしまいました。それではと4月8日(土)に再挑戦したわけですが、今度は雨に祟られてしまいました。
f0372177_20552024.jpg
4月8日(土)に行ってきたのですが、事前の天気予報では曇りでは、この日は曇りマークとなっていて、翌日の9日(日)に傘マークが出ていました。これは絶対土曜日に行かなくてはと出掛けてみたものの、現地に着いてみると朝から雨が降る状況となってしまいました。
f0372177_20551810.jpg
今回足を運んだのは栃木県那珂川町のカタクリ山公園です。3月26日に足を運んだ時は、カタクリはまだ蕾が膨らみ始めた状況でガッカリしましたが、園内を回って見たらショウジョウバカマのロゼット状の葉の大群落がありました。これは花の咲く時期にもう一度見に来たいと思い、この日の訪問となりました。この杉林の山の斜面全部が、ショウジョウバカマの大群落になります。
f0372177_20552333.jpg
これまで、ショウジョウバカマを観察したことは何度かありましたが、単独か数株程度が固まって咲いているくらいで、この場所ほどの群落は今まで見たことがありません。驚くほど見事な眺めでした。
f0372177_20552631.jpg
枯葉の中から緑の葉を広げ、その真ん中に花茎を立てて先端にピンク色の総状の花を咲かせています。山野草の中でも、特徴的な花姿であると思います。
f0372177_20552845.jpg
ここでは、ショウジョウバカマの群落と隣り合わせでミズバショウの群落がありました。背景に白くボケて写っているのが、ミズバショウの仏炎苞になります。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2017-04-20 06:00 | 植物 | Comments(0)

アマナで深度合成の実験

f0372177_15153909.jpg
( この写真は、深度合成されたアマナの画像です。)
オリンパスから昨年末にフラッグシップ機の E-M1mkII が発売されました。このカメラには、深度合成という新しい機能が付いています。発売前から注目していた新機能ですから、一度は試してみたいと思っていました。欲しかったそのカメラは、今年1月下旬に購入しましたが、野鳥写真の撮影にどのくらい活用できるかというテスト撮影ばかりに夢中で、これまで深度合成の機能については、その実力を試すチャンスがありませんでした。早く試してみたいと思っていましたが、やっと実現することが出来たので、今回はその紹介をしてみたいと思います。
春分の日を絡めた三連休に、山登りをしようと計画していました。2日目の日曜日に登ることにしましたから、3月18日の土曜日は、近郊で野鳥写真をでも撮ってこようと秋ヶ瀬公園へ行ってきました。でも、思うような結果を出せません。それで、思い切って狙いを変えて、深度合成の機能を試す写真撮影のテストをしてみることにしました。
f0372177_15154789.jpg
(この写真が1枚目の画像になります。)
花や昆虫などの写真をアップで撮ると、いくら絞り込んでも被写界深度が浅いですから全体にピントを合わせることが出来ません。今まで不可能だと思っていた、アップでも全体にピントの合った写真を撮影できるのがこの深度合成の機能なのです。
f0372177_15155130.jpg
(これは3枚目に撮影された画像です。)
深度合成は、撮影対象となる被写体に向けてカメラを構え、その一番手前にピントを合わせてシャッターを押すと、ピント位置を手前から奥へとズラせながら、8枚の写真を一度に撮影してくれるものです。それをカメラの中で自動的に合成し、全体にピントの合った写真を合成してくれるという嬉しい機能です。
f0372177_15155577.jpg
(これは5枚目に撮影された画像です。)
この機能を利用するためには、レンズも深度合成に対応したものでなければなりません。私が所有しているレンズの中でも、12-40mmF2.8、60mmF2.8、40-150mmF2.8、300mmF4の4本だけしか対応していません。
f0372177_15155827.jpg
(これは6枚目に撮影された画像です。)
この写真を撮影した時のデータは、オリンパス E-m1MarkⅡ + M.300mmF4.0 + MC-14 、焦点距離420mm (35mm版換算840mm相当)、1/800秒、F5.6、ISO200、フォーカスステップ5です。最後のフォーカスステップは、ピント位置をズラす間隔の指定で、小さい花ならステップ1で十分のようです。
f0372177_15160133.jpg
(これが8枚目の画像になります。)
この日は、秋ヶ瀬公園へ野鳥写真の撮影に行ったのですが、思ったような成果を上げられず、田島ヶ原へ立ち寄ったところ、このアマナなどが群生していたので、急遽、深度合成のテストをしてみることにしました。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2017-04-10 06:00 | 植物 | Comments(0)