タグ:ホオジロ科 ( 23 ) タグの人気記事

間近に観察したミヤマホオジロ

f0372177_19093121.jpg
今年の成人の日は、晴れ着が届かず成人式にも参加できない人もいたようで、大きな混乱が発生していましたが、本当にお気の毒と言うほかない状況でした。その成人の日は1月8日(月)ということで1月6日(土)から三連休となりましたから、冬鳥達の姿を求めて野鳥観察で遠征するのによい機会となりました。探鳥地ガイドブックを見ながら候補地を絞り込んでみましたが、北陸地方は雪の影響もありましたからそちら方面は避けて、まだ雪の影響のない所へ行くことにしました。候補地周辺の積雪情報をリアルタイムで確認をするには、各地に設置されているライブカメラで様子を見ると便利です。調べて見たところ、軽井沢の野鳥の森と小瀬林道が第一候補として上がりました。オオマシコなどのアトリの仲間が期待できそうです。また、小根山森林公園も近くにあって、ここも冬鳥観察には成果が期待できそうです。横川サービスエリアから歩いて行かれるルートもあるようですから、三連休の帰りがけに立ち寄ってくるのによい場所であると思いました。
探鳥地の選定が終われば、あとは実行あるのみです。年末からの風邪が完治していなかったので体調万全とは言えませんが、思い切って出かけて来ました。
f0372177_19093870.jpg
軽井沢の野鳥の森と小瀬林道での収穫は、全くの空振りというわけではありませんが、当初の予想よりも少ない状況でした。こればかりは致し方ありません。また足を運んでくれば、きっと良い時もあるでしょう。
f0372177_19094363.jpg
軽井沢ではソコソコの収穫でしたが、最後の目的地である小根山森林公園での成果を期待して、2日目の車中泊ポイントである横川サービスエリアに到着しました。まだ暗くなるまで少し時間がありましたから、翌日登る予定のルート入口を確認して、早めに就寝体制をとることにしました。
f0372177_19101076.jpg
サービスエリアから小根山森林公園までは、20分くらいの道のりとされていましたが、歩いてみると階段道が長く続き、山登りをしているような感じです。見晴台の東屋に着く頃には汗を掻いてしまい、そこで暫く休憩を取るような状況でした。そこから管理事務所のところまでまだ少し登らなければなりませんから、結局小一時間ほども掛かってしまったことになります。
f0372177_19100798.jpg
駐車場にある管理事務所に到着すると、朝早かったですが管理人さんが中に招き入れてくれました。野鳥の情報などを聞きましたが、事務所前の餌台には色々な野鳥が集まってくれるようです。
f0372177_19100367.jpg
見ている間にも、このミヤマホオジロをはじめ、アトリやルリビタ、コガラやヒガラなどがひっきりなしに姿を見せてくれました。窓際の餌台にはヤマガラが飛んで来て、ヒマワリの種を一つづつ咥えていきます。
f0372177_19100079.jpg
事務所の中には1時間ほど滞在させてもらいましたが、ここだけで十分満足できる写真を撮ることができました。そのまま帰っても良かったのですが、せっかく来た探鳥地ですから公園内の山道を歩いてみたところ、谷筋などでミヤマホオジロやアトリの写真も撮れて、大変成果を上げてくることが出来ました。
[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-01-18 06:00 | 自然 | Comments(0)

ひっそり出てきたアオジ

f0372177_17510113.jpg
成人の日につながる1月の三連休が終わって、名実ともにお正月気分が抜けました。心身ともにくつろいで、リフレッシュするのに良いチャンスでしたが、これから仕事も実戦モードに戻りますから、気持ちを切り替えていかなければなりません。慌ただしい毎日が戻って来ますが、出来るだけゆとりを持って行きたいと思います。そのためには、週末のアウトドアライフを堪能できるよう、スケジュールを調整したり、体調管理に気をつけていきたいと思います。
1月9日の都内は南風が吹いて気温が16度まで上がり、4月上旬の陽気で早くも春の訪れかと喜ぶのもつかの間、これからまた寒波が押し寄せて来そうです。本格的な寒さはこれからとなりますから、寒さ対策を万全にするなど、アウトドアライフも気が抜けません。
f0372177_17515157.jpg
昨年末はお休みに入ると、すぐに自宅の大掃除に取り掛かりました。近年になく気合を入れて、汗を掻きながら家中の拭き掃除や整理整頓をしたところ、ほぼ1日で済ませることができました。2日がかりでやる予定でしたから、1日時間が空きました。お陰で年末最後のバードウォッチングを楽しんでくる余裕が生まれました。
f0372177_17511649.jpg
年末で高速道路は大渋滞が始まっていましたから、あまり遠出はできません。それで、自宅からそんなに遠くない手賀の丘公園へ行って来ましたが、野鳥達も年末で忙しかったのか、あまり姿を見せてくれませんでした。
f0372177_17512241.jpg
せっかく足を運んで来たわけですから、なんとか成果を残さなければと頑張って探いて来ましたが、このブログで紹介できる写真が撮れたのは、前回紹介した “間近に観察したシロハラ” とこのアオジくらいでした。
f0372177_17510526.jpg
全くの空振りは免れることができましたから、アオジに感謝しながら何枚も撮影させてもらいました。....本当は、ルリビタキやマヒワなどが撮影できれば嬉しかったのですが....
f0372177_17520887.jpg
薄暗い林床内での撮影でしたが、オリンパス E-M1mk2 + M.300mmF4 + MC-14 (換算840mm相当)の組み合わせは手ぶれ補正がとても良く効いてくれますから、手持ち撮影でもブレのない写真を撮ってくることが出来ました。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-01-11 06:00 | 自然 | Comments(0)

蕪栗沼にいたホオジロ

f0372177_22324369.jpg
このお正月は1月4日が仕事始めで、年末年始のお休みがアッという間に終わってしまったような気がします。元日に初詣でに出掛けたほかは、ほとんどの時間をテレビで駅伝とサッカーを観戦することで終わってしまいました。年末からの風邪が長引いて、せきが止まらない状況が続いていたので、鳥見に出掛けるのは控えていたこともあり、今年は仕方ない結果であったと思います。新年早々出足をそがれてしまったようにも思いますが、焦ることなく今年も各地の探鳥地を巡って、色々な野鳥達との出会いを楽しみたいと思います。
f0372177_22330042.jpg
フィールドへ出たら野鳥観察ばかりでなく、山歩きをしながら高山植物をはじめとした山野草を観察したり、チョウや昆虫など自然の生き物たちとの出会いも楽しんできたいと思います。
f0372177_22325629.jpg
仕事をしながら週末だけの楽しみで、あまり時間的な余裕もありませんから、上手く計画を立てないと満足できる結果を残せそうもありません。いつどこへ出掛けるかいろいろ思いを巡らせる、そんな意味でも楽しみな一年になりそうな気がしているのですが....
f0372177_22330347.jpg
一年を通してアウトドアライフを楽しむためには、まず健康であることが必要です。それでなくてもこの頃血圧が高くなっていますから、普段からウォーキングやストレッチ運動など、出来るだけ体を動かすようにして、健康第一で取り組みたいと思います。
f0372177_22324798.jpg
さて、今回紹介しているのはホオジロの写真ですが、撮影したのは宮城県の蕪栗沼です。ガンの仲間の写真が撮りたくて、昨年12月16日(土)から18日(月)にかけて出かけて来ました。
f0372177_22325131.jpg
昨年に比べると、観察できた野鳥の種類数が少なかったと思います。マガンやオオヒシクイ、シジュウカラガンはたくさんいましたが、昨年は撮影できたハクガンが見られず、今年来ているというオジロワシやヘラサギも確認できませんでした。その代わりではありませんが、このホオジロの写真はたくさん撮影できました。
[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-01-05 06:00 | 自然 | Comments(0)

草むらのカシラダカ

f0372177_22263346.jpg
利用しているスマホのアプリの一つに、オービス警報というものがあります。これは車を運転する時に、オービスなどの速度取締機が設置されていると、大きな音声でその存在を教えてくれるものです。高速道路でも一般道でも、正確に警報を発してくれる他、速度取締ポイントも知らせてくれます。私はもともとそんなにスピードは出さない方ですが、40km制限の道路を60kmで走って捕まったという話を聞いて、ついうっかりということが無いとも限らないと思うようになりました。それで、車を運転する時は、常にこのアプリを起動させるようになりました。
ところが、車の中では運転中でもスマホの画面を見ることができるように、固定して置くことが出来ません。何とかならないものかと考えて、車載用のスマホホルダーを購入してみることにしました。
f0372177_22263960.jpg
毎度のことながら、こうした買い物をするのは Amazon を利用するのに限りますね。スマホ用の Amazon のアプリで、私の車の運転席付近に着けることが出来そうなホルダーを探してみましたが、999円のホルダーを見つけることができました。大変リーズナブルで、注文を確定した翌々日には自宅に配達されてきました。
f0372177_22264493.jpg
Amazonを使うといつもそうですが、商品は小さくても包装の段ボール箱がとても大きいのです。もっとコンパクトに包装した方が、資源の節約に繋がるように思うのですが、如何なものでしょうか。
f0372177_22264981.jpg
スマホホルダーを購入するにあたって、ダッシュボードの上にじかに貼り付けるものを検討しましたが、私の車では設置する場所に制約がありましたから、エアコン吹き出し口のフィンを挟んで取り付けるものにしました。ギリギリでしたが、うまく取り付けてることができました。これで快適に運転できそうです。
f0372177_22265244.jpg
さて、今回紹介するのは渡良瀬遊水地で撮影したカシラダカの写真です。旧谷中村役場の跡地から、延命寺の跡地へ向かう途中の葦原の中の道で撮影しました。
f0372177_22265510.jpg
2羽で並んで、しばらく仲良く餌取りをしていました。ソォーッと近づいて撮影していると、やがて近くの葦の茎に跳び上がり、いずれかへ飛び去って行きました。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2017-12-17 06:00 | 自然 | Comments(0)

公園のアオジ

f0372177_20335965.jpg
新車のステップワゴンで、初めての車中泊にチャレンジしてみました。1,500Wの AC電源の威力は絶大です。寒くなってきましたから、車内の暖房用にトイレで使うような小型のセラミックファンヒーターを入れたところ、低温に設定していても車内は暑いくらいになりましたから、これはとても快適です。
今夜の夕食は、セブンイレブンでナポリタンスパゲッティとコールスローサラダとレタス、コーンスープを購入してきました。クーラーボックスから出した冷たい缶ビールを飲みながら、ティファールの電気ポットでお湯を湧かします。これまではカセットコンロにヤカンを乗せてお湯を沸かしていましたから、二酸化炭素中毒の心配もなく快適です。お湯が沸く間に野菜サラダに自宅から持ってきた和風ドレッシングをかけます。お湯が沸いたら、カップのコーンクリームスープに注いで、残りを山専ボトルに流し込みます。後は電子レンジでスパゲッティを温めるだけで、今夜は立派なディナーを頂くことができました。
f0372177_20332941.jpg
車は就寝するまで、パワーオンにしておかなければなりませんが、アイドリングストップが効いていて、時々発電用のモーターを回すために起動するだけです。若干のガソリンを消費しますが、この快適さには代え難いものがあります。
f0372177_16052146.jpg
車内は運転席側の後部座席をフルフラットにして、以前から使っていた8㎝厚のウレタンエアーマットを敷いたら、座席の凸凹が気にならなくなりました。寝袋に包まって、今夜はぐっすり眠れそうです。
f0372177_20345902.jpg
今、助手席後ろのキャプテンシートに座って、ホットウィスキーを飲みながらこの書き込みをしています。カーナビ画面でテレビを見ながらですから、まるで自宅にいるような快適さです。
f0372177_20342958.jpg
おっと、今回の写真の紹介を忘れるところでした。11月12日(日)に、秋ヶ瀬公園へ野鳥観察に出かけた折に撮影したアオジの写真です。高原での繁殖を終えて、やっと里に下ってきてくれたようです。
f0372177_20352990.jpg
本格的な冬の野鳥観察シーズンに入り、これからいろいろな探鳥地へ出掛けるのが楽しみになります。快適な新車での車中泊を楽しみながら、今年は色々な探鳥地を巡って写真を撮ってきたいと思います。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2017-11-27 06:00 | 自然 | Comments(0)

戦場ヶ原に響くアオジの囀り

f0372177_15422440.jpg
台風5号が日本列島に上陸して、日本海側へ抜けて行きましたが、各地に大雨や強風による被害が出ているようです。私の住んでいる都内では、夜半に風が強まったものの、今のところ大きな被害は出ていないようですが、お隣の山梨県では大雨の影響で冠水するなどの被害が発生しました。
また暑い朝が戻って来ました。これが本来の夏の天気ですが、昨日尾瀬から戻ったばかりの体は、この暑さにウンザリとしています。たまたま今日は親戚のお通夜がありますから、略礼服と黒いネクタイ持参で出勤です。暑苦しさが増しますが致し方ありません。
f0372177_15441049.jpg
さて、今回紹介するのは奥日光の戦場ヶ原で撮影したアオジの写真です。7月の三連休を利用して足を運んで来ましたが、あの涼しい高原の空気はとても気持ち良いもので、また再訪したいと思える環境でした。
f0372177_15434045.jpg
多くの野鳥は、あまり囀らなくなっていた時期でしたが、このアオジは小高い樹木の上で、精一杯の声を張り上げて囀っていてくれました。爽やかな声が高原に響き渡って、思わず足を止めてその姿を追い求めてしまいます。
f0372177_15431045.jpg
声はすれども姿は見えず....。これは何時ものことですが、注意深く探していると何とかその姿を見つけることが出来ました。そんな所にいたのか....何時ものことですが、見つけた時には嬉しいものです。
f0372177_15443944.jpg
赤沼駐車場から木道を抜けて、青木橋の手前の樹林帯に入るところに休憩テラスがあります。ノビタキやホオアカがよく観察できるポイントですから、しばらく様子を見ていたところ、近くの折れた立木の上にアオジが飛来して、大きな声で囀りを始めてくれました。
f0372177_15451538.jpg
戦場ヶ原に響くアオジの囀りは、夏の高原の爽やかさを増幅させてくれる大切なアイテムです。その声を思い出すだけで、高原の爽やかな空気に包まれたあの心地よさが蘇えり、また足を運びたくなってしまいます。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2017-08-09 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

戦場ヶ原にいたホオアカ

f0372177_20492762.jpg
8月2日の都内はとても涼しい朝を迎えています。前日は午後から雨模様となり、夜の早い時間には上がってくれましたが、それが今朝の涼しさを呼び込んでくれたように思います。ウンザリするような暑さを忘れさせてくれる気持ちの良い朝は、久し振りに味わうことが出来たように思います。
この週末は尾瀬で山野草の観察をしながら野鳥写真も撮りたいと思い、尾瀬沼の長蔵小屋に予約を入れています。当日の空模様が気になるところですが、今朝の天気予報では小笠原の近海を迷走していた台風5号が西向きのコースを進んでいるようです。一時はこの週末の天気が悪くなるのではないかと心配していましたが、この状況であれば関東地方に影響を及ぼす心配は無さそうです。有難い話ですが、台風の進路となる沖縄地方の人にとっては、大変な迷惑になるのは間違いありません。(@_@)
そんなことを思いながら、今はこの週末を尾瀬でどのように過ごすか、予定を考えるのが楽しみです。
f0372177_20493227.jpg
さて、今回紹介しているのは、奥日光の戦場ヶ原で撮影したホオアカの写真になります。戦場ヶ原は標高1,400mの高原ですから、ノビタキとともにホオアカも是非確認したい野鳥の一つでした。
f0372177_20491759.jpg
このホオアカの写真を撮影したのは、奥日光に3日間滞在したうちの初日のことでした。赤沼の駐車場から湯川沿いに木道を利用して泉門池まで歩き、ゆっくり昼食休憩を取った後、小田代ヶ原へ足を向けてみることにしました。
f0372177_20493851.jpg
小田代ヶ原では、山野草とチョウの写真がたくさん撮れましたが、やっぱり野鳥写真が撮れないとこのブログで紹介するのにも都合が悪いと思い、野鳥を求めて彷徨っていたところ、“奥日光のビンズイ” で紹介した写真を撮ることが出来、なんとか辻褄を合わせることが出来ました。
f0372177_20491159.jpg
やっと野鳥写真に収穫があったとホッとしながら、小田代ヶ原から赤沼駐車場からへ向けて歩きながら戻る途中、戦場ヶ原展望台で休憩を取っている間に撮影することができたのがこのホオアカの写真でした。本当に目の前に躍り出て来てくれたという感じでした。
f0372177_20492227.jpg
戦場ヶ原展望台で休憩を取っている間、すでに紹介している “戦場ヶ原のカケス” の写真を撮ることが出来ましたし、それだけでなくオオアカゲラの写真やアカハラの写真も撮れて、一息ついている間に驚くほどの収穫を得ることが出来ました。
f0372177_20494916.jpg
その中でも特に印象深かったのがこのホオアカでした。本当に目の前の樹上に止まってポーズをとっていてくれているようでした。それまで野鳥の姿が見れなくてヤキモキしていた中で、大きな収穫としてたくさんの写真を撮ることごできました。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2017-08-03 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

軽井沢にいたノジコ

f0372177_23032190.jpg
以前から行ってみたいと思っていた場所がありました。それは、初夏の上高地で野鳥観察をすることでした。時期的にはこの時しかないだろうと、7月3日(月)に早目の夏休みを取って、7月1日(土)から2泊3日の予定を計画していました。事前の天気予報では、土曜日に一時雨の傘マークが出ていたものの、日曜日から月曜日にかけては晴れマークが並んでいました。これならいける大丈夫だと、土曜日の朝5時には自宅を出発しました。
計画としては、上高地の小梨平キャンプ場で2泊して、大正池から明神池までの間で、ゆっくりと自然観察する予定でした。今回は撮影用の機材としてレンズ3本とボディ1台がありましたから、食料は最小限にして、ビールなども含めてあとは現地調達の予定としました。それでもテント一式とシュラフなどで、45リットルのザックは満杯の状況でした。
f0372177_23032712.jpg
関越自動車道路を走っていくと、埼玉県内から雨がパラつくようになり、群馬県内ではかなりの雨が降っていました。ラジオのニュースを聞いていると、沖縄近海で台風3号が発生したようです。また梅雨前線が停滞して、北陸地方から長野県にかけて大雨洪水注意報が出されたとのことでした。困った状況になってしまいました。軽井沢を過ぎて長野県内に入ると、さらに雨が強くなりました。早朝出発の疲れもあり眠気が出て来たので、東部湯の丸SAで休憩をすることにしました。
f0372177_23035823.jpg
サービスエリアで一眠りしていたら、ラジオのニュースで安曇から安房峠へ通じる国道が通行止めになったとアナウンスがありました。困ったものですが、これではバスの起点になる沢渡まで行かれませんから上高地へ入れませんし、テント泊どころではないでしょう。この雨ではどうにもなりませんから、スマホで情報収集しながら、日曜と月曜に野鳥観察の出来そうなポイントを探してみました。すると、軽井沢野鳥の森が近くて良さそうです。直ぐに計画変更することにしました。
f0372177_21230867.jpg
前置きが長くなってしまいましたが、思いもかけない天候の変化で、軽井沢野鳥の森へ行くことになったのですが、以前来たのは冬の時期で、オオマシコやレンジャクなどを観察したことを覚えています。初夏にじっくり観察するのは初めてでしょうか? 不安もありましたが、ピッキオビジターセンターから入り、池の脇から草地へ至ると、そこでノジコを間近に観察することが出来ました。
f0372177_23040543.jpg
こちらの写真のノジコは、小瀬林道からキビタキ休憩所に至る散策路で撮影したものです。キビタキコルリの声が聞こえてきますが、なかなか姿が見つけられません。すぐ後ろからヂィッ、ヂィッ、ヂィッと鳴く地鳴きの声が続けて聞こえてきましたから、その声の主を追いかけてみたところ、このノジコの姿が見つかりました。
f0372177_23040278.jpg
カメラを向けている私の存在に気が付かないのか、近くから撮影させてくれました。眼の回りの白いアイリングこそ目立ちませんが、胸から腹にかけての縦斑がないことと、くちばしが鉛色であるところなどからノジコと判定しています。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2017-07-10 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

霧ケ峰高原のホオアカ

f0372177_21470101.jpg
東京では、今年の梅雨は雨が少ないと思っていましたが、台風3号の接近と梅雨前線が停滞している影響で、これから少しまとまった雨が降りそうです。今朝、家を出る時から既に雨が降り始めていましたから、都内でもいよいよ梅雨時の大雨の洗礼を受けそうです。東京の水瓶では、貯水量の減少が心配されていますが、これで上流に雨が降ってくれたら、今年の水不足は解消されるでしょうか?恵みの雨になってくれたら良いのですが、各地で大雨の影響で避難しているというニュースを見ると、被害が出なければ良いがと気になるところです。
雨に降られるのは嫌ですが、このところの蒸し暑さも嫌な感じです。カラッとしていて暑くなるのはまだ良いのですが、ジメジメしていて蒸し暑くなるのは勘弁してもらいたいですね。昨夜は今夏初めてエアコンをつけて寝ましたが、タイマーが切れた明け方に蒸し暑くて目が覚めてしまいました。これから盛夏を迎えて、しばらくはエアコン無しには寝られない状況が続きそうです。
f0372177_21460227.jpg
さて、今回紹介するのは、長野県の霧ヶ峰高原で撮影したホオアカの写真です。6月24日(土)〜25日(日)にかけて出掛けてきましたが、夜間に雨が降っていたものの、昼間はほとんど影響なく観察してくることが出来ました。何より高原の涼しい気候のお陰で、夜間は気持ちよく寝ることが出来ました。
f0372177_21465140.jpg
霧ヶ峰高原の広い草原には、何といってもノビタキの数の多さには圧倒されましたが、このホオアカもかなりの個体数を観察することが出来ました。ノビタキの次に多いのではないかと思われます。
f0372177_21465863.jpg
散策路脇の木の杭の上にも止まって、暫らくポーズをとってくれました。首と胸にある、黒褐色と赤褐色のレースのような斑がトレードマークですね。頬が赤褐色であるところが名前の由来でしょうが、その後縁に白い小斑があるんですね。
f0372177_21462939.jpg
こちらは、八島が原湿原の周回コースを歩いている時に撮影したものですが、ササ原の上で盛んに囀っていました。光線状態が逆光になってしまいましたが、元気に囀っている姿が健気でした。
f0372177_21463965.jpg
ホオアカ♂は、夏羽では頭部が灰色に変わってくるんですね。後ろ側から撮影した写真を見ると、そんな様子がよく分かります。
f0372177_21454830.jpg
そういえば、今回ホオアカの写真は相当数撮影してきましたが、いずれも♂の写真ばかりで、♀を写したものが1枚もありませんでした。せっかく行ってきたんだから、もう少ししっかり観察して、♀の写真も撮って来たかったと悔やまれます。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2017-07-05 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

アオジも囀る

f0372177_22325393.jpg
5月20日(土)〜21日(日)にかけて訪問した戸隠森林植物園では、初夏の高原を彩る野鳥たちのコーラスが、今が盛りとばかりに響き渡っていました。アカハラ、クロツグミ、センダイムシクイ、キビタキなどなど数え上げたらキリがないくらいです。そんな野鳥たちの囀りの大歓迎を受けながら、園内に整備されている木道の散策路を歩いていると、すぐ側から大きな声が響いてきました。探すまでもなく、その声の主はすぐに見つかりました。散策路脇の立木の上で囀っていたアオジです。距離が近いこともありましたが、とても張り切って囀りの声を聞かせてくれているようでした。
f0372177_22333596.jpg
冬の間は都内の公園でも、植え込みの中などからチッと一声で鳴く地鳴きの声を聞かせてくれます。同じ仲間のホオジロはチチッと二声で鳴きますから、声だけで何がいるか分かります。でも、あまり目立つ存在ではありません。
f0372177_22332883.jpg
ここでは大きな声に惹かれて、数名の人がカメラを構えて集まってきました。初夏の高原で囀りの主役となったアオジは、絶好の撮影対象となりました。
f0372177_22333262.jpg
戸隠森林植物園では、前回紹介したノジコの囀りと、このアオジの囀りがよく聞かれます。それだけ個体数が多いということだと思いますが、同じホオジロ科の近縁種でよく似た両種の囀りの競演は、高原ならではのお楽しみになります。
f0372177_22330597.jpg
このアオジには、胸から脇腹にかけて暗緑色の斑があります。黄色一色の綺麗なお腹をしているところが、ノジコとの一番の識別ポイントです。また、アオジには白いアイリングがありませんね。
f0372177_22334740.jpg
広い戸隠森林植物園の中を歩いていると、色々なところからアオジの囀りが聞こえますが、梢にいる姿を探すのは実はかなり大変です。この時は目立つところに止まってくれましたから、苦もなく見つけられましたが、特に葉が茂った枝先では見つけられないこともあります。
[PR]
by coffeeto-p2 | 2017-06-02 06:00 | 野鳥 | Comments(0)