タグ:チドリ科 ( 10 ) タグの人気記事

海水浴場のシロチドリ

f0372177_17130673.jpg
このところ山の鳥を中心に観察することが多かったのですが、海の鳥も忘れることは出来ません。真夏の海辺を舞い飛ぶアジサシの仲間や干潟を忙しく動き回るシギチも見て来たいところです。でも、暑さが次第に厳しくなっているこの頃ですから、熱暑の海辺へ出かけるのはちょっと抵抗がありました。10年くらい前であれば、暑さをものともせずに出掛けていたのですが、この頃は涼しいところでないとちょっと....。
贅沢は言ってられません。とにかく足を運ばないことには、見られる野鳥も見られませんから、ここは意を決して出掛けてくることにしました。
f0372177_17133768.jpg
今回は、九十九里浜を移動しながら、観察できそうなポイントを何ヶ所か回って来ましたが、どこもサーファーと海水浴客ばかりですから、人の数は多いのに鳥の数はサッパリでした。そんな中で、朝一番に訪問したこの海水浴場は、まだ人の姿もまばらでした。ウミネコの群れが降りているのが見えましたから、これならシギチの姿も見つかるでしょう。
f0372177_17140680.jpg
ウミネコの群れを飛ばさない程度の距離を保ちながら、そっと近寄っていくと、勢いよく走り回るシロチドリの姿が見えました。よく見ると、その周りには可愛いヒナの姿も見えます。良かった、これで空振りせずに済みました。
f0372177_17145568.jpg
シロチドリの親鳥が走っていきます。その後ろをヒナが懸命に追いかけていきます。必死に走るヒナの姿が微笑ましくて、ファインダーを覗きながら、頑張れチビッコのエールを送ります。
f0372177_17150087.jpg
広い浜辺は、シロチドリ達が全力疾走するには障害物もなくて問題ありませんが、次第に海水浴客の姿が増えて来ました。親子連れの子供達が、大きな声をあげながら波打ち際へ走っていきます。そろそろシロチドリ達は、安全な遊び場を見つけて移動していかなくてはならないようです。
f0372177_17150412.jpg
夏の水辺は風さえ吹いてくれたら、耐えられないほどではありません。でも、まとわりつくような潮風に吹かれるよりも、やっぱり山の涼しい風が恋しいとシロチドリには申し訳ありませんが、そんなことを思いながらシャッターを押していました。
[PR]
by coffeeto-p2 | 2017-07-20 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

水田に暮らすケリ

f0372177_23272024.jpg
私が今働いている職場は、定年退職後の第二の職場ですが、嬉しいことに毎月の給料の他に夏と冬の二回、ボーナスを出してくれるのです。当たり前といえばそれまでですが、60歳を過ぎて働かせて貰えて、おまけにボーナスまで支給してくれるのですから、これは恵まれていると思います。でも、給料もボーナスも全額銀行振込ですから、カミさんが管理することになり、私が自由に使えるわけではありません。未だに毎月の小遣いを貰って生活しています。現役時代からこれで何とかやり繰りしてきましたから特に不満はありません。でも、カミさんの愚痴を聞かされていると気持ちが滅入ってしまいますから、毎週末はカメラを持って何処かへ出掛けるのを楽しんでいます。「亭主元気で留守がいい。」を地でいっているようなものだと思いますが....、如何なものでしょう?
f0372177_23272446.jpg
週末の土曜日を待ちわびて、この日も朝から野鳥写真を撮影しようと、自宅を出発しました。鳥友さんと一緒に3ヶ所の探鳥ポイントを回ることにしていましたが、鳥友さんに急の予定が入り、私一人で回ることになりました。
f0372177_23273556.jpg
探鳥ポイントだけは教えて貰っていましたから、難なく到着することができました。緑一色に苗が伸びてきた広い水田地帯でしたが、その上空をケリが鳴きながら飛翔してくれました。探すまでもなく撮影してくることが出来ました。
f0372177_23274000.jpg
それにしてもよく鳴いてくれます。2羽のケリが連携を取るように鳴きながら飛翔してくれました。繁殖しているペアなのかどうかは分かりませんが、お蔭で結構な枚数を撮影することができました。
f0372177_23274306.jpg
飛翔しているケリの姿は、首から上は灰色で、背面と雨覆いが茶褐色、三列風切と次列風切が白色、初列風切が黒色です。見事に色分けされていて、スッキリした舞姿であると思います。
f0372177_23274966.jpg
緑一色の水田の中で、畦道の上に立ってくれました。紅い虹彩と黄色いくちばし、長い脚がひときわ目を引きます。すっと背筋を伸ばして辺りの様子を窺う、これまたスマートな立ち姿ですね。
f0372177_23275223.jpg
ちょっと上空の様子が気になったのでしょうか? 実際この日は、近くの林からカラスに追われたオオタカが飛び出すところを目撃しました。繁殖中のケリたちにとっては、決して安全が確保できているとは言えない場所のようでした。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2017-06-22 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

水田にムナグロが

f0372177_22162185.jpg
沖縄地方では既に梅雨入りをしているわけですが、6月に入れば間も無く関東地方も梅雨入りとなるでしょう。その走りというわけでは無いでしょうが、5月25日(木)から26日(金)にかけて都内でも雨模様となりました。ひところは、気温が30度近くまで上がって、早くも夏の到来かと思わせられる日も続き、体調的にグッタリしてしまうこともありましたが、雨模様の日はそれに比べたらシットリしていて、過ごしやすく感じます。でも、その日は外に出る仕事が入っていましたから、傘を差して出掛けることを考えると、ヤッパリ雨降りは有難いものではないと感じてしまいます。....とはいえ、農作物の成長を促し、自然を育んでくれる雨ですから、恵みの雨として感謝しなければならないのも確かです。
f0372177_22162594.jpg
ゴールデンウィークの最終日となった5月7日(日)は、ツバメチドリが出ているという連絡をもらって、手賀沼周辺の田園地帯へ行ってきました。何とか撮影して来ることは出来ましたが、そのついでに付近の田圃を巡ってみたところ、何種類かのシギチの姿を確認することが出来ました。
f0372177_22160375.jpg
田植えが終わったばかりの水田に、ムナグロの群が降りていました。南半球で越冬して、これから北極圏に近いシベリアの繁殖地まで渡っていくところでしょうか。通過地点となる日本の田圃などでシッカリと栄養補給をして、長旅に備えているわけですね。
f0372177_22161615.jpg
ムナグロの群れには、顔からお腹にかけて黒色の羽衣をした名前通りの個体と、この写真のように茶褐色の個体が混じっている個体がいます。これは♂と♀の違いではありません。お腹が黒いのは夏羽で、茶褐色のものは冬羽の個体になります。
f0372177_22150161.jpg
この個体は、ほぼ夏羽に換羽していますが、渡りの途中で夏羽に換羽していく個体もいるようです。南半球から北半球への長旅ですから、目的地に到着するまで、かなりの時間を要することでしょう。
f0372177_22145191.jpg
この日足を運んだ手賀川周辺の田園地帯は、既に田植えが終わっている田んぼがある一方で、まだ水も引かれていない田んぼもありました。探す方とすれば、水が張ってある田圃の方が断然見つけやすいところです。
f0372177_22144049.jpg
撮影に使用した機材は、オリンパス E-M1 + ED300mmF2.8 + ED-20 (換算1,200mm相当)を車の助手席側にセットした三脚に固定してメインに使用し、サブとしてE-M1mk2 + M.300mmF4 + MC-14 (換算840mm相当)を手持ちで撮影していました。サブのセットを準備できるようになって、車のどちら側に野鳥が出ても、逃さず撮影できるようになりました。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2017-05-28 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

コチドリがやって来た

f0372177_22545719.jpg
4月16日の日曜日に登友会の月例登山で上州武尊(標高2,158m)に登って来ましたが、集合場所である川場スキー場へ行って驚きました。スキー客(と言っても殆んどはスノーボードです。)のなんと多いことか。今シーズン最後の雪山登山と思っていましたが、雪があればスキー客が来るのは当然ですね。また、スキー場の施設は8階建ての立派な建物になっていましま。そのビルの6階までは駐車場で7階にリフト券売り場があります。そこからゲレンデにつながる出入り口があってリフトに乗るわけですが、レストランやスポーツ用品店、レンタルショップなどたくさんのお店があり、待合も広々していて快適な環境でした。今の若い人たちは、こんな快適な環境の中でスキーやスノボを楽しんでいたのですね。
話が野鳥観察とは全くズレてしまいましたが、4月2日の日曜日に渡り途中のシギチを見たくて霞ヶ浦周辺へ出掛けて来ました。今回はそこで観察したコチドリを紹介します。
f0372177_22550454.jpg
4月の声を聞くと、田園地帯には渡途中の淡水性のシギチの仲間がたくさん入って来ることでしょう。中にはツルシギのように3月中から姿を見せるものもいますから、春の訪れとともに足を運んで見たいとムズムズしていました。
f0372177_22550031.jpg
ところが、最近は休耕田がめっきり少なくなってしまい、シギチを探す前に休耕田を探すのに苦労するような状況です。田園地帯で車に乗ったまま、結構な距離を走り回ってしまいました。
f0372177_22544780.jpg
やっと見つけたこの休耕田に、コチドリの姿を見つけました。ずいぶん走り回って来ましたから、これはとても嬉しい発見です。農道に車を止めて、車窓から望遠レンズを向けました。
f0372177_22545025.jpg
ここはハス田でしょうか? ハスの枯れた茎が折り重なるように放置されています。その間を歩き回る野鳥の姿が、少し離れた車の中からも目に付きました。車を止めて双眼鏡を当ててみると、そこにいたのはコチドリでした。
f0372177_22545414.jpg
枯れた茎の間を動き回っていますから、撮影するにはAFが上手く合わずに苦労させられます。MFも併用しながらその姿を追って、ここでかなりの枚数を撮影しました。
f0372177_22544360.jpg
コチドリは、この辺りでも繁殖しますから、ほかのシギチ類とは違って夏の間ずっと観察することが出来ます。普通種ではありますが、今シーズン初めての出会いとなりましたから、新鮮な気持ちで撮影して来ました。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2017-04-19 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

ダイゼンもいました

f0372177_21235419.jpg
オリンパスの公式ホームページで、ミラーレス一眼カメラ 「OLYMPUS OM-D」 シリーズのフラッグシップ機となる 「E-M1 MarkII」 の開発が発表されました。その主要な特徴を確認したところ、連写速度がオートフォーカス(AF)追従で、何と秒間18コマというハイスペックになっています。更にAF方式については、コントラストAFとともに像面位相差AFを、カメラが最適に選択する「DUAL FAST AF」が採用されています。特に像面位相差AFは121の測距点で、被写体の捕捉性能を大幅に向上したということですから、飛躍的な進化を遂げているといえます。現在私が使用している主力レンズであるフォーサーズ規格の ED300mmF2.8 と、これからのメインになるマイクロフォーサーズ規格の M.300mmF4 PRO のどちらでもその恩恵に預かれることになると思います。野鳥写真をメインに撮影している私にとって、またとない朗報となりました。
f0372177_21225968.jpg
「E-M1 MarkII」 の有効画素数は2037万画素となりました。これまでの主力機種である 「E-M1」 が1628万画素でしたから、高画素化したうえで、さらに連写速度が約3.5倍もアップしたということは、驚くべき性能向上です。
f0372177_21234664.jpg
そのほかにも、性能向上が色々あって、防塵防滴機能はもちろんのこと、マイナス10度まで対応する耐低温性能が付加されました。また、ボディー内5軸手ぶれ補正機構を搭載していて5.5段の補正性能があるうえ、レンズ内手ぶれ補正機構搭載レンズとの組み合わせで、6.5段の手ぶれ補正性能を実現しているということも野鳥写真の撮影には嬉しい機能です。
f0372177_21231691.jpg
面白い機能としては、フォーカスブラケットというものがあって、1回のシャッターで最大999枚のピント位置の異なる写真を撮影でき、後から最適なピント位置のカットを選ぶことが出来るようです。野鳥写真では往々にして、前ピンや後ピンになって残念な思いをすることがありますから、これも是非活用してみたい機能です。
f0372177_21232467.jpg
特に注目している機能は、深度合成モードです。マクロ撮影では被写界深度が浅くて全体にピントの合った写真は撮れませんが、このモードでは、ピントの位置の異なる8枚のカットを撮影、合成して全体にフォーカスが合った写真が得られるというものです。こんな機能はこれまで経験したこともありませんから、早く使ってみたいものです。
f0372177_21233947.jpg
年内には販売開始になるということですが、早く手に入れたいものです。
さて、8月末に三番瀬でシギチ観察をしてきましたが、潮が引いた広い干潟で、ダイゼンの姿も捕らえることが出来ました。千鳥足と表現される採餌行動を繰り返していましたが、ここでは大きなカニを捕まえることが出来たようです。
[PR]
by coffeeto-p2 | 2016-09-23 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

砂浜のメダイチドリ

f0372177_2355025.jpg
台風16号が接近しています。既に、未明に鹿児島県の大隅半島に上陸したということで、今は四国の沖を進んでいるようです。九州各地で記録的な大雨が降り、河川の氾濫など被害が出ているようです。このまま進めば、日本列島に沿って関東地方をかすめていきそうです。今夜から明日に掛けてが注意を要することになりそうですが、どうなることでしょうか?
f0372177_2361644.jpg
今接近している台風16号は「マラカス」という名前が付けられているということですが、フィリピンの言葉で「強い」を意味するのだそうです。名前からして、被害が拡大しそうですから、ちょっと不気味です。
f0372177_236536.jpg
それにしても、このところ不順な天候が続き、お彼岸というのにスッキリした青空は、ついぞ姿を見せてくれません。こんな天気がいつまで続くのか、困ったものです。
f0372177_2361047.jpg
野鳥の世界でも、渡りをする仲間達は天気の影響を大きく受けるようですから、海を越えていくタイミングを計るのに苦慮していることでしょう。今年の白樺峠のタカ渡りはどうだったのでしょうか?とても気にかかるところです。
f0372177_2355835.jpg
今回紹介しているのは、三番瀬(船橋海浜公園)で撮影してきたメダイチドリです。三番瀬へシギチ観察に行ってきたのは8月最後の週末でしたが、この頃から東京周辺では天気の様子がおかしくなってきたように思います。それでも、この日は数はそこそこでしたが、たくさんの種類のシギチが観察できて、個人的には満足できる結果となりました。
[PR]
by coffeeto-p2 | 2016-09-21 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

浜辺のシロチドリ

f0372177_20583640.jpg
今私が使っているスマホは、アイフォーン6という機種ですが、アイフォン用のアプリケーションソフトの一つに〝雨かしら?〟というものがあります。このソフトは文字どおり、雨の様子を知らせてくれるものですが、現在地の地図を表示するとともに、そこに雨雲の状況をリアルタイムに重ねて表示してくれるもので、過去2時間の雨雲の状況から、1時間後の雨雲の予想まで表示してくれます。今のように天候不順な日が続く時でも、外出する時にこれを確認すると、傘を持って行った方が良いか一目で判断できますから助かります。表示される地図は日本全国をカバーしていますから、どこへ行っても利用できますが、最も便利なのは、山に登った時でも場所を問わず、近くに雨雲が発生しているかどうかを一目で確認できるところです。天候を見ながら行動予定を立てる時には、無くてはならないものになりました。
f0372177_2059771.jpg
このソフトを利用するようになってから、雨に降られて雨宿りすることもなくなりましたから、とても助かっています。干潟へシギチ観察に行ったこの日も、降り出しそうな曇り空でしたが、〝雨かしら?〟のおかげで雨が降らないことを確認できて、落ち着いて撮影に取り組むことができました。
f0372177_20591563.jpg
〝雨かしら?〟には、地図で表示させた場所の天気が確認できる機能があります。1時間毎と3時間毎の天気、気温、降水量、湿度、風の状況を表示させることができるほか、週間天気予報や雨雲の動きも表示できますから便利です。
f0372177_20592135.jpg
更に変わった機能として、日本百名山の一覧があって、そこの天気が確認できるようになっています。山頂とふもとの天気だけでなく、各標高の天気と温度も表示してくれますから、山登りをする人には嬉しい機能ですね。
f0372177_20592770.jpg
もう一つ面白い機能として、テレビの天気予報と同じように、動画でお天気お姉さんが解説しながら天気予報を確認できる機能もあって、これだけあればお天気の心配はいらなくなるほど便利なものです。
f0372177_20585872.jpg
さて、今回紹介するのは、見ての通りシロチドリです。ここでは、留鳥としてたくさん棲息していますから、渡りの季節だけではなくていつでも観察することが出来ます。夏羽であれば頭部が茶色で過眼線は黒色なのですが、この個体は冬羽になっていますから、全体的に淡色です。
[PR]
by coffeeto-p2 | 2016-09-17 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

草原のムナグロ

f0372177_18134364.jpg
郊外の休耕田巡りに出掛けてきましたが、8月下旬のこの日は猛暑日でした。というより私には酷暑日であったわけですが、休耕田の一面緑の中にいるムナグロ達も、暑い日差しを避けるように深い草むらの中に潜んで、ジッとしたまま殆ど動きがありません。見ている私の方も、ひたすら暑さとの戦いです。これはもう我慢比べのような感じですが、目的の写真を撮るまでは、その場を離れることが出来ないのが辛いところで、これはまさに試練の酷暑日となってしまいました。
この休耕田の中には、既に紹介したケリもいて、同じように撮影することが出来ました。しかし、そのケリにはかなり動きがあったものの、こちらのムナグロ達は草むらに伏せたままで動きがなく、写真には撮りにくい状況でした。
f0372177_18135285.jpg
私の愛車(ホンダ スパイク)は、後部座席を倒すと、フルフラットのスペースが出来ますから、車中泊用にはこれ以上の車はありません。このフラットなスペースが、野鳥写真の撮影には、三脚を広げて望遠レンズを構えるのに、ちょうど良いスペースを提供してくれます。車をシェルター代わりにして、そっと野鳥に近づくことが出来ます。あとは胡座をかいて撮影に取り組めますから、使い勝手は良好です。
f0372177_1814752.jpg
この草原に潜んでいたムナグロは、姿が確認できたものだけでも8羽ほどカウントできたと思いましたが、殆ど動きがなかったので、隠れている個体がもっといたのかもしれません。
f0372177_18141437.jpg
この休耕田の脇に車を横付けし、車内から望遠レンズを構えて撮影しましたが、あまりの暑さに耐え切れず、車中泊用のコンテナから扇風機を出して、一番強にして風を受けたのですが、熱風ばかりで全く涼しさが感じられませんでした。
f0372177_18135941.jpg
それにしても、この日の酷暑は強烈でした。いつもなら、そこに野鳥がいれば飛び去ってしまうまで粘って撮影を続けるのですが、この時ばかりはムナグロ達がそこにいても、早く移動したいという気持ちの方が勝ってしまいました。
f0372177_18142196.jpg
この日使用した撮影機材は、オリンパス E-M1 + ED300mmF2.8 +EC-20 でした。マイクロフォーサーズのボディに、レンズはフォーサーズ規格のサンニッパですが、今のところ私が持っている最強の機材になります。このレンズはマイクロフォーサーズ規格ですから、単体でも35mm版換算600mm相当の撮影ができますが、2倍のテレコンを使用して換算1,200mm相当のデジスコ並みの威力があります。もともと解像力が高いレンズですが2倍テレコンを使用しているので、F8まで絞り込んで画像の劣化を抑えています。
[PR]
by coffeeto-p2 | 2016-09-10 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

休耕田のコチドリ

f0372177_1735538.jpg
9月に入って、仕事が忙しくなってきました。秋を感じさせる風が吹き始めていますから、もう夏休みシーズンは終わりだよということでしょうか? でも、私にとっては、まだ夏休みが取りきれていませんから、季節が進むのはちょっと待ってもらいたいところです。....とは言え、仕事の方は待ってくれませんから、そこが痛いところではありますが....(≧∇≦)
8月下旬の週末に、郊外の休耕田巡りに出かけてきました。このところ、野鳥観察は山の鳥ばかりでしたから、水辺の鳥を観察するのは本当に久し振りになりました。
f0372177_17361460.jpg
何年か前までは、カモメやシギチなど水辺の鳥ばかりを追いかけまわしていた時期がありましたが、その頃と比べると、観察スタイルがすっかり変わってしまったように思います。
f0372177_1736715.jpg
昔回り歩いた休耕田は様子がかなり変わってしまい、とても少なくなっていました。ポイントを抑えきれませんが、それでも当時の記憶を呼び覚ましながら足を運んでみると、数が少なくなった休耕田の中に、コチドリの姿を見つけることが出来ました。
f0372177_1736319.jpg
休耕田の中にいたコチドリを観察していたら、こんな風に思いっ切り羽を伸ばしてくれた個体がいました。こんなところがシャッターチャンスですね。
f0372177_17362148.jpg
このコチドリは、背面の羽に注目すると、各羽に淡色の縁取りがあるように見えます。これは今年生まれの若鳥ですね。これから南の越冬地に向けて長旅に着かなくてはなりません。元気に渡って行ってくれることを祈ります。
f0372177_17362625.jpg
おやおや、この個体はちょっと疲れてしまったのでしょうか? 膝を折って....という表現が当たっているのか疑問ですが....暑い暑い休耕田の中では休憩を取るのも大変そうでした。
[PR]
by coffeeto-p2 | 2016-09-09 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

草原のケリ

f0372177_2146353.jpg
8月も中旬を過ぎたところで、そろそろシギチの群れの渡りの最盛期を迎える頃ですから、久し振りに休耕田巡りをやろうと、近郊の田園地帯へ足を運んできました。....と言っても、もっぱら車の中から撮影するだけですから、足を動かしているわけではありません。(*^^*)
休耕田の脇に車を止めて、車内にセットした三脚に載せた望遠レンズを覗き込んでいると、暑さで汗が噴き出してきました。これはもう堪りません。慌ててコンテナボックスの中に入れてあった扇風機を出して、一番強にして回してみましたが、熱い空気が流れるだけで、ちっとも涼しくありません。それはもう試練とも言えるような状況での撮影になってしまいました。野鳥写真の撮影でなければ、5分も経たずに根を上げていたと思います。
f0372177_21463683.jpg
この休耕田は水が残っているわけではなく、全面が緑の草で覆われていましたが、その中に動く野鳥の姿を確認することができました。すかさず双眼鏡を向けてみると、そこにはケリの姿がありました。
f0372177_21461979.jpg
この辺りで観察できるケリは、個体数はそんなに多いわけではありません。渡りをするわけではなく、ほぼ一年を通して観察できるようですが、私が観察するのは春から秋の間ばかりであるように思います。
f0372177_21463189.jpg
ケリはチドリの仲間の野鳥ですが、全長は36㎝ということで、比較的大型の野鳥になります。だから、1羽だけでしたが割合見ごたえがありました。
f0372177_21462568.jpg
この緑の草原の中には、ムナグロの8羽ほどの群れも確認できました。このケリはそれほどでもありませんが、ムナグロ達は草むらの中に伏せて、暑さに喘いでいる様子が窺えました。
f0372177_21461166.jpg
このケリを独占して暫く撮影を続けていましたが、暑くて暑くて根気が続きません。そう思うともう限界....とばかりに窓を閉め、エアコンをガンガン効かせて、次の休耕田を探しに車を走らせていました。
[PR]
by coffeeto-p2 | 2016-09-07 06:00 | 野鳥 | Comments(0)