タグ:チドリ目 ( 26 ) タグの人気記事

海辺で見つけた野鳥など

f0372177_20562037.jpg
「今朝の都内の気温は24度です。昼間の気温は32度で、昨日より少し下がる予想です。」テレビのお天気キャスターが紹介していました。薄曇りのお天気で直射日光を浴びることがありませんから、出勤のために外に出た時、爽やかさを感じるほどでした。そうだ、この三連休で足を運んだ奥日光は、昼間でもこのくらいの気温だったと、私の全身はあの高原の快適さを思い出しているようでした。
後ろ髪を引かれるような思いで都内へ戻ってみると、湿度の高いジメジメした空気が35度にもなっていました。これは堪らん、夏の間はずっと高原で暮らしていたい。私の体は間違いなくそう思っていだと思います。
先々週の週末は、暑いのを覚悟の上、海鳥などを観察しようと、九十九里浜の海岸線を舐めて来ました。だけど、思ったような成果を上げられず、暑さに茹って帰って来ました、今回はそこで観察した野鳥達を紹介してみたいと思います。まず始めはコチドリです。九十九里浜に流れ込む川の河口付近で撮影したものですが、護岸のコンクリートの上に立った姿が、河川敷の緑をバックによく映えていました。
f0372177_20562905.jpg
朝一番に足を運んだ、海水浴場の砂浜にいたキョウジョシギです。まだ人影がまばらでしたから、何種類かのシギチを確認することが出来ました。このキョウジョシギは1羽だけでいるところを撮影しましたが、脚を痛めている様子でびっこを引いていました。
f0372177_20563292.jpg
前回は “海水浴場のシロチドリ” を紹介しましたが、そのシロチドリを撮影していた時に、ふと気が付くと、1羽で佇んでいるこのキアシシギがいるのを見つけました。群れからはぐれてしまったものでしょうか?
f0372177_18211786.jpg
海辺はとても暑くて日陰もありませんから、そこにいるだけでも大変な状況でした。もちろん、鳥の姿も少なかったのですが、砂浜との境辺りの枯れ枝の上に、このホオジロを見つけました。暑さに負けないような、大きな声で囀っていました。
f0372177_20560637.jpg
近くの枯れ枝に飛来した群れがいました。直ぐにカメラを向けて撮影したところ、カワラヒワであることが分かりましたが、腹部が一様な暗緑褐色ではないことから、今年生まれの若鳥であろうと思われます。
f0372177_20561128.jpg
こちらは海辺の松の木に飛来したシジュウカラです。この個体も色合いが淡くくすんでいるうえ、お腹の黒帯がはっきり出ていませんから、今年生まれの若鳥であることが分かります。
f0372177_20561654.jpg
浜辺で給水しているチョウの仲間を見つけました。アオスジアゲハですね。チョウの仲間は花の蜜を吸うだけではなく、ミネラル分を求めて口吻を伸ばしますが、山ではよく獣糞に群がっています。ここではアオバトと同じように、海水に含まれたミネラルを吸っているのでしょうか?

[PR]
by coffeeto-p2 | 2017-07-21 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

海水浴場のシロチドリ

f0372177_17130673.jpg
このところ山の鳥を中心に観察することが多かったのですが、海の鳥も忘れることは出来ません。真夏の海辺を舞い飛ぶアジサシの仲間や干潟を忙しく動き回るシギチも見て来たいところです。でも、暑さが次第に厳しくなっているこの頃ですから、熱暑の海辺へ出かけるのはちょっと抵抗がありました。10年くらい前であれば、暑さをものともせずに出掛けていたのですが、この頃は涼しいところでないとちょっと....。
贅沢は言ってられません。とにかく足を運ばないことには、見られる野鳥も見られませんから、ここは意を決して出掛けてくることにしました。
f0372177_17133768.jpg
今回は、九十九里浜を移動しながら、観察できそうなポイントを何ヶ所か回って来ましたが、どこもサーファーと海水浴客ばかりですから、人の数は多いのに鳥の数はサッパリでした。そんな中で、朝一番に訪問したこの海水浴場は、まだ人の姿もまばらでした。ウミネコの群れが降りているのが見えましたから、これならシギチの姿も見つかるでしょう。
f0372177_17140680.jpg
ウミネコの群れを飛ばさない程度の距離を保ちながら、そっと近寄っていくと、勢いよく走り回るシロチドリの姿が見えました。よく見ると、その周りには可愛いヒナの姿も見えます。良かった、これで空振りせずに済みました。
f0372177_17145568.jpg
シロチドリの親鳥が走っていきます。その後ろをヒナが懸命に追いかけていきます。必死に走るヒナの姿が微笑ましくて、ファインダーを覗きながら、頑張れチビッコのエールを送ります。
f0372177_17150087.jpg
広い浜辺は、シロチドリ達が全力疾走するには障害物もなくて問題ありませんが、次第に海水浴客の姿が増えて来ました。親子連れの子供達が、大きな声をあげながら波打ち際へ走っていきます。そろそろシロチドリ達は、安全な遊び場を見つけて移動していかなくてはならないようです。
f0372177_17150412.jpg
夏の水辺は風さえ吹いてくれたら、耐えられないほどではありません。でも、まとわりつくような潮風に吹かれるよりも、やっぱり山の涼しい風が恋しいとシロチドリには申し訳ありませんが、そんなことを思いながらシャッターを押していました。
[PR]
by coffeeto-p2 | 2017-07-20 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

水田に暮らすケリ

f0372177_23272024.jpg
私が今働いている職場は、定年退職後の第二の職場ですが、嬉しいことに毎月の給料の他に夏と冬の二回、ボーナスを出してくれるのです。当たり前といえばそれまでですが、60歳を過ぎて働かせて貰えて、おまけにボーナスまで支給してくれるのですから、これは恵まれていると思います。でも、給料もボーナスも全額銀行振込ですから、カミさんが管理することになり、私が自由に使えるわけではありません。未だに毎月の小遣いを貰って生活しています。現役時代からこれで何とかやり繰りしてきましたから特に不満はありません。でも、カミさんの愚痴を聞かされていると気持ちが滅入ってしまいますから、毎週末はカメラを持って何処かへ出掛けるのを楽しんでいます。「亭主元気で留守がいい。」を地でいっているようなものだと思いますが....、如何なものでしょう?
f0372177_23272446.jpg
週末の土曜日を待ちわびて、この日も朝から野鳥写真を撮影しようと、自宅を出発しました。鳥友さんと一緒に3ヶ所の探鳥ポイントを回ることにしていましたが、鳥友さんに急の予定が入り、私一人で回ることになりました。
f0372177_23273556.jpg
探鳥ポイントだけは教えて貰っていましたから、難なく到着することができました。緑一色に苗が伸びてきた広い水田地帯でしたが、その上空をケリが鳴きながら飛翔してくれました。探すまでもなく撮影してくることが出来ました。
f0372177_23274000.jpg
それにしてもよく鳴いてくれます。2羽のケリが連携を取るように鳴きながら飛翔してくれました。繁殖しているペアなのかどうかは分かりませんが、お蔭で結構な枚数を撮影することができました。
f0372177_23274306.jpg
飛翔しているケリの姿は、首から上は灰色で、背面と雨覆いが茶褐色、三列風切と次列風切が白色、初列風切が黒色です。見事に色分けされていて、スッキリした舞姿であると思います。
f0372177_23274966.jpg
緑一色の水田の中で、畦道の上に立ってくれました。紅い虹彩と黄色いくちばし、長い脚がひときわ目を引きます。すっと背筋を伸ばして辺りの様子を窺う、これまたスマートな立ち姿ですね。
f0372177_23275223.jpg
ちょっと上空の様子が気になったのでしょうか? 実際この日は、近くの林からカラスに追われたオオタカが飛び出すところを目撃しました。繁殖中のケリたちにとっては、決して安全が確保できているとは言えない場所のようでした。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2017-06-22 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

水田のキョウジョシギ

f0372177_22502049.jpg
週末にアウトドアライフを楽しみにしていますから、特に予定がなければ車中泊をしながら遠出をすることにしています。ところがこの5月の最終週は、職場の定時総会が間近にあったこともあり、さすがに少し疲れが溜まっていましたから、遠出は控えてお散歩がてら、近場の公園などを覗いて来るだけにしました。そのため、土日とも愛犬のお散歩に付き合うこともできたし、写真の整理も出来ました。口煩いカミさんのボヤキが耳障りですが、余暇のために使える時間はあまり多くありませんから、たまには週末を自宅で過ごすのも悪くはありません。
f0372177_22502954.jpg
今年のゴールデンウィーク最終日(5月7日)に、手賀沼周辺へシギやチドリ類の写真を撮りに行ってきました。これまで、シギチ類の撮影は、霞ヶ浦周辺は出掛けることが多かったのですが、今回はツバメチドリが出ているとの連絡があったので、様子を見て来ることにしました。
f0372177_22503375.jpg
お目当のツバメチドリは、なんとか撮影できましたから既に紹介していますが、到着して間も無く飛ばれてしまいましたから、周辺の田圃巡りをして、シギチ類の写真を狙ってみることにしました。
f0372177_22503908.jpg
車をゆっくり走らせながら、広い田園地帯の中を進んでいくと、水の張ってある田圃は既に田植えが終わったばかりのようですが、その中にシギチ類の姿を確認することが出来ました。
f0372177_22504333.jpg
この田圃も田植えが終わったばかりのようですが、20羽ばかりのムナグロの群れに混じって、数は少なかったですが、このキョウジョシギも確認することが出来ました。
f0372177_22504571.jpg
シギチの仲間は地味な色合いの羽衣であることが多いのですが、このキョウジョシギは三毛猫のような白、黒、茶色の三色の混じった色合いですから、田圃の中では比較的目立つ羽衣になります。
[PR]
by coffeeto-p2 | 2017-05-30 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

畦のキアシシギ

f0372177_20350568.jpg
手賀川の周辺に広がる田園地帯で、シギチ観察を楽しんできました。この日は、いつも珍鳥情報の連絡をくれる鳥友さんから、ツバメチドリが出ているとのメールが届きました。ゴールデンウィーク中は遠征に出掛けていましたが、自宅に戻った最終日は、1日をフルに使って撮り貯めた写真の整理などをしようと思っていた日でした。珍しい野鳥の出現情報を貰い、特に他の予定もなかったので、手賀沼の周辺でしたからこれは行ってみなければと、早速足を運んでみることにしました。
f0372177_20351038.jpg
現地に到着してみると、たくさんの人だかりでツバメチドリはすぐに撮影することが出来ました。じっと伏せっていて動きがなく、間も無く飛び去っていきました。その様子は “休耕田のツバメチドリ” として紹介していますから参照してください。
f0372177_20351372.jpg
お目当が飛び去ってしまいました。また戻って来るのを待っても、いつになるかも分かりません。それでは周辺の田圃を回って他のシギチでも探そうか....。ユックリと車を走らせながら周囲の田圃を探してみると、遠くの畔にきた5〜6羽のシギの小群が目に留まりました。
f0372177_20351609.jpg
双眼鏡で確認すると、キアシシギであることが分かりました。とても距離がありますが、これ以上近づくことは出来ません。助手席の窓からオリンパス E-M1 + ED300mmF2.8 + ED-20 (換算1,200mm相当)で撮影しても、これくらいの写真がやっとの状況でした。
f0372177_20352188.jpg
やがて、キアシシギの群れは一斉に飛び立っていきました。もう少し撮影したい。出来れば近づいてくれるまで待ってから撮影しようと思っていたのに、ちょっと残念な結果になってしまいました。でも、シギチ探しの田んぼ巡りで見つけることが出来ましたから、自分なりには満足しています。
[PR]
by coffeeto-p2 | 2017-05-29 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

水田にムナグロが

f0372177_22162185.jpg
沖縄地方では既に梅雨入りをしているわけですが、6月に入れば間も無く関東地方も梅雨入りとなるでしょう。その走りというわけでは無いでしょうが、5月25日(木)から26日(金)にかけて都内でも雨模様となりました。ひところは、気温が30度近くまで上がって、早くも夏の到来かと思わせられる日も続き、体調的にグッタリしてしまうこともありましたが、雨模様の日はそれに比べたらシットリしていて、過ごしやすく感じます。でも、その日は外に出る仕事が入っていましたから、傘を差して出掛けることを考えると、ヤッパリ雨降りは有難いものではないと感じてしまいます。....とはいえ、農作物の成長を促し、自然を育んでくれる雨ですから、恵みの雨として感謝しなければならないのも確かです。
f0372177_22162594.jpg
ゴールデンウィークの最終日となった5月7日(日)は、ツバメチドリが出ているという連絡をもらって、手賀沼周辺の田園地帯へ行ってきました。何とか撮影して来ることは出来ましたが、そのついでに付近の田圃を巡ってみたところ、何種類かのシギチの姿を確認することが出来ました。
f0372177_22160375.jpg
田植えが終わったばかりの水田に、ムナグロの群が降りていました。南半球で越冬して、これから北極圏に近いシベリアの繁殖地まで渡っていくところでしょうか。通過地点となる日本の田圃などでシッカリと栄養補給をして、長旅に備えているわけですね。
f0372177_22161615.jpg
ムナグロの群れには、顔からお腹にかけて黒色の羽衣をした名前通りの個体と、この写真のように茶褐色の個体が混じっている個体がいます。これは♂と♀の違いではありません。お腹が黒いのは夏羽で、茶褐色のものは冬羽の個体になります。
f0372177_22150161.jpg
この個体は、ほぼ夏羽に換羽していますが、渡りの途中で夏羽に換羽していく個体もいるようです。南半球から北半球への長旅ですから、目的地に到着するまで、かなりの時間を要することでしょう。
f0372177_22145191.jpg
この日足を運んだ手賀川周辺の田園地帯は、既に田植えが終わっている田んぼがある一方で、まだ水も引かれていない田んぼもありました。探す方とすれば、水が張ってある田圃の方が断然見つけやすいところです。
f0372177_22144049.jpg
撮影に使用した機材は、オリンパス E-M1 + ED300mmF2.8 + ED-20 (換算1,200mm相当)を車の助手席側にセットした三脚に固定してメインに使用し、サブとしてE-M1mk2 + M.300mmF4 + MC-14 (換算840mm相当)を手持ちで撮影していました。サブのセットを準備できるようになって、車のどちら側に野鳥が出ても、逃さず撮影できるようになりました。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2017-05-28 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

畦道のチュウシャクシギ

f0372177_22143920.jpg
仕事の都合で、早朝出勤しなければならないことがあります。月に1〜2回はありますが、午前6時半くらいには職場に到着できるように自宅を出なければなりません。そんな日は、当然、自宅で朝食を食べている時間はありません。顔を洗って身支度を整え、直ぐに出掛けなければなりませんから、途中のコンビニでパンとサラダ、ヨーグルトなどを買って、職場で朝食を済ませることにしています。
今日も、そんな早朝出勤しなければならない日に当たりましたが、冬の間は真っ暗なうちに自宅を出なければならなかったのに、今の時期はすっかり明るくなっていて、陽も差していますから気持ち良ささえ感じます。暗いうちに家を出る時に比べると、同じ時間の早朝出勤でも、随分と気分が異なるものです。
f0372177_22151080.jpg
今朝は、自宅を出るときに、バナナを1本持ってきましたから、職場には美味しいコーヒーがありますから、これでもう立派な朝食をいただくことが出来ます。しっかり朝食をとることができましたから、さあ今日も1日頑張りましょう。
f0372177_22154106.jpg
さて、今回紹介するのは、千葉県の手賀沼周辺の田園地帯で撮影したチュウシャクシギの写真です。この日は、ツバメチドリが出ているという情報を頂き、足を運んできました。お目当ての写真は撮れましたがすぐに飛ばれてしまったので、周辺の田んぼ巡りをしたところ、このチュウシャクシギを撮影することが出来ました。

f0372177_22164110.jpg
田園地帯を貫く農道の畦道に、車をゆっくり走らせながらシギチの姿を探し求めていました。遠くの田んぼにばかり目が行って、なかなか見つけられなかったのですが、気が付けば車を走らせていたすぐ目の前に、チュウシャクシギが数羽で佇んでいました。
f0372177_22161099.jpg
チュウシャクシギが警戒して飛び立つ前に発見できました。助手席にメインカメラであるオリンパス E-M1 + ED300mmF2.8 + ED-20 (換算1,200mm相当)を据え付けていましたが、前方に降りていましたから撮影できません。それで直ぐに車を停めて、運転席の窓から体を乗り出すようにして、サブカメラの E-M1mk2 + M.300mmF4 + MC-14 (換算840mm相当)で撮影したのが今回紹介する写真です。


[PR]
by coffeeto-p2 | 2017-05-27 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

休耕田のツバメチドリ

f0372177_21081963.jpg
昼間の気温が30度近くまで上がり、上着を着て外へ出ると汗が滲んでくるようです。既に7月上旬の夏の陽気となりました。出勤するために自宅を出る時には、朝から既に20度を超えていますから、涼しいというような感じではなく、上衣は着ないでノーネクタイのワイシャツ姿で出掛けたくなります。
こんな時期は、山へ行けば野鳥が元気な声で囀り、活発に動き回る姿を見せてくれますから、カメラを担いで歩きまわって来るのに最適です。毎日が週末であってくれたら良いのにと思うのですが、なかなかそんな上手い具合にはいきません。平日は自宅と職場の間を往復しながら、次の週末を楽しみにしている毎日です。
f0372177_21082398.jpg
さて、今回紹介するのは、ツバメチドリの写真です。図鑑によれば夏鳥または旅鳥とされていて、あまり見る機会には恵まれませんから、情報を頂くとすぐに出掛けてきました。そして、少し距離はありましたが撮影して来ることが出来ました。
f0372177_21082790.jpg
川に沿って広く田んぼが続いている田園地帯です。これといった目標が無いのですが、現地へ行ってみると、たくさんの車が駐車していて、5〜60人ほどのカメラマンが望遠レンズの砲列を敷いていました。鳥を見つけるより、人を見つける方が手っ取り早いですね。すぐにその場所が分かりました。
f0372177_21082937.jpg
この日足を運んできたのは、千葉県の手賀沼から流れ出る手賀川沿いの田んぼでした。農道から双眼鏡で覗いて見ると、2羽のツバメチドリが休耕田の中にジッと伏せていました。土の色と同系色ですから、見つけにくいことこの上もありません。何枚か写真を撮影すると、間もなくいずれかへと飛び去ってしまい、あっけない幕切れとなってしまいました。その後、周辺の田んぼを巡ってみたところ、ムナグロチュウシャクシギキョウジョシギキアシシギなどたくさんのシギチ類を撮影することが出来ました。その結果はまた順次紹介していきたいと思います。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2017-05-26 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

コチドリがやって来た

f0372177_22545719.jpg
4月16日の日曜日に登友会の月例登山で上州武尊(標高2,158m)に登って来ましたが、集合場所である川場スキー場へ行って驚きました。スキー客(と言っても殆んどはスノーボードです。)のなんと多いことか。今シーズン最後の雪山登山と思っていましたが、雪があればスキー客が来るのは当然ですね。また、スキー場の施設は8階建ての立派な建物になっていましま。そのビルの6階までは駐車場で7階にリフト券売り場があります。そこからゲレンデにつながる出入り口があってリフトに乗るわけですが、レストランやスポーツ用品店、レンタルショップなどたくさんのお店があり、待合も広々していて快適な環境でした。今の若い人たちは、こんな快適な環境の中でスキーやスノボを楽しんでいたのですね。
話が野鳥観察とは全くズレてしまいましたが、4月2日の日曜日に渡り途中のシギチを見たくて霞ヶ浦周辺へ出掛けて来ました。今回はそこで観察したコチドリを紹介します。
f0372177_22550454.jpg
4月の声を聞くと、田園地帯には渡途中の淡水性のシギチの仲間がたくさん入って来ることでしょう。中にはツルシギのように3月中から姿を見せるものもいますから、春の訪れとともに足を運んで見たいとムズムズしていました。
f0372177_22550031.jpg
ところが、最近は休耕田がめっきり少なくなってしまい、シギチを探す前に休耕田を探すのに苦労するような状況です。田園地帯で車に乗ったまま、結構な距離を走り回ってしまいました。
f0372177_22544780.jpg
やっと見つけたこの休耕田に、コチドリの姿を見つけました。ずいぶん走り回って来ましたから、これはとても嬉しい発見です。農道に車を止めて、車窓から望遠レンズを向けました。
f0372177_22545025.jpg
ここはハス田でしょうか? ハスの枯れた茎が折り重なるように放置されています。その間を歩き回る野鳥の姿が、少し離れた車の中からも目に付きました。車を止めて双眼鏡を当ててみると、そこにいたのはコチドリでした。
f0372177_22545414.jpg
枯れた茎の間を動き回っていますから、撮影するにはAFが上手く合わずに苦労させられます。MFも併用しながらその姿を追って、ここでかなりの枚数を撮影しました。
f0372177_22544360.jpg
コチドリは、この辺りでも繁殖しますから、ほかのシギチ類とは違って夏の間ずっと観察することが出来ます。普通種ではありますが、今シーズン初めての出会いとなりましたから、新鮮な気持ちで撮影して来ました。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2017-04-19 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

春を迎えたタシギ

f0372177_21085047.jpg
4月の声を聞くようになると、渡り途中のシギチたちがたくさん観察できるようになります。干潟や休耕田を巡り歩くのが楽しいシーズンですね。特にツルシギの渡りは早めで、3月中から渡っていく姿が観察できるようです。ソロソロ様子を見に行かなくてはと思っていました。
このところ、シギチの情報は殆んど入ってきませんが、休耕田巡りをしてみれば、何か見つかるに違いありません。足を運んでみなければお話になりませんから、例年淡水性のシギチがたくさん観察できる霞ヶ浦の周辺へ出掛けてみることにしました。
f0372177_21090857.jpg
渡り途中のシギチ類が羽を休めているであろうと思われる、水が張ってある休耕田を中心に、広大な田園地帯でゆっくり車を走らせながらかなり探し回ってみましたが、水のある休耕田が少なくて、なかなかその姿を見つけることができません。
f0372177_21084425.jpg
稲敷大橋からさほど遠くないハス田に差し掛かった時、シギチが水田の中に舞い降りるところを目撃しました。何が舞い降りたかよく分かりませんが、その辺りを探してみると枯れたハスの茎の影に、ジッと佇んでいるタシギの姿が見つかりました。
f0372177_21090501.jpg
一度その姿が見つかると、面白いもので後はそんなに苦労しなくても、次々とタシギの姿を見つけることが出来ました。少し離れた休耕田にも、草むらにタシギが何羽も羽を休めているところがありました。
f0372177_21091254.jpg
ここにもタシギが動かないでジッとしています。この休耕田の中だけでも5~6羽のタシギが潜んでいるようです。他の休耕田はあまりパッとしませんから、暫らく車を停めてここで撮影することにしました。
f0372177_21085554.jpg
図鑑によれば、タシギは旅鳥とされていますが、本州中部とそれより以南では越冬するとされています。今回撮影のために足を運んだ霞ケ浦周辺では、冬の間普通に姿を見ることが出来ますから、ここでは冬鳥としてのイメージが強いですね。
f0372177_21090148.jpg
春を迎えたタシギ達は、間もなく繁殖地へと旅立っていくものと思われます。これから暫らく休耕田を巡ると、淡水性のシギチの混じって、オオジシギやチュウジシギなどが次々と渡って来ることでしょう。見つけにくいジシギ類ですが、その識別もまたとても難しいですね。今シーズンもまた、識別に悩まされることの連続になりそうです。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2017-04-17 06:00 | 野鳥 | Comments(0)