タグ:シギ科 ( 10 ) タグの人気記事

春を迎えたタシギ

f0372177_21085047.jpg
4月の声を聞くようになると、渡り途中のシギチたちがたくさん観察できるようになります。干潟や休耕田を巡り歩くのが楽しいシーズンですね。特にツルシギの渡りは早めで、3月中から渡っていく姿が観察できるようです。ソロソロ様子を見に行かなくてはと思っていました。
このところ、シギチの情報は殆んど入ってきませんが、休耕田巡りをしてみれば、何か見つかるに違いありません。足を運んでみなければお話になりませんから、例年淡水性のシギチがたくさん観察できる霞ヶ浦の周辺へ出掛けてみることにしました。
f0372177_21090857.jpg
渡り途中のシギチ類が羽を休めているであろうと思われる、水が張ってある休耕田を中心に、広大な田園地帯でゆっくり車を走らせながらかなり探し回ってみましたが、水のある休耕田が少なくて、なかなかその姿を見つけることができません。
f0372177_21084425.jpg
稲敷大橋からさほど遠くないハス田に差し掛かった時、シギチが水田の中に舞い降りるところを目撃しました。何が舞い降りたかよく分かりませんが、その辺りを探してみると枯れたハスの茎の影に、ジッと佇んでいるタシギの姿が見つかりました。
f0372177_21090501.jpg
一度その姿が見つかると、面白いもので後はそんなに苦労しなくても、次々とタシギの姿を見つけることが出来ました。少し離れた休耕田にも、草むらにタシギが何羽も羽を休めているところがありました。
f0372177_21091254.jpg
ここにもタシギが動かないでジッとしています。この休耕田の中だけでも5~6羽のタシギが潜んでいるようです。他の休耕田はあまりパッとしませんから、暫らく車を停めてここで撮影することにしました。
f0372177_21085554.jpg
図鑑によれば、タシギは旅鳥とされていますが、本州中部とそれより以南では越冬するとされています。今回撮影のために足を運んだ霞ケ浦周辺では、冬の間普通に姿を見ることが出来ますから、ここでは冬鳥としてのイメージが強いですね。
f0372177_21090148.jpg
春を迎えたタシギ達は、間もなく繁殖地へと旅立っていくものと思われます。これから暫らく休耕田を巡ると、淡水性のシギチの混じって、オオジシギやチュウジシギなどが次々と渡って来ることでしょう。見つけにくいジシギ類ですが、その識別もまたとても難しいですね。今シーズンもまた、識別に悩まされることの連続になりそうです。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2017-04-17 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

浜辺のキョウジョシギ

f0372177_12361553.jpg
9月最後の日曜日は、久々の晴天で気持ちの良い1日になりました。もう何日もお日様を見ていなかったので、外を歩くのが気持ちよく感じられました。こんな日は、カメラを担いでフィールドへ出掛け、のんびり1日自然観察したり野鳥写真の撮影でもしていたいところですが、なんとこの日は仕事が入ってしまいました。2週続けて野鳥写真の撮影が出来なかったので、この日曜日の出勤は痛いところですが、仕方ありません。翌週に代休をとって三連休にして、野鳥写真を撮るために遠征してくることにしましょう。
f0372177_12362514.jpg
今回紹介するのは、8月28日に船橋海浜公園(三番瀬)で撮影して来たキョウジョシギの写真です。このところの天候不順で、野鳥写真があまり撮れていないので、三番瀬で撮影したシギチの写真があったから、何とかここまでブログの繋ぎができました。
f0372177_12355826.jpg
三番瀬に足を運んだ当日は、ちょうど潮が引いた時間帯でした。干潟が沖の方まで広がっていて、遠くの波打ち際を中心にシギチの群れが見えました。長靴を履いて浅瀬を渡り、飛ばさないようにソロリソロリと近寄って、撮影して来ました。
f0372177_12362046.jpg
ミユビシギやミヤコドリなどが比較的たくさんいましたが、そんなに数は多くありません。でも、種類が多く撮影できましたから、ブログのネタとしては効率よく撮影できたと思います。その中でも、キョウジョシギは少なくて、1日いても2羽しか確認できませんでした。
f0372177_1236446.jpg
キョウジョシギは英名が Turnstone で、名前の通り石をひっくり返して下の甲殻類などを採餌しています。三番瀬のような砂浜では、得意な採餌が出来ないでしょうから、ここでは数が少なかったのでしょうか?
f0372177_1236952.jpg
顔面から喉元にかけての黒色部分が濃い色合いをしていますから、この個体はキョウジョシギの♂になると思います。背面が茶褐色で脚は赤色ですから、地味な羽衣の種類が多いシギチの中では、カラフルな種類ですね。
[PR]
by coffeeto-p2 | 2016-09-26 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

換羽途中のミユビシギ

f0372177_1050013.jpg
秋分の日の祝日とウィークエンドの谷間となる9月23日にお休を貰いました。9月最初の日曜日に仕事が入りましたから、その代休をいつとろうかと思っていました。谷間に休みがとれたお陰で、2週続けての連休を実現することが出来ました。でも、そのどちらの連休もお天気が悪くて雨続きです。タカ渡りを観察羽するのに絶好の遠征チャンスであったのに、諦めざるを得なくなってしまいました。今年は、8月~9月にかけて台風が連続して日本に接近したり、秋雨前線がず~~っと滞留して関東地方は不順な天候続きです。楽しみにしている自然観察どころではありませんが、これだけ天候不順な日が続くと、このブログで紹介する写真もネタ切れとなりかねませんから困ったものです。今のところ、撮り貯めた写真のストックがまだありますからよいのですが、この週末には何とか近場で野鳥写真を撮って来たいと思っています。
f0372177_1049098.jpg
9月23日に代休を貰ったことで、本来であれば4連休が実現するはずでしたが、この9月25日の日曜日にまた仕事が入ってしまいました。何ともチグハグで困ったものですが、その代休を使ってまた三連休として、どこかへ遠征してきたいと思います。
f0372177_1049853.jpg
当面、10月最初の週末に代休を付ければ、伊良湖岬のタカ渡りを観察するのによいチャンスになると思います。その次の週末も体育の日の休日が続いて三連休ですから、天気の様子を見ながら、どちらかの連休で実現して来たいと思っています。
f0372177_10501885.jpg
さて、今回紹介する写真は、8月末に足を運んだ三番瀬(船橋海浜公園)で撮影したミユビシギです。潮が引いて干潟が遠くまで広がっていましたが、そこにたくさんの群れで羽を休めていました。
f0372177_1050991.jpg
時期的に、夏羽から冬羽へと換羽する頃合いです。冬羽のミユビシギについては、以前、コーヒー党の野鳥と自然で〝磯辺のミユビシギ〟として紹介した写真がありますから、そちらも参照してください。
f0372177_10495191.jpg
冬羽であれば、見るからに白くなるミユビシギですが、今の時期は換羽途中ですから所々に暗褐色の羽が残ってマダラ模様の羽衣になっています。
[PR]
by coffeeto-p2 | 2016-09-24 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

渚のアオアシシギ

f0372177_2219462.jpg
今の職場の大先輩で、既にリタイアされている方ですが、実家のある茨城県に広い栗林を所有されています。今でもまだ現役で仕事をされていますが、大変に面倒見の良い方で、毎年その栗林に後輩の我々を招待して、栗拾いのイベントを楽しませてくれます。前に参加させて貰った時には、カミさんと愛犬チョコちゃんを連れて行ってきたのですが、広い栗林の中、獲り放題の栗が沢山あります。チョコちゃんはいつも目一杯走り回る元気者ですが、この時は、栗のイガが沢山落ちていて足にチクチク刺さるものですから、途中から座ったっきり動かなくなってしまいました。靴でも履かせてやれば良かったと思いますが、その代わり大きな袋にいっぱいの栗を拾ってくることができました。
f0372177_22184448.jpg
今年もまた、そんな栗拾いのイベントを楽しませてくれるということで連絡を受けていたのですが、生憎の天候不順で中止になってしまいました。雨降りばかりですから、これでは栗拾いどころではありません。
f0372177_22191167.jpg
今年は、三連休の中にそのスケジュールを入れてくれましたが、台風16号が接近しているのと、前線が停滞して雨が続きましたから、きっと栗林はドロドロにぬかるんでいたのではないかと思っていました。
f0372177_22185130.jpg
今年も栗拾いを企画してくれた大先輩が、中止せざるを得なかったことから、皆んなに悪いことをしたと思ったのでしょうか、わざわざうちの職場まで拾った栗を持ってきてくれました。気を遣わせて大きな栗を沢山もらいましたから、逆に大変申し訳ない思いです。
f0372177_2219172.jpg
頂いたたくさんの栗をどうやってご馳走になろうか、いろいろ食べ方があると思いますが、カミさんにお願いして、栗ご飯に炊き込んでもらうのが一番美味しそうな気がします。
f0372177_22192797.jpg
三番瀬でシギチ観察をして来ましたが、アオアシシギも元気に動き回っていました。ここではアオアシシギの兄弟が、並んで餌取りをしていましたが、その姿がぴったりシンクロしていました。
[PR]
by coffeeto-p2 | 2016-09-22 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

波打ち際のチュウシャクシギ

f0372177_22183864.jpg
敬老の日に続く三連休は、当初の予定では長野県の白樺峠でタカ渡りの観察をする予定でいましたが、台風16号が接近しているのと、前線が停滞して雨模様の不順な天候が続いたため、残念ながら断念せざるを得ませんでした。そのため、近場でお茶を濁すように野鳥観察をして来ましたが、丁度このタイミングでホンダのフリードがモデルチェンジして発売開始になりましたから、ディーラー店へ見に行ってきました。今乗っている車は、車中泊に特化したスパイク・ハイブリッドですが、モデルチェンジに伴う後継車は、フリード+(プラス)ということになるようです。購入してからまだ2年ほどしか経っていませんが、ホンダ・センシングが搭載され、4WDも発売されますから、とても魅力的です。買い替えを検討することにしました。
f0372177_22182974.jpg
ディーラー店で展示されていたのは三列座席の7人乗りのタイプだけで、フリード+(プラス)は納車が遅れているとのことでした。スパイクで気に入っているところは、後部のフルフラットのスペースが200㎝を確保できるところですが、後継のフリード+(プラス)は、そのスペースが確保できるかが気になるところです。
f0372177_22181371.jpg
雪の高原まで出掛けて野鳥写真を撮ることもありますから、4WDが発売になったのがとても有難いところです。フリード+(プラス)は4WDでも燃費は25.2Km/ℓですから、FFのスパイクよりも燃費が良くなっているのも嬉しいところです。
f0372177_22175180.jpg
更に、買い替えを意識させたのは、ホンダ・センシングが搭載されたことにあります。人や車との衝突を回避する衝突軽減ブレーキや、高速で前車の速度と距離を感知してブレーキやアクセルを操作しなくても追従してくれる機能、車線を外れそうになると警告してくれる機能など、事故防止のためのホンダ・センシングは、これからの私には必須の機能といえます。
f0372177_22174542.jpg
最終的な買い替えの決断は、フリード+(プラス)の現車を見てからということで、ディーラー店からの連絡を待つことにしましたが、この冬のシーズンに間に合えば、スノーシューを履いて、雪の原野を飛び交う野鳥達を観察しに行きたいと思っています。
f0372177_2218399.jpg
さて、肝心な野鳥の話ですが、今回紹介するのはチュウシャクシギです。8月最後の日曜日に、三番瀬で観察して来ましが、ここではチュウシャクシギのほかにオオソリハシシギ、ダイゼン、ウミネコ、そしてたくさんのミユビシギとともに撮影することができました。
[PR]
by coffeeto-p2 | 2016-09-20 06:06 | 野鳥 | Comments(0)

キアシシギの食事風景

f0372177_1591676.jpg
あなご料理を食べさせてくれる、日本橋の老舗に行ってきました。2、3年前に一度呼ばれて行ったことがあるお店ですが、今回また訪れる機会に恵まれました。とは言っても、あなごが食べたかったわけではなく、誘われたお店がたまたまここだったという訳です。
元の職場の大先輩からお誘いを受けましたから、無下に断る訳にはいきません。遅れてはいけないと思い、早めに職場を出発しましたが、思っていたより早く到着しました。この日は4名のメンバーで旧交を暖めながら、呑み食いをする予定です。しかし、他のメンバーがなかなか来てくれません。待ちわびている時間を利用して、このブログの書き込みをしています。
f0372177_1591244.jpg
今日はこのお店で、あなご料理の白焼きや天ぷら、それに刺身まで、いろいろご馳走になってきました。美味しい料理もさる事ながら、お店自慢の日本各地の銘酒もご馳走になれましたから、気が付けば随分飲んでしまい、帰りはホロ酔い気分の千鳥足です。
f0372177_159593.jpg
普段はビールとウイスキーばかりで、その他のお酒を飲むことは余りありませんが、この日は話に花が咲いたうえに各地の銘酒ということで盃が進みました。気がつけば3時間近くも飲んでいましたから、酒量もかなりであったと思います。
f0372177_1585956.jpg
お店を出た時は、少し酔っているなと自覚出来ましたから、酔い覚ましのために少し歩いてから帰ることにしました。ひところの暑さはすっかり影を潜め、涼しい風に吹かれながら駅二つ分歩いてきましたが、楽しい会話の余韻に浸りながら地下鉄に乗ることが出来ましたから。
f0372177_1584862.jpg
さて、今回紹介するのは、船橋海浜公園(三番瀬)で撮影したキアシシギの写真ですが、ここで大きなカニの仲間を見つけたようです。とても飲み込めないだろうと思いますが、よほど美味しそうだったのでしょう、暫く悪戦苦闘が続きました。
f0372177_1585475.jpg
大きなカニの手足をもいで、胴体だけにしたところで、何度も咥え直していましたが、最後には何とか飲み込んでいきました。よくあんな大きなカニが飲み込めたものです。獲物を捕らえたキアシシギの執念を感じました。
[PR]
by coffeeto-p2 | 2016-09-15 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

トウネンがいました

f0372177_12543854.jpg
今週の週間天気予報を見ると、週末までずっと傘マークが並んでいます。夏が終わって秋晴れの日が続くのかと期待していたのに、季節の変わり目にはこのように雨が降る天気が続くようです。春から夏の変わり目が梅雨なら、これは秋雨と言うのだそうです。これまでの夏の暑さは影を潜めて、涼しい秋の空気に代わってきましたから、過ごしやすくなったのは嬉しい話なのですが、でもやっぱり毎日続く雨降りは嫌ですね。今朝も傘をさして通勤の途につきましたが、お日様と青空が広がってくれる天気が恋しくなります。
f0372177_12544331.jpg
今年は台風の発生が多いですが、今朝のニュースによれば未明に台風15号と16号が発生したようです。日本への影響はまだ不明ですが、どうなることでしょうか? この週末の三連休は、タカ渡りを観察するために出掛ける予定を立てていましたから、接近してくるのは困ります。
f0372177_12543098.jpg
....とはいえ、お天気のことは注文通りになりません。天気が悪ければタカの仲間は渡りを控えて、ずっと滞留することでしょう。だから天気の様子を見ながら、こちらの予定を変更せざるを得ないようです。台風のコースが逸れてくれれば良いのですが....
f0372177_12544891.jpg
昨年もこの時期にタカの渡りを観察するため、長野県の白樺峠に出掛けてきましたが、雨が降った翌日のよく晴れ渡れた日に、たくさんのタカが渡って行ったようです。今回の台風接近と、3連休の日程が上手くズレてくれたら嬉しいのですが....、天に祈るばかりです。
f0372177_12545464.jpg
さて、8月最後の週末に船橋海浜公園(三番瀬)へシギチの観察に行って、そこでたくさんの写真を撮ってきましたが、今回紹介するのは、、小型のシギのトウネンです。全長は15cmということですから、ほぼスズメ大ですが、こんな小さなシギが海を越えて何千kmも渡っていくのですから凄いものですね。
f0372177_12545898.jpg
ここで羽繕いしているトウネンを撮影することが出来ました。背面の各羽を見ると羽縁に淡色の縁取りがあるのが分かりますが、これによって、この個体が今年生まれの若鳥であることが分かりますね。
[PR]
by coffeeto-p2 | 2016-09-14 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

干潟に集うオオソリハシシギ

f0372177_11515091.jpg
年に1回の定期健康診断に行ってきました。第2の職場に移って早くも3回目になります。初めて受診した年は、案内のパンフレットを見て開始時間に合わせて行きましたが、みなさん早くから来て順番待ちをしていたのです。長く待つことになった上、とても混雑して余計に時間が掛かってしまいました。だから、2回目の昨年は始まる時間の30分以上前に着いて順番待ちをしましたが、終わる時間がそんなに早くなるわけでもありません。そんな状況も良くわかってきましたから、今年は到着時間を調整したところ、待ち時間もそんなに長くならず、スムーズに受診してくることができました。健康管理のためにこうして定期的に健康診断を受けられる制度は、とても有難いものです。
f0372177_11514098.jpg
検査の内容は、身長・体重の測定から始まり、視力、聴力、心電図、胸部エックス線、バリウム検査など全部で10種類ほどの検査を受けて、その結果については2週間ほどで自宅へ通知してくれるというものです。これだけで身体の異常の有無が確認できるわけですから、便利な制度です。
f0372177_11512516.jpg
これまで幸いなことに健康を維持してきましたが、若い時と違って年齢的には注意をしなければならない時期になっていますから、尚のこと定期健康診断の有り難さが身に染みます。でも、基本的には毎日欠かさずウォーキングをして、これからも健康維持に向けた体作りを心掛けていくつもりです。
f0372177_11513370.jpg
さて、この日は三番瀬と呼ばれる船橋海浜公園へ行ってきました。夏の直射日光に晒されるのは嫌だなと思っていましたが、幸いにもこの日はずっと曇り空でしたから、割合涼しい環境に恵まれました。たくさんのシギチを撮影することが出来ましたが、オオソリハシシギの小群も撮影することが出来ました。
f0372177_11511656.jpg
オオソリハシシギは全長39㎝もある大型のシギの仲間です。そこにいれば1羽だけでも存在感がありますが、この日は小さな群れでいましたから、見応えがありました。良く似たオグロシギは雨覆いの各羽の先端に丸みがありますが、オオソリハシシギの先端は尖っていますから、そこが確認できれば見間違うことがないようです。
f0372177_11514554.jpg
偶然ですが、砂浜で採餌しているオオソリハシシギのすぐ近くに、ダイゼンが飛来した状況を撮影できました。こんなところが撮影できるのも、シギチがたくさんいる環境ならではのことですね。
[PR]
by coffeeto-p2 | 2016-09-13 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

冬羽のミユビシギ

f0372177_22544626.jpg
海辺や湖沼、休耕田などに行けば、繁殖を終えて南の越冬地へ渡って行くシギやチドリ達が、たくさん観察できる季節になりました。暫くはそんな野鳥達の姿を求めて、水辺へ足を運ぶのが楽しみな時間が続きます。東京湾の周辺は、遠浅の砂浜が続きますから、そんなシギチを観察するのに適した良好なロケーションに恵まれています。
これまでは、繁殖期の野鳥を求めて山へ足を運んでばかりでしたが、この時期は渡り途中のシギチを求めて海辺に行くのが楽しみですね。
f0372177_22553421.jpg
先日、東京近郊の休耕田巡りをした時は、真夏の太陽がギラギラ照りつける酷暑の1日でした。車の中からカメラを構えて撮影していましたが、車内で扇風機を回しても暑さに耐え切れず逃げ出してしまうほどでした。でも、この日はは曇り空で太陽に照りつけられることもなかったので、身体的にはとても楽で助かりました。
f0372177_22545462.jpg
ちょうど干潮の時間帯に到着しました。沖の方まで干潟が広がっていますから、これだけ広いとポイントを絞ってシギチを探すのも難しい状況です。長靴を履いて、干潟から干潟を渡り歩きながら、遠くに見えるシギチの姿を追い求めていました。
f0372177_22551151.jpg
干潟でシギチの写真を撮影する時は、隠れる場所がありませんから、あまり接近できません。だから、望遠レンズは一番焦点距離の長い玉を使うことになります。この日はオリンパスの300mmF2.8のフォーサーズレンズに2倍のテレコンバーターを付けて撮影しましたが、これで35mm換算1,200mm相当の写真が撮れます。
f0372177_22552638.jpg
夢中になってシギチの写真を撮影していましたが、いつの間にか潮が満ちてきました。うっかりすると干潟に取り残されてしまうことになりますから、そうならないうちに早めに切り上げて岸辺に戻らなくてはいけません。でも、ちゃんと撮影しておかないと紹介できる写真が残せませんから、その見極めが大変でした。
f0372177_225502.jpg
水辺でジッとしているシギの仲間を見つけました。背面は灰褐色で腹部は白色です。後から図鑑と見比べてみると、どうやらミユビシギの冬羽であったようです。ミユビシギは群れで忙しく動き回るというイメージが強い鳥ですから、1羽だけでいたこの個体が何なのか、その時はよく分からなかったのです。(^^;;
[PR]
by coffeeto-p2 | 2016-09-12 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

休耕田のアオアシシギ

f0372177_16295243.jpg
9月のカレンダーを見ると、〝敬老の日〟と〝秋分の日〟の2回の祝日があります。まだまだ暑い日も続きますから、夏休み気分も抜けないような感じがしていますが、3連休や4連休として遠征旅行に出掛けるには絶好のチャンスです。次第に秋風も吹いて涼しくなってくるでしょうから、アウトドアライフを楽しむには良い季節となってきました。収穫の秋ですから、味覚を求めて足を延ばしてくるのも楽しみです。さて、どこへ行きましょうか、また悩んでしまいそうです。
先日、秋の渡りのシギチを観察しようと、近郊の休耕田巡りをしてきました。8月下旬で猛暑のさなかでしたから、観察している私の方が暑さでフラフラになりましたが、そこそこの成果を上げてくることが出来ました。
f0372177_16301528.jpg
涼しそうに見える水辺のアオアシシギですが、この日この休耕田の周囲の環境は、むせ返るような暑さに取り巻かれて、田んぼの畦に上がったサギ類は、口を開けて喘いでいるような状況でした。
f0372177_16302231.jpg
水が張られた休耕田で、採餌活動に忙しそうなアオアシシギです。広い休耕田でしたが、私が観察している間、近い所からずっと離れたところまで、かなり精力的に動き回っていました。
f0372177_16303021.jpg
バラバラに動き回っていた個体が、次第に一か所に集まり始めました。ここにいる個体たちは、背面の羽の様子を見ると、各羽に淡色の羽縁が縁取りのように認められます。いずれも今年生まれた若い個体群であることが分かります。
f0372177_1630508.jpg
アオアシシギは全長が32㎝ほどあり、シギの仲間の中でも割合大きい方だと思います。脚もかなり長めですが、それでもこの休耕田は水深があって、水面がお腹に着くくらいの深さがあります。少し太めで上に沿ったクチバシが特徴ですね。
f0372177_16311334.jpg
この休耕田に降りていたアオアシシギの殆どが中ほどに集結して羽を休めています。ここで休憩を取る態勢を整えているようです。これから長い道のりを渡っていかなければなりません。この若鳥だけで群れを作って、励ましあいながら渡っていくことでしょう。
f0372177_1631201.jpg
繁殖を終えたアオアシシギの成鳥(親鳥)達の姿が見えませんが、繁殖を終えた成鳥は若鳥を置いて先に渡って行ってしまうようです。だから、7月の中旬以降に休耕田巡りをやれば、そんな成鳥の姿が観察できるはずです。
[PR]
by coffeeto-p2 | 2016-09-08 06:00 | 野鳥 | Comments(0)