タグ:ゴジュウカラ科 ( 6 ) タグの人気記事

高原のゴジュウカラ

f0372177_22355045.jpg
奥日光で野鳥写真を撮りながら、自然観察して来た結果について紹介を続けていますが、訪問したのは7月15日(土)〜17日(月)の海の日の祝日までの3日間でした。毎度のことながら、車中泊により、2泊3日の時間を有効に使うことが出来ました。早朝から夕方遅くまで、あまり時間を気にすることなく、自然観察に没頭できます。時間を気にせず野鳥を探すことができると、気持ちの上でもすごい余裕が生まれて、終わってみれば当初の予定以上に、多くの収穫を上げることが出来ました。
私は朝早いのが苦手ですから、遠征先の車中泊ではゆっくり起床して、お湯を沸かしてコーヒーを淹れるところから1日が始まります。朝食は何時もタマゴサンドのパンとサラダ、バナナ、ヨーグルトというメニューです。車中泊が長引くと、ホットサンドを焼き上げることもあります。8枚切りの食パンにバターとピザソースを塗って、ハムやチーズ、レタスなどを挟んでアツアツに焼き上げます。これをハフハフ言いながら戴くなんてこともしています。そんなことをしていると自然と時間がかかり、鳥を探し始めるのが7時過ぎなんていうのが何時ものパターンになってしまいました。
f0372177_22340467.jpg
朝は何時もゆっくりですが、そのぶん夕方は十分に時間使います。家へ帰る心配がありませんから、暗くなって写真が撮れなくなるまで外を歩き回って来ます。私の経験からは、早朝より夕方薄暗くなってからの方が、野鳥写真がたくさん撮れるように思います。
f0372177_22340818.jpg
それからもう一つ、野鳥写真撮る時にはあまり人の来ない場所を選定するのも必要です。今回紹介しているゴジュウカラの写真は、ハイブリッドバスに乗って千手ヶ浜まで行き、西ノ湖まで歩く間に撮影したものです。戦場ヶ原へは何度も来ていますが、こちらで野鳥写真を狙うのは初めてです。ハイカーが少なくて、野鳥姿が間近に確認しやすい環境でした。
f0372177_22341171.jpg
特に千手ヶ浜周辺では、ビンズイの喧騒が観察できたり、アカゲラが鳴きながら飛び回っていたり、キビタキなども随分たくさん撮影できました。その中の一種がこのゴジュウカラであったわけです。人があまり来ないところでは、野鳥も安心して姿を見せてくれるようです。
f0372177_22341708.jpg
千手ヶ浜から歩き始めると、間も無く姿を見せてくれたのがこのゴジュウカラでした。何羽かでいたようですから、巣立ち後間もないファミリーであったかもしれません。枝先や木の幹を伝うだけではなくて、地面にも降りるものもいて、なかなか賑やかなひと時でした。
f0372177_22342051.jpg
この日は、西ノ湖を訪問した後バスには乗らず、小田代ヶ原まで歩いてみることにしました。結構な距離でしたが、いろいろ収穫があったので、気がついてみれば赤沼駐車場まで歩き通して、カッコウノビタキの写真も撮れました。なかなか収穫の多いハイキングを楽しんでくることが出来ました。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2017-08-11 06:00 | 自然 | Comments(0)

野鳥の森のゴジュウカラ

f0372177_23190956.jpg
連日暑い日が続きます。職場にいる時は、エアコンの効いた事務室の中で仕事ができますから、暑さを感じることなく過ごすことが出来ますが、一歩外に出たらジッとしていても暑さに喘いでしまうような状況です。特に寝ているときがいけません。就寝時にエアコンのタイマーをセットして、涼しく寝付くことが出来ますが、タイマーが切れると暑くなって目が覚めてしまいます。暑いままだと寝付けませんから、またエアコンをつけることになりますが、こんな状況なら、結局一晩中掛けっぱなしにしておいても良いくらいだと思えるようです。
涼しい高原に行って、快適な環境の中で暮らせたら嬉しいのですが、思うようにならないのが現実です。この書き込みがアップされるのは、海の日の休日に続く三連休の中日になりますが、奥日光の戦場ヶ原にいて、きっと気持ちの良い環境の中で野鳥観察をしているものと思います。どんな結果になるか、また紹介するのが楽しみです。
f0372177_23185310.jpg
さて、今回紹介するのは、7月最初の週末に、軽井沢野鳥の森で撮影したゴジュウカラの写真です。ミソサザイ休憩所のある渓流沿いを歩いていたところ、鬱蒼とした渓谷の上の樹間が、飛び交う野鳥達でにわかに賑やかになりました。
f0372177_23185612.jpg
カメラを向けると、このゴジュウカラを始め、カラ類、エナガ、コゲラ、ヒヨドリなどが一斉に動き始めたような感じでした。何処にカメラを向けたらよいか迷ってしまいますが、取り敢えずゴジュウカラの動きを追ってみることにしました。
f0372177_23190243.jpg
このゴジュウカラは、過眼線がはっきり出ていないのと、全体にくすんだ色合いであるところから、今年生まれの若鳥であろうと思われました。巣立って間がないヒナたちが飛び回っているようです。
f0372177_23191372.jpg
この個体は、両脚に赤い足環が付けられていました。誰が何の目的で付けたものであるかは分かりませんが、研究用に着けられたものであれば、情報提供に協力できる余地があるでしょうか? 
f0372177_23190540.jpg
今回、軽井沢では2泊3日の車中泊をして来ましたが、利用した駐車場所は湯川ふるさと公園の駐車場でした。ここには清潔な水洗トイレがあり、近くにはコンビニもありますから車中泊にはうってつけのポイントでした。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2017-07-16 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

山の鳥ゴジュウカラ

f0372177_22595610.jpg
ゴジュウカラは、平地ではあまり見ることが出来ない山の鳥です。5月中旬に訪問した戸隠森林植物園は、標高1,200mの高原地帯に広がっていますから、ここを散策しているとその姿を観察することが出来ます。木道が整備された散策路を歩きながら野鳥を探していると、ゴジュウカラが近寄ってくれることがあります。時に、こちらがハッとするほど間近に接近してくれることもあります。人里離れた山の中に生活の拠点を持っている鳥ですから、人に対する警戒心が比較的薄いのではないかと思われます。また、その行動パターンを見ると、餌を探しながら樹肌を伝って移動していきますが、樹肌に張り付いたまま、頭を下に向けて降りてくる姿をよく観察することがあります。他の鳥では見られない行動パターンですね。
f0372177_23000478.jpg
ここ戸隠森林植物園へ足を運んで来たのは、5月中旬のウィークエンドでした。季節が良くなったせいか、観光客や自然を楽しむ人がたくさん来ていましたから、とても賑やかな様相でした。そのせいか、この日のゴジュウカラは比較的木の高いところを動き回っていました。
f0372177_23003184.jpg
それでも時折、頭を下に向けてアクロバチックな動きを見せてくれます。森の忍者とも言われる所以ですね。この個体は、くちばしに餌を咥えていましたから、これから巣で待つヒナに運んでいくことでしょう。
f0372177_23001438.jpg
この日、携行した撮影機材はオリンパス E-M1mk2 + M.300mmF4 + MC-14 (換算840mm相当)のみでした。以前はフォーサーズ仕様のサンニッパ(300mmF2.8~換算ロクニッパ相当)を三脚に載せて担いでいましたが、このところ重さが堪えるようになって、1日歩き回ることが出来ません。マイクロフォーサーズの利点である小型軽量のカメラとレンズが、現在の私の体力からいうと主力機材となっています。
f0372177_23001054.jpg
戸隠森林植物園のミズバショウ園を抜けて歩いていくと、木道がひどく傷んでいるところが何か所も目立ちました。昨年はこんなじゃなかったのですが、この冬の雪の影響なのでしょうか? この日は、探鳥会の御一行様もこの場所で遭遇して、かなりの人出がありました。真上を見上げたところ、梢に留るゴジュウカラが目に入りました。
f0372177_23003854.jpg
ゴジュウカラの姿を観察すると、背面は青灰色で胸からお腹にかけては白色です。腰の部分に赤茶色の羽毛が少しありますが、黒い過眼線がアクセントとなって、スッキリした羽衣をしています。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2017-06-04 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

ゴジュウカラの誘い

f0372177_2131968.jpg
私が愛用しているカメラは、オリンパスのOM-Dシリーズのミラーレス一眼です。3機種を所有していて、撮影対象ごとに使い分けていますが、その中でもメインに使用しているのはE-M1です。像面位相差AFの機能がありますから、フォーサーズ規格のED300mmF2.8を使用するのに過不足なく、野鳥写真の撮影には欠かせない主力機種になっていました。ところが、そのE-M1が、先日奥日光の戦場ヶ原でノビタキの写真を撮影していた時、故障してしまったのです。突然ファインダーの中の映像が消えて、各種インフォメーション表示は出ますが、映像が見られなくなってしまったのです。レンズを外して見たところ、シャッター幕が下りたままで固まっていました。その時は、カメラをE-M5mkⅡに換装して撮影を続けることが出来ましたが、修理に出さざるを得なくなりました。
f0372177_21303768.jpg
その後、野鳥写真の撮影に出掛けた時は、お蔵入りしていたフォーサーズ規格のE-5を使ってもみましたが、マイクロフォーサーズ機種に比べると何と大きいことか、そしてその重さに泣かされてしまいました。小型軽量の有り難みを、今更ながら再認識することになりました。
f0372177_21305541.jpg
ところで、故障したE-M1はオリンパスのサービスセンターに持ち込んで修理を依頼していましたが、予定日には間に合わないので遅くなるとの連絡がありました。困ったものですが他のボディで代用することが出来ますから、しばらくの間我慢することにしました。
f0372177_21304635.jpg
サービスセンターから指定のあった日に行ってみたところ、何と驚いたことに『部品が間に合わなかったので、新品と交換させてもらいました。』とのことでした。修理代金だけで新品と交換して貰って、とても有難い話ですが、本当に良いのかなと心配にもなってしまいました。でも、よく考えてみたら、年内には新型のE-M1mkⅡが発売になるから、旧機種の在庫整理の恩恵を受けたということだったのかもしれないと、独り合点しています。
f0372177_2131277.jpg
前置きが長くなってしまいましたが、今回は、10月中旬に訪れた戸隠森林植物園で撮影したゴジュウカラの紹介です。撮影したこの日は、朝早くから間近に現れてくれて、撮ってくれよとばかりに誘いをかけられているようでした。リクエストに応えるような思いで、何回もシャッターを押していました。
[PR]
by coffeeto-p2 | 2016-11-07 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

樹肌のゴジュウカラ

f0372177_22141921.jpg
毎日1万歩以上は歩くことを目標にして、職場への行き帰りはウォーキングをしています。何もなければ朝も夕も30分のウォーキングをしていますが、この頃はだいぶ涼しくなって来たとはいえ、まだまだ汗ばむこともあります。寒暖の差が大きくなってきて、季節の移ろいを実感していますが、それよりも強く感じるのは、日没の時間が早くなって来たということです。これまでは、仕事を終えて30分のウォーキングをしても、地下鉄の駅に入るまでは明るかったのが、次第に薄暮の時間帯が早まり、とうとう今では職場のビルを出たところから既に暗くなりはじめるような状況になりました。これから冬至を迎えるまで、更に日没の時間が早くなると思いますが、ナイトウォーク気分で暫くは夜景を楽しみながらのウォーキングになりそうです。
f0372177_22134864.jpg
ナイトウォークも、普段見慣れない夜景を見ながら歩けますから、これはこれでまた面白みがありますが、この頃ちょっと気になっていることがあります。それは自転車のライトでとても眩しいものがあるということです。LEDのライトであろうと思うのですが、自動車のライト並みの光量を持っているものが増えて来ました。
f0372177_22142432.jpg
自転車のライトは下向きに地面を照らしてくれたら良いのですが、そんな眩しいライトに限って前方をまっすぐ照らしているのです。だから、歩いているとその光が目に入って幻惑されてしまうのです。暗い道を歩いていて、急にそんな眩しいライトが目に入ると、ちょっとイラッと感じてしまうこともあります。
f0372177_221463.jpg
自転車に乗っている人は、暗い街でも前がよく見えて良いのでしょうが、反対側から歩く人には迷惑ライトになっている場合もあることを認識して貰いたいと思いますが、如何なものでしょうか?
f0372177_22135751.jpg
さて、今回紹介しているのは、戸隠森林植物園で撮影したゴジュウカラの写真です。訪れた時は夏鳥と冬鳥の端境期で、全体に鳥影が薄かったように思いますが、このゴジュウカラは植物園全体でとても良く目につきました。
f0372177_22141347.jpg
撮影枚数から言ったら、ゴジュウカラの写真が断トツに多い結果となりましたから、とりあえず1日目に撮影した写真の中から紹介して、2日目に撮影した写真は、また後日紹介したいと思います。
[PR]
by coffeeto-p2 | 2016-10-30 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

小田代ヶ原のゴジュウカラ

f0372177_16121117.jpg
カレンダーは早くも9月に変わりました。残暑の日が続きますが、吹く風に秋の爽やかさが感じられるようになってきました。昨日(9月1日)は防災の日ということでしたが、各地に台風10号のもたらした大雨の被害が出たり、熊本ではまた震度5弱の強い地震が発生するなど、いろいろな被害が発生して、自然の前には太刀打ちのできない人間の非力さを感じています。9月4日には、都内の水元公園で東京都の合同防災訓練がありますから、参加してくる予定です。ひとたび被害が発生したら周辺の状況はどうなっていることでしょうか? その場にいる私に何が出来るか? どんな状況が発生しても、出来るだけの事はしていきたいと思って訓練に参加してくるつもりです。
f0372177_16122885.jpg
これまで水元公園は野鳥観察のために何回も足を運んできましたが、まさかここが防災訓練の会場になるとは思ってもいませんでした。訓練当日は野鳥観察を忘れて、訓練に汗を流します。
f0372177_16123326.jpg
さて、8月中旬に足を運んだ奥日光で自然観察をしてきました。標高1,400mを超える高原ですから、ここではいろいろな野鳥が姿を見せてくれましたが、今回は小田代ヶ原で観察した、ゴジュウカラの写真を紹介したいと思います。
f0372177_16123992.jpg
これまで、奥日光で自然観察をする時には、戦場ヶ原が中心で、それ以外の場所にはあまり足を運んだことがありませんでした。今回は渋滞にあって到着した時間が中途半端でしたから、思い切りコース変更して、小田代ヶ原で自然観察してみることにしました。
f0372177_1612231.jpg
以前に小田代ヶ原へ足を運んだ時の印象として、野鳥観察にはあまり成果がなかったという印象でしたが、今回はオオアカゲラやコサメビタキを始め、このゴジュウカラなどのカラ類がたくさん観察出来ました。
f0372177_16124459.jpg
梢に飛来したゴジュウカラを撮影したものです。全体に褐色味があるところから、今年生まれの若鳥であると思われます。枝被りの写真になってしまいましたが、写真をよく見たところ、くちばしの先に何かを咥えていることに気が付きました。
[PR]
by coffeeto-p2 | 2016-09-02 06:00 | 野鳥 | Comments(0)