冬陽の中のモズ

f0372177_11045753.jpg
先週末の金曜日は春一番が吹き荒れて、ビックリするくらい暖かい陽気になってくれました。その反動で、土曜日は寒さが戻って震えるような陽気になってしまいましたが、日曜日はまた持ち直して風が無ければ少しは春めいたお天気になりました。春を迎える天気の変化は三寒四温と言われますが、1日で10度以上の温度差があると、身体的にはかなりこたえるところがあります。金曜日はストーブをつけなくても平気だったのに、土曜日は寒くて朝一番にストーブに火をつけました。愛犬チョコちゃんもストーブの前から離れません。しかし、確実に春に近づいているわけですから、野山に花咲く季節の到来を、今は楽しみに待ちたいと思います。
f0372177_22560976.jpg
2月11日の土曜日は、朝から綾瀬市内の公園へ行ってきましたが、到着した時には辺り一面雪で真っ白になっていましたから驚いてしまいました。でも、日が差すに連れてみるみる雪が溶けて、昼前には日向の雪は姿を消してしまいました。
f0372177_22562150.jpg
この日足を運んだのは蟹ヶ谷公園でしたが、ここではこのモズをはじめ、ルリビタキジョウビタキなどたくさんの野鳥を撮影することが出来ました。
f0372177_22561672.jpg
枝先に止まったモズ君が、冬陽の暖かさに誘われて、気持ち良さそうに羽繕いを始めてくれました。初列風切の中程にある白斑がよく目立っています。
f0372177_22560101.jpg
周囲は雪に覆われて白くなっていましたが、暖かい陽射しを受けたこのモズ君は、日向ぼっこを楽しんでいるように見えます。心なしかノンビリしている風情ですね。
[PR]
# by coffeeto-p2 | 2017-02-20 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

アオジに会えました

f0372177_20031998.jpg
先週末の金曜日に春一番が吹きました。例年より3日遅いということですが、強い南風に運ばれた暖気のおかげで都内の気温は20度以上になりました。4月中旬のまさにサクラの花が咲く頃の陽気です。その日は仕事が忙しくてずっと事務所にいましたが、昼飯を食べに近くの牛丼屋へ行った時には、確かに暖かい風が強く吹いているのを体感することが出来ました。仕事を終えて帰ろうと外に出たところ、いつもならヒンヤリした風が吹きつけてくるのに、この日は暗くなってからも名残の生暖かい風が吹いていました。舗道にポプラの枯葉がたくさん落ちているのが、昼間の春一番の置き土産のようでした。
この日は、春一番が吹いて暖かくなるというので、コートもこれまで着用していたツィードの厚手のものから、薄いビジネスコートに替えたのに、それでも着たまま歩いていたら汗をかいてしまいました。コートなしでも十分に過ごせるほどの暖かさでした。
f0372177_20031111.jpg
帰り道は頭の中でキャンディーズの春一番のフレーズを何度も繰り返し、心ウキウキ駅までの道を歩いてきました。これだけ暖かくなってくると、自然と気持ちも明るくなってくるものですね。
f0372177_20023030.jpg
帰り道の30分ほどのウォーキングの後で電車に乗ったら、それでなくても身体が火照っているので、車内の暖房で余計に汗をかいてしまいました。もう帽子の中まで汗で濡れてしまいました。
f0372177_20031520.jpg
さて、今回紹介するのは、アオジの写真になります。2月11日の建国記念日の日に訪れた平塚市にある湘南平という公園で撮影しました。この日は午前中に綾瀬市内の蟹ヶ谷公園で野鳥写真の撮影を行い、午後から湘南平の様子を見ようと移動してきました。
f0372177_20030511.jpg
湘南平を訪れた1番の目的は、以前にこの時期、ヤブランの実を食べに集まっていたレンジャクの群れを撮影したことがあったので、それを狙って来たわけですが、残念ながら今回は確認することができませんでした。
f0372177_20025093.jpg
でも、今回はそこでこのアオジの写真を撮影することができました。思い返してみるとこの冬のシーズン、これまでアオジの写真を撮った記憶がありません。茂みなどにたくさんいるアオジですが、とても嬉しい気持ちで撮影して来ました。
[PR]
# by coffeeto-p2 | 2017-02-19 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

枝先のカワラヒワ

f0372177_20541072.jpg
2月18日は孫娘の1歳の誕生日です。そういえば、去年の今頃は産気づいた娘を車に乗せて、夜間に産科病院へ車を走らせていたことを思い出しました。早いもので、生まれたその子が今ではつかまり立ちをして動き回り、大きな声を出したり、イタズラも一杯やってくれるようになりました。先日は、くつろぎながらホットウィスキーを飲んでいたのですが、テーブルクロスごと引っ張って見事にひっくり返してくれました。また、テーブルの上に置いたフマートフォンをおもちゃ代わりに弄んで、放り投げてくれるのもしょっちゅうです。でも、何をされても可愛い初孫ですから、爺じいとしては本当に目に入れても痛くない存在です。
f0372177_20542119.jpg
初孫のチイちゃんの誕生祝いということで、娘夫婦から婿さんのご両親と一緒に食事会に招待を受けました。場所は近所のファミレスですが、娘が結婚してから家族で食事に出かけることがなくなっていましたから、楽しいひと時を過ごすことが出来そうです。
f0372177_20541630.jpg
カミさんから食事会でお酒を頼むかと聞かれたので、ビールを1本と答えたところ、それだけで良い?というので、ハイボールも飲みたいと言ったら怒られてしまいました。....だったら初めから聞かなければいいのに(−_−;)
f0372177_20541836.jpg
さて、今回紹介するのは2月11日の建国記念日の日に綾瀬市の蟹ヶ谷公園で撮影したカワラヒワの写真です。日本海側に大雪が降ったこの日は、自宅付近では雨も降らなかったのに、この公園の周辺では数cmの積雪があり、驚いてしまいました。
f0372177_20540657.jpg
そういえば、ラジオの交通情報では、国道1号線が箱根で積雪のため通行止になっていると言っていました。東名高速も止まっていたようです。箱根に近いところですからここに降ってもおかしくはなかった訳です。
f0372177_20541333.jpg
公園に到着した頃には良いお天気で、このカワラヒワをはじめたくさんの野鳥を観察できました。元々のお目当ては、ここ数年出ていたアリスイの写真を撮ることにあったのですが、残念ながら今シーズン、その姿は見られないようです。

[PR]
# by coffeeto-p2 | 2017-02-18 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

カルガモとオカヨシガモ

f0372177_22271982.jpg
定年退職して第二の職場に移り、今年で3年目になります。これまでのところ仕事は順調に進んでいるし、健康上も特に問題はないのですが、年とともに老眼が進んでいくのが分かります。既に50代の頃から老眼鏡のお世話になっていて、遠近両用のメガネを使用していますが、数年前に作ったメガネが、次第に見えにくくなったと感じるようになって来ました。老眼は年とともに度数が進むと聞いてはいましたが、もう少し進むことになれば新しいものに買いなおさかければなりません。ちょっと嫌ですが、きっと避けられない道ですね。
f0372177_22272479.jpg
写真を撮るときには、やはりメガネを掛けたままファインダーを覗いて構図を決めたり、ピント合わせなどもしていますが、ファインダーに視度調節が付いていますから今のところ、特に不自由を感じる事はありません。
f0372177_22271426.jpg
それにしても、今のカメラはオートフォーカスの性能が良いですから、目視しながらマニュアルでピントを合わせる事はまずありません。被写体の野鳥をシングルフォーカスのターゲット枠の中に入れてシャッターを押せば合焦してくれますから、老眼鏡使用者でも簡単に撮影できます。σ(^_^;)
f0372177_22262162.jpg
そんな訳で、老眼鏡使用者となった私でも、野鳥写真の撮影に関しては不自由を感じる事なくシャッターを押していますが、人に見ていただける写真が撮れているかといえば、その確率はかなり低いと言わざるを得ません。
f0372177_22270858.jpg
さて、今回紹介するのは、2月11日の建国記念日の日に、神奈川県綾瀬市にある蟹ヶ谷公園で撮影してきたカルガモとオカヨシガモの写真です。
f0372177_22264422.jpg
何れもオートフォーカスだけで撮影したものですが、カルガモはオリンパス E-M1mkⅡ + 40-150mmF2.8 で、オカヨシガモはE-M1 + 300mmF4 + MC-14 でそれぞれ撮影しました。オートでピントが合ってくれますから、老眼鏡使用の私でも撮影はとても楽ですね。
[PR]
# by coffeeto-p2 | 2017-02-17 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

梅とメジロ

f0372177_22274921.jpg
いつも通勤にはツィードのヘリンボーン柄のコートを着用しています。購入してからもう20年くらい経ちますが、未だに現役です。厚手で少し重いものですが、冬場は暖かいことと、長年着用して愛着がありますから手放せません。昨日、仕事が終わって帰ろうとした時、そのコートのボタンが一つ取れそうになっているのに気がつきました。失くさないように外してコートのポケットに入れて職場を後にしました。その途中、駅に着いて定期入れを出したりする時、落として紛失しないようにザックのポケットに入れようと思ったのです。手袋をしたまま取れたボタンを取り出して、ザックに移そうとした時、手が滑って落としてしまいました。暗い夜道です、何処へ落ちたか分かりません。でも、失くすことができないボタンですから必死になって探しました。周りの人は、あのおじさんは何をしているのだろうと思ったでしょうがそんな事は構って要られません。....幸い、すぐ近くに落ちているのを見つけることが出来ました。良かったです。今度は手袋を外してしっかりザックに収めました。カミさんにお願いして付け直してもらいます。
f0372177_22275409.jpg
さて、今回紹介するのは、ウメの木に飛来したメジロの写真です。咲き始めた白梅にウグイス色のメジロが飛来してくれました。〝梅にウグイス〟というのは良い取り合わせとされていますが、〝梅にメジロ〟も良いもんです。
f0372177_22280691.jpg
この写真を撮影していた時、近くで見ていたご夫婦がいましたが、ご主人は一生懸命に「ホーホケキョ」と囀っていました。思わず笑ってしまうような風景でした。〝梅にウグイス〟を実体験しようと頑張っておられたわけですね。(^^;;
f0372177_22281176.jpg
サクラが咲くとスズメはその蜜を吸うため、花を付け根から咥え取ってしまいます。このメジロもウメの花の蜜を吸いに来たのでしょうか?
f0372177_22280107.jpg
チュルチュルと鳴きながら、メジロの群れが賑やかに飛来してくれました。一時的でしたが枯れ木のような風景が、華やかな雰囲気に変わりました。
[PR]
# by coffeeto-p2 | 2017-02-16 06:00 | 野鳥 | Comments(0)