枝先のエナガ

f0372177_19012421.jpg
買い替えのためにお願いしていたステップワゴンのハイブリッドが、今月末に納車になります。孫家族と一緒に出かけたいというカミさんの希望で買い替えることにした車ですから、カミさんからは「何処へ連れて行ってくれるの?」との問い掛けがありますが、さてどうしたものでしょうか。その希望を無碍に反故にする訳にはいきません。然りとて、ことところ控えていた遠出にも出掛けたいし....冬鳥が入ってきていますから、行きたい探鳥地がいくつもあります....などと思いみ巡らせていますが、やっぱりカミさんの希望を入れて、近郊の日帰り温泉施設にでも遊びに行くのが無難なところかもしれません。カミさんは温泉好きですし、余りお金も掛からないから、これはちょうど良い選択かもしれません。近くの道の駅などで、特産物特売所にでも立ち寄れば、きっとカミさんの満足そうな顔が見れるものと思います。
f0372177_19012028.jpg
カミさんの希望を入れて、さて何処へ出掛けようか、目的地選びがまた悩みの種になりました。その後は、冬鳥観察のために遠出をしたいと思いますが、行きたいところがたくさんありますから、その候補地を絞るのがまた悩みの種になりそうです。
f0372177_19010490.jpg
新しいステップワゴン・ハイブリッドには、AC1,500wの電源が装備されていて、電子レンジや電気ポットなどの家電製品が使えるようになりますから、車中泊をするのにとても便利になりそうです。特に寒い時期にセラミックヒーターが使えれば、もう言うことはありません。早く来い来いステップワゴン....(*^o^*)
f0372177_19004254.jpg
さて、今回紹介しているのは、谷津干潟で撮影したエナガの写真です。11月4日(土)に三番瀬(船橋海浜公園)へシギチの写真を撮影に行ったのですが、午前中だけでたくさん写すことが出来ましたから、午後から近くの谷津干潟へ移動してみました。そこで撮影できたのが、このエナガの写真でした。
f0372177_19005256.jpg
谷津干潟でも、狙いはシギチやカモ類の写真を撮影することでしたが、干潟の周囲の立木から賑やかな野鳥の声が聞こえてきました。そこにいたのはエナガの群れであったようですが、シジュウカラも何羽か混じっていたようです。
f0372177_19011729.jpg
この時は、三脚に載せたオリンパスのサンニッパに2倍のテレコンを付けて撮影していましたが、動きが早くて追いきれません。手持ち撮影用に携行していたサンヨンに持ち替えて撮影しましたが、軽量で小回りが利きますから、チョコチョコ動くエナガも何とかファインダーに捉えることが出来ました。
[PR]
# by coffeeto-p2 | 2017-11-15 06:00 | 自然 | Comments(0)

シロチドリが元気な三番瀬

f0372177_21274443.jpg
今私はiPhoneのスマホを使用していますが、同時にタブレットも利用できるように契約していました。タブレット端末がどうしても必要であった訳ではありませんが、大きい画面で見やすそうだから、自宅で利用するには便利かもしれない。それにカミさんが未だにガラケイを使用していますから、家に置いておけばカミさんが利用してネットアクセスができるだろうと思って契約しました。しかし、私が利用することはなく、カミさんも使い方がよく分からないので埃をかぶっていました。たまに来る娘が使っていたようですが、ネット接続が遅くて使い物にならないと不評でした。そんな使わないものなら解約しようと思うのですが、解約に10,000円も掛かるということなので、2年間の契約満了日まで待つことにしました。
ソフトバンクのお店に行って解約の手続きを取ろうと思ったのですが、受け付けは順番待ちで、ずいぶん待たされてしまいました。待たされるのはいつものことなので文句を言っても仕方ありませんが、もう少し早く手続きが出来ないものでしょうか。
f0372177_21275312.jpg
解約手続き自体は5分程度で終わったのに、1時間近く待たされて無駄な時間を費やしてしまいました。おまけに受け付け順番が後の人の方が先に案内されていました。ボヤいてみても始まりませんが、これには不満が募ります。ソフトバンクのお店に行く時には、かなり忍耐強く待たされることを覚悟の上で行かなくてはなりません。
f0372177_21280713.jpg
今回は、シロチドリの写真を紹介していますが、この写真を撮影したのは11月4日(土)のことでした。久し振りにシギチの写真を撮ろうと三番瀬(船橋海浜公園)へ出かけた時に撮影することが出来たものです。
f0372177_21281104.jpg
三番瀬で一番たくさん観察できたのは何と言ってもハマシギでしたが、その群れを観察していると、その中にシロチドリも混じっていました。数では負けていますが、元気に動き回っていました。
f0372177_21281662.jpg
大きな群れを作るハマシギとは違って、シロチドリは単独で行動することが多い野鳥です。とても広い砂浜の真ん中で羽繕いを始めましたが、ハマシギは群れの中で羽繕いしていますから、こんな姿はシロチドリならではです。
f0372177_21281879.jpg
シロチドリもここでは1年を通して観察することができるチドリです。繁殖期には可愛いヒナも見られるし、越冬する姿も見られます。とても身近なシギチですね。

[PR]
# by coffeeto-p2 | 2017-11-14 06:00 | 自然 | Comments(0)

オナガガモがやって来ました

f0372177_21543813.jpg
野鳥写真を撮影するために、毎月1〜2回は遠出をして各地の探鳥地を歩かせてもらっています。しかし、それに掛かる費用がバカになりませんから、車中泊に徹して宿泊代を浮かせるようにしています。その方が時間の制約を受けないし、宿探しにも手間が掛かりませんから好都合です。探鳥地の中で車中泊が出来たら、朝起きて車から出た時から野鳥観察が始まりますし、夕方も缶ビールの栓を開けながら、暗くなるまで野鳥の姿を追うことが出来ます。じっくりと時間を掛けて探鳥出来ますから、何処へ行っても成果を上げられるようになりました。
このため、車をホンダのスパイク・ハイブリッドに買い換えて、後部にフルフラットの居住スペースが確保できるようにしました。また、車中泊がしやすいように、数年前から車中泊グッズを買い揃えてきました。登山用の寝袋を夏用と冬用で使い分け、厳冬期でも寒さ知らずで寝られるようになりました。サブバッテリーを積んでAC100Vの電源を確保し、6面真空壁のクーラーボックスで、2泊3日程度の食材や飲み物も確保できるようになりました。
f0372177_21551689.jpg
車中泊が出来るようにグッズも買い揃えてきましたから、どんな探鳥地へも思いついた時に出掛けることが出来るようになりました。そのお陰で、野鳥観察や自然観察を始め、登山での前泊なとにも利用できるようになり、アウトドアライフの楽しみが広がりました。
f0372177_21552203.jpg
さて、今回紹介しているのはオナガガモの写真ですが、11月4日(土)に三番瀬に出かけた後、午後から谷津干潟へ足を伸ばして撮影してきたものです。この個体は、一見♀のように見えますが、くちばしのサイドが灰色ですからこれは♂の個体であることが分かります。
f0372177_21555963.jpg
数羽の群れで仲良く泳いでいるように見えましたが、どうした訳かこの2個体が突然喧嘩を始めました。その理由はわかりませんが、激しい争いがしばらく続いていました。
f0372177_21560418.jpg
この個体は一見して♂の個体であると分かりますが、まだ、エクリプスの羽が残っていて、完全な冬羽に換羽している訳ではありません。秋から冬の初めにかけて観察できる羽衣ですね。
f0372177_21561031.jpg
これからの季節はカモの仲間が増えて楽しめますが、冬の間の車中泊による野鳥観察は、日本海側や東北地方へガンの仲間を見に行ったり、ワシタカを求めて広い草原の中に潜り込んだり、雪原の広がる高原でレンジャクやアトリの仲間などを探すことなど楽しみが広がります。

[PR]
# by coffeeto-p2 | 2017-11-13 06:00 | 自然 | Comments(0)

渚のダイゼン@三番瀬

f0372177_20224529.jpg
街中の木々も色づいて、すっかり秋らしい装いとなりました。今日はお天気が良かったですから、そんな風景が青空に映えて、とても綺麗な眺めになりました。小春日和の暖かい1日でしたから、こんな日は仕事を休んで何処かへ遊びに出かけたいところです。今日の仕事は事務所を離れて、郊外へ出張していましたから、余計にそんな思いを強くしました。カメラを担いでフィールドを歩き回り、野鳥の姿を探し求めるのにちょうど良い気候ですが、この週末までこのお天気が続いてくれるのでしょうか? カレンダー通りに仕事をしている身としては、週末の天気が良くなってくれるのを、ただただ祈るばかりです。
f0372177_20232474.jpg
先週末の三連休は良いお天気に恵まれました。諸事の都合で遠出は出来なかったのですが、中日の11月4日(土)に三番瀬(船橋海浜公園)へ出掛けてきました。シギチを中心に野鳥写真の撮影をしてきましたが、満足できる結果を残すことが出来ました。
f0372177_20233934.jpg
たくさんいたハマシギの群れの中に混じっていた、少し大きめなシギチを見つけました。翼を広げると、脇のところが黒くなっているのが分かりますが、これがダイゼンの特徴ですね。
f0372177_20234419.jpg
同じチドリの仲間のミヤコドリと並んでいましたが、ダイゼンの方が一回り小さいことが分かります。それにしても、ミヤコドリの赤いくちばしはよく目立ちますね。
f0372177_20235068.jpg
夏羽のダイゼンは、顔面からお腹まで真っ黒な羽に換羽しますが、冬羽では様相が全く異なります。この辺りでは越冬していますから、冬羽の姿を観察する機会が多くできます。
f0372177_20235716.jpg
この個体は両脚に白いフラッグが付けられていました。この写真では、水の中に入っていてよく見えませんが、いつ何処で付けられたものでしょうか? そしてその目的は....興味が湧いてきます。

[PR]
# by coffeeto-p2 | 2017-11-12 06:00 | 自然 | Comments(0)

船橋海浜公園のウミネコ

f0372177_23154896.jpg
立冬を過ぎて、日1日と季節は冬へと向かっています。仕事を終えて日が暮れた街中の道を駅へ向かって歩いていると、途中にあるスーパーマーケットの店の前から、石焼き芋の美味しそうな匂いが漂ってきました。ちょうどお腹が空いてくる時間帯ですから、思わず引き寄せられそうになりますが、ホクホクして美味しそうな石焼き芋を思い浮かべながら、ここはグッと堪えて先へと足を進めます。このスーパーは、毎年冬になると店頭で石焼き芋の販売を始めますが、美味しそうな匂いにつられて足を運んでしまうのは、私だけではなさそうです。今夜の夕飯は、石焼き芋だけでも良いと思うくらいですが、カミさんが作ってくれる料理が美味しいと褒めながら食べないと、きっとまたブツブツと言われてしまうことでしょう。我が家の山の神様ですから、それなりに敬意を払わなければなりません。
f0372177_23155075.jpg
仕事を終えて家に帰ると、近くに住んでいる娘が孫娘のちぃちゃんと一緒に待っているはずです。我が家で夕飯を食べてから、自分の家に帰り、帰宅が遅いパパを迎える毎日ですから、そのお陰で私は毎日孫の顔を見られます。
f0372177_23152144.jpg
今夜の夕飯は、カミさん手作りのグラタンでした。石焼き芋と言うわけにはいきませんが、これはこれでまた美味しいメニューです。1歳8ヶ月の孫娘も、小さい器のグラタンをペロリと完食していました。
f0372177_23154221.jpg
さて、今回紹介しているのは、三番瀬(船橋海浜公園)で撮影したウミネコです。11月4日(土)に行ってきましたが、潮干狩りなどそんなに多くの人は出ていなかったので、撮影はしやすい環境でした。でも、シギチを狙うカメラマンは、ついつい接近し過ぎて飛ばしてしまう状況が目に付きました。
f0372177_23153855.jpg
シギチの撮影がメインでしたが、ウミネコも大きな群れを作って干潟に降りていました。寝ている個体が殆どでしたから、近くで動き回っているウミネコを狙って撮影してきました。
f0372177_23154529.jpg
手前にはハマシギの群れが見えます。ミヤコドリやコサギも集まる群れの中に、ウミネコも羽を休めていました。撮影対象には事欠きませんが、何分にも大変広い干潟ができていましたから、歩き回って撮影するのに疲れてしまいました。
[PR]
# by coffeeto-p2 | 2017-11-11 06:00 | 自然 | Comments(0)