<   2017年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

アトリが舞い降りた

f0372177_21410764.jpg
2月26日の日曜日は、東京マラソンが開催された日になります。仕事関係でどうしても見ておかなければならないと、職場の上司や同僚とともに4名で現場の視察に行ってきました。....スタート地点では東京都庁の周辺で、集まってくるランナーのチェック体制や出発前の準備状況を確認して、出発地点で小池都知事の挨拶を聞きましたが、スタートラインを最終ランナーが通過するまで20分以上もかかりました。36,000名というランナーが参加するわけですから、時間が掛かるのは仕方ないことですが、チェックの警備員やスタッフとボランティアの皆さんは早朝から大変な仕事をしていました。
その後、日比谷交差点へ移動すると、ちょうどそこをマラソンのトップランナーが通過するところでした。後続も続々と続いてきます。ランナーはそこから品川駅まで行って折り返してきますから、我々は直ぐにゴール地点へ移動して、トップランナーがゴールする瞬間を見届けてきました。
f0372177_21411662.jpg
しかし、参加ランナーがとても多いですから、スタート前にウェアなどの持ち物を預け、ゴールしたらそれを受け取るわけですが、専用のビニール袋に入れて受け渡しをしているとはいえ、何とも大変な作業をしていました。
f0372177_21412344.jpg
また、出発前のトイレの混み方といったら大変なものでした。仮設トイレがたくさん設置されているとはいえ、36000名が集まっているわけですから、スタート前に用を足そうという人たちで、何処も長蛇の列になっていました。
f0372177_21411200.jpg
さて、今回紹介するのはアトリの写真です。2月12日の日曜日に足を運んだ真岡市の井頭公園で撮影したものです。林の中の通路やその周辺の林床に、群れで降りて餌を拾っていました。
f0372177_21411092.jpg
この個体は頭部が黒くありません。全体に淡い感じですから♀の個体になります。上の写真の個体は、頭部が黒く色合いも鮮やかさがありますから、これは♂であることが分かりますね。
f0372177_21411913.jpg
アトリはその羽衣の色合いから、舗装道路に降りている時はとても良く目立ちましたが、枯葉に埋もれている林床では、保護色になりますから何処にいるのかよく分からなくなりむす。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2017-02-28 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

ウグイスが出ました

f0372177_20332793.jpg
金曜日に、仕事関係の皆さんが集まって、年に一回のイベントがありました。午後の半日をかけて実施されたものですから、私もずっとお付き合いをしてきました。大きなアクシデントもなく上手くいきましたから、終了後皆さんで打ち上げの宴会を行うことになりました。場所は近くのお寿司屋さんです。ここで、イベントに参加したメンバー15、6名が集まって楽しく宴会となりました。
しかし、そこではイベントの話は全く出ないで、何処そこの飲み屋さんが良いという話や、何とかいう温泉施設はビールとつまみのセットで利用するとリーズナブルだというような話ばかりです。
結果的にイベントは上手くいったから良いとは思いますが、次の開催に向けて新しいアイデアや色々な意見も聞きたかったと思いました。
f0372177_20333814.jpg
さて、今回紹介するのは、栃木県の井頭公園で撮影してきたウグイスです。2月12日(日)に行ってきましたが、この週末は山陰地方に大雪が降って、各地で交通マヒが多く発生していました。関東地方でも箱根が雪で通行止めになりましたから、遠出は控えてこの公園に足を運んだ次第です。
f0372177_20332588.jpg
この日は、1日かけてる公園内をゆっくり散策してきました。もちろん一番の目的は野鳥写真を撮影することにありましたから、オリンパス E-M1mkⅡ + M.300mmF4 + MC-14 を担いでいきましたが、マイクロフォーサーズ規格ですから、35mm判換算で840mm相当の写真が撮れます。小型軽量でとても有り難い機材です。
f0372177_20332234.jpg
これまでと違うのは三脚を携行しなかったところです。この組み合わせだと、レンズの手振れ補正とボディの5軸手振れ補正の相乗効果で6.5段分の補正効果があります。1/15秒程度でもブレのない写真が撮れますから、手持ち撮影でも十分です。これには使っている私自身も驚いています。
f0372177_20333644.jpg
さて、このウグイスですが、繁殖期には“ホーホケキョ”と囀って、枝先などに姿を見せてくれますから存在感があります。しかし、冬の間は里に下りて茂みの中で“チャッ、チャッ”と鳴いてくれます。笹鳴きと呼ばれる地鳴きの声なのですが、その姿を確認するのが大変です。
f0372177_20333446.jpg
この日は、公園内の以前クイナが出てくれたポイントで少し待っていたところ、茂みの中からあの地鳴きの声が聞こえてきました。これは期待できそうだ....間も無く、茂みの中から姿を現してくれました。
f0372177_20333116.jpg
ウグイスは、越冬中は藪の中に潜んで生活していますから、冬の間に撮影することはとても難しい野鳥です。それだけに、姿を見ただけでも得した気分にさせてくれます。今回は、運良く茂みの中から枝先に飛び移ってくれましたから、思いもかけない撮影対象になってくれました。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2017-02-27 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

近くのシロハラ

f0372177_21120508.jpg
うちのカミさんが風邪をひいたようです。カミさんとは別の部屋に寝ているので、そんな様子が分からなかったのですが、今朝はキッチンのストーブに火をつけ、コーヒーメーカーをセットしている時、カミさんが起き出してきて朝食の支度を始めました。後ろから声を掛けてきたのですが、その姿を見ていないので、息子が声を掛けてきたのかと思ったくらいです。マスクも掛けていましたから、声がこもった感じで余計にそんな風に聞こえてしまい、驚かされてしまいました。
この冬、私の方はこれまでひどい風邪を引くこともなくやって来られましたが、この塩梅では、私にも風邪の兆候が出てきてそうで気になります。
最近は、朝起きた時と寝る前には必ずうがいをすることを習慣にしていますから、そのお陰で風邪をひかないでいられるのかと思っています。今回もその効果で風邪をひかなければ良いのですが....。
f0372177_21121093.jpg
そういえば、このところ孫娘がやはり風邪気味で、鼻がグジュグジュになっていましたから、カミさんの風邪もそれが移ったのかもしれません。孫娘は相変わらず元気で、イタズラの連続に手を焼く始末ですが、カミさんが風邪をひくと、暫らく色々なところに影響が出そうです。
f0372177_21121390.jpg
さて、今回紹介するのはこのシロハラの写真です。ヤブランが黒い実を付けているこの場所は、以前これを啄ばむために飛来したヒレンジャクキレンジャクがたくさん写真に撮れました。今年もまた撮影したいと思ったのですが、いたのはこのシロハラだけでした。
f0372177_21121690.jpg
この日は午前中に綾瀬市内の公園へ行ってきましたが、そこそこの成果を上げることが出来たので、午後からこの湘南平へ移動してきました。ここでも、たくさんの野鳥写真を撮ることが出来ましたが、中でもこのシロハラは間近から撮影することが出来ました。
f0372177_21122090.jpg
このシロハラは、近くの枝先から枯葉が落ちたかと思うような状況でヤブランの茂みに舞い降りましたが、暫くしてこの枝先に飛び移りました。ここで動かずジッとしてくれましたから、接近して撮影することが出来ました。
[PR]
by coffeeto-p2 | 2017-02-26 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

枝先のシメ

f0372177_18411087.jpg
職場の近くにあるお蕎麦屋さんの話ですが、藪蕎麦の看板を出しているその店には、週替わりで和洋折衷の定食メニューがあります。値段は800円ですが、串カツやカキフライなどとともに半ライスとお蕎麦が付いてきます。先日も、お昼を食べに行きましたが、水曜日の定食のメニューはカキフライでした。寒い日でしたからお蕎麦は暖かいかけ蕎麦にしてもらいましたが、お蕎麦やさんでカキフライや刻んだキャベツにソースを掛けて一緒にお蕎麦を食べるというのは、他のお店にはない取り合わせです。....定食の味噌汁がわりにお蕎麦が出てきたと思えば、定食屋のメニューとして成り立つものかもしれません。....決してまずくはありませんから、美味しくいただきご馳走様でした。
f0372177_18414635.jpg
このお蕎麦屋さんは、職場からそんなに遠くないところにあります。お昼時に気が向くと足を運んでいますが、いつも頼むのはこの週替わりメニューばかりです。
f0372177_18420105.jpg
職場周辺のお蕎麦屋さんは、この他にも3軒ほどあります。店内で実際に蕎麦を打つ店や、丼物とのセットでお蕎麦を出してくれる店もありますが、ここのように和洋折衷はありません。
f0372177_18415188.jpg
さて、今回紹介するのは2月11日に訪問した、綾瀬市の蟹ヶ谷公園で撮影したシメの写真です。園内の池の周辺で野鳥の出現を待っていた時、上の林の方からピシッ、ピシッと鳴く鳥の声が聞こえてきました。
f0372177_18413706.jpg
池の周辺では、野鳥の出現が少なかったですから、シメの声が聞こえた林の方へ移動してみました。何処にいるのだろう、声はすれども....ふと見上げると、枝先に飛来していたシメを見つけることが出来ました。
f0372177_18415458.jpg
枝先に止まっているシメは、ガッシリしたくちばしで木の実を啄んでいました。そんな姿を何枚も撮影させてもらいましたが、気がつくと、地面に降りて落ちている実を探している個体も見つかりました。おかげで随分撮影することが出来ました。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2017-02-25 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

土手のツグミ

f0372177_11204181.jpg
まだ寒い日が続きますが、晩酌の始まりは冷蔵庫から冷たい缶ビールを出すところから始まります。山登りに愛用しているアルミ製のカップに注いで飲んでいますが、これが何ともいえず美味く感じられます。もちろん寒いこの時期ですから、2杯目はホットウィスキーと決まっていますが、これがまた美味しくて2杯が3杯、4杯と進んでしまうこともあります。
ところが、最近うちのカミさんが「ちょっと一口」と言いながら最初のビールを飲むようになりました。初めのうちは一口ならと思って気にもしていませんでしたが、このところその量が増えて来て、昨夜などはとうとう半分くらい飲んでいました。これはたまりません。缶ビールをもう1本出すことになってしまいました。孫の遊び相手をしながら同じカップでビールを飲みあう、爺ジイと婆バアの姿を孫娘はどのように見ていることでしょう。
f0372177_11203422.jpg
さて、今回紹介するのは建国記念日の日に足を運んだ綾瀬市の蟹ヶ谷公園で撮影したツグミの写真です。公園内には池に続く湿原の上に木道が整備されていますが、この写真はその上から撮影したものになります。
f0372177_11203834.jpg
この公園に足を運んだのは、昨シーズンまで続けて何年もアリスイが観察できた場所であるからです。でも、残念ながら今シーズン、その姿は見られなくなっているようです。
f0372177_11203018.jpg
この土手にも、以前はアリスイの姿がありましたが、今回そこにいたのがこのツグミでした。少なからず期待して行っただけに残念でしたが、気を取り直して間近に出てくれたこのツグミを撮影してきました。
f0372177_11204336.jpg
この日は、公園に到着した時は辺り一面雪で真っ白になっていましたが、日が差すとともにみるみる雪が消えていきました。暖かい日差しを浴びて、このツグミも気持ち良さそうに日向ぼっこをしているようです。
f0372177_11204698.jpg
土手の上で日向ぼっこをするツグミの写真をたくさん撮りましたが、この後公園内でシメジョウビタキルリビタキなど思っていた以上に撮影できました。お目当は外してしまいましたが、まずまずの成果を上げることが出来ました。
[PR]
by coffeeto-p2 | 2017-02-24 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

枯れ枝のコゲラ

f0372177_22563464.jpg
春まだ浅い季節の中で、週末はどこへ出掛けようか色々と思案を巡らせていました。2月第2週の週末でしたが、山陰地方では大雪が降り交通に大きな支障が出ている時でした。天気予報では本州の日本海側も大雪が降る予想でしたから、出掛ける先の選定に悩まされてしまいました。当初は群馬県内の山に入って、車中泊の予定も検討しましたが、雪に降られては野鳥写真の撮影も出来ませんから諦めて、雪のない神奈川県内の公園を巡ってみることにしました。しかし、当日は自宅を出発する時は都内では良いお天気だったのに、綾瀬市内へ行ってみたら一面真っ白で驚かされてしまいました。ニュースによれば、箱根の国道1号線は雪で通行止めになっていたようです。
f0372177_22570428.jpg
この日最初に訪れた公園では、そこそこの成果を上げることが出来ました。期待していたアリスイの写真こそ撮れなかったものの、綺麗なルリビタキジョウビタキなども撮れましたから満足することができました。
f0372177_22573575.jpg
普通ならこれで打上げて帰宅するところですが、時間があったので、午後から平塚市内の公園に足を伸ばしてみることにしました。以前、ヤブランの実を食べに集まるレンジャクの群れが観察できた場所です。でも、今回はレンジャクは空振りになってしまいました。
f0372177_22580486.jpg
それでも、公園内を散策していたら、シロハラシメなどを撮影できました。このコゲラもギーギー鳴きながら頭上に飛来してくれましたから、間近に撮影することが出来ました。
f0372177_22583534.jpg
この日撮影に使用した機材は、オリンパスの E-M1 + M.300mmF4 + MC-14 という組み合わせです。35mm版換算で 640mm相当の画角ですがボディ内の5軸手ぶれ補正とレンズ内補正の相乗効果で、動き回るコゲラを手持ち撮影で捉えることが出来ました。
[PR]
by coffeeto-p2 | 2017-02-23 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

鮮やかなルリビタキ

f0372177_22555542.jpg
2月20日の月曜日は、朝方は晴れていてとても良いお天気でした。職場はビルの中ですから外の様子が分かりませんが、昼休みに食事を食べに出てみたら、とても強い風が吹いていました。それも生暖かい風です。先日 は春一番が吹き荒れましたから、これは春二番とでも呼びたくなるような強風でした。この日は事前の天気予報でも、夕方から雨が降ると言っていましたが、予報どおり夕方から強い雨が降りました。帰ろうと思ってビルの外に出てみると、音を立てて強い雨が降っていました。風もかなり強く吹いていました。台風のような天気の中を帰ることになってしまいましたが、大きめの傘を置き傘としていたことと、先日購入したウォータープルーフの靴を履いて来たおかげで、あまり濡れずに駅まで辿り着くことが出来ました。
f0372177_22563636.jpg
春一番という言葉はよく使われますが、春二番という呼び方もあるのでしょうか? そんな疑問を感じながら、でも、春二番というのがピッタリ当たっていると思えるようなこの日の強風でした。
f0372177_22564633.jpg
強い南風の影響で気温も高めになり、この日の気温は20度くらいまで上がったようです。寒さに震えるよりはずっと良いのですが、風と雨がともに強い状況は勘弁してもらいたいものです。
f0372177_22570193.jpg
さて、2月11日の土曜日に綾瀬市内の公園へ出掛け、とても綺麗なルリビタキの写真を撮ることが出来ました。公園内の見通しの良い木道で野鳥の出現を待ちましたが、なかなか出てくれません。上の方からシメの声が聞こえて来ましたから、そちらへ移動したところ、林の中にいたこのルリビタキを見つけることが出来ました。
f0372177_22570657.jpg
この個体は、上面が綺麗な青色をしていますから、ルリビタキ♂の成鳥であるといえます。成鳥になるまで3年かかると言われていますから、それだけの年齢を重ねて来たものですね。
f0372177_22571030.jpg
写真を撮っていたところ、あまりこちらに警戒することなく、すぐ近くまで寄って来てくれました。でも、林の入り口には元気なジョウビタキがいて、追い払われてしまいますから、このルリビタキ君はかなり転々と居場所を変えていました。
[PR]
by coffeeto-p2 | 2017-02-22 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

ジョウビタキが元気です

f0372177_23024234.jpg
先週末は、日曜日に仕事が入ってしまいました。土曜日は孫娘の1歳の誕生祝いがありましたから、結局週末は何処へも出掛けられず、楽しみにしているアウトドア・ライフを満喫してくることが出来ませんでした。今の時期、フィールドを歩けば木々の芽が大きく膨らんだり、フキノトウが頭を出したりする春の兆しを体感できたことでしょう。元気だった冬鳥たちも、そろそろ旅立ちの支度を始めているものと思います。外の様子がどのように変化しているかとても気になるところですが、週末に何処にも出掛けられないというのは、個人的にはとても辛いものがあります。
f0372177_23023929.jpg
電車の中から見る今朝の日差しが、春の明るさを感じさせてくれるようになりました。私の気持ちも春に向かって大きく膨らんでいますが、楽しみにしていたアウトドア・ライフを満喫出来なかったことで、その期待はますます大きく膨らんできたように思います。
f0372177_23025389.jpg
先々週の土曜日に、綾瀬市内の蟹ヶ谷公園へ出掛けてきました。ここは、以前アリスイの写真を撮ることが出来たところですから、今年もまた撮影しようと思って足を運びました。でも、残念ですが今年は来ていないようです。
f0372177_23030330.jpg
公園内の何ヶ所かで、ジョウビタキの写真を撮影することが出来ました。この日は♂だけではなくて、♀の個体も撮影できました。この公園の中だけでも、数個体のジョウビタキが越冬しているようです。
f0372177_23025821.jpg
この日撮影に使用した機材は、オリンパス E-M1 + M.300mmF4 + MC-14 です。小型軽量で良いのですが、三脚に載せて撮影していましたから、動きの速いところを追いかけるのに苦労しました。
f0372177_23024811.jpg
この竹やぶの中に出ていたジョウビタキ♂はとても元気がありました。同じ場所にルリビタキ♂の綺麗な個体も出ていましたが、縄張り争いをしていてルリビタキが出るたびに追いかけ回して追い払っていました。
[PR]
by coffeeto-p2 | 2017-02-21 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

冬陽の中のモズ

f0372177_11045753.jpg
先週末の金曜日は春一番が吹き荒れて、ビックリするくらい暖かい陽気になってくれました。その反動で、土曜日は寒さが戻って震えるような陽気になってしまいましたが、日曜日はまた持ち直して風が無ければ少しは春めいたお天気になりました。春を迎える天気の変化は三寒四温と言われますが、1日で10度以上の温度差があると、身体的にはかなりこたえるところがあります。金曜日はストーブをつけなくても平気だったのに、土曜日は寒くて朝一番にストーブに火をつけました。愛犬チョコちゃんもストーブの前から離れません。しかし、確実に春に近づいているわけですから、野山に花咲く季節の到来を、今は楽しみに待ちたいと思います。
f0372177_22560976.jpg
2月11日の土曜日は、朝から綾瀬市内の公園へ行ってきましたが、到着した時には辺り一面雪で真っ白になっていましたから驚いてしまいました。でも、日が差すに連れてみるみる雪が溶けて、昼前には日向の雪は姿を消してしまいました。
f0372177_22562150.jpg
この日足を運んだのは蟹ヶ谷公園でしたが、ここではこのモズをはじめ、ルリビタキジョウビタキなどたくさんの野鳥を撮影することが出来ました。
f0372177_22561672.jpg
枝先に止まったモズ君が、冬陽の暖かさに誘われて、気持ち良さそうに羽繕いを始めてくれました。初列風切の中程にある白斑がよく目立っています。
f0372177_22560101.jpg
周囲は雪に覆われて白くなっていましたが、暖かい陽射しを受けたこのモズ君は、日向ぼっこを楽しんでいるように見えます。心なしかノンビリしている風情ですね。
[PR]
by coffeeto-p2 | 2017-02-20 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

アオジに会えました

f0372177_20031998.jpg
先週末の金曜日に春一番が吹きました。例年より3日遅いということですが、強い南風に運ばれた暖気のおかげで都内の気温は20度以上になりました。4月中旬のまさにサクラの花が咲く頃の陽気です。その日は仕事が忙しくてずっと事務所にいましたが、昼飯を食べに近くの牛丼屋へ行った時には、確かに暖かい風が強く吹いているのを体感することが出来ました。仕事を終えて帰ろうと外に出たところ、いつもならヒンヤリした風が吹きつけてくるのに、この日は暗くなってからも名残の生暖かい風が吹いていました。舗道にポプラの枯葉がたくさん落ちているのが、昼間の春一番の置き土産のようでした。
この日は、春一番が吹いて暖かくなるというので、コートもこれまで着用していたツィードの厚手のものから、薄いビジネスコートに替えたのに、それでも着たまま歩いていたら汗をかいてしまいました。コートなしでも十分に過ごせるほどの暖かさでした。
f0372177_20031111.jpg
帰り道は頭の中でキャンディーズの春一番のフレーズを何度も繰り返し、心ウキウキ駅までの道を歩いてきました。これだけ暖かくなってくると、自然と気持ちも明るくなってくるものですね。
f0372177_20023030.jpg
帰り道の30分ほどのウォーキングの後で電車に乗ったら、それでなくても身体が火照っているので、車内の暖房で余計に汗をかいてしまいました。もう帽子の中まで汗で濡れてしまいました。
f0372177_20031520.jpg
さて、今回紹介するのは、アオジの写真になります。2月11日の建国記念日の日に訪れた平塚市にある湘南平という公園で撮影しました。この日は午前中に綾瀬市内の蟹ヶ谷公園で野鳥写真の撮影を行い、午後から湘南平の様子を見ようと移動してきました。
f0372177_20030511.jpg
湘南平を訪れた1番の目的は、以前にこの時期、ヤブランの実を食べに集まっていたレンジャクの群れを撮影したことがあったので、それを狙って来たわけですが、残念ながら今回は確認することができませんでした。
f0372177_20025093.jpg
でも、今回はそこでこのアオジの写真を撮影することができました。思い返してみるとこの冬のシーズン、これまでアオジの写真を撮った記憶がありません。茂みなどにたくさんいるアオジですが、とても嬉しい気持ちで撮影して来ました。
[PR]
by coffeeto-p2 | 2017-02-19 06:00 | 野鳥 | Comments(0)